「凡人が乱す」と侮辱 中国外務省報道官、安倍首相の南シナ海問題言及で 「何を心配しているか分からない」

「凡人が乱す」と侮辱 中国外務省報道官、安倍首相の南シナ海問題言及で 「何を心配しているか分からない」

記事要約:中国の述べていることとやっていることは全て乖離している。だから、世界中が心配しているわけだが、このような中国外務省報道官なんてただの中国共産党の言いなりであり、意志決定すら持ってないのだろう。昔の諺を引用するのは構わないが、今の中国など歴代王朝以下の存在だろ?

このまま放置していたら、そのうち世界中に人工島を作って中国の領土だと主張するだろうに。まさに遅れた帝国主義である。21世紀になって帝国主義を復活させようと目論むのは時代遅れである。

2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

「凡人が乱す」と侮辱 中国外務省報道官、安倍首相の南シナ海問題言及で 「何を心配しているか分からない」

【北京=川越一】中国外務省の華春瑩報道官は2日の定例記者会見で、安倍晋三首相がソウルで「南シナ海問題に対する国際社会の強い関心」に言及したとされることについて、「関心を持つ理由が一体何なのか分からない」と反発した。

華報道官は「喜ばしいことに、南シナ海に強い関心を示す人たちがいる」と皮肉を口にした上で、「世の中は本来無事だが、凡人が自らこれを乱す」という意味 の中国のことわざを用いて、安倍首相や、中国が南シナ海で建設する人工島の12カイリ内に艦船を派遣した米国を暗に批判した。

報道官はさ らに、毎年、10万隻以上の船舶が南シナ海を自由かつ安全に通過していることなどを列挙し、「何を心配しているか分からない」と発言。「関係諸国は客観的 かつ公正で理性的に当面の問題を取り扱うよう望む。中国側とともに平和と安定のため、建設的かつ責任ある役割を発揮してもらいたい」と述べた。

報道官は日中韓首脳会談に関し、「地域の経済一体化の道を推進するよう、共に努力していきたい」と述べたが、その前提条件として「歴史などの敏感な問題の処理」と「歴史を直視して未来に向かうこと」を挙げ、日本を牽制(けんせい)した。

(http://www.sankei.com/world/news/151102/wor1511020054-n1.html)

 

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry
1 Comment
最も評価が高い
新しい 古い
この質問についてのコメント
全てのコメントを見る

Wolf (@guest_1415)
2015年11月4日 7:55 AM

異常な特亜3国を除き、世界各国の国民は「凡人」ですよ。だから、よその国のすぐそばを埋め立てて、ここは昔から自分の国だなんてことされたら、世界がダメになると分かるんですね。