【東京都】病床数が逼迫…ギリギリの調整 軽症“後回し”に

【東京都】病床数が逼迫…ギリギリの調整 軽症“後回し”に

記事要約:札幌と大阪はGotoキャンペーンを停止したが、東京はまだ出ていない。その東京で病床数が逼迫しており、ギリギリの調整をしているようだ。軽症は後回しということで、このままだと病床数が足りなくなる恐れがある。

>新型コロナウイルスが急速に感染拡大している東京都で、感染者の受け入れ調整が、すぐに行えない事態が起きていることがわかった。都内では、感染者の入院先が決まらず、保健所が、都に受け入れの調整を依頼する件数が増加している。

だんだんと東京都で医療崩壊の兆しが見えていると。おそらく、今週でGotoキャンペーンは中止すると思われるが、かなり心配な状況であるな。結局、外出自粛して感染者を減らさないといつかは足りなくなる。

>関係者によると、病床数が逼迫(ひっぱく)してきたため、ここ数日間は、症状が重い患者を優先して、軽い症状の患者は「きょうは調整断念せざるを得ない」として保健所に通告し、ぎりぎりで調整が行われているという。

どうなるかはわからないが、慎重に状況の推移を見守るしかない。とにかく、コロナに感染しないように行動して欲しい。自己防衛で乗り切るしかないが、食事中は黙っているてことだけで果たしてどこまで有効なのか。

【東京都】病床数が逼迫…ギリギリの調整 軽症“後回し”に

新型コロナウイルスが急速に感染拡大している東京都で、感染者の受け入れ調整が、すぐに行えない事態が起きていることがわかった。都内では、感染者の入院先が決まらず、保健所が、都に受け入れの調整を依頼する件数が増加している。

関係者によると、病床数が逼迫(ひっぱく)してきたため、ここ数日間は、症状が重い患者を優先して、軽い症状の患者は「きょうは調整断念せざるを得ない」として保健所に通告し、ぎりぎりで調整が行われているという。

また、新型コロナ以外の理由で集中治療室(ICU)に入院する患者を別の病院に転院してもらい、新型コロナの重症患者を受け入れる事態も起きている。

都の関係者は、「新規感染者を抑制できないと重症者を救えなくなる」と危機感を募らせている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/5db01dc5a0131e2b2c5892ba611298a1089ec5e1

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry
1 Comment
最も評価が高い
新しい 古い
この質問についてのコメント
全てのコメントを見る

退職者 (@guest_54977)
2020年11月24日 11:38 AM

大阪では陽性率が驚異的に跳ね上がり 市中感染者が大幅に増加 それにも
かかわらず 高齢者は昼カラオケで盛り上がり マイクは除菌タオルで少し
拭くだけ 換気はキッチの上の小さな換気扇を回すだけ ドアを開けると音
量が漏れて 近所に大迷惑になるので換気ができず そこで数時間 自分の
歌の順番を何度か回ってくるまで居続ける 
このバカ高齢者 予防すると言う概念が全くなし 大阪府知事 吉村さんが
高齢者に対して「不要不急なことが無い限り 自宅に居てください」と必死
に呼びかけているにもかかわらず・・・・・・・あ~~~情けない

大阪府のデーターでは 65歳以上のコロナ感染者が重症化率が非常に高く重症
病床を大半を占めるとのこと 以前から大阪市内に重症者専門病院を準備して
いますが 建物ができましたが 医療従事者70名以上が不足 そして重症者受
け入れ病院では医師 看護師が家族の感染を恐れ 大阪府が準備したホテルで
寝泊まり 疲労は極限に来ているとのこと そして看護師さんの中には乳飲み子
を家族に託し頑張ってコロナに対峙されている呼吸管理専門看護師がおられるこ
とをバカ高齢者に理解してもらいたい

特に重症者病棟での看護師は呼吸管理 感染予防知識 防護服の正確な着脱が
できることが絶対条件 この育成には相当な時間がかかるとのことです

大阪府は北海道に次いで陽性率第二位 そして人口密度は北海道と比べることが
出来ないほど密度が高いので 感染爆発が起きるとなかなか収拾できないようで
す 

とにかく 皆さん 予防に心がけましょう