【速ければ5月】日本政府「一般国民」へのコロナワクチンについて早ければ5月接種を目指す方針

【速ければ5月】日本政府「一般国民」へのコロナワクチンについて早ければ5月接種を目指す方針

記事要約:まあ、ファイザーやモデルナのワクチンの量に限りがあるので、生産分しか手に入らないわけで、日本でもワクチン接種が遅れていくかもしれないのは予期していた。そして、生産量が減ったことでだんだんと計画がずれてきているようだ。日本では速ければ5月らしいが、これは5月というのも怪しいな。

>政府は、一般の国民に対する新型コロナウイルスのワクチンについて、先行接種の対象以外の人は早ければ5月からの接種を目指す方針を固めた。治験のデータがそろっていない16歳未満は当面対象外とし、7月頃までには大半の国民で接種を終えたい考えだ。

いや、無理だろう。この日程。5月から接種して7月で大半の国民が接種。つまり、2ヶ月で半分、6000万人には打つことになる。物理的に不可能だろう。しかも、データ揃ってない16歳未満は当面対象外とかあるぞ。しかも、これ1回目だろ?2回目は3ヶ月後ということになるので、5月に打てて8月ではないのか。いやいや、その前に高齢者の分の2回目があるか。絶対、物理的に無理だわ。

話は変わるが、お隣の韓国ネタでホットな話題がある。それは「中韓キムチ戦争」である。韓国がいつまでもキムチは中国起源だと認めないことで、中国企業から韓国人ユーチューバーが仕事を打ち切られたわけだが、そこにあの屑教授が参加してNYTにキムチ広告を出したようだ。しかし、最初から嘘だらけという。

【速ければ5月】日本政府「一般国民」へのコロナワクチンについて早ければ5月接種を目指す方針

政府は、一般の国民に対する新型コロナウイルスのワクチンについて、先行接種の対象以外の人は早ければ5月からの接種を目指す方針を固めた。治験のデータがそろっていない16歳未満は当面対象外とし、7月頃までには大半の国民で接種を終えたい考えだ。

 複数の政府関係者が19日、明らかにした。厚生労働省の接種に向けた工程表では、2月下旬にも新型コロナ患者の治療にあたる医療従事者(約1万人)に最優先で接種した上で、〈1〉一般の医療従事者〈2〉65歳以上の高齢者〈3〉基礎疾患のある人――などの順で接種する流れを描いている。

https://news.livedoor.com/article/detail/19560302/

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry
1 Comment
最も評価が高い
新しい 古い
この質問についてのコメント
全てのコメントを見る

通りすがり (@guest_56473)
2021年1月20日 8:26 PM

この報道に関して河野太郎さんがデタラメ流すなと反論してるので、メディアの飛ばし記事の可能性ありです。
ただ、元を辿ると玉木氏の計画案リークから来てるっぽいので、事実無根というわけでも無さそう。