「技術格差」タグアーカイブ

韓国経済、【知ってた】半導体を除けば何も残らない韓国IT業界 

韓国経済、【知ってた】半導体を除けば何も残らない韓国IT業界

記事要約:韓国IT業界が半導体を除けば何も残らないなんて既に知っていた事実であるのだが、今回はどれだけ半導体依存だったか。もし、半導体がなければどうなっていたのかを見ていく。記事は長文なのだが、後半はただの願望なのでどうでも良いと思う。大事なのは数値と現在の状況だからな。

> 半導体を除く韓国の6大IT主力製品の生産が2013年から18年までに5年間に44%も減少したことが分かった。唯一半導体生産だけが120%増加したが、テレビ、液晶パネル、携帯電話、モニター、パソコンの生産がいずれも大幅な減少を記録した。IT産業は輸出全体の36%を占め、86万人を雇用する韓国経済の主力だ。

2013年から2018年の5年間で44%減少した。そして、韓国の代わりに中国がどんどん製造し出していること。日本もそうだが、簡単な製品は人件費の安い国に取って代わられる。テレビ、液晶パネル、モニター、携帯電話、パソコンなど、ほとんど中国メーカーが台頭してきているのはいうまでもない。

> 韓国はIT大国を自負してきたが、実際は半導体の好況による虚像だった。昨年の経済成長率は2.7%だったが、半導体輸出を除けば1.4%の成長にとどまった。10大グループに属する大企業の営業利益率は9.8%だが、サムスン電子、SKハイニックスという半導体大手2社を除けば4.8%にすぎない。100ウォンの売り上げで利益が5ウォンにも満たないという中小企業レベルの実力で延命していることになる。

韓国の10大グループなんて、サムスン電子とSKハイニックスを除けば、中小企業レベルの実力で延命という中々、厳しいことが書いてある。そもそも、昨年は半導体だけで成長率が1.3%も増えていたことに驚きだ。文在寅大統領は2.7%目標達成がどうとかいっていたが、それって文在寅大統領の功績でも何でもなかったと。

> 数年間にわたり、超好況に沸いてきた半導体の輸出は昨年12月以降、6カ月連続で減少している。6月から半導体景気が回復すると見込まれたが、今月に入っても輸出減少が続いている。産業研究院は今年下半期にも半導体輸出が前年比で21%以上減少すると予測した。このまま推移すれば、今年の経済成長率は2%台前半にとどまる。世界的な格付け会社からは2.0%まで低下するとの予想も出ている。半導体にばかり依存した韓国経済の虚弱な実情が如実に表れている。韓国経済の最大の武器である半導体が不振となれば、最大のリスクとなりかねない状況だ。

そして、気が付けば半導体が韓国経済の最大の武器と認識されているという。それって非常に危ういよな。いや、経済成長率の50%を稼ぐなら最大の武器か。でも、それは特需の場合だろう。今年はこれの半分以下になるのは見えているので、頑張って0.7%成長ぐらいだろう。これでも、今年の経済成長率は2%台前半とか夢見ているという。明らかに2%以下だろうに。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~300回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

日韓請求協定の破棄を意味する徴用工問題のまとめ

韓国経済、【知ってた】半導体を除けば何も残らない韓国IT業界

半導体を除く韓国の6大IT主力製品の生産が2013年から18年までに5年間に44%も減少したことが分かった。唯一半導体生産だけが120%増加したが、テレビ、液晶パネル、携帯電話、モニター、パソコンの生産がいずれも大幅な減少を記録した。IT産業は輸出全体の36%を占め、86万人を雇用する韓国経済の主力だ。

 韓国はIT大国を自負してきたが、実際は半導体の好況による虚像だった。昨年の経済成長率は2.7%だったが、半導体輸出を除けば1.4%の成長にとどまった。10大グループに属する大企業の営業利益率は9.8%だが、サムスン電子、SKハイニックスという半導体大手2社を除けば4.8%にすぎない。100ウォンの売り上げで利益が5ウォンにも満たないという中小企業レベルの実力で延命していることになる。

 数年間にわたり、超好況に沸いてきた半導体の輸出は昨年12月以降、6カ月連続で減少している。6月から半導体景気が回復すると見込まれたが、今月に入っても輸出減少が続いている。産業研究院は今年下半期にも半導体輸出が前年比で21%以上減少すると予測した。このまま推移すれば、今年の経済成長率は2%台前半にとどまる。世界的な格付け会社からは2.0%まで低下するとの予想も出ている。半導体にばかり依存した韓国経済の虚弱な実情が如実に表れている。韓国経済の最大の武器である半導体が不振となれば、最大のリスクとなりかねない状況だ。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/06/27/2019062780007.html

 

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

韓国経済、中国が技術力を高め、追い上げてきているぞ!韓国に焦りの色

韓国経済、中国が技術力を高め、追い上げてきているぞ!韓国に焦りの色

記事要約:韓国に急ピッチで迫る中国。その韓国の技術優位さは既に数年といわれているが実際は追い抜いているかもしれない。そもそも、韓国に技術がないからだ。

日本のパクリ技術がほとんどで、それを中国がそのままパクったが、中国は韓国の宗主国であり、その技術をしっかり改良してくる。そこが韓国と違い、中国の強かさである。そこには莫大なチャイナマネーがあり、政府が支援してくれるのだから楽でいいよな。

日本も中国の追い上げには十分、注意しなければならない。なんせ、技術なんて無理矢理でも奪い取るのが中国である。以前にソースコード開示を要求したように、中国に進出する企業は何らかの技術を中国に提供させられている。

このような中国に進出して勝手に技術の優位性を失っていくのが世界である。儲けは必要だが、将来的に失うものはそれ以上に大きいかもしれない。管理人は散々警告してきたわけだが、日本の企業はまだチャイナマネーに魅力を感じてるようだ。それ自体がただの餌に過ぎないのに。

2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

韓国経済、中国が技術力を高め、追い上げてきているぞ!韓国に焦りの色

中国が技術力を高め、追い上げてきているぞ!韓国に焦りの色
2015-11-26 07:35

中国は高速鉄道や旅客機、原子炉などを自国で生産できるようになった。スーパーコンピューターの分野でも中国の「天河2号」は世界のスパコンランキングで6連覇を果たすなど、一部の領域で中国は技術力を確実に高めている。

韓国メディアの亜洲経済の中国語電子版は23日、韓国産業研究院がまとめた報告を引用し、中国の製造業と韓国の技術水準の差が年々縮小していると伝えた。技術力の差を時間で表した場合、2011年に3.7年分あった差は15年は3.3年にまで縮小したとという。

記事は、韓国で2015年10月15日から11月10日にかけて韓国のメーカー708社を対象に調査が行われたことを紹介し、重化学工業の分野では中韓の差は3.5年だったとしながらも、軽化学工業は2.9年、情報通信は2.6年と大半の分野で中国が技術力の差を縮めていると報じた。

ディスプレイパネルや半導体、リチウムイオンバッテリーなどの分野で世界をリードしていることからも分かるとおり、韓国の製造業も高い技術力を持ち、技術を進歩させているはずだ。

それでも中国が韓国との差を縮めているということは、それだけ中国が凄まじい勢いで技術力を高めているということを示す。韓国が中国に追い上げられているように、日本も中国を前にまったく安泰ではなく、技術力の継続的な向上のための取り組みが求められていると言えよう。(編集担当:村山健二)

(http://news.searchina.net/id/1595231?page=1)

日本の底力」メルマガ購読は↓から、今はPCでも携帯でも一つのメルマガでいいようだ。それでは購読の方をお願いする。前回、携帯に登録していただいていた読者様はPCの方に登録していただけるとありがたい。

→日本の底力

 




Like

Like
Love
Haha
Wow
Sad
Angry