「廃業」タグアーカイブ

韓国経済、【ムンジェノミクス】「韓国チキン屋残酷史」…年に6000店開業し8000店廃業

韓国経済、【ムンジェノミクス】「韓国チキン屋残酷史」…年に6000店開業し8000店廃業

記事要約:韓国でリストラされたり、退職したりして韓国人が始める自営業は大きく分けてチキン屋とコンビニがある。そして、鳥インフルエンザが流行するとチキン屋が増えていたのだが,最近は1年に6000店開業して、8000店廃業しているようだ。つまり、単純計算で1年で2000店ほど減っていることになる。そして、最初の出だしが面白い。

後、今回はわりと謎だったチキン屋の実態が書いてあるので必読ではないが興味深い。

> 退職者の多くが好む創業アイテムであるチキン屋が、経営悪化などの理由で毎年8000店以上が閉店することが分かった。 

退職者の多くが好む創業アイテムというユニークな名前が付いている。

>KB金融持株経営研究所は3日、国内チキン屋の現状と市場環境を分析した企業の経営者報告書を公開した。この研究所によると2月、基準業態が「トンダク(鶏の丸焼き)」や「ホップ&トンダク(ビールと鶏の丸焼き)」に分類された飲食店は約8万7000ヶ所に達した。フランチャイズのチキンブランドは409社と加盟店は2万5000店で、韓国料理のフランチャイズ店全体の5つのうち1つの割合だ。 

ついに明らかとなったチキン屋の数。細かい分類までどうでもいいが、韓国料理のフランチャイズ店全体の20%もあるという。チキン屋でだけで2割か。多すぎだよな。日本で考えるならそこら中にケンタッキーフライドチキンが建っていることになる。

> 全国の広域市・道のうちで京畿道にあるチキン屋が1万9253店で最も多かった。市・郡・区別には映画『極限職業』の人気でトンダク通りが注目された水原(スウォン)が1879店で全国1位だった。昨年に創業したチキン屋は6200店で、2014年に頂点(9700店)を記録した後は5年のあいだ減り続けている。 

いや、明らかにありすぎだろう。でも、そのチキン屋もだんだんと減ってきていると。鳥インフルエンザが最近、起きてないからな。

> チキン屋を開業する代表的な方法はフランチャイズへの加盟だ。昨年、国内の外食フランチャイズ加盟店11万6000ヶ所のうちで、チキン屋(2万5000店)の割合は21.1%と最も高かった。加盟店の数が最も多いチキン屋のブランドは「BBQ」で、昨年の時点で1659店だった。 2015年から4年のあいだ1位を記録している。その次はBHC(1456店)とペリカナ(1176店)の順だった。 

このBBQのブランドは聞いたことあるな。確かコンビニでも同じチキンを売り始めたんだよな。今、1番売れているチキン屋と。

> チキンのフランチャイズ店一か所が稼ぐ坪(3.3平方メートル)当たりの売上げは年間928万ウォンだ。同じ面積で6532万ウォンを売り上げる居酒屋だけでなく、1459万ウォンを売り上げる食堂、1015万ウォンの売り上げを上げる韓国料理屋よりも低い。 

売上はかなり安いな。なのにチキン屋に群がる理由はおそらく資格だとおもう。居酒屋だと食品衛生法とかの資格が求められるが、チキン屋は冷凍したチキンをその場であげるだけだからな。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~300回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

日韓請求協定の破棄を意味する徴用工問題のまとめ

韓国経済、【ムンジェノミクス】「韓国チキン屋残酷史」…年に6000店開業し8000店廃業

退職者の多くが好む創業アイテムであるチキン屋が、経営悪化などの理由で毎年8000店以上が閉店することが分かった。 

KB金融持株経営研究所は3日、国内チキン屋の現状と市場環境を分析した企業の経営者報告書を公開した。この研究所によると2月、基準業態が「トンダク(鶏の丸焼き)」や「ホップ&トンダク(ビールと鶏の丸焼き)」に分類された飲食店は約8万7000ヶ所に達した。フランチャイズのチキンブランドは409社と加盟店は2万5000店で、韓国料理のフランチャイズ店全体の5つのうち1つの割合だ。 

全国の広域市・道のうちで京畿道にあるチキン屋が1万9253店で最も多かった。市・郡・区別には映画『極限職業』の人気でトンダク通りが注目された水原(スウォン)が1879店で全国1位だった。昨年に創業したチキン屋は6200店で、2014年に頂点(9700店)を記録した後は5年のあいだ減り続けている。 

一方、毎年8000ヶ所以上が廃業しているだけに、昨年まで4年連続で新たに開店したところよりも閉店した店が多かった。 

チキン屋を開業する代表的な方法はフランチャイズへの加盟だ。昨年、国内の外食フランチャイズ加盟店11万6000ヶ所のうちで、チキン屋(2万5000店)の割合は21.1%と最も高かった。加盟店の数が最も多いチキン屋のブランドは「BBQ」で、昨年の時点で1659店だった。 2015年から4年のあいだ1位を記録している。その次はBHC(1456店)とペリカナ(1176店)の順だった。 

チキンのフランチャイズ店一か所が稼ぐ坪(3.3平方メートル)当たりの売上げは年間928万ウォンだ。同じ面積で6532万ウォンを売り上げる居酒屋だけでなく、1459万ウォンを売り上げる食堂、1015万ウォンの売り上げを上げる韓国料理屋よりも低い。 

ブランド別では「KyoChon Chicken(キョチョンチキン)」が坪あたり最も多い年間3489万ウォンを上げることが分かった。「ティバトゥマリチキン」が2928万ウォンと「BBQ」が2901万ウォンで2位と3位を占めた。

http://japan.mk.co.kr/view.php?type=M1

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry