ノーベル化学賞は欧米研究者3人 分子マシン開発など

ノーベル化学賞は欧米研究者3人 分子マシン開発など

記事要約:今年ノーベル化学賞は欧米の研究者3人の受賞となったようだ。フランスストラスブール大学のジャン=ピエール・ソバージュ名誉教授、アメリカノースウェスタン大学のジェームス・フレーザー・ストッダート教授、オランダ、フローニンゲン大学のバーナード・フェリンガ教授。さて、受賞理由がまた難しい「分子マシン」の開発とか書いてある。

>「知恵の輪」のように結びついた2つの分子などに刺激を与えると形が変わり、あたかもスイッチやモーターのように機能する「分子マシン」と呼ばれる分子の合成などに成功

うん。全然わからないな。理論は管理人の理解の範疇を超えているので先へ進む。

>この技術は、コンピューターの超小型化や、1ミリの100万分の1という「ナノ」レベルの分子マシンなどの開発などへの応用が期待されています。

応用が期待されている。つまり、まだそこまではいってないということか。でも、コンピューターの超小型化というのはSFに登場しそうで面白そうだな。ナノレベルということは人間の身体に入るナノマシンとかの開発とかにも応用できるのか。

>ノーベル賞の選考委員会は「彼らの研究は化学の新しい次元を切り開いた。1830年代に研究が進んだ電気モーターが、その後、電車や洗濯機などの開発につながったのと等しい意義がある。分子マシンは新しい素材やセンサー、エネルギーの貯蔵システムの開発に活用されていくだろう」と評価しています。

分子マシンが新しい素材やセンサー、エネルギーの貯蔵システムの開発に活用されていくと。何はともあれ、受賞おめでとうございます~。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~178回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする

ノーベル化学賞は欧米研究者3人 分子マシン開発など

ことしのノーベル化学賞に、「知恵の輪」のように結びついた2つの分子などに刺激を与えると形が変わり、あたかもスイッチやモーターのように機能する「分子マシン」と呼ばれる分子の合成などに成功したフランスとアメリカ、それにオランダの3人の研究者が選ばれました。

スウェーデンのストックホルムにあるノーベル賞の選考委員会は、日本時間の午後7時前に記者会見し、ことしのノーベル化学賞を、フランスストラスブール大学のジャン=ピエール・ソバージュ名誉教授、アメリカノースウェスタン大学のジェームス・フレーザー・ストッダート教授と、それにオランダ、フローニンゲン大学のバーナード・フェリンガ教授の3人に贈ると発表しました。

ソバージュ名誉教授は、2つの分子が知恵の輪のように結びついた「カテナン」という特殊な形をした分子の合成に成功しました。こうした分子は、ほかにも、ドーナッツ状の分子をダンベル状の分子が貫くように結びついた「ロタキサン」などさまざまな形があります。

ストッダート教授やフェリンガ教授は、こうした分子に温度や光など外部から刺激を加えると、分子の一部が動くことで、あたかもスイッチやモーターのように機能する「分子マシン」と呼ばれる技術を開発しました。

この技術は、コンピューターの超小型化や、1ミリの100万分の1という「ナノ」レベルの分子マシンなどの開発などへの応用が期待されています。

ノーベル賞の選考委員会は「彼らの研究は化学の新しい次元を切り開いた。1830年代に研究が進んだ電気モーターが、その後、電車や洗濯機などの開発につながったのと等しい意義がある。分子マシンは新しい素材やセンサー、エネルギーの貯蔵システムの開発に活用されていくだろう」と評価しています。

(http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161005/k10010719061000.html)

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry
3 Comments
最も評価が高い
新しい 古い
この質問についてのコメント
全てのコメントを見る

大石 (@guest_3119)
2016年10月5日 9:44 PM

ノーベル賞の発表時期は韓国人の様子を見るのが楽しい。
これだけは韓国人が幾ら日本人に成り済ましても無理だから。

ss65 (@guest_3125)
2016年10月6日 7:43 PM

これ 俺の思ってること、そのまま書くと、
欧米人、アジア人、 テニスとか 水泳とか どうしても差別がある、だから 欧米人は
ノーベル賞など 取りやすい位置にあると思ってる、だから、
その中で 日本人が毎年取るのは ほんとにすごい事だと思ってる。
これ俺の ひとりごと。。。

パラダイムシフト (@guest_7649)
2017年9月17日 11:45 AM

 分子機械は周回遅れじゃないのGIC結晶のナノベアリングのほうが早かったと思う。これが拡張された理論がCCSCモデル。「機械をなぜ小さくできないか」という本質が語られており、今後48vのコンパクトハイブリッドエンジンのピストンピンなどに応用されるようだよ。