【新型コロナ】イギリス、南アフリカ、ブラジル型とは違う「E484K」の変異ウイルスを関東全域で91件確認 “抗体の働き弱くなる可能性”

【新型コロナ】イギリス、南アフリカ、ブラジル型とは違う「E484K」の変異ウイルスを関東全域で91件確認 “抗体の働き弱くなる可能性”

記事要約:イギリス、南アフリカ、ブラジル型とも違う「E484K」の変異ウイルスを関東全域91件確認したという。確認したのは東京医科歯科大学のグループらしいが、なんでこれを日本の変異種として名付けないのか。基準がよくわからない。他の変異ウイルスと違う時点でそれは日本のオリジナルだろう。東京型変異とかでいいんじゃないか。

>新型コロナウイルスの変異ウイルスについて東京医科歯科大学のグループは、イギリスなどで広がったのとは異なる別の変異ウイルスを確認したと発表しました。感染力が高まる変異はないものの抗体の働きが弱くなる可能性があるということです。

東京型の変異ウイルスは感染力は変わらないが、抗体の働きが弱くなる可能性があるという。もう、この時点で嫌な予感しかしないよな。この東京型変異と他の変異が融合すれば、感染力が強くて抗体の働きが弱くなるウイルスが爆誕するわけだ。

それで、去年12月下旬から先月中旬までの間に診察した3人の患者から検出されたウイルスに「E484K」と呼ばれる遺伝子の変異が確認されたという。これが関東全域で91件。しかも、この3人の患者には渡航歴はない。おまけに軽症や無症状。つまり、市中感染が広まっていることになる。本当、コロナは人類を殺しに来ているな。

【新型コロナ】イギリス、南アフリカ、ブラジル型とは違う「E484K」の変異ウイルスを関東全域で91件確認 “抗体の働き弱くなる可能性”

新型コロナウイルスの変異ウイルスについて東京医科歯科大学のグループは、イギリスなどで広がったのとは異なる別の変異ウイルスを確認したと発表しました。感染力が高まる変異はないものの抗体の働きが弱くなる可能性があるということです。

これは東京医科歯科大学の武内寛明講師らのグループが発表しました。

グループは大学の附属病院を訪れた新型コロナウイルスの患者から検体を集め、ウイルスの遺伝情報を詳しく調べました。

その結果、去年12月下旬から先月中旬までの間に診察した3人の患者から検出されたウイルスに「E484K」と呼ばれる遺伝子の変異が確認されたということです。

「E484K」の変異は抗体の攻撃を避ける性質に関係するとされ、同じ変異は南アフリカやブラジルで確認された変異ウイルスでも見つかっていますが、これらのウイルスとは違って感染力を高める変異はありませんでした。3人の患者は海外への渡航歴はなくいずれも無症状か軽症だったということです。

グループでは「抗体が効きにくいタイプの変異ウイルスが市中でどのくらい広がっているかは分からないが、推移をモニタリングして流行の実態を把握することが重要だ」としています。

また、国立感染症研究所は同様の変異ウイルスはこれまでに関東全域で91件、空港検疫で2件、見つかっていることを明らかにし、今後、実態を把握していくと発表しています。

国立感染症研究所ではこれまでに見つかっているイギリスで広がった変異ウイルスなどと同様の警戒が必要な状況では無いとしていて、いずれの変異ウイルスに対しても3密を避けることやマスクの着用、手洗いなどの徹底といった基本的な対策は変わらないとしています。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210218/k10012875341000.html

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry
1 Comment
最も評価が高い
新しい 古い
この質問についてのコメント
全てのコメントを見る

どちらさん⁇ (@guest_57298)
2021年2月19日 10:17 PM

恐らくスパイクタンパク質のE484K変異体ということか?hACE2の結合インターフェースの近傍なのかしら?詳報を求む。