「フィッチ」タグアーカイブ

韓国経済、【もっと下がるから無駄】19年成長率目標の下方修正検討

韓国経済、【もっと下がるから無駄】19年成長率目標の下方修正検討

記事要約:韓国政府が今頃になって2019年の成長率目標の下方修正を検討しているそうだ。もう、1年は半年以上過ぎているんだよな。それなのに今年の目標を下方修正する。でも、大丈夫だ。もっと下がるから今、目標を出したところで無駄なのだ。

> 政府の今年の経済成長率目標は2.6~2.7%で、国内外の主要機関が示す成長率見通しに比べ楽観的だ。 

楽観的とか次元じゃないだろう。既に3ヶ月で-0.4%とでている。残り、9月で3%、または3.1%も成長できるわけないだろう。韓国経済が半導体で特需に沸いた2017年でさえ、3.1%だぞ。目標を高く設定するのは自由だが楽観的以前に論外だ。今の韓国経済ではどれだけ政府ドーピングしても、良くて2%だ。悪くて2%以下である。でも、もうすぐでるじゃないか。4月~6月の成長率がな。

> 文在寅(ムン・ジェイン)大統領は先月9日、就任2周年を控え出演したKBSの特集対談番組で「今年の(年間経済成長率の)目標は少なくとも2.5~2.6%程度で、これから挽回していかなければならない」と述べた。このときは2.5~2.6%への小幅の下方修正が検討されていた。 

下方修正検討して2.5%~2.6%とか無理すぎる。だからそんな高い成長率を今の韓国経済で見込めるはずないだろうに。一体,何で成長させるつもりなんだ?輸出、投資も減少しているというのに。雇用だって政府での臨時雇用が増加しただけだろうに。内需促進?民間では雇用減少だ。自営業の倒産だって増えている。どう見ても3%とかあり得ない。

> 政府高官は「4~6月期の成長率、補正予算案の成立が大きな変化要因だ。IMFや世界銀行、OECD、主要20カ国・地域(G20)などの見通しをみると来年は良くなるとの見方が支配的だ」と述べた。 

これがよくわっからないんだよな。どうしても、その辺の機関は来年は良くなるとの見方が支配的なのか。むしろ、管理人は来年こそ、韓国経済が破綻する年だとずっと前から予測しているんだが。補正予算案が通れば韓国経済はいきなり息を吹き返すとか、本気で思っているのか。

不況の底が見えないのに? まだ地面に着地もしてないのに? 韓国企業は海外脱出を加速しているのに?サムスン電子も低迷しているのに?さっぱり理解できんな。管理人はこう見えてもリアリストだから、まずはその来年は良くなる根拠を示して欲しいぞ。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~300回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

日韓請求協定の破棄を意味する徴用工問題のまとめ

韓国経済、【もっと下がるから無駄】19年成長率目標の下方修正検討

【世宗聯合ニュース】 

韓国政府が2019年の経済成長率目標の下方修正を検討している。 

政府関係者は23日、「来月3日の発表を目標に下半期の経済政策方向の準備を終えつつある。まだ、いろいろな数字についての悩みがある」と説明した。 

政府の今年の経済成長率目標は2.6~2.7%で、国内外の主要機関が示す成長率見通しに比べ楽観的だ。 

2.6%の見通しを示した国際通貨基金(IMF)以外は政府目標を下回り、韓国銀行(中央銀行)が2.5%、経済協力開発機構(OECD)と韓国開発研究院(KDI)が2.4%となっている。 

文在寅(ムン・ジェイン)大統領は先月9日、就任2周年を控え出演したKBSの特集対談番組で「今年の(年間経済成長率の)目標は少なくとも2.5~2.6%程度で、これから挽回していかなければならない」と述べた。このときは2.5~2.6%への小幅の下方修正が検討されていた。 

しかし、今月初めに発表された1~3月期の経済成長率が前期比0.4%減少し、半導体価格が反騰せず輸出急減が続いているのに加え、米中貿易摩擦が激化し、現実論に重点が置かれるようになった。 

このため政府が今年の成長率目標を2.4%または2.4~2.5%に引き下げることを検討しているとの見方も出ている。 

主要機関は相次いで韓国の経済成長率見通しを下方修正している。国際金融センターが集計した海外投資銀行9行の見通しは先月末現在、2.3%に下方修正された。野村証券は1.8%と1%台の成長率見通しを示した。 

米格付け会社のフィッチ・レーティングスは18日、今年の韓国の経済成長率見通しを2.5%から2.0%に下方修正した。同じ日に米ゴールドマン・サックスは半導体価格が底を打つ時点が遅れるとした上で、今年の韓国経済成長率見通しを2.1%、来年は2.3%にそれぞれ下方修正した。 

米ブルームバーグが集計した国内外40機関の見通しの平均は今月が2.2%で、先月の2.4%より0.2ポイント落ち込んだ。 

一方、政府の来年の経済成長率目標は今年より高いとみられる。 

政府高官は「4~6月期の成長率、補正予算案の成立が大きな変化要因だ。IMFや世界銀行、OECD、主要20カ国・地域(G20)などの見通しをみると来年は良くなるとの見方が支配的だ」と述べた。 

政府は下半期の経済成長方向で、今年の雇用増加目標を15万人から20万人に上方修正する見通しだ。 

今年に入り5月まで就業者の増加幅は月平均19万2400人で、前年(月平均9万7000人)の2倍を超えた。 

ただ、来年からは15~64歳の生産年齢人口が今年(マイナス5万5000人)の4倍を超える23万2000人減と急減する見通しのため、来年の雇用増加目標値を今年より高く設定できるかどうかは不透明だ。 

https://jp.yna.co.kr/view/AJP20190623000600882?section=news

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

韓国経済、【ムンジェノミクス】韓国政府以外はみんな…大手フィッチも韓国の成長率見通しを引き下げ=韓国ネットから苦情殺到

韓国経済、【ムンジェノミクス】韓国政府以外はみんな…大手フィッチも韓国の成長率見通しを引き下げ=韓国ネットから苦情殺到

記事要約:さすがに格付け機関もいくら賄賂をもらっても、明らかに酷い成長率になるのは知ってるようで,韓国経済の今年の成長率予想を2.5%から2.0%に下方修正したようだ。ゴールドマンサックスも2.3%→2.1%に下げた。

しかし、2%も成長するかすら怪しいんだよな。なぜなら。1月~3月で-0.4%だ。つまり、2%成長させるには残り、9ヶ月で0.8%成長を達成しないといけない。そして、どう見ても6月の時点で韓国経済の不況に底は見えていない。それなのにゴールドマンサックスはまだ3ヶ月で0.9%成長できるとか思い込んでるようだ。

> 今年4~6月期の成長率(前期対比)見通しも1.1%から0.9%に、また米中貿易摩擦による緊張が来年初めまで高まるものと予測し、2020年の成長率見通しも2.5%から2.3%に下方修正した。 

いや、無理だろう。韓国規模のGDPになると1%成長させるのがどれだけ難しいか。いくら財政出動で政府ドーピングしても、その予算には限度がある。国会財政が火の車なのに金だけつぎ込んでも、そのうちしわ寄せという増税が待っている。この最後のフィッチの部分は賄賂パワーだろうな。

> ただし「内需促進のための財政政策支援により、今年下半期から経済が回復する可能性がある」と予想したという。

どう考えても内需促進のための財政政策支援で下半期から、いきなり韓国経済が回復するはずもない。管理人は11年ほど韓国経済のサイトを運営しているが、景気が回復する兆しというのは必ずあった。それが設備投資、雇用や輸出の増加などが理由だった。しかし、未だにそれがない。民間企業は逆に設備投資を減らしている。それで政府支援で内需促進だ?できるわけないだろう。

そして、韓国人はいつも他人のせいである。文在寅大統領が悪いと。確かに文在寅大統領は超無能だが、実は韓国経済のピークが2016年頃だったことに気付いてないのか。たまたま半導体の特需があったから株価やウォンはまだ維持しているが、ここから下り坂なのだ。落ちている途中なのだ。

中国を見ればわかるが、高い成長はいつまでも続かない。どこかで速度は低下する。韓国の場合は先進国にもなれないで落下しているだけだが。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~300回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

日韓請求協定の破棄を意味する徴用工問題のまとめ

韓国経済、【ムンジェノミクス】韓国政府以外はみんな…大手フィッチも韓国の成長率見通しを引き下げ=韓国ネットから苦情殺到

2019年6月19日、韓国日報によると、米金融大手ゴールドマン・サックスやフィッチが今年の韓国の成長率見通しを下方修正した。記事は「これまでの成長率見通しを固守しているのは韓国政府だけ」と伝えている。 

記事によると、ゴールドマン・サックスは同日、韓国の金融市場に対する分析報告書を発表し、今年の韓国の経済成長率見通しを従来の2.3%から2.1%に下方修正した。 

今年4~6月期の成長率(前期対比)見通しも1.1%から0.9%に、また米中貿易摩擦による緊張が来年初めまで高まるものと予測し、2020年の成長率見通しも2.5%から2.3%に下方修正した。 

主な理由は「韓国の輸出の主力である半導体価格の底打ち時期が予想より遅くなるという予想が出たため」という。 

英格付け会社フィッチ・レーティングスも同日「2019年6月の世界経済見通し」報告書で、韓国の今年の経済成長率見通しを2.5%から2.0%に下方修正した。 

フィッチは「今年1~3月期の成長率が予想外に前期比0.4%急減した」とし、「中国の成長鈍化と貿易紛争の影響で輸出が圧迫を受け、特に半導体価格が急落して利益が減った」と指摘。 

ただし「内需促進のための財政政策支援により、今年下半期から経済が回復する可能性がある」と予想したという。 

記事は「この他にもグローバル機関の大半が韓国の今年の成長率見通しを2%台序盤まで引き下げたが、韓国政府だけが従来の成長率(2.6%~2.7%)を維持している」と伝えている。韓国内でも韓国開発研究院(KDI)と韓国金融研究院が2.4%、LG経済研究院が2.3%、韓国経済研究院と資本市場研究院が2.2%へと引き下げたという。 

これを受け、韓国のネット上では 

「無能な従北政権の扇動、税金の無駄遣い、企業への圧迫、外交孤立…。ひどい政権だ」 
「政府はトランプのせい、米中貿易摩擦のせい、半導体のせい、何でも他人のせいにする。韓国がかつての世界的な金融危機を感じられないのは、李明博(イ・ミョンバク)元大統領の対応が良かったおかげということを忘れないで」 
「それでもきっと文大統領はこう話すだろう『経済は良くなっているではないか。長官らが頑張ってくれていると思う』」 

など文政権の責任を問う意見が目立ち、中には 

「このままだと1%台になるのでは。文政権も問題だけど、もっと悪いのはたいこ持ちの文派の人たち」との声や、 
「マイナスにならないだけいいと思わなきゃ(笑)」 

と皮肉の交じった声も寄せられている。 

https://www.recordchina.co.jp/b231589-s0-c20-d0127.html

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry