中国、新型EV購入者 「もう乗りたくない」 「1晩でバッテリー残量0になり救助を待つしかない」

中国、新型EV購入者 「もう乗りたくない」 「1晩でバッテリー残量0になり救助を待つしかない」

記事要約:最近、やたらとEVと世界中が連呼しているが、実際、EVが普及するには数々のハードルがある。そして、中国で新型EVを購入した中国人は「もう乗りたくない」 「1晩でバッテリー残量0になり救助を待つしかない」という。しかも、あのテスラのEVである。これはテスラ株暴落もあるんじゃないか。

>超低温の影響で、新エネルギー車のバッテリー寿命は大幅に短くなっています。多くの新エネルギー車の実際のバッテリー寿命はNEDC(欧州航続距離試験基準)の約50%から30%であり、新エネルギー車の所有者は「暖房を付けるのが怖い、暖房をオンにできない」、「仕事帰りにまだ動くのかわからない」、「いつも不安の中にいます」と答えた。

バッテリーは車を動かすのにも使うし、暖房にも使う。つまり、バッテリーの寿命はその分、削られる。そして、寒いとバッテリーの重病は大幅に短くなるようだ。

>冬が始まって以来、北京は長年の極寒に見舞われ、新エネルギー車の所有者は多くの屈辱を経験してきた。深刻な走行可能距離の割引のために、一部は一晩駐車したらバッテリー残量は0になり、救助を待つしかありません。車の所有者はあえて暖房をオンにせず、家族は震えながら車の中にいます。多くの新エネルギー車の購入者は、バッテリー寿命が大幅に割り引かれ、「このままEVを乗り続ける」ことは難しいと述べました。

停電しなくても、結局、凍えてるじゃないか。こんなレベルでEVがどうとか世界は叫んでいるわけか。

>深刻な停電のため、新エネルギー車の所有者は頻繁に充電する必要があります。1月8日、海淀区、海潤ビルテスラスーパー充電ステーションでは、証券日報の記者は、テスラが延々と続く渋滞の流れで充電する様子で50個の充電パイルのすべてが使用されていることを確認しました。

どう見ても寒い地方ではEVはやめたほうがいい。雪が積もって渋滞になったときにEVについて以前に触れたが、実際、中国では目の当たりにしていると。

>自家用車所有者に比べて、新エネルギー車のタクシーの運転手はさらに「壊れて」います。 一部のタクシー運転手は、証券日報の記者によると、300キロの走行可能距離は、実際には約150キロ、数回客を乗せたら、次に充電できる場所を見つけるために走ります。本当にあまりにも暖房を付けることができないだけでなく、長距離の乗客を取りたくありません。

EVのタクシーはもっと駄目と。そりゃ、走行距離が増えれば増えるほど充電回数が増える。バッテリーの寿命がどんどんはやくなる。なんだ。欠陥品ではないか。急速充電?こんなタクシーに乗るなら歩いた方がまだましだな。しかし、中国は石炭の問題で電力不足でEVすらまともに充電できないだろう。もはや、無用の長物ではないか。

中国、新型EV購入者 「もう乗りたくない」 「1晩でバッテリー残量0になり救助を待つしかない」

新エネルギー車の冬のバッテリー寿命は大幅に短縮されます寒波が襲うと、新エネルギー車は所有者にどのような経験をもたらしますか?

超低温の影響で、新エネルギー車のバッテリー寿命は大幅に短くなっています。多くの新エネルギー車の実際のバッテリー寿命はNEDC(欧州航続距離試験基準)の約50%から30%であり、新エネルギー車の所有者は「暖房を付けるのが怖い、暖房をオンにできない」、「仕事帰りにまだ動くのかわからない」、「いつも不安の中にいます」と答えた。

オーナーからの苦情が多かったのは、走行可能距離の縮小

冬が始まって以来、北京は長年の極寒に見舞われ、新エネルギー車の所有者は多くの屈辱を経験してきた。深刻な走行可能距離の割引のために、一部は一晩駐車したらバッテリー残量は0になり、救助を待つしかありません。車の所有者はあえて暖房をオンにせず、家族は震えながら車の中にいます。多くの新エネルギー車の購入者は、バッテリー寿命が大幅に割り引かれ、「このままEVを乗り続ける」ことは難しいと述べました。

深刻な停電のため、新エネルギー車の所有者は頻繁に充電する必要があります。1月8日、海淀区、海潤ビルテスラスーパー充電ステーションでは、証券日報の記者は、テスラが延々と続く渋滞の流れで充電する様子で50個の充電パイルのすべてが使用されていることを確認しました。

高氏によると、テスラのモデル3の最後版は、後で交換するリン酸鉄リチウム電池よりも耐寒性に優れた三元リチウム電池を使用していますがが、それでも電力損失が深刻になるとは予想していませんでした。王氏(仮名)は、少し前に車をEV車を購入したが、夜間駐車している間に、50キロ以上の走行可能距離が減少しています。

自家用車所有者に比べて、新エネルギー車のタクシーの運転手はさらに「壊れて」います。 一部のタクシー運転手は、証券日報の記者によると、300キロの走行可能距離は、実際には約150キロ、数回客を乗せたら、次に充電できる場所を見つけるために走ります。本当にあまりにも暖房を付けることができないだけでなく、長距離の乗客を取りたくありません。

https://finance.sina.com.cn/chanjing/cyxw/2021-01-11/doc-iiznezxt1765939.shtml

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry
6 Comments
最も評価が高い
新しい 古い
この質問についてのコメント
全てのコメントを見る

ナナシ【メル】 (@guest_56208)
2021年1月11日 6:33 PM

EVのバッテリーに関しては、以前から寒冷地対策が必要なのは言われてきた。
しかし実際にやってるのは数社だったかかな。
中国・韓国の企業が対策をしてるとは聞いた事も記事等で見た事もないからね。

最近はバッテリーの充電率自体の低下が早すぎるとかの記事は見たんだが、寒さ(中韓だと今朝の最低気温が-10度前後からまだ低い地域もかなりあった)もかなり影響してるだろう。

電力不足や大企業倒産など楽しみが増えて来ましたね♪

rom専 (@guest_56212)
2021年1月11日 8:41 PM

エンジンの爆音、震える車体。官能的なエキゾースト。ええ、単純に電気自動車が嫌いです。
水素エンジン車か、エンジン音を流すスピーカーを設置しないと乗る気にならん。
30年前の国産中古車に乗っているが、古い物を産廃として廃棄するぐらいなら、大事に手入れして使い続けた方がよっぽどエコ。政府主導のエコ活動は結局新車買わせたいだけとしか思えん。でもどんどん新車は高くなる。で、そこまでするなら公共機関で良い。それか自転車かな。

ss65 (@guest_56224)
2021年1月11日 10:35 PM
Reply to  rom専

この間、キャロル360が走ってた、メチャ Σ(゚Д゚) 、ビックリ。。。

酔って候 (@guest_56274)
2021年1月13日 7:06 PM
Reply to  rom専

水素エンジンですか。懐かしい。かつて、マツダがロータリーエンジンをベースに製造してましたね。
EVだけで無く、FCVも推進するのなら、水素エンジン車の復活も検討されて良いと思います。

零戦搭乗員 (@guest_56231)
2021年1月12日 8:27 AM

武漢ウィルスと同じだな。基礎も固めないで先走った上っ面の先端技術を追い求め、(試験で言えば丸暗記)結果足元をすくわれる。武漢ウィルスもばら蒔けば後は何とかなる、みたいな考えからばら蒔き、今やその中国も手がつけられなくなっている。

ダルマさん (@guest_56217)
2021年1月11日 9:13 PM

そもそもバッテリーなんてのは化学変化の賜物だからなw
当然物質も温度の影響を大きく受ける。
温度が高ければ分子運動は大きくなり、低ければ分子運動は小さくなる。
バッテリーはイオン化による電子の移動で電気を溜めたり使用したりする。

適温は大体20度前後だというね。
寒い日はね、発泡スチロールの箱にホッカイロを詰めて
そこにバッテリー納めて温度管理すればいいよw