韓国経済、【ノーベル症】韓国唯一のノーベル賞が平和賞なのは偶然ではない「ろくに知らずに大言壮語して虚勢を張る人だけが日本を見下す」

韓国経済、【ノーベル症】韓国唯一のノーベル賞が平和賞なのは偶然ではない「ろくに知らずに大言壮語して虚勢を張る人だけが日本を見下す」

記事要約:たまに韓国にも突然変異でまともな遺伝子を持っている要注意人物が存在する。以前にも格差社会における社会学者の韓国人の鋭い韓国への指摘もそうだった。そして、今回の記事もまたあまりにもまともすぎる的確な論理を展開している。朝鮮日報の楊相勲(ヤン・サンフン)論説主幹 という人物。

この人物はかなり韓国人というものを理解している。韓国人だから韓国人を理解しているのは当たり前だと思うかもしれないが、韓国人が韓国人を理解するというのは実は非常に難解なのだ。大事なことなので2回申し上げた。なぜなら、韓国人の根底にあるのは日本に対する劣等感と自虐史観なのだ。その劣等感を克服し、自虐史観さえ自らを省みる韓国人なんてほとんどいない。そして、日本の立ち位置と自国の立ち位置を正しく理解している。まさに突然変異としかいいようがない。

管理人がべた褒めしているわけだが、こういう人物は非常に厄介だ。さっさと親日罪で他の韓国人から批判を受けて即退場させるべきだろう。そして、この手の記事を掲載できる朝鮮日報もやはり侮れない。自国のことを正確に掴んでいる「韓国人」はとても危険である。ノーベル賞の火病満載の記事なんていくら読んでも自体を正確に掴むのに適してない。

しかし、こういった記事は読んだ者に自己啓発を促す。韓国人が火病している間は全く取るに足らない存在なのだが、こういったまともな韓国人が増えてくると我々日本人は韓国という国そのものを今まで以上に危険な国として認識しなければならない。なんだろう。管理人はまともな記事を読みたいとおもうわけだが、まともすぎる記事は警戒しなければならない。

まだまだ少数派だと思われるがこういった危険視できる人材が韓国に存在していることは日本人も知っておく必要があるだろう。劣等感や火病とは異なる世界から冷静に自国を見つめていける。しかし、登場するのは少し遅いと思う。あと、10年ぐらい前にこういった記事が出てきていればまだノーベル賞への可能性もあったのだろうな。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~178回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする

韓国経済、【ノーベル症】韓国唯一のノーベル賞が平和賞なのは偶然ではない「ろくに知らずに大言壮語して虚勢を張る人だけが日本を見下す」

われわれはなぜか日本人がノーベル賞を受賞すると「韓国は何をやっているのか」と興奮する。

米国人、英国人、ドイツ人が受賞しても何とも思わないのだが、日本人が受賞するや、韓国の科学水準を嘆く。先ごろ日本のあるメディアはそんな韓国人をおかしな人々だという趣旨で報じた。

韓国で「リオ五輪で日本が活躍したのに韓国はどうなっている」などという報道が相次いでいた時期だ。

今年も日本の科学者が22回目となるノーベル賞を受賞すると、「日本にはできるのに韓国はなぜできない」といった論議が盛んだ。

話を聞くに、日本がやることは韓国も当然やることができ、成さなければならないと言わんばかりだ。日本人にしてみればあきれることだろう。

日本が近代科学研究を本格的に始めたのは100年以上前のことだ。科学、数学、物理学、化学、医学といった言葉自体、日本人がつくったものだ。

韓国人が使っている具体的科学用語は言うまでもない。東北大の小川正孝教授が43番元素を発見し、「ニッポニウム」と名付けたのは1908年だ。それは20年後に否定されるが、後に新元素の発見自体は事実だったと確認された。

それから100年余りたって、2012年に九州大の森田浩介教授の研究チームが113番元素を発見した。それは今年、100年前の「ニッポニウム」に似た「ニホニウム」と正式に命名された。

森田教授らはニホニウムを発見するため、7年間で400兆回の実験を行ったという。物質の根本をめぐる100年の時間を通じた日本人の執念を知れば、「日本はノーベル賞を受賞できるのに韓国は何をしているのか」とは質問できないはずだ。

100年余り前、西洋の宣教師が撮影した韓国の姿は乳をあらわにした女性たち、数カ月は水浴びしていないであろう子どもたち、ふん尿だらけの光化門通りだった。

それに比べれば現在の韓日の差は縮まった。それでも格差は存在する。韓国が気付かないだけだ。韓国人は「世界で唯一日本を見下す韓国人」という言葉を聞くと悪い気はしない。

そんな声に酔う人もいる。実はそこに「おかしな韓国人」という言葉の意味がひそんでいる。実際には日本を見下す国など世界に存在しないからだ。

日本を見下すためには日本に対し無知でなければならない。ろくに知らずに大言壮語して虚勢を張る人だけが日本を見下すことができる。

ノーベル賞にこだわることも、知らずに虚勢を張っているためではないかと感じることがある。普段は科学に全く関心がない。

科学を知らないことを恥じるどころか随分と堂々と論じる人も多く見掛けた。それを「知性ある人」の特性の一つと考える人も少なくない。

それでいてノーベル賞発表の時期になると興奮するのは、普段バドミントンやレスリングに関心がないのに、五輪で金メダルを取れと騒ぐようなものだ。

米国のあるメディアは最近、「世界で最も本を読まない韓国人がノーベル文学賞を待ち望んでいる」と指摘した。余計な説明はいらない。

韓国で毎年1回高まるノーベル賞への熱気はどう見ても自己顕示主義、一発狙いに思える。

100年余り前に西洋の軍艦が漢江沿いで艦砲を撃つと、驚いた王族は宮廷の裏庭に釜を埋めたという。シャーマンの指示通りにしたのだった。

昔だけではない。さまざまな選挙期日が法律で定められる前まで、韓国の大統領選、総選挙の期日は占い師が決めていた。当時は大統領に有利で野党総裁には不吉な日取りを選んだ。実務責任者から直接聞いた話だ。

韓国社会と韓国人の意識の根底には今も科学と理性ではなく、迷信と感情が存在するのだと思う。非科学、非理性が支配する国がノーベル賞を切望していることになる。

韓国の科学者は韓国のノーベル賞受賞も遠くないと言う。有力な候補がいるのだという。そう望みたいものだ。しかし、韓国の社会風土が科学と懸け離れているという問題はノーベル賞を数回受賞したとしても変わりない。

狂牛病(BSE)や電磁波に関するデマは科学と理性が支配する社会では決して生まれないが、韓国では社会全体を覆った。科学と理性で立証されていても、「米国産牛肉などお前が食え」「THAADが安全ならば、お前の家に置け」などと主張する。

デマにだまされてもまた新しいデマに振り回される。

韓国が過去に唯一受賞したノーベル賞が政治賞(平和賞)であることは決して偶然ではない。善かれあしかれそれは受賞に値すると思う。これからも受賞者が出るかもしれない。

ノーベル文学賞も受賞できるだろう。しかし、科学分野のノーベル賞はそうはいかないだろう。韓国人への科学分野のノーベル賞もいつかは生まれるだろうが、傑出した個人の成果であるはずだ。

社会風土が米国、英国、日本などとは異なるためだ。ノーベル賞よりも科学と理性が支配する社会風土の方が重要だ。変人かのような科学への執念もそうした風土から生まれ花咲くものだ。

(http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/10/06/2016100601120.html)

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

11
コメントをどうぞ(メールアドレスは不要です・15分以内なら間違っても編集可能です)

800
  
smilegrinwinkmrgreenneutraltwistedarrowshockunamusedcooleviloopsrazzrollcryeeklolmadsadexclamationquestionideahmmbegwhewchucklesillyenvyshutmouth
写真と画像
 
 
 
音楽とビデオ
 
 
 
Other File Types
 
 
 
10 コメント一覧
1 スレッド返信
0 ファン
 
最も評価が高いコメント
1番評価が低いコメント
10 コメントしてくれた人の名前

新しい 古い 最も評価が高い
チャリダー

こんな文章、よく韓国人に書けたな、殴り殺されなければいいのですが

いぬしろ

日本統治時代は良かった⇒撲殺
慰安婦はただの公娼だった⇒公職追放
真っ当なことを言う人間が生きられないのがヘル韓国

hiro

まるで日本人が分析したみたいだ

やす

他の韓国人の妄想文とあまりにも違い驚きました。こんな韓国人が増えて多数派になるなら、まともな国になるでしょうね

ナポレオン・ソロ

 「反日でも親日でもいいですから、マトモな隣人に、どうぞなってください」というのは、日本人の明治維新以前からの願いです。 3千年も付き合いがある隣国であるからには、民衆の出自が重複している部分が有って当然ですから、斯ういう人が韓国内にもたくさん居る筈なんです。

 2千年に亘る、他民族支配の結果、悲惨な歴史を紡いできた事は、一応、同情に値する事だが、自省する面が全くなく、全て他民族の所為にするのでは、自分達のネガティブな歴史を活かす事はこの先も出来ないであろう。

 先ずは、内訌癖を無くす事、即ち自分の同胞をまず信じ抜くことが第一ですね。

ボーダー

毎記事の「要約」を楽しみにしております、感謝です!

何時しか管理人様と似た感情の芽生えに・・・戸惑いつつもw
8月29日の中央日報日本語版「~ヘル朝鮮の自嘲を作る~」は、早速翌30日にジンボルト殿の熱血要約と共に紹介されました。

経済と関係無さそうな記事に注目と字数を消費される管理人様は、実は冷静な人格者だと再確認してホットしております。

本ページ「ノーベル症」もやはり人物評価を基調にしたもので、管理人様の文化人類学の範疇なのかも知れません。

※韓国には文化と呼べる歴史は薄いのですが、人類は生存しておられる様です。

遠い国に行ってみようか/行ってみて飢えれば鼻歌でも歌ってみようか・・・私はこの詩(朴在森氏の序詩部分)の方が興味大でしたが、ともあれ感謝申し上げます。

ss65

いや~今日 西沢渓谷で山歩き つっかれたー。でこの部分・・
「こういったまともな韓国人が増えてくると我々日本人は韓国という国そのものを今まで以上に危険な国として認識しなければならない」
俺の貧しい頭がすごく考えちゃって、よく考えた、確かにそうかも、、逆を考えたんだ、
日本人の中に韓の考えを理解する人が増えたら、確かに危険だ、俺はとても理解できんが、しかし韓もこれをよく理解するべきだ。

「7年間で400兆回の実験を行ったという。物質の根本をめぐる100年の時間を通じた日本人の執念」

           一度憎韓になったら100年の執念を。。。

ななしちゃん

この手の記事を見ると、どうしても兵法を考えてしまうw
一つは孫子の
「彼を知り己を知れば百戦殆うからず。彼を知らずして己を知るは一勝一負す。
 彼を知らず己を知らざれば戦う毎に殆うし」
つまり「敵を知り己を知れば、百戦危うからず」というやつです。
今の朝鮮人は、「彼を知らず己を知らざれば戦う毎に殆うし」だったのが徐々に変わってきているとも言える。

ではこの手の相手をどうするかというと、六韜ではこうあるw
「交渉の為に隣国から使者が来て、もしその者が有能ならば何一つ与えず返せ。
 交渉の為に隣国から使者が来て、もしその者が無能ならば大いに与え、歓待せよ。
 そうすれば、隣国では無能な者が重用され、有能な者が失脚する。
 そしてやがては滅ぶ」
これが現南朝鮮にとって一番の対応策だねww
親日派は敵だから一番ハメやすいww

ツウさん

若いころ「イムジンガン」を歌い、朝鮮半島が一緒になることを支援していました。何十年か経って気が付けば「嫌韓」。理由は、察して知るべし。
管理人さんの「嫌韓」を煽る論調には違和感を感じつつも、気になる記事で毎日のようにチェック読み。
今回の「ろくに知らずの・・・」記事は、僕が昔望んでいた日本にとっての本当の切磋琢磨のライバル(真の友好の意味)韓国人を発見しました。管理人さんに心より感謝します。管理人さんが言っているように10年ではなく最低でも30年前なら間違いなく今年(2016年)3人目の韓国人ノーベル賞の記事が載っていただろう。

79歳じじい

 私は現役当時は自動車部品の会社で実験を担当していました。
ノーベル賞とは直接の関係はありませんが、定年退職後、後輩達が
韓国の自動車関連企業に大勢指導に行きました。韓国技術者について質問してみると共通点があります。それは、例えば何故この寸法公差は必要か?等には全く興味を示さない。日本はどうゆう公差にしているかのみに異常な興味を示す。昔に較べれば韓国車も良くなってはいるが技術内容はコピーで深みはない。簡単に日本車に技術的に追いつけないから大丈夫との感想をのべています。何故、何故と追及する姿勢は韓国に最も欠けている風土と指摘しています。この様な風土では科学のノーベル賞等はなかなか受賞出来ないと思います。銅像を作る文化?があるのか韓国の多くの大学ではノーベル賞受賞の為に銅像の台座は作られている様です。うそみたいな
話です。地道に努力する様になると怖いと思います。

ss65

普通、日本から指導を受けるとすると、韓でもベテランと考えるんですけど、「寸法公差に興味を示さない」 のは たぶん図面が読めないんでしょうね、日本だと朝と夕方の機械膨張まで気にして削りますからね、何故そうなるか それを問いかける指導者がいないんでしょう、
私も定年直後、右手怪我してリタイヤ、サラリーマン 定年退職 ほんと大変、韓の
定年退職者の話なんか聞いて見たいですね、かなり酷そうだけど。。。