韓国経済、「良心的兵役拒否」で服役の韓国人男性2人、日本に入国できず

韓国経済、「良心的兵役拒否」で服役の韓国人男性2人、日本に入国できず

記事要約:日本には日本の法律があり、それを他国に合わせる必要性はない。良心的な兵役拒否が韓国で犯罪だと認知されているなら、それは「前科」であって、当然、日本はそれを理由に韓国人の入国を拒否する。犯罪者を日本に入国なんてさせてはいけない。

もちろん、今、日本国内で犯罪を犯している朝鮮人も厳しく取り締まる必要がある。しかし兵役逃れの罪はどんどん重くなってるので、どう考えても韓国政府は在日朝鮮人の財産狙いに動いているんだよな。在日朝鮮人でも弾よけにはなるとか思ってそうだな。在日朝鮮人に兵役のことを聞いたら「ヘイトスピーチ」とか言い出すのか。まあ、どうせ言い出すんだろうな。

2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

韓国経済、「良心的兵役拒否」で服役の韓国人男性2人、日本に入国できず

宗教的な理由により兵役を拒否し、実刑判決を受けた20代の韓国人男性2人が、、日本で前科を理由に入国を断られ、これに抗議して異議申し立ての手続きを取ったことが、28日までに分かった。

聯合ニュースによると、Kさん(25)とOさん(29)は今月27日、6泊7日間の日本旅行を目的に、中部国際空港に到着した。

ところが、中部国際空港の入国審査担当者は2人の入国にストップを掛けた。2人が日本への入国申請書の裏面で「日本またはほかの国で刑事事件により有罪判決を受けたことがありますか」という質問に「はい」と答えたためだ。

2人は宗教的な理由により兵役を拒否し、それぞれ刑務所で1年6カ月間服役して、2010年から11年にかけ出所していた。

2人は「『良心的兵役拒否』は犯罪ではない」と主張し、日本の当局に異議を申し立て、韓国大使館に連絡するよう要請した。

中部国際空港内の指定された宿泊施設で一夜を明かした2人は、日本への入国が認められるまで空港から退去しないとの意向を明らかにした。日本の当局は 「異議申し立てを取り下げれば、直ちに韓国行きの飛行機に乗れる」と告げたが、2人は異議申し立ての取り下げを拒否した。

異議申し立ての手続きに関する事件を担当したオ・ドゥジン弁護士は「米国は入国申請の際、重犯罪や薬物関連の前科がある者だけをチェックし、ビザの審査 を行う際にも『良心的兵役拒否』について立証すれば入国を認めている」として、日本の入国審査の過程に問題があると指摘した。

チェ・ウォンウ記者
チョソン・ドットコム/朝鮮日報日本語版

日本の底力のメルマガ購読は↓から、今はPCでも携帯でも一つのメルマガでいいようだ。それでは購読の方をお願いする。前回、携帯に登録していただいていた読者様はPCの方に登録していただけるとありがたい。

→日本の底力

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry
0 Comments
この質問についてのコメント
全てのコメントを見る