日別アーカイブ: 2020年6月1日

〔俺の噂〕ラサール石井、日本は第二次世界大戦中に戻り、アメリカは南北戦争に戻っている。

〔俺の噂〕ラサール石井、日本は第二次世界大戦中に戻り、アメリカは南北戦争に戻っている。

記事要約:ラサール石井って、室井氏と同じで左翼の仲間の内では人気があるのか、ないかは知らないが、またわけのわからないことをツィートしている。

https://mobile.twitter.com/lasar141/status/1267132893077233665

しかし、あれだよな。左翼て、いつもこういうわけのわからないことを言い出すが、自分たちが生まれていない時代について聞きかじった程度の知識で、その時代を見てきたかのよう言い出す。ラサール石井はいつ第二次大戦の頃に生まれて、米国の南北戦争時代に生きたのか。

管理人は日本の第二次大戦中なんて知らない。米国の南北戦争なんてもっと知らない。左翼は良く安倍総理をヒトラーとか言い出すが、少なくとも安倍総理は国民の信頼を受けて総理大臣をやっているのだが。しかも、8年な。

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

〔ジャッキーの映画はもうみない〕人気俳優ジャッキー・チェンさん、国家安全法制への支持表明

〔ジャッキーの映画はもうみない〕人気俳優ジャッキー・チェンさん、国家安全法制への支持表明

記事要約:香港、生まれのスーパースターといえば、ブルース・リーか、ジャッキー・チェンだったわけだが、どうやら、ジャッキーは例の国家安全法制への支持を表明したようだ。管理人は失望した。映画の中では体制から真っ正面から挑むヒーローを演じ続けてきたてのに、現実は中国の犬てことだ。もう、ジャッキーの映画なんて二度と見ない。プロジェクトA好きだったんだが。

>新たな法制が施行されると、表現や言論の自由が圧迫される可能性も指摘されているが、声明は「国家の安全を守る重要性は十分に理解できる」としている。ジャッキー・チェンさんは中国の国政諮問機関、全国政治協商会議の委員を務めるなど中国との関係も深く、署名リストの先頭に名前がある。

どう見てもそれは中国の犬てことだ。表現や言論の自由が圧迫される可能性も指摘ではない。圧迫されるのだ。どう見ても中国は香港市民を脅かす巨悪なのに、それに立ち向かうヒーローなんて、もう、いないてことだ。ブルース・リーなら、きっと反対しただろうな。

〔ジャッキーの映画はもうみない〕人気俳優ジャッキー・チェンさん、国家安全法制への支持表明

中国が香港で反体制的な言動を取り締まる「国家安全法制」の導入を決定したことについて、人気俳優のジャッキー・チェンさんら2千人を超える香港の芸能関係者が、31日までに連名で支持を表明した。

新たな法制が施行されると、表現や言論の自由が圧迫される可能性も指摘されているが、声明は「国家の安全を守る重要性は十分に理解できる」としている。ジャッキー・チェンさんは中国の国政諮問機関、全国政治協商会議の委員を務めるなど中国との関係も深く、署名リストの先頭に名前がある。

署名が呼びかけられた経緯は不明で、チェンさんらのコメントも伝わっていない。
香港の芸能界にとって中国本土は重要な市場で、ネット上では「支持を表明しなければ、中国で活動ができなくなるのだろう」と背景を推し量る書き込みが出ている。

https://www.asahi.com/articles/ASN505WQQN50UHMC00N.html

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

〔武漢肺炎〕ブラジルの感染者50万人超えて世界第2位に

〔武漢肺炎〕ブラジルの感染者50万人超えて世界第2位に

記事要約:どうやら新型コロナウイルス〔武漢肺炎〕のブラジルの感染者が50万を超えて世界第2位となったようだ。1位は米国だが、この先の気候を考えるとブラジルが米国を抜くこともあり得るんじゃないか。と言っても米国が177万でダントツであるが。

このような状態であるが、管理人はブラジルの感染者推移が今後、新型コロナウイルスにとって重要な指標になると考えている。本当、冬になれば感染拡大するのか。数か月後に答えは出るだろうが、仮にそうなら日本は今年の冬に向けて夏ぐらいから準備しないと行けなくなる。マスクや消毒液は安い間に用意しておこうというところだ。

〔武漢肺炎〕ブラジルの感染者50万人超えて世界第2位に

【サンパウロ共同】ブラジル保健省は5月31日、新型コロナウイルス感染者が50万人を超えたと発表した。米国に次いで2番目の多さ。

https://this.kiji.is/639976854785360993

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

〔テラスハウス〕山里亮太のYouTube番組「山チャンネル」Vol.33のタイトルは「花が鼻につく」だった

〔テラスハウス〕山里亮太のYouTube番組「山チャンネル」Vol.33のタイトルは「花が鼻につく」だった

記事要約:今日から6月になったわけだが、ネットで誹謗中傷を受けて自殺した花さんが出演していたやらせ番組「テラスハウス」騒動は全く収まる気配はない。次々に番組製作スタッフのやらせが発覚したわけだが、どうやら出演者の炎上煽りも確認された。つまり、出演者もまた花さんを自殺に追い込んだ張本人だったわけだ。

ニュースによると山里亮太のYouTube番組「山チャンネル」Vol.33のタイトルは「花が鼻につく」だったという。もう、この時点で「煽っている」よな。管理人はネットで誹謗中傷したサクラに火付け役がいると考えているが、「リアリティー」ではもっと酷かったと。出演者が批判してそれを見ていた純粋なファンが続いたわけだ。

これって山里さん、殺人教唆ですよね?YOUTUBEを消そうが一度だしたものはネットには証拠が残るんですよ?そして、こんなタイトルがでてきたてことは炎上させようという出演者と番組製作スタッフがいたわけだ。

>「山里さんが『テラハ』出演者をいじりまくるYouTubeの『TERRACE HOUSE TOKYO 2019-2020 山チャンネル』のVol.33のタイトルが『花が鼻につく』というタイトルだったんですね。現在は削除されています。

一度、ネットに出したものは誰かが保存している。凄いよな。これはもう逃げられないな。

内容としては、動画の後半で『今まで矛先向けてなかったけど最近は花が鼻につくぞ』と発言し、『モテ女のオーラ、立ち位置取り出したよね。あれよくないな、ちょっと花は鼻につく』といっても『“鼻につく”って、ちょっとうまいこといおうとしているわけでは』などと続けています。

なるほど。こうやって煽ってネットで炎上させようとGOサインを出したわけだ。本当、この出演者は屑だな。そして、自殺したら手のひらを変えたような言葉を出す。それで、これがでてきてネットで炎上したら雲隠れですか。説明責任を果たすべきではないのか?

言っておくが誹謗中傷でも何でもないぞ。どうしてこのような番組を作って煽ったのか教えてください。自殺のきっかけになるかは知らないが、自分たちのやったことを棚に上げてSNS批判だけておかしくないですか。管理人は客観的に見ても、やらせ番組をリアリティーショーといいながら放送する番組製作スタッフや出演者が一番悪いと思うぞ。

山里亮太「花が鼻につく」激ヤバ動画が削除。木村花さん誹謗中傷の「トリガー」との声
Social-Fill編集部 2020.05.31

『テラスハウス』の木村花さんが急死した問題で、番組のコメンテーターである山里が「木村さんへの誹謗中傷を毒舌であおっていた」という指摘があり、制作側ともども世間からバッシングを受けた。

 騒動が起こった後、山里はラジオで「一生かけて考え続ける」「何かを発するというのは、誰かを傷つけてしまうかもしれない」などと心境を説明。

しかし謝罪などはなく、バッシングは過熱の一途を辿った。

 また山里は31日の『土曜はナニする!?』(フジテレビ系)に出演し、木村さんの母親に『元気で、笑顔だった頃の花さんをずっと忘れないでいてください』と言葉を受け取ったことも告白した。

 いまだ騒動の渦中にあり「中傷の連鎖」という指摘もあるが、まだまだ騒動は終わらないかもしれない。過去の「YouTube動画」が、物議を醸している。

「最近は花が鼻につくぞ」

「山里さんが『テラハ』出演者をいじりまくるYouTubeの『TERRACE HOUSE TOKYO 2019-2020 山チャンネル』のVol.33のタイトルが『花が鼻につく』というタイトルだったんですね。現在は削除されています。

内容としては、動画の後半で『今まで矛先向けてなかったけど最近は花が鼻につくぞ』と発言し、
『モテ女のオーラ、立ち位置取り出したよね。あれよくないな、ちょっと花は鼻につく』

といっても『“鼻につく”って、ちょっとうまいこといおうとしているわけでは』などと続けています。

この動画が改めて拡散され『やっぱりやりすぎだよ』『これは煽ってるな』『ただの悪口じゃん』と、改めて山里さんへの批判が再燃しています。
もちろんその動画制作をした側のスタッフの責任もありますが」(メディアライター)

 ネット上では「慌てて動画消したのかもな」「これきっかけ、と思われる可能性もあるな」「やっぱりやりすぎ」と、複雑な思いで見ている人が多いようだ。
 いずれにせよ、山里も当面は、この話題から逃れることは難しそうだ。

https://www.tubetre.com/videos/view/5paTQ5GP9xc

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry