韓国経済、【安保法案】韓国ネット「日本の奴らは韓国を侵略する気」「独島を攻めてくるのは目に見えてる」ー沈黙してきた韓国政府、成立に反応

韓国経済、【安保法案】韓国ネット「日本の奴らは韓国を侵略する気」「独島を攻めてくるのは目に見えてる」ー沈黙してきた韓国政府、成立に反応

記事要約:安保法案可決についての東亜の反応を調べているといつも通りである。この法案だって反対しているのは日本の左翼マスメディアと東亜の連中だったことはいうまでもない。内閣支持率がどうとか述べているが、それなら選挙をやればいいじゃないか。どうせ自民党の圧勝で終わる。

なぜなら、安保法案は前回の選挙でも争点となった話題であり、それに本気で反対するなら自民党は勝っていない。では、無駄に反対が増加したような煽りを左翼マスメディアが取ったのかを自分なりに分析してみると、「焦り」「焦燥感」だと思われる。インターネットを通して多くの国民はテレビ情報に流されない環境を築きつつある。

日本社会は日本の将来を真面目に考えながら意見を述べるサイレントマジョリティが2chを始め、多くのインターネットには存在している。管理人のサイトもその一つであり、視点は違えど、日本の国益を重視する。左翼マスメディアがだんだんと洗脳ができなくなる日本人に焦りを感じているのだ。その背後にあるのが安倍政権、自民党だから、これらを必死に叩く。だが、多くの国民は冷静に見ている。過去に1回、民主党に投票して政権交代をノリでしまったことで最悪な目に遭ってしまった経験があるからだろう。

あのときも管理人は述べたが、雰囲気やノリだけで作られたものほど怖いものはない。安保法案をしっかりと議論するため国会を延長したのにそれを邪魔する民主党や共産党。在日朝鮮人や共産党がその間にやったことは乗せられやすい若者?を煽って作った組織がSEALDsである。

いきなり出てきてマスコミの注目を浴びたのではない。ただの出来レースである。実際、彼らの思想背景にあるのが韓国人と全く同じ主張ややり方だとわかるのは管理人の知識があってこそであるが、政治に興味を持つのは良いが、中身を知らない人間が騒いでも説得力がない。

ノリや雰囲気だけで反対。憲法学者が反対と述べているから。それは自分で考えることを拒否して、誰かが何々しているから自分も反対という幼稚な発想しかできない。しかも、戦争が可能になる法案といいながら、どの辺りが戦争が可能になる法案かと聞いても答えられない。勉強不足以前に議論する価値もない連中である。

これが本当に時代の流れで生まれた反政府組織なら管理人は在日朝鮮人が背景にいるのでこのサイトのネタとして動向をチェックして取り上げてもいいのだが、読者様はどう思うだろうか。管理人もあまりにも発言が暴力的、幼稚すぎ、一方的過ぎて、サイトで取り上げる価値があるか疑問に思っている。

ただ、彼らが左翼メディアや民主党に繋がっているのは明かなので、彼らが次に何をするかは見ておけば裏にある目的がわかりやすくなるかもしれない。それが回って韓国や中国の思惑が透けてくるわけで。そういった鏡としての役目もあるだろう。

話はずれてしまったが、記事に戻すといつも通りの韓国人の反応である。そして、管理人もいつも通り「朝鮮半島」なんていらない。韓国人とは関わりたくない。竹島を奪還したら国交断絶して終わりでいいと。しかし、韓国政府の方はまともに中身を見て意見している。安保法案反対の人も、韓国政府ぐらいの考えがあれば良かったのにな。

2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

韓国経済、【安保法案】韓国ネット「日本の奴らは韓国を侵略する気」「独島を攻めてくるのは目に見えてる」ー沈黙してきた韓国政府、成立に反応

2015年9月19日、韓国・モーニングトゥデイによると、日本の集団的自衛権法制化の動きに沈黙を守っていた韓国政府が、法案の参議院可決とともに重い口を開いた。

日本の与党議員が17日、参議院特別委員会で野党議員らの反対の中、集団的自衛権法制化などの内容を盛り込んだ安全保障に関連する11の法律制・改正案を可決し 、引き続き参議院本会議を開催して審議を行っていたが、19日未明、本会議で可決した。改正法案に基づいて、日本は集団的自衛権の行使はもちろん、自衛隊の海外派兵が可能となった。

このような日本の動きに対してこれまで、韓国大統領府は一度も公式の反応を出さずにいたが、本会議可決を受け、報道官を通じて19日、 「日本の防衛安全保障法案参院通過と関連して、日本政府はこれまで何度も公言してきたように、今後の防衛安全保障政策を決定し実施するにあたり、 戦後一貫して維持してきた平和憲法の精神を堅持しながら、地域の平和と安定に寄与する方向に向かわねばならない」と述べた。

また、「『改正・日米防衛協力のための指針』には、日本が集団的自衛権を行使するとき、第3国の主権を尊重しなければならないと明示されている」とし、 「日本が集団的自衛権を行使するに当たり、朝鮮半島の安保と韓国の国益に関する事案については、韓国側の要求または同意がない限り、容認できないことをもう一度明確に伝える」とした。

この報道に、韓国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられている。

「戦争するときに、『これから攻めていっていいですか』って同意を求め攻めて来るやつがどこにいる」

「日本の奴らは直接韓国を侵略しなくても、南北を戦争に駆り立て、その状況を見て集団自衛権を行使し、結果、韓国を侵略するのだ」

「集団的自衛権を盾に独島(日本名:竹島)を攻めてくるのは目に見えている」

「大韓民国の領土・独島を海軍で武装しておかねばならない」

「日本が戦争できる国になった。対立を誘発しようとするのは間違いない」

「日本の動きに干渉することはできない。韓国国民の団結と富国強兵だけが答えだ」

「われわれが立ち上がってどうこうできることは何もない。私たちがどうこう言うと安倍を刺激して、よりいっそう暴れ出すだけだ。 朝鮮半島に日本軍が再び足を踏み入れることのないように、国力を育て、北朝鮮の挑発を阻止することが最善の道だ」

「今、日本は米国の軍事力に頼っている。戦争もできない状態で、それを国と呼べるのか?むしろ米国が武装するように求めているのだから当然の結果だ」(翻訳・編集/三田)

(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150920-00000005-rcdc-cn)

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry
4 Comments
最も評価が高い
新しい 古い
この質問についてのコメント
全てのコメントを見る

いぬしろ (@guest_1258)
2015年9月21日 4:34 午前

マスゴミさんは、SEALDsのことを「自発的に集まった若者」とか「SNSを使った市民活動の新しい波」とか持ち上げるけど、ほんとに胡散臭い。

14日のサンケイ調査で、「参加者は共産、社民、民主支持者」「一般市民によるというよりも特定政党の支持層による集会」「20代の参加者は2.9%」「20代全体に占める参加経験者の割合は0.8%」などと報道と真逆な実態が暴露されました。

SEALDsなんてただの「客寄せパンダ」で、デモの実態は「特定政党による動員」「参加者の主力は50代、60代の主義者」ってことですね。

こんな見え見えの印象操作に国民(サイレント・マジョリティ)が騙されるとでも思ってるのでしょうか?
管理人さんのおっしゃる通り、左翼マスゴミの「焦り」からくる最後の足掻きだと思います。

一部報道では、「SEALDsの政界進出」なんて記事が出てましたが、噴飯ものです。
まともに相手にする人なんていないし、安保法制が終わったので直ぐに立ち消えでしょ。
本サイトで取り上げる価値も無いように思います。

※サンケイ調査
http://www.sankei.com/politics/news/150914/plt1509140020-n1.html

Wolf (@guest_1259)
2015年9月21日 6:16 午前

「竹島を攻める」とは狂っている。日本の島を日本が攻めるとは笑止千万。韓国が今以上のことをすれば叩き潰すのみです。

韓国本土を攻撃するなどと言う「全く価値のない」ことは、しないので安心してもらいたいものです。一応、同盟国なのですよ。

最も腹立たしいのはマスコミですね。一億三千万人いて在日も含まれれば、反対する人間も「少数」いる。それを大勢反対しているように、日本だけでなく世界にまで発信する。インチキ調査で反対が多いように報道する。

野党も真剣な対案を出して国防論議をすれば良いものを、「戦争法案」とか「徴兵制」とかの嘘で感情的に動かすから、共産組織につられた思慮のない人たちが乗っただけのことです。

60年安保は遥かに凄まじかったですが、反対した人は後に反省しています。日本人には「日米安保」がどれだけ平和に貢献しているか、分かってほしいものです。

吉田 真智子 (@guest_1260)
2015年9月21日 8:40 午前

2年ほど前から毎日拝見させて頂いています。40代の主婦です。
私はかれこれ3年程前に韓国の李明博政権で竹島に上陸、天皇侮辱発言、親書を突き返すなどの行為を腹ただしく思い、
「なぜ反日?」のキーワードからインターネットで検索し、韓国の実態や反日メディアの存在を知り愕然としました。今まで
韓流ブーム?に伴い冬ソナをはじめ韓国のドラマにはまっていました。さらに購読しているのは『朝日新聞』!!!今考えると
ゾッとしますが、その頃までは本当に洗脳されていたんだと思います。何せ「竹島は韓国のものでいいんじゃない」「日本は嫌われて
いる」と普通に思っていましたから。
現在、私の見ているもの(お気に入り登録)は、こちらのブログ(朝一番に見ています)・こりあうおっちんぐ・反日勢力を斬るイザ・
KAZUYA チャンネル・ZAKUZAKU政治社会・ヤフーのコメント数ランキング・おーるじゃんる・某国のイージス・チャンネル桜・
安部晋三フェイスブックなどです。左からいっきに右・・・いえ保守派になりました!!
今回の安保法案はもちろん賛成なのですが、可決を前に反日メディアが激しい影響のせいか職場では「孫が徴兵される」
「戦争になる」「仕事してる場合じゃない、デモに参加しなければ」「今の安部総理はダメだ」などの声を生で聞き、とても恐ろしく思い
ました。私は「違う!」と発言したかったのですが、50代の女性の方々に、それもサンデーモーニングや報道ステーションを普通に
見ている人にどこから話そうかと躊躇してしまいました。ネットをみている方たちはもちろん冷静に理解されていますので
『戦争法案』と思っている人をバカだと片付けると思いますが、これからも反日メディアが騒ぐでしょうから、職場の人たちに「これは
違いますよ」と話して少しでも分かってもらえるように私も知識を得たいと思いますので、要所ゝでいいので取り上げて下さい。
長々とすみませんでした。これからも拝見させて頂きます。

松下三千治 (@guest_1267)
2015年9月22日 11:07 午後

白真勲、辻元清美、福山哲郎、他怪しいのがウジャウジャと、どこの国の国会議員やねん。とツッコミたくなる。
今、民主党が政権を取ったとき、
テレビ報道が自民党批判を繰り返し、
大げさに大騒ぎした時に似ているように思う。
マスコミのいい加減さは皆が知っていることで、
もう騙されません。次の選挙で民主党が惨敗することを
期待しています