「韓国月探査計画」カテゴリーアーカイブ

韓国経済、開発中の月探査車を初公開 同じく開発中のロケットを使って2020年の打ち上げ目指す

韓国経済、開発中の月探査車を初公開 同じく開発中のロケットを使って2020年の打ち上げ目指す

記事要約:韓国が2020年にく開発中のKSLV-2ロケットで月への打ち上げを目指しているのだが、今回は月を探査する「月探査車」を初公開したようだ。月の乗り物ということだが、その前にロケット打ち上げが成功するとは思えないんだが・・・。そもそも、月の予算は減らされているし、韓国の宇宙技術は北朝鮮以下である。

そして、開発が順調に進めば2017年12月に打ち上げ予定だそうだ。まだまだ先の話だが、平昌前の大きなイベントの1つとして管理人は楽しみにしている。ロケット打ち上げにはロマンがある。日本の打ち上げはすごく安定しているのでほぼ成功すると思っているわけだが、韓国の打ち上げはなんていうか見ていて不安定すぎるんだよなあ。しかも、第一段ロケットはロシア製だったし。今回はどちらも自国のロケットで行くんだろうか。それって、まず飛ばないよな・・・。

>打ち上げは現時点で2020年に予定されている。打ち上げるロケットには、開発中のKSLV-2が使われるという。韓国は2009年から2013年にかけて、KSLV-1(羅老号)というロケットを3機打ち上げた経験がある。羅老号は第1段にロシア製の機体やロケットエンジンを用いていたが、KSLV-2はすべて韓国内で開発、製造することを目指しており、現在はロケットエンジンの試験が行われていると伝えられる。

どう見ても飛ばないフラグががたっているんだが・・・韓国ってロケットの打ち上げの難しさを本当に理解しているのか。たった三回の打ち上げで月を目指すとか、ただの無謀な計画にしか見えないんだよな。あと、最低でも二桁の打ち上げ練習はいるだろうに。

2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

続きを読む 韓国経済、開発中の月探査車を初公開 同じく開発中のロケットを使って2020年の打ち上げ目指す

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

韓国経済、「はやぶさ2」打ち上げへ 韓国ネット「日本に追いつく日は来る?」「二度と地球に帰って来なければいいのに…」

韓国経済、「はやぶさ2」打ち上げへ 韓国ネット「日本に追いつく日は来る?」「二度と地球に帰って来なければいいのに…」

記事要約:12月3日、日本の種子島宇宙センターでは小惑星探査機「はやぶさ2」の打ち上げが無事に成功した。はやぶさ2はこれから6年の宇宙の旅へと出発した。そんな成功を妬んだ、韓国ネットは「「日本は、憎いけど学ぶところの多い国だ」 「二度と地球に帰って来なければいいのに…」 「日本は今日も着々と破滅の道を進んでいる。『はやぶさ2』が帰ってくる時まで日本が存在しているかは分からない」 といった否定的なコメントを述べている。

このようなコメントを述べている時点で、韓国はどうしようもない国だと思うわけだが、韓国は2018年までに月探査計画をスタートさせているだろう。あれから続報が一つもないが、計画は進んでいるのか。どうせ、そんな無謀な計画を立てても無理だとはわかっているのだが、韓国の威信がかかっているのだ。しっかり準備してもらいたい。

2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

続きを読む 韓国経済、「はやぶさ2」打ち上げへ 韓国ネット「日本に追いつく日は来る?」「二度と地球に帰って来なければいいのに…」

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

韓国経済、月探査計画を公表、2020年までに660億円費やし月面着陸成功へ

韓国経済、月探査計画を公表、2020年までに660億円費やし月面着陸成功へ

記事要約:なんと韓国が予算を70倍に引き上げて2020年までに月面着陸を成功させるという。例の韓国の月探査計画だが、かなり無理な話だと思われる。まず、予算を70倍にするほど韓国経済に余裕はない。韓国の宇宙技術は北朝鮮以下であり、1960年代のソビエト以下である。自国産のロケットを打ち上げて宇宙に行くことさえ7年では極めて難しい。要するに韓国の狙いはミサイル開発である。月探査とかいいながら、実は弾道ミサイルを研究しようという発想だろう。

2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

続きを読む 韓国経済、月探査計画を公表、2020年までに660億円費やし月面着陸成功へ

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

韓国経済、月に太極旗を立てなければならない理由

韓国経済、月に太極旗を立てなければならない理由

記事要約:韓国は2025年に予定していた有人月探査計画を2020年にした。後、7年後になるわけだが、韓国の場合、独自にロケットを開発しなければならない立場であり、 世界先端を誇る韓国の隣接技術をロケット分野に接続する戦略が必要らしい。韓国の最先端技術なんて日本の9分の1程度しかなく、ロケット技術にしても北朝鮮以下。2025年ですら月探査計画など無謀と思える。

本文:韓国は2025年に予定していた有人月探査計画を2020年にした。後、7年後になるわけだが、韓国の場合、独自にロケットを開発しなければならない立場であり、 世界先端を誇る韓国の隣接技術をロケット分野に接続する戦略が必要らしい。しかし、韓国の先端技術が日本の9分の1程度しかなく、液晶分野では主要部品国有化率は0%、韓国産初のスパコンランキングでは278位である。このような技術大国(棒)である韓国が2020年までに独自にロケットを作って月に探査へ出かけて太極旗を立てなければいけないらしい。

もう、すでに中身読む前に韓国の妄想レベルが酷すぎるわけだが、この記者の妄想は止まることをしらない。

>履歴が短い韓国が商用ロケット市場に進出するには、月探査に成功して、韓国ロケットの信頼性を全世界に知らせなければならない。 しかし韓国に与えられた時間はそれほど長くない。先発外国企業に先行獲得される前にできるだけ早くロケット開発を完了し、商用化しなければならない。

ロケットのロマンとか関係なく最初から金儲け一直線である。つまり、他の国に独占される前に商用化しないといけないそうだ。

>2020年に月探査機の自力打ち上げが実現すれば、韓国の宇宙探査時代が本格的に開幕する。世界の宇宙探査グループにも合流することになる。 また宇宙産業の活性化に新しい動機を与える。宇宙時代はすでに私たちの目の前に迫っている。 今は韓国が過去に自動車・半導体産業を始めた当時に比べてはるかに良い条件だ。私たちはできる。

日本の自動車・半導体技術をぱくって劣化したコピーだけの技術が何の役に立つのだ?その主用特許は抑えられており、韓国は組み立てるしかできないだろ?ロシアにナロ号を3度韓国で打ち上げてもらったが、機体に触らせてもらうことすらできなかっただろ?韓国が宇宙探査グループ入る前に中国の属国になっている未来の方がよほど現実的である。

2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

続きを読む 韓国経済、月に太極旗を立てなければならない理由

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry