「無人ステルス攻撃機」カテゴリーアーカイブ

韓国軍事、〔韓国KFX〕韓国の次世代戦闘機はF22に酷似も、実際の性能は「4.5世代」

韓国軍事、〔韓国KFX〕韓国の次世代戦闘機はF22に酷似も、実際の性能は「4.5世代」

記事要約:韓国メディアが、韓国の次世代戦闘機「KFX」がF22戦闘機と酷似しており、性能としては、4.5世代戦闘機にとどまるらしい。KFXといえば、米国からステルス機能の核心技術の提供を拒否されて、韓国が主要な4つの部品を開発するという話だった。それらは開発は成功したんだろうか。初飛行が22年下半期とかのニュースは本当に完成すれば出てくるだろうし、その性能について見ていこうか。

>記事は、韓国メディアが「作戦性能はステルス戦闘機にかなわないが、韓国軍が現在装備しているKF16をはるかに上回るものだ。今後、核となる技術で進展があれば、韓国型戦闘機は引き続きステルス機へと進化していくことだろう」との認識を持っていると伝えた。

つまり、F22には勝てないと。KF16より凄いのは当たり前だよな。次世代戦闘機はバージョンアップではない。新型だからな。ただ、これはボーイング開発が半分は開発に参加しているだろうし、そこそこまともな戦闘機になると思われる。というより、これ核となる技術は得られてないではないか。何がF22だ。F22もどきを造るだけか。そもそもステルス戦闘機だからF22やF35は次世代戦闘機なのではないのか。

詳しいことは知らないがステルス性能なければ、F15とそこまで違いはないんじゃないか。ステルス機能なしでF15と戦って楽勝とか、そういうわけにはいかないような気がするが、そこは詳しい人に丸投げだ。

>また、「多くの韓国軍事マニアたちはKFXが第5世代の基準に到達することを望んでいるが、実施は4.5世代機の性能にとどまっている。操縦席前部の敵味方を識別する装置はKF16戦闘機に外観が似ている。また、4発の空対空ミサイルが半ステルス式である以外、全ての武器は機外搭載であり、そのステルス性能に大きな影響を及ぼす」と指摘した。

半ステルス式とかいわれても、それはどっちなんだと。ほとんどの武器は機外搭載なら、ステルス機能なんかあるわけないじゃないか。そもそもステルス性能なければ永遠に次世代戦闘機になれないような。第5世代以上は無理と。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~271回

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

韓国軍事、〔韓国KFX〕韓国の次世代戦闘機はF22に酷似も、実際の性能は「4.5世代」

2018年7月2日、環球時報は、韓国の次世代戦闘機がF22戦闘機に酷似しており、性能としては4.5世代戦闘機にとどまると報じた。

韓国KBSテレビによると、韓国防衛事業庁が6月29日に同国の次世代戦闘機KFXについて「外形などの基本性能が完全に軍の要求を満たしており、これから細かい設計段階に入ることになる。2019年に細かい設計が完了し21年に試験1号機が完成、22年下半期には初飛行を行う予定だ」と発表した。

記事は、韓国メディアが「作戦性能はステルス戦闘機にかなわないが、韓国軍が現在装備しているKF16をはるかに上回るものだ。今後、核となる技術で進展があれば、韓国型戦闘機は引き続きステルス機へと進化していくことだろう」との認識を持っていると伝えた。

その上で「今回発表されたKFXのパラメータを見ると、当初の構想から2つの大きな変化が生じたことが見て取れる。まず、機体が約1メートル長くなり、エンジンが単発から双発に変わっている点。もう1つは、外観がますますF22に似通っており、『ミニF22』と呼ぶ人さえいるほどだ」と指摘している。

また、「多くの韓国軍事マニアたちはKFXが第5世代の基準に到達することを望んでいるが、実施は4.5世代機の性能にとどまっている。操縦席前部の敵味方を識別する装置はKF16戦闘機に外観が似ている。また、4発の空対空ミサイルが半ステルス式である以外、全ての武器は機外搭載であり、そのステルス性能に大きな影響を及ぼす」と指摘した。

(https://www.recordchina.co.jp/b620975-s0-c10-d0135.html)

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

韓国経済、〔さようなら韓進海運〕韓進海運、清算へ=再生手続き中止 17日に破産が宣告される

韓国経済、〔さようなら韓進海運〕韓進海運、清算へ=再生手続き中止 17日に破産が宣告される

記事要約;どう見ても大宇造船海洋より救うべきだった韓進海運。しかし、朴槿恵大統領の逆鱗に触れたことでこうして韓進海運は会社そのものが清算することになった。17日に本当の破産宣告である。

韓進海運は総額140億ドルという積み荷を船に載せて法廷管理に入り、世界中の港に物流混乱を引き起こしたことで今後の海運史の最悪な事件として語り継がれることになる。インド人の船長を不当に拘束し、罪をなすりつけたへベイスピリット号事件、韓進海運の物流混乱、それとセウォル号の惨事。

どれもが韓国の斜め上を文字通りに体現した出来事だった。しかし、本当、韓国が絡むとろくなことがない。この3つだけでも十分理解されよう。

韓進海運の破産については述べることは何もない。こうなることは韓国政府が一切支援なかったこと、優良の資産を他の海運会社に引き渡したことでもわかっていた。だから、その時が来たのかという感想しかない。昨年の9月からギャラクシーノート7の爆発事故と同様に管理人を楽しませてくれた。しかし、最後にこれだけは言いたい。

私利私欲が問題で朴槿恵大統領を裁くなら韓進海運の破綻こそ、韓国の検察が特別捜査するべきだった事件ではなかったのか。確実に世間が認める弾劾理由にもなったと思う。そういう意味で全くもって忘れられている韓進海運が管理人は哀れでならない。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~200回)

  人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする
韓国経済、〔さようなら韓進海運〕韓進海運、清算へ=再生手続き中止 17日に破産が宣告される

 

韓国のソウル中央地裁は3日までに、経営破綻した海運大手、韓進海運の法的管理(会社更生法に相当)適用による再生手続きを中止することを決めた。韓国メディアが伝えた。これにより、同社が清算される可能性が高まった。

定期コンテナ船の共同運航組織から韓進海運外れる=日本郵船など5社が参加

地裁は再生手続き打ち切りの理由に関し「調査の結果、韓進の主要事業譲渡に伴い、清算価値が企業を存続させた場合の価値よりも高いと認定された」と説明した。

債権団などは、決定に対する異議申し立てが可能だが、異議が提起されなければ、16日に打ち切りが正式決定され、17日に破産が宣告されるという。

時事ドットコムニュース(2017/02/03-09:01)

(http://www.jiji.com/jc/article?k=2017020300364&g=int)

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

韓国経済、韓国軍の誘導ミサイル、9発のうち4発命中せず

韓国経済、韓国軍の誘導ミサイル、9発のうち4発命中せず

記事要約:韓国軍の誘導ミサイルが9発のうち4発しか命中しないことがわかった。精度は55.6%というところだ。この精度だと北朝鮮の潜水艦からミサイルが飛んできても撃ち落とすのは2発に撃って1発命中ということになるので、もし、この精度のまま戦争が再開すれば韓国は為す術もなく北に蹂躙されるおそれはある。

でも、前回はもっと精度が高かったらしい。

>金議員が国防部から提出を受けた資料によると、2014年に韓国軍は艦対空SM-1ミサイルなど8種類の誘導ミサイルを18発発射した。このうち17発が命中して1発だけが外れ、94.4%の命中率だった。昨年は5種類の11発を発射し、1発だけが命中しなかった。

かりにこれが本当なら誘導ミサイルの精度が半分水準となっているわけだが、システム上の問題な気もする。精密機器であるミサイル感知システムを2年間使って大幅な命中ダウンはシステムはアップグレードされてない。もしくは整備がまともにされてないぐらいしか考えられない。ただ、ミサイル技術そのものは米軍から借り受けたものだろう。韓国に整備する技術がないのはいつものことだ。

問題はこの精度で良いかどうかというところだ。命中精度は高い方が良いが、実戦となれば、ミサイルの命中精度100%とか映画や小説の世界にしかないので、55%でも2発撃てれば8割ぐらい当たるのだから良いんじゃないか。命中精度を高めるのも大事だが、誘導ミサイルを的確に目標物をぶつけるのは飛んでくるミサイルが高速な上にある程度距離がないと難しい。

大体核ミサイルなんて韓国上空で爆発させたら放射性物質がそのまま落ちてくるんじゃないのか。もっとも、管理人は韓国軍が核ミサイルを理論上、落とせるとかはあまり信じていない。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~178回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする

韓国経済、韓国軍の誘導ミサイル、9発のうち4発命中せず

過去2年間の韓国軍の精密誘導ミサイル命中率が大幅に低下していると、国会国防委員会所属の金振杓(キム・ジンピョ)共に民主党議員が25日述べた。誘導ミサイルはレーダーで目標物を確認した後、赤外線などを利用して敵の目標物に命中させるミサイル。北朝鮮の核・ミサイル施設を攻撃するための核心手段でもある。

金議員が国防部から提出を受けた資料によると、2014年に韓国軍は艦対空SM-1ミサイルなど8種類の誘導ミサイルを18発発射した。このうち17発が命中して1発だけが外れ、94.4%の命中率だった。昨年は5種類の11発を発射し、1発だけが命中しなかった。

今年は現在まで実施した実際の射撃で命中率が半分水準に落ちたことが明らかになったと、金議員側は伝えた。金議員は「今年、わが軍は計6種類の誘導ミサイル9発を訓練で発射したが、うち5発だけが的中した」と明らかにした。命中率は55.6%と、2年前に比べ大幅に落ちた。

5月の東海(トンヘ、日本名・日本海)での合同戦闘弾実射撃訓練中に護衛艦「江原(カンウォン)」から発射された海星1はすぐに墜落し、7月14日の「2016環太平洋訓練」(RIMPAC)に参加した駆逐艦「世宗大王(セジョンデワン)」から発射された2発のSM2は1発が命中に失敗したと、金議員側は伝えた。RIMPAC訓練当時、SM2ミサイルを手動モードで発射したが不発となり、先月3日に駆逐艦「姜邯賛(カン・ガムチャン)」から発射した2発のSM2ミサイルのうち1発も目標物打撃に失敗した。

軍当局は誘導ミサイルの命中率が落ちた理由を分析している。金議員は「精密誘導武器に対するシステムの安定性を点検し、再確認する必要がある」と述べた。

(http://japanese.joins.com/article/032/221032.html)

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

韓国経済、韓国軍、無人ステルス攻撃機を開発 20年までに実戦配備目指す

韓国経済、韓国軍、無人ステルス攻撃機を開発 20年までに実戦配備目指す

記事要約:韓国が何を開発するのか自由だが、まさか、無人ステルス攻撃機の開発とか驚いた。韓国の軍用機でまともに使えそうなのて、ロッキード社から技術提供された練習機改良のFA50戦闘機ぐらいだろう?それをいきなり、無人ステルス攻撃機とか、夢見すぎではないか。

普通に考えれば、まず無人ではなく有人のステルス機の開発だろう。そもそも、アメリカから技術提供を拒否されたのにどうやってレーダーに映りにくいステルス機を開発するのかという疑問さえある。技術開発の初期段階をもろすっ飛ばしているわけだが、さらに面白いのはここだ。

>韓国国防部(省に相当)は来年まで無人機のモデル分析や運用概念などについての研究を進め、2017年から19年の間に実用に向けた研究を行うことにしている。実戦配備は2020年代の中ごろになる見通しだ。 国防科学研究所(ADD)は今後3億8000万ウォン(約4000万円)を投入し、来年までにこの無人ステルス機の概念研究を終わらせたい考えだという。

なんとたった4000万で無人ステルス機の概念研究を終わらせるらしい。4000万ではレーダーを作成する部品の研究すら足りないんじゃ?夢を見るのは構わないが、あまり公にしないほうがいい。ただ、笑われるだけなので。

2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

韓国経済、韓国軍、無人ステルス攻撃機を開発 20年までに実戦配備目指す

長時間にわたって待機飛行し、有事の際には北朝鮮の長距離ミサイルや移動式のミサイル発射台などをピンポイントで攻撃する無人ステルス攻撃機が開発される。

韓国軍筋は6日、来年までの予定で概念研究が進められる31の創造国防課題の中に「滞空型無人ステルス機による攻撃システム」が含まれていることを明らかにした。

この無人機は敵のレーダーに捕捉されにくいステルス性能を持ち、北朝鮮の朝鮮人民軍が保有する対空砲が届かない上空の高い位置から標的を攻撃するというもの。想定される標的は北朝鮮の長距離砲や移動式のミサイル発射台、放射砲(多連装ロケット)などだ。

この滞空型無人ステルス攻撃機は、北朝鮮の長距離砲や移動式ミサイル発射台を攻撃するこれまでの兵器と比べて、攻撃までにかかる時間が短くなることが強みだ。

まず移動式ミサイル発射台や艦艇、坑道などに隠された長距離砲など、比較的大型の標的については、この無人機が直接突っ込んで自爆攻撃することもできる。

また小型の標的が複数ある場合は、無人機から知能小弾と呼ばれる人工知能付きの砲弾を発射して攻撃する。この知能小弾は音響や熱を感知するセンサーを装着し、自動的に標的を見つけ出して攻撃することを想定している。

韓国軍は現在、偵察用はもちろん、ミサイルを使って攻撃することも可能な中高度無人ステルス機を開発中だが、ステルス性能や敵の上空に長時間待機する能力は現時点では不十分だという。

韓国国防部(省に相当)は来年まで無人機のモデル分析や運用概念などについての研究を進め、2017年から19年の間に実用に向けた研究を行うことにしている。実戦配備は2020年代の中ごろになる見通しだ。

国防科学研究所(ADD)は今後3億8000万ウォン(約4000万円)を投入し、来年までにこの無人ステルス機の概念研究を終わらせたい考えだという。

また国防部によると、ドローンを使って敵の軍事拠点を監視するシステムも創造国防課題の一つとなっており、引き続き研究開発が行われる予定だ。

ユ・ヨンウォン軍事専門記者

(http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/12/07/2015120700877.html)

日本の底力」メルマガ購読は↓から、今はPCでも携帯でも一つのメルマガでいいようだ。それでは購読の方をお願いする。前回、携帯に登録していただいていた読者様はPCの方に登録していただけるとありがたい。

→日本の底力

 

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry