韓国経済、「年金番号を不正入手、健康保険証詐取」・・・韓国籍の無職の男ら2人を逮捕

韓国経済、「年金番号を不正入手、健康保険証詐取」・・・韓国籍の無職の男ら2人を逮捕

記事要約:日本で始まったマイナンバー制度、管理人は先日にこのマイナンバー管理アドバイザーという講座を受けてきたのでわりと一般人より、マイナンバーについての正しい理解をしている。管理人が講座を受ける理由になったのはこういう悪質な韓国人による犯罪をマイナンバーで本当に防ぐことが可能なのか。

正解は可能である。この先、マイナンバー制度が始まると、役所への届けにはマイナンバーが必要となる。そして、ここで大事なのはマイナンバー通知カードは「身元保証」にはならないこと。既にマイナンバーの通知カードを持っている人は多いと思うが、これはあくまでも番号であって、身元保証にはならない。

もし、マイナンバー1枚で身元保証したければ、マイナンバー通知カードと一緒に入っていた登録書に写真を添えて、送り返す必要がある。つまり、この先、韓国籍の無職の人間が年金番号の不正入手や健康保険証詐取とかは出来なくなる。なぜなら、マイナンバーと身元証明(保険証や運転免許などが2枚)が必要だからだ。

ちなみにマイナンバーは3ヶ月以上在留すれば、外国人にも送られてくる。

また、このマイナンバー実に考えられており、犯罪防止に役立つことがわかっている。時間があれば、マイナーポータブルについても解説したいのだが、マイナンバーが犯罪防止に役立ち、私たちの生活を便利にすることを述べておく。

2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

韓国経済、「年金番号を不正入手、健康保険証詐取」・・・韓国籍の無職の男ら2人を逮捕

日本年金機構(東京都杉並区)に提出したうその書類で基礎年金番号を不正に入手し、全国健康保険協会(千代田区)から健康保険証をだまし取ったとして、警視庁が韓国籍の無職の男(53)ら男2人を有印私文書偽造・同行使と詐欺容疑で逮捕していたことが、捜査関係者への取材でわかった。

男らは名義人がホームレスなどの年金未加入者であると装い、架空の人物名義で健康保険証の交付を申請していたが、年金機構は本人確認を行わず、不正を見抜けなかった。同庁は300通以上の健康保険証を押収しており、詳しい手口を調べている。

他に逮捕されたのは、住所・職業不詳の男(42)。同庁は関係先から健康保険証のほか、預金通帳、キャッシュカードなどを押収。一部の健康保険証は、ネット通販で詐取した商品を空き家で受け取った際の本人確認や、口座の不正開設に使われていた。

ソース:読売新聞

日本の底力のメルマガ購読は↓から、今はPCでも携帯でも一つのメルマガでいいようだ。それでは購読の方をお願いする。前回、携帯に登録していただいていた読者様はPCの方に登録していただけるとありがたい。

→日本の底力

 

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

コメントをどうぞ(メールアドレスは不要です・15分以内なら間違っても編集可能です)

800
  
smilegrinwinkmrgreenneutraltwistedarrowshockunamusedcooleviloopsrazzrollcryeeklolmadsadexclamationquestionideahmmbegwhewchucklesillyenvyshutmouth
写真と画像
 
 
 
音楽とビデオ
 
 
 
Other File Types