【JTB】資本金23億円→1億円に減資 税制上「中小企業」に

【JTB】資本金23億円→1億円に減資 税制上「中小企業」に

記事要約:旅行会社大手のJTBが資本金23億円を1億円に減資したようだ。つまり、税制上は「中小企業」の扱いになるわけだが、それって国民からすればJTBもそこまで落ちたのか。ブランドの喪失が大きいのではないか。

確かにコロナ禍で旅行業が酷い有様なのは誰でも知っている事実であるが、これからJTBは単なる中小企業です。

>JTBの2020年4~9月期は781億円の連結最終赤字に転落した。株主資本のうち利益剰余金は20年9月末で799億円と、半年でほぼ半減した。10月以降も利用は回復せず、下期は400億円以上の経常損失を見込む。資本金を取り崩すことで、発生が見込まれる損失に対応する。

コロナ禍で1年も経過しているのに、JTBは全然、対応してないという。資本金を切りくずすだけではなんともできないだろう。何しろ旅行者が減っているのだから。そもそも、JTBで旅行なんてしないものな。中国人観光客で荒稼ぎした金がコロナで失ったというのが皮肉なのか。必然なのか。別にJTBが消えても国民は旅行できないわけでもない。

自分たちで散々、海外からの観光客でもうけて現地の日本人を蔑ろにしてきたツケを無理矢理,精算させられている感じだな。京都なんて特にそうだ。勝手に財政赤字になっているからな。

【JTB】資本金23億円→1億円に減資 税制上「中小企業」に

JTBが資本金を現在の23億400万円から1億円に減資することが23日、わかった。12日の株主総会で決議済みで、3月31日付で実施する。新型コロナウイルスの感染拡大で、観光需要の落ち込みが長期化している。今期発生する巨額の損失の補塡原資を確保する狙いがある。

JTBの2020年4~9月期は781億円の連結最終赤字に転落した。株主資本のうち利益剰余金は20年9月末で799億円と、半年でほぼ半減した。10月以降も利用は回復せず、下期は400億円以上の経常損失を見込む。資本金を取り崩すことで、発生が見込まれる損失に対応する。

資本金が1億円以下の企業は税制上中小企業とみなされ、税負担が軽くなる。観光需要が戻るには時間がかかるため、中期的な負担軽減を享受する狙いもあるとみられる。

https://www.nikkei.com/article/DGXZQODZ230T70T20C21A2000000/

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry
3 Comments
最も評価が高い
新しい 古い
この質問についてのコメント
全てのコメントを見る

憂国のおいちゃん (@guest_57380)
2021年2月23日 10:53 PM

毎日新聞社も1月15日に臨時株主総会を開いて、3月に資本金41億5000万円を1億円に減資する議案を承認している

今後も資本金を減資する企業が出てきそうだね

Tester (@guest_57383)
2021年2月24日 12:54 AM

毎日新聞みたい
毎日新聞は減資に加え、減紙だが、、、

ばいなりい (@guest_57386)
2021年2月24日 3:32 AM
Reply to  Tester

うまい!