韓国経済、韓国のバラエティ番組が「VS嵐」の盗作を認め謝罪「番組は見たこと無いし盗作の意図はないが結果的に盗作となった」

韓国経済、韓国のバラエティ番組が「VS嵐」の盗作を認め謝罪「番組は見たこと無いし盗作の意図はないが結果的に盗作となった」

記事要約:盗作を素直に認めたので韓国人らしくないと思っていたが、この供述を見るとやはり韓国人だと理解できた。韓国のバラエティ番組がVS嵐」を盗作したのは認めて謝罪するが、「番組は見たこと無いし盗作の意図はないが結果的に盗作となった」 という。

管理人には理解不能なんだが。番組は見たことないのに盗んだことは認める。しかも、盗作の意図ないけど、結果的に盗作となったらしい。1文目、2文目が全く矛盾した内容てどういうことなんだ。盗作したということは「VS嵐」を参照にしたのだろう?でも、それ見たことがないなら、どうやってその企画を作ったんだ?

一休さんのとんち合戦をしているんじゃないんだぞ。盗作の意図がないなら盗作を認めているのはおかしいだろうに。

2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

韓国経済、韓国のバラエティ番組が「VS嵐」の盗作を認め謝罪「番組は見たこと無いし盗作の意図はないが結果的に盗作となった」

韓国SBSのバラエティ番組『ランニングマン』がフジテレビのテレビ番組『VS嵐』に酷似していると、韓国国内で指摘があった。この疑惑は12月に入ってから韓国ネット上で浮上し、これに対して制作陣は盗用を認め謝罪。

6日に放送された「ランニングマン ロスト・イン・ソウル」編に登場したゲームが『VS嵐』に登場する「コロコロバイキング」と同じだと議論されてきた。見た目だけでなく、ルールから試合内容まで酷似しており韓国ネットで炎上となった。

演出を行ったイム・ヒョンテクプロデューサーは「盗作する意図はなかったが、結果的に盗作となってしまった」と認めた。また、「『VS嵐』を見たことは無いが、今回のような事態が起きた」とし「再発防止のために最前を尽くす」とコメントした。韓国のバラエティ番組で盗作疑惑が浮上したのは今回が初めてではない。

(http://gogotsu.com/archives/13921)

日本の底力のメルマガ購読は↓から、今はPCでも携帯でも一つのメルマガでいいようだ。それでは購読の方をお願いする。前回、携帯に登録していただいていた読者様はPCの方に登録していただけるとありがたい。

→日本の底力

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

コメントをどうぞ(メールアドレスは不要です・15分以内なら間違っても編集可能です)

800
  
smilegrinwinkmrgreenneutraltwistedarrowshockunamusedcooleviloopsrazzrollcryeeklolmadsadexclamationquestionideahmmbegwhewchucklesillyenvyshutmouth
写真と画像
 
 
 
音楽とビデオ
 
 
 
Other File Types