【Twitter】コロナデマ、5回でアカウント削除に

【Twitter】コロナデマ、5回でアカウント削除に

記事要約:言論弾圧ツール、Twitterがコロナデマを5回でアカウント削除にするというサービスを始めたらしい。そもそも、デマか真実かどうかを誰が決めるかもわからないのに「コロナデマ」てなんだよ。言論弾圧したいとしかおもえないが。そもそも、ルールを教育てなんだ。いつからTwitterは上から目線でユーザーに物言えるようになったのだ。

>Twitterの安全対策チームは1日、「ストライク制を通じ、特定のコンテンツがルール違反とされる理由をユーザーに教育し、自身の言動や公開会話が与える影響について、より深く考える機会を提供したいと考える」と記しています。

Twitterの安全対策チームが絶対に間違わないという論拠がないのに、特定のコンテンツをルール違反と決めるなど言語道断である。しかも、5ストライク制とか。それって5回目でアカウント削除するという脅しですか?脅迫ですか。

>偽情報の疑いがあるツイートには「このツイートは誤解を招く恐れがあります」といったラベルが付けられ、リツイート不可に。同社のブログ記事によると、新型コロナウイルスに関するポリシー違反があったアカウントにはラベルの付与や削除要求がなされ、結果的にストライク数がすすみ、その旨ユーザーに直接通知されます。さらに違反が繰り返されれば、ストライク数に応じてアカウントが制限されていきます。

だから、その偽情報かどうかを誰が判断するのかと聞いてるだろう。そもそも、いつの時点で偽情報なんだ?例えば,ワクチンを打って1万人が死ぬかもしれないという情報は「コロナデマ」になるのか?

ワクチンをこれから打っていけば1万人死ぬ可能性はあるだろう。10年後に1万人死んでいたら、それを偽情報としたTwitterは責任取ってくれるんですかね?はっきりいって偽情報かどうかなんて判断しようがないのだ。特にコロナデマに対してはな。ワクチンの効果がないというのはコロナデマになるんですか?

>Twitterが新型コロナウイルス以外の誤情報についても5ストライク制を展開していくのか、まだわかりません。しかし、いきなりアカウントをBANするのではなく、「ユーザーを教育」していくという手法は一定の効果があると思われます。さらに、一般ユーザーや世間に向けてどのような誤情報が出回っているのかをリアルタイム開示してくれると、警戒心と審美眼が磨かれるのではないかと思いますが、いかがでしょう?

あるわけないだろう?審美眼が磨かれる?情報の取捨選択も出来ない人間がネットを使う方がおかしいのだ。だから、2chでは新人にこういう。5年はロムってろと。

【Twitter】コロナデマ、5回でアカウント削除に

SNS大手のTwitterは、新型コロナウイルスのパンデミックおよびワクチンに関連する誤情報を拡散したアカウントに対し、ラベル付与などの対応を含めた「5ストライク制」を導入すると発表しました。同社は「明らかな虚偽、あるいは誤解を招く可能性があり、重大な被害を生む恐れがある」すべての医療情報を禁止しています。

ユーザーにルールを教育し、深く考える機会を提供したい

Twitterの安全対策チームは1日、「ストライク制を通じ、特定のコンテンツがルール違反とされる理由をユーザーに教育し、自身の言動や公開会話が与える影響について、より深く考える機会を提供したいと考える」と記しています。

偽情報の疑いがあるツイートには「このツイートは誤解を招く恐れがあります」といったラベルが付けられ、リツイート不可に。同社のブログ記事によると、新型コロナウイルスに関するポリシー違反があったアカウントにはラベルの付与や削除要求がなされ、結果的にストライク数がすすみ、その旨ユーザーに直接通知されます。さらに違反が繰り返されれば、ストライク数に応じてアカウントが制限されていきます。

3月1日に開始が発表されたTwitterの5ストライク制は以下のとおり:

1ストライク: アカウントレベルでの対応なし

2ストライク: 12時間のアカウント停止

3ストライク: 12時間のアカウント停止

4ストライク: 7日間のアカウント停止

5ストライク以上: 永久凍結

米ホプキンス大学の統計では、アメリカでの新型コロナウイルス感染者は2860万人を超え、死者も51万6000人にのぼっています。Twitterは昨年12月、新型コロナウイルスに関する「公の会話を保護する」ため新たなアクションを起こすと予告しており、今回の5ストライク制はそれを実行したものと思われます。

まずは人間と機械で違反ツイートを追跡、将来的にはAI主導に

昨年12月以降、同社では新型コロナウイルス関連の誤情報を含め、8,400件を超えるツイートを削除してきました。今後は人間のモデレーターと機械の両方で、Twitterのルールに違反するツイートを追跡する予定です。

Twitterは月曜日のブログ記事にて、「機械学習と自動言語処理が効果を発揮するには時間がかかるため、まずは英語のコンテンツから開始し、いずれ同じプロセスで他の言語や文化的コンテキストに拡大していく」と述べています。

「ストライク制」はすでにYouTubeなどのプラットフォームに採用されています。ポリシー違反した人々に「なにが悪かったのか」とルールを理解する機会を提供し、永久追放される前に公正な警告を与えることで、行動を規制する方法として使用されているのです。

アカウント凍結措置の透明性を求める声に応える

FacebookとTwitterは長年、特定のユーザーがBANされ、別のユーザーが見逃されている根拠について「透明性に欠ける」と批判されてきました。たとえば、白人至上主義団体KKKの元リーダーであるデービッド・デューク氏は、最終的に永久凍結されるまでの11年間、なんらお咎めなしでした。結局どの投稿がもとでBANになったのか、その経緯も不明です。

アメリカでは現在ワクチン接種がすすんでおり、「もうすぐ元の生活に戻れる」という期待が高まっています。元の生活とは無論、2020年のパンデミックが起きる以前の生活です。 米公共放送局NPRによると、すでにアメリカ人の約15%が少なくとも1回は新型コロナワクチンの接種を受けており、ようやく未来に向けて光がさしてきたといえます。

今後は新型コロナ以外の違反ツイートにも展開?

Twitterが新型コロナウイルス以外の誤情報についても5ストライク制を展開していくのか、まだわかりません。しかし、いきなりアカウントをBANするのではなく、「ユーザーを教育」していくという手法は一定の効果があると思われます。さらに、一般ユーザーや世間に向けてどのような誤情報が出回っているのかをリアルタイム開示してくれると、警戒心と審美眼が磨かれるのではないかと思いますが、いかがでしょう?

https://news.livedoor.com/article/detail/19791885/

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry
5 Comments
最も評価が高い
新しい 古い
この質問についてのコメント
全てのコメントを見る

通りすがり (@guest_57590)
2021年3月4日 10:17 PM

良識ある人間なら疑問を持たざるを得ない内容なんですが、ご存知の通りTwitterには想像を超える馬鹿や自己顕示欲の塊みたいな輩がウヨウヨしてるので、教育もやむ無しと言ったところでしょう…

「俺コロナになってたみたいだから山手線一周してきたわ」なんてツイート放置してたら管理側の責任問われかねないですよね

ふぇぇ (@guest_57592)
2021年3月4日 10:47 PM

最初はコロナのデマが対象でしょうが、だんだん範囲が広がってくるでしょうね。
Twitterはポリコレ系社員&役員が95%の偏った会社なので、弾圧の傾向は分かりやすいものになると予想します。
避難先はそろそろ探しておきましょう。

どちらさん⁇ (@guest_57649)
2021年3月7日 12:53 PM

Twitter社は、『言論の神』になったつもりなんでしょうな。Twitterという『言論空間』では全てのルールを幾らでも恣意的に設定できるし、場合によっては、米国大統領も締め出すことができる。その言論空間に無数の参加者が参加する大前提の元で、だけど。
 苦労せずに与えられている環境に自ら甘んじて存在する以上、仕方ないことではありますが、自分達が利用する情報システムを客観的に俯瞰するには、大変興味深い事例だと思います。
 Twitter社は、如何にも正義の味方面をしている様ですが、ヤリ様に依っては、ナチスの様な言論統制や世論誘導ができるという、その危うさを利用者は十分認識して利用するべきなんでしょう。それを今一度考える良い機会だと考えます。

どちらさん⁇ (@guest_57650)
2021年3月7日 12:56 PM

因みに、私はTwitterを利用しませんので、その言論空間で何が語られているかは、全く感知しません。興味もないので。でも、生活に全く支障ありませんよ(笑)‼︎