「潘基文国連事務総長」タグアーカイブ

韓国経済、潘基文国連事務総長「私は強い時は非常に強い」

韓国経済、潘基文国連事務総長「私は強い時は非常に強い」

記事要約:韓国の潘基文国連事務総長は「私は強い時は非常に強い」らしい。これだけでは何のことかわからないのだが、 「私はいつも静かだと思われているが、強くあるべき時は世界の指導者に対してもかなり強く対抗します」だそうだ。

そうだったのか。強くあるべき時というのはあれだろ。自分たちの勝利が揺るがない時に、弱い者に強い。つまり、事大主義ということだ。確かに強そうだ。今まで大国に意見を述べたことを一度も見たことがない事大主義の塊のような事務総長だからな。

2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

次期韓国の大統領としての器も持ち合わせている。これは応援せざる得ないな。

韓国経済、潘基文国連事務総長「私は強い時は非常に強い」

「私はいつも静かだと思われているが、強くあるべき時は世界の指導者に対してもかなり強く対抗しま す」。潘基文(パン・ギムン)国連事務総長が「上善若水」(最高の善とは水のように行動することだという意味の老子・第8章『道徳経』の表現)を自身の信 条だと紹介した。

22日(現地時間)、国連韓国代表部大使官邸で開かれた特派員との忘年会の席でだ。潘氏はことし8月に自身が揮毫した「上善若水」という 文字をバラク・オバマ米国大統領に贈ったこともある。

潘氏は「五行思想では、人々は水を最も弱く無力で特別なものではないと考えるが、水にはかなわない。

一番強そうな火も消し、木と金も水にかなわない」と話した。引き続き「水は力を使わないがここぞという時には洪水や津波のようにすべてをなぎ倒す」とし た。潘氏は特に「上善若水に対して私は信念を強く持っている。『あの人は力がないように見えるがやるときは断固としてやる』ということだ」と話した。

潘氏は来年4月13日の総選挙後となる6月に訪韓を検討していると明らかにした。ソウルで開催予定の国連非政府組織(NGO)会議を国連首長として主宰す る可能性がある。

潘氏の訪韓時期は総選挙を一段落させた国内政治状況が大統領選挙に突入する時点と重なる。潘氏はしかし、この日大統領選挙の出馬に関する 質問には一切答えなかった。

(http://japanese.joins.com/article/001/210001.html?servcode=A00&sectcode=A10)

日本の底力のメルマガ購読は↓から、今はPCでも携帯でも一つのメルマガでいいようだ。それでは購読の方をお願いする。前回、携帯に登録していただいていた読者様はPCの方に登録していただけるとありがたい。

→日本の底力

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

韓国経済、パン事務総長を韓国大統領に!親パン連帯が訴え「韓国は世界の指導国家へと進む機会を得た」

韓国経済、パン事務総長を韓国大統領に!親パン連帯が訴え「韓国は世界の指導国家へと進む機会を得た」

記事要約:韓国の次期大統領候補とされるパン事務総長。管理人はこの素晴らしい評価をされている事務総長が韓国の大統領になってくれることを大いに期待している。朴槿恵大統領も結局、日本の条件なしに僅か3年で折れて日韓首脳会談を行った親日派。

管理人はパン事務総長なら997年ぐらい日韓首脳会談をしなくても良い関係を築けるのではないか。首脳会談しない方が明らかに良かった。パン事務総長には是非とも、強い意志で反日と中国傾斜に勤しんでいただきたい。あれ?管理人も支持。東亜の人々も支持。なんと日本人から凄く支持が得られている。さすが、世界の大統領だ。もし、選ばれたら管理人も大いに祝ってあげたい。

2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

韓国経済、パン事務総長を韓国大統領に!親パン連帯が訴え「韓国は世界の指導国家へと進む機会を得た」

韓国の次期大統領に「潘基文待望論」再燃、支持者が結集=韓国ネット「卓球の名手がテニスもうまいとは限らない」「僕らにまた一つの災難が…」

配信日時:2015年11月14日(土) 6時47分

13日、韓国の次期大統領に潘基文国連事務総長を掲げようと、潘氏の支持者らが「親潘連帯」なる団体を結成したとの報道に、韓国のネットユーザーがさまざまな声を寄せている。写真は潘基文氏。

2015年11月13日、韓国・ニューシスによると、韓国の政界に今再び「潘基文(パン・ギムン)待望論」が持ち上がっている。潘国連事務総長を韓国の次期大統領に推そうという支持者らが、このほど「親潘連帯」という政治家団体を結成した。

親潘連帯は6日、韓国中央選挙管理委員会に対し党設立のための準備委員会結成を申し出た。党設立の前段階となる準備委員会は発起人200人以上で認められる。

支持者らは発起の趣旨文書の中で、「世界の大統領とも呼ぶべき国連事務総長を韓国人が担っていることはわれわれにとって大きな幸運であり、(韓国は) アジアを超え世界の指導国家へと進む機会を得たとも言える」と主張、潘事務総長を「民族の未来を開く新たなリーダーに適任」とし、17年に選ばれる次期大統領にふさわしいとしている。

「次期指導者に潘氏を」との声は以前から韓国政界で上がっていたものの、こうして公式勢力として支持者が結集したのは初めてだ。

これについて、韓国のネットユーザーは次のようなコメントを寄せている。

「賢い韓国国民は賢明な選択をするはずだ。17代大統領選:多少不正のうわさがあったって…李明博(イ・ミョンバク)さんは元会社社長だから、経済を再生させてくれるはず。18代:きっとお父さんのように良くやってくれる。朴槿恵(パク・クネ)さんは、国民に名前を知られてないだけ。19代:国連事務総長までやったんだから、大統領もできるはず!」

「国連史上最悪の無能事務総長と評価されているのを知らないのかな?何でも欲ばかりみせてないで、身の程を知ってちゃんとやってほしい」
「国連事務総長が世界の大統領とはね。じゃあ前任のアナン事務総長は、今ごろ何してるかな」

「海外で名声を得てるからって支持するのは間違いだ」
「卓球の名手がテニスもうまいとは限らない。それぞれの役割があるはず」
「国連事務総長の地位にいるからといって、セウォル号や不正選挙について知らないふりをするような人が立派なはずがない」

「『親潘連帯』なんて変な名前。恥ずかしい」
「こぼれた砂糖にアリが群がっているようだ」
「僕たちにまた一つの災難がやって来る」(翻訳・編集/和氣)

(http://www.recordchina.co.jp/a123225.html)

「日本の底力」メルマガ購読は↓から、今はPCでも携帯でも一つのメルマガでいいようだ。それでは購読の方をお願いする。前回、携帯に登録していただいていた読者様はPCの方に登録していただけるとありがたい。

→日本の底力

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry