韓国経済、少女像撤去が10億円拠出の条件 政府、慰安婦支援の新財団

韓国経済、少女像撤去が10億円拠出の条件 政府、慰安婦支援の新財団

記事要約:結局、大晦日だというのに慰安婦問題しか取り上げていない。韓国経済の方を取り上げたいニュースがあるのだが、今年いっぱい、お正月はこれ中心になるだろう。実際、もう、合意なんてものが決裂しそうな感じなのだが、管理人は淡々と記事を紹介していくだけである。

1つだけ言えるのは、口約束なので我々は本当の条件など知らない。日本のメディアと韓国メディアの情報乖離が甚だしいのが、こうなってくると情報戦である。つまり、どちらの言い分が正しいかなんて当事者が嘘を付くのだから不可能だということだ。

少女像撤去が10億円の条件。しかし、このハードルはかなり高いようだ。管理人はただ移転するだけでいいと思っていたのだが、これは少しでも動かせば面白いことになるんじゃないか。

最悪、朴槿恵政権が吹っ飛ぶだろう。日本人からすればただの売春婦像だが、韓国人にとってはこれは生命線みたいなものだ。つまり、この像を死守することが韓国人のアイデンティティにすら感じられる。慰安婦問題が韓国人にとって神格化し過ぎている。もはや、少女像の移転ですら永遠に無理かもしれない。つまり、もう日韓断交以外の道はないということだ。

2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

少女像撤去が10億円の条件 政府、慰安婦支援の新財団

元従軍慰安婦の支援を目的に韓国が設立する新財団への支出に関し、日本政府が被害女性を象徴するソウルの日本大使館前の少女像が撤去されなければ、韓国と合意した10億円を拠出しない意向であることが30日、分かった。

少女像問題が未解決のまま財政負担に踏み切れば、国内世論の理解が得られないと判断しているため。撤去を拠出の条件とすることは、安倍晋三首相の「強い意志」の反映だという。政府筋が明らかにした。

こうした考えは、慰安婦問題をめぐる協議の中で韓国側に伝えているとみられる。

共同通信 2015年12月30日 23時00分

日本の底力のメルマガ購読は↓から、今はPCでも携帯でも一つのメルマガでいいようだ。それでは購読の方をお願いする。前回、携帯に登録していただいていた読者様はPCの方に登録していただけるとありがたい。

→日本の底力

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry
2 Comments
最も評価が高い
新しい 古い
この質問についてのコメント
全てのコメントを見る

 (@guest_1874)
2015年12月31日 10:35 午前

韓国は、慰安婦像はそのまま設置続け何も変わらないと思います。安倍首相が謝罪したのは大きな誤りでした。
韓国に対しては、正攻法つまり史実に基づいて反論していくしかないということです。世界に対して、日本と韓国のどちらの言い分が正しいのかピールすべきです。世界の世論を背景に、韓国のマスコミや従軍慰安婦等を煽る教育システムを変えなければ歴史は繰り返されるだけです。

初めて政治活動した (@guest_1875)
2015年12月31日 5:16 午後
Reply to 

いつも坂さんの認識は私に近いので、いつも、そうそう、そうだよなぁと思いながら読んでいます。今回のコメントもその通りだとは思うのですが、悲しいかな現実は坂さんのコメントの逆が実現してしまいましたね。

今回の安倍の行動が原因で、韓国・中国・米国が正しいというアピールが世界にされましたし、日本の教科書に慰安婦記述が戻り、教育システムが変わります。

坂さんの安倍首相が謝罪したのは間違いだったという意見に補足させてもらえば、
 あたり前ですが安倍は無知やケアレスミスでこれをしていませんね。
 単なる中国・米国からの外圧に屈したわけでもありません。
 韓国経済救済のためにやったわけでもありません。
と私は思っています。つまり、残る可能性はただ一つ。

 これは安倍晋三と言う人間が芯の芯からしたかったことだ。

ということです。なぜなら安倍が2007年から繰り返し発言してきた慰安婦への謝罪と賠償を”抗日70周年記念の2015年の年内”に完成したことからも明らかです。もしこれが外圧で嫌々ならば、年末の急転直下ではなく世論の反対を起して利用したり、それでも抗しきれなければ退陣して先延ばしにするという道もありました。また韓国経済救済説は私自身も一因かと思いましたが、それなら経済救済”だけ”をすればよいわけで、慰安婦に謝罪する論理的必要性はありませんでした。

ところで坂さん、私はいつもの安倍擁護コメントが書き込まれないのがさみしいです。「安倍首相はまったく謝罪していない、日本の完全勝利だ」的なコメントです。安倍信者の皆さんも年末年始は忙しいでしょうが安倍擁コメントを書いてほしいものです。