【東証】日経平均株価急落 -1202円 終値28966円

【東証】日経平均株価急落 -1202円 終値28966円

記事要約:今日、アメリカの長期金利上昇を懸念して日経平均株価が急落した。-1202円で終値が28966円という。まずは日本市場全体をどうぞ。

日経平均株価が一番下げ幅が多いが、TOPIX、JPX日経400も3%超えの下げ。新興市場のマザーズは2%程度の下げ。日経VIは28.40と急上昇している。ただ、先物はプラスで動いてるので,来週はある程度は戻すかもしれない。今日のダウ次第というところはある。

せっかく3万円が付いていたが一瞬で落ちた。下げるときは本当早いよな。ただ、管理人は長期金利上昇といっても、アメリカの景気がそこまで回復したようには見えないからな。

【東証】日経平均株価急落 -1202円 終値28966円

26日の東京株式市場で日経平均株価が急落し、終値は前日比1202円安の2万8966円と2月5日以来の低水準となった。米国の長期金利の上昇(債券価格の下落)が、低金利環境の継続を前提に株高の波に乗ってきた株式投資家を揺さぶった格好だ。一時的な変動との見方もあるが、一部の市場参加者は債券安によって年金基金など長期投資家が株から債券に資金を移す「リバランス」を誘発するリスクも意識した。

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGD262G00W1A220C2000000/

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry
0 Comments
この質問についてのコメント
全てのコメントを見る