韓国経済、韓国人観光客の「ノーショー(予約をしていながら無断でキャンセル)」が海外で問題に

韓国経済、韓国人観光客の「ノーショー(予約をしていながら無断でキャンセル)」が海外で問題に

記事要約:基本的に日本ではホテルや旅館を予約して、直前にキャンセルをすると「キャンセル料」が発生する。その割合はホテルや旅館によってまちまちではあるのだが、数日前、前日とかでも異なってくる。

海外でキャンセル料が主流がどうかは国によって異なるのでなんともいえないが、韓国人観光客のようにレストランなどを予約して無断でキャンセルするのは問題外である。なぜなら、予約をしたということはその客のために席を空けておくのだ。

つまり、その席代というのが店負担になってしまい、実質のところ、満員で席を空けておく必要な時、利益の損害にも繋がる。韓国人に常識を述べても意味の無いことが「常識」なのだが、これって下手すれば損害賠償で訴えられる可能性だってある。

もっとも、普通の店なら店側が泣き寝入りして大事にはならないだろう。しかし、そういった民族性が確実に海外での悪評となる。海外で1番嫌われている自己中民族の韓国人だからな。

2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

韓国経済、韓国人観光客の「ノーショー(予約をしていながら無断でキャンセル)」が海外で問題に

2015年12月2日、韓国・朝鮮日報によると、年間26万人以上の韓国人観光客が訪れるタイのプーケット島で、韓国人客による「ノーショー」が問題となっている。

「ノーショー」(NO SHOW)とは、予約をしていながら無断でキャンセルすること。

プーケット島のホテル、飲食店、スパ、公演場の経営者27人を対象に行った調査によると、「韓国人観光客のノーショーで被害を受けた」と答えた者は17人(63%)に上った。

現地のある飲食店経営者はこの実態について、「他の国の観光客と異なり、韓国人観光客は無断キャンセルが多い」と話す。

また、別の経営者は、「約束の時間に遅れておきながら『なぜ席がないのか』と抗議する韓国人客もいる」と話した。

ノーショー問題は韓国人観光客のレストランや公演場の予約などを代行する現地の韓国人旅行業者にも影響を与えており、代行業者が現地業者の「ブラックリスト」に上がるほど、深刻なものになっている。

これを受け、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。

「海外だからこそもっとしっかりしなきゃ」

「約束の重要性を忘れたやつら。そんなことなら海外になど行くな」

「確かに、韓国は必ず予約して行く習慣がある。でも、せめてキャンセルの一報くらいしようよ」

「予約したのに行けないこともあるけど…。韓国人の特徴はキャンセルの電話をしないところ」

「韓国人が引き起こす問題の多くは、感情的な利己心から来るもの。どんな瞬間も相手の立場など知ったこっちゃないってか」

「責任感のないひきょうな人が増えていて心配…」

「国語・英語・数学は先進国レベル、礼儀・道徳は後進国レベル」

「東南アジアで旅行業関連の事業をやってる。私は韓国人だけど、韓国人や韓国の会社との取引はしないで、主に日本人と取引してる。本当にきっちりしていて、仕事が楽」

「国民性。信頼できないってこと。日本がなぜ世界各国から信頼されて、高評価を受けているのかは説明するまでもない。だって、日本人はノーショーなんてしないから」

(http://www.recordchina.co.jp/a124481.html)

日本の底力」メルマガ購読は↓から、今はPCでも携帯でも一つのメルマガでいいようだ。それでは購読の方をお願いする。前回、携帯に登録していただいていた読者様はPCの方に登録していただけるとありがたい。

→日本の底力

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry
1 Comment
最も評価が高い
新しい 古い
この質問についてのコメント
全てのコメントを見る

玄海太朗 (@guest_1564)
2015年12月5日 7:12 PM

道徳欠如も甚だしい。正義、誠実、正直という言葉が通じない国家か?