「独自OS.HongMeng OS」タグアーカイブ

韓国経済、Androidより60%高速なファーウェイ独自の「HongMeng OS」にテンセントやXiaomiら参加、オール中国で普及に追い風か

韓国経済、Androidより60%高速なファーウェイ独自の「HongMeng OS」にテンセントやXiaomiら参加、オール中国で普及に追い風か

記事要約:ファーウェイがついに独自のOS「 HongMeng OS 」普及に乗り出した。なんと、あのテンセントやシャオミらも参加して、オール中国で望むそうだ。つまり、テンセントやシャオミらもいずれは米国から制裁を受けると。

OSがどうとか、詳しいことは知らないが、今、ファーウェイ排除は今後の米中冷戦、時事問題としてもかなりの重要度があるとおもわれる。当サイトでも、韓国が米中のどちらに付くかはまさにこの先の韓国経済において死活問題であり、これだけの変数はまったく予想できない。

経済的に中国であるのは間違いないが、安全保障無視して、中国に付けば読者様の指摘しておられるが、米国の盾がなくなった軍事力など北朝鮮以下ということだ。北朝鮮に核兵器で脅されるだけという。なら、中国と軍事同盟でも結ぶのか?中国がそんなことするはずもないんだよな。同盟というのは一種の対等でもあるからな。中国が韓国と対等になるわけがない。

これから世界は米中の両陣営、どちらに付くかの踏み絵を迫られる。しかし、中国がチベットやウイグルの人々にやっている弾圧は人権問題として許せるものではない。そして、先進国や民主主義国家はそこを重要視する。なぜなら、中国が世界のリーダーになっても良いことが何1つないからだ。

一進一退とか、AIIBを見ればわかるだろう。やることは全て中国の利益にしかならない。支援を受けた国は負債で領土をかすめ取られていく。まさに経済植民地である。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~300回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

日韓請求協定の破棄を意味する徴用工問題のまとめ

韓国経済、Androidより60%高速なファーウェイ独自の「HongMeng OS」にテンセントやXiaomiら参加、オール中国で普及に追い風か

中国国営メディア「環球時報」の報道(1、2)によると、Huaweiは現在独自OS「HongMeng OS」を開発しており、数ヶ月以内に正式発表される予定だそうです。 

HongMeng OSはHuaweiだけでなくXiaomiやOppo、Vivoなども開発に参加しており、「Androidよりも60%高速」という情報も流れているとのこと。オープンソースOSであるAndroidのカスタム版ならば、既存のAndroidアプリと互換性があるものになるとみられます。 

気になるHongMeng OS普及の公算ですが、2019年第1四半期時点で世界シェアの4割以上を占める中国メーカーたちがこぞって採用することになればインパクトは非常に大きく、スマホアプリ開発者も同OSへの対応を迫られることに。 

さらにHongMeng OS開発に世界トップのゲーム企業「テンセント」も加わると報じられているため、Windows PhoneやFirefox OSなどの「第3のOS」が失敗した大きな要因だった規模感の小ささやアプリ不足に見舞われる心配もなさそうです。 

新興国市場に強く、近年Androidの普及を牽引してきたスマホメーカー各社にエンタテイメント大手が加わった「オール中国」での展開すら見えてきたHongMeng OS。 

安全保障上のリスクがあるとしてGoogleがアメリカ政府に禁輸免除を求めている背景には、同社がAndroidプラットフォーム上で築いてきた検索や広告の収益モデルを覆されかねないという、真剣な危惧もあるようです。 

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry