【日本の防衛】【東京新聞】桜井誠氏の「選挙ヘイト」、見過ごしていいのか 民団関係者「『出ていけ』はヘイトスピーチ。何か対応策はないか」

【東京新聞】桜井誠氏の「選挙ヘイト」、見過ごしていいのか 民団関係者「『出ていけ』はヘイトスピーチ。何か対応策はないか」

記事要約:東京新聞こそ,選挙の自由、言論の自由を迫害しようとしているのを見過ごして良いんだろうか。管理人は日本人に問いたい。民主主義の根底を覆す、この東京新聞こそ「選挙ヘイト」じゃないだろうか。選挙、終わってから何言ってもいいのなら、それこそヘイトスピーチとか言われる由縁がなくなる。東京新聞見たいな外国人利益を誘導する屑メディアが日本の言論の自由を弾圧しようとするのは許せるものではない。

そもそも、選挙で公約したことを演説することに何のお咎めがあるのだ?むしろ、それをしないほうが選挙公約違反じゃないのか?桜井氏は出馬表明で7つの約束をしていた。その7つの約束を演説で述べてただけで何の選挙違反もしていないし。公職選挙法に触れたわけでもない。東京新聞はそれをどうやったら選挙ヘイトだと述べることができるのか。

東京新聞はいつから選管より立場が上になったんだ?いい加減にしろよ。桜井氏になにかいうなら東京新聞の記者が組織票以外で11万票を集めてから文句言うべきだな。東京だけで11万人の賛同者を舐めているのか?どう見ても東京新聞の購読者より、桜井氏の応援する人数のほうが多いんだよな。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~170回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする

在特会前会長が都知事選で11万票余 「選挙ヘイト」不問か
2016年8月4日

過去最多の二十一人が立候補した都知事選で十一万票余りを獲得し、五位に食い込んだのが桜井誠氏(44)である。在日コリアンらを排斥するヘイトスピーチ(差別扇動表現)をネットと路上で流布してきた「在日特権を許さない市民の会」(在特会)の前会長だ。街頭演説では案の定、「選挙の自由」を盾に、ヘイトまがいの排外主義的な
主張を繰り返した。ヘイト対策法のもと、デモが中止に追い込まれるなど包囲網が狭まる中、選挙に活路を
見いだした格好だ。「選挙ヘイト」を看過していいのか。(佐藤圭、鈴木伸幸、三沢典丈)

【こちらは記事の前文です】
記事全文をご覧になりたい方は、東京新聞朝刊をご利用ください。

(http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokuho/list/CK2016080402000132.html)

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry
2 Comments
最も評価が高い
新しい 古い
この質問についてのコメント
全てのコメントを見る

 (@guest_2592)
2016年8月4日 11:06 AM

この新聞は読む価値のない新聞です。こんな新聞が存在するから、舛添のように日本人のための保育園や老人ホームを作るより韓国人学校を優先するバカな政治屋が出てくるのです。

ホンドー (@guest_2593)
2016年8月4日 4:35 PM

「選挙ヘイト」なんてことを心配しているなんて、土人って「呑気なとうさん」なのねぇ。それより、19人の日本人の方々に対して行われた朝鮮人による「殺人ヘイト」の方を心配してはいかがかと思うのだが、心配もしていない様子だ。そういうときが一番危ないんだ、と思うよ。まあ、朝鮮人が殺されても「良い朝鮮人」がふえるだけ、別にいいんですけど、日本人的には。