必読!国際通貨基金(IMF)と世界銀行、韓国で銀行ストレステスト開始

必読!国際通貨基金(IMF)と世界銀行、韓国で銀行のストレステスト開始

記事要約:国際通貨基金(IMF)と世界銀行が韓国で10年ぶりのストレステストを開始する。ストレステストとは経済危機に直面したときに、韓国の銀行にどれだけ抵抗力があるかを調べること。9月にはIMFと韓国政府による定例協議が行われ、ストレステストの結果は11月ごろに公表される。

本文:今日は色々と韓国経済で興味深い記事があるのだが、必読記事として、IMFと世界銀行が韓国で銀行のストレステストを開始するという。時期は9月頃で、結果は11月頃に公表される。

では、どうしてこれが韓国経済の必読記事となるのか。ストレステストの詳細な中身については専門的な内容となるので、ブログではなくメルマガの方のネタにする。

簡単に言えば、経済危機に直面したときに、韓国の銀行が経済危機に対してどれだけ耐える力があるのか。例えば、経済成長率が2.0%以下になったと想定して、銀行の自己資本比率はどうなるのかといった内容である。

欧州経済のニュースを読んでいるとたまに出てくるのだが、健全性の判断基準が事前に公開されないので、結果を左右できる。つまり、韓国はIMFと世界銀行を招待して色々と裏取引することもできるわけだ。調査団の買収などだろうか。それは、格付け会社のおかしな韓国の格付けを見てもわかるとおり。

もっともまともに調べれば、韓国の銀行なんて捏造しまくりなので、ストレステストする前に経済危機が起きている可能性も否定しない。韓国の銀行がストレステストで潰れないように見守るだけである。こうして、また新しい峠を迎える材料が増えたわけだ。

管理人が予測する韓国経済の峠は今年の9月以降と予想しているのだが、どんどん周りが埋まってきている。日本との通貨スワップ停止、サムスンの衰退兆候。短期債務の返済、ロールオーバー率、財政の崖問題、そして、ストレステストと……意外と経済イベントが豊富になってきたな。

2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

必読!国際通貨基金(IMF)と世界銀行、韓国で銀行ストレステスト開始

国際通貨基金(IMF)と世界銀行は、経済危機に直面した際、韓国の銀行にどれだけ抵抗力があるかを調べるストレステストに着手した。家計債務の増大に加え、景気低迷で建設、造船、海運などの業種で不良債権が増えており、危機が深刻化した場合に銀行が財務の健全性を維持できるかがチェック対象となる。

金融委員会によると、IMFの局長級を団長とする6人程度の評価団がこのほど韓国入りしており、4日には国民銀行など4大銀行のリスク担当役員と会合を持ったという。

今回のストレステストは、IMFが加盟国の金融システム、金融監督体制などが国際基準を満たしているかを確認するために実施する特別プログラムに沿ったもので、1999年に導入された。

世界的な金融危機後の2009年に主要20カ国(G20)が参加して発足した金融危機対応機関、金融安定理事会(FSB)の加盟国は5年ごとにテストを受けなければならない。9月にはIMFと韓国政府による定例協議が行われ、ストレステストの結果は11月ごろに公表される。

金融委関係者は「ストレステストはこれまでIMFの人手不足で延期されてきたが、2004年以降10年ぶりに実施されることになる」と説明した。

(http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2013/07/05/2013070500433.html)

記事は以上だが、日本の国益を重視するニュースだけを取り扱う、日本の底力(PCメルマガ)1660部、日本覚醒の軌跡(携帯用のメルマガ)360部、と、同じ内容なので重複はあまりないと思うのだが,合計数が2020部となった。
目標の2000部は超えた。次は3000部目指すので、感謝すると共に引き続き読者登録をお願いする。また新しく「Twitter」での読者登録(フォ ロー)もよろしくお願いする。最近、フォロワー数も14600超えた。だいぶ、Twitterからも情報拡散ができるようになってきた。

PCメルマガ⇒http://www.mag2.com/m/0000279610.html

携帯メルマガ→http://mini.mag2.com/pc/m/M0091796.html
携帯用のリンク⇒http://mini.mag2.com/

Twitter⇒ジンボルト (zinboruto) on Twitterから

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry
0 Comments
この質問についてのコメント
全てのコメントを見る