「米国」タグアーカイブ

韓国経済、台湾が米国からM1A2戦車購入検討、中国メディア「短時間のうちに全滅できる」

韓国経済、台湾が米国からM1A2戦車購入検討、中国メディア「短時間のうちに全滅できる」

記事要約:管理人は戦車についてはよくわからないが、台湾が米国から M1A2戦車の購入を検討しているそうだ。それで、中国メディアは「短時間のうちに全滅できる」とか述べている。でも、そんなことはどうでもいいんだよな。兵器は運用次第であって戦車だけで突っ込ませるようなことは普通はない。

それよりも、米国が台湾に戦車を売ってくれるという事実の方が重要だ。明らかに中国からすれば恐怖だろう。米国が台湾の味方をするということだから。

> 2019年6月21日、新浪軍事は、台湾軍が米軍からM1A2戦車108両の購入を検討していると報じられたことについて「スペック上は大きな脅威になるが、実際に戦争が始まれば短時間のうちに全滅させられる」とする記事を掲載した。 

戦車だけで戦争の勝敗は決まらない。そもそも、中国は台湾と戦争しても、軍事的に勝てるが、国際社会的には勝てないだろう。無理に戦争など吹っかければ,中国は天安門事件の時のような孤立化の道を行く。もっとも、元に戻るだけかもしれないが。

> その上で、実際に台湾軍がM1戦車を購入した場合、人民解放軍にとって大きな脅威になるのではないかとの憂慮も中国本土内にはあると指摘。この憂慮については「確かに脅威になる部分はあるものの、この戦車の具体的な性能と『分裂勢力』がこの戦車を用いてやろうとしていることを考えると、われわれに全く勝ち目がないわけではないことが分かる」との見方を示している。 

それはどちらも同じだ。戦車だけで戦争の勝敗は決まらない。特に今の時代はネットがあるので、国際社会においてその戦争がどういうものかを問われる。ロシアのグルジア侵攻は大きく批判されて、ロシアは孤立化する道となった。今は戦争する大義名分のほうが大事なのだ。なぜなら、戦争すれば物資が一気に疲弊するからな。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~300回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

日韓請求協定の破棄を意味する徴用工問題のまとめ

韓国経済、台湾が米国からM1A2戦車購入検討、中国メディア「短時間のうちに全滅できる」

2019年6月21日、新浪軍事は、台湾軍が米軍からM1A2戦車108両の購入を検討していると報じられたことについて「スペック上は大きな脅威になるが、実際に戦争が始まれば短時間のうちに全滅させられる」とする記事を掲載した。 

記事は、台湾軍が米軍のM1シリーズ戦車購入を検討しているという情報について「ある意味、中国がSu-35戦闘機を買おうとしている、インド空軍がラファールF3戦闘機を買おうとしている、航空自衛隊がF-22戦闘機を買おうとしているといった情報と並んで、2010年代における各軍事メディアの日常的な話題になっている」とした。 

その上で、実際に台湾軍がM1戦車を購入した場合、人民解放軍にとって大きな脅威になるのではないかとの憂慮も中国本土内にはあると指摘。この憂慮については「確かに脅威になる部分はあるものの、この戦車の具体的な性能と『分裂勢力』がこの戦車を用いてやろうとしていることを考えると、われわれに全く勝ち目がないわけではないことが分かる」との見方を示している。 

その理由としてまず、台湾によるM1戦車購入をめぐっては軍隊、政治家、財団、企業の利害関係が複雑に絡み合っており、単に戦闘上の必要性から武器を選ぶことができない状況にある点を挙げた。また、今世紀に入ってしばしばこの情報が流れるなかで、購入を検討している戦車の型式がM1A1からM1A2、さらにはM1M2ASEPへと何度も変更になっている点にも注目した。 

さらに、具体的な性能については「火器、弾薬、火器制御、センサーなどのシステムに関する具体的なデータはさらなる観察を必要とするものの、M1シリーズ戦車は理想的な試験場の環境においては人民解放軍が東部戦区に配備している96A型戦車を制圧することは難しくないだろう」と評する一方、熱帯雨林や水田地帯、丘陵地域が多数存在する台湾島上ではM1はその能力を十分に発揮することは難しいと指摘した。 

記事は「わが軍は戦役における制空権を掌握し、各部隊が協調して戦術を遂行して上空と地上の火力を遮断してしまえば、本質的には決して恐れるに足りない。もっとも、最初に上陸する部隊が損失を被る可能性は高いかもしれないが」と分析している。(翻訳・編集/川尻) 

https://www.recordchina.co.jp/b723182-s0-c10-d0135.html

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

韓国経済、違法マッサージ店で売春・・・韓人(コリアン)の女など逮捕(写真アリ)

韓国経済、違法マッサージ店で売春・・・韓人(コリアン)の女など逮捕(写真アリ)

記事要約:皆様、お待たせしました。今月も米国で違法マッサージ店で売春したコリアンが逮捕された。もちろん、写真を用意している。ただし、何度も述べているがその写真を閲覧して、管理人にクレームしても一切受け付けない。あくまでも自己責任でリンクをクリックしていただきたい。

https://media.nbcchicago.com/images/652*367/warren+he+kim+prostitution.png

> イリノイ州クリスタルレイク警察は13日、違法売春などの容疑でキム某容疑者(60歳=クイーンズ・フラッシング)と他人種2人を逮捕したと明らかにした。 

しかし、米国ならどこでも韓国人が売春しているな。今度はイリノイ州か。日本に慰安婦がどうとかいいながら、自分たちは現在進行形で売春を繰り返すという。米国も取締りを強化しているのにも関わらず、こういう店が後を絶たないという。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~300回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

日韓請求協定の破棄を意味する徴用工問題のまとめ

韓国経済、違法マッサージ店で売春・・・韓人(コリアン)の女など逮捕(写真アリ)

クイーンズ生まれの韓人(コリアン)女性が、他州で違法マッサージ店を開いて売春をした容疑で逮捕された。 

イリノイ州クリスタルレイク警察は13日、違法売春などの容疑でキム某容疑者(60歳=クイーンズ・フラッシング)と他人種2人を逮捕したと明らかにした。 

警察は地域内の違法マッサージ店に対する取り締まりに乗り出し、JJマッサージ(JJ’s Massage)、クリスタルスパ(Crystal’s Spa)、インフィニティデースパ(Infinity Day Spa)など3か所を摘発した。 

警察によれば、これらの店を経営していたキム容疑者らの事業主は、全員が無免許アンマ(按摩)と売春容疑でそれぞれ起訴された。キム容疑者らはこの日、保釈金1,500ドルを支払って釈放された。 

ソースは5chより記事掲載

ソース:米州韓国日報(韓国語) 

http://www.koreatimes.com/article/1252908

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

韓国経済、米下院の国防授権法草案に「在韓米軍削減禁止」なし

韓国経済、米下院の国防授権法草案に「在韓米軍削減禁止」なし

記事要約:これは在韓米軍撤収フラグか。どうやら、米下院の国防授権法草案に「在韓米軍削減禁止」が含まれてないことがわかった。つまり、在韓米軍削減しても良いということになる。トランプ大統領は在韓米軍駐在費で韓国が出し渋りするので、米韓合同演習も中止にしたし,どう見ても、韓国とは縁を切りたがっている。

でも、それはトランプ大統領だけではない。そもそも、米国がもう朝鮮半島から撤退したがっているんじゃないか。後は韓国と北朝鮮と好きなようにしろと。これからは台湾だと。

>国防授権法とは、米国の国防・安全保障支出でガイドラインの役割をする法案だ。この法案を発効させるには上院・下院を通過させなければならない。このため今後、上院と下院の国防授権法最終案合意の過程で、在韓米軍削減禁止条項が再び盛り込まれる可能性もある。 

いや、ないだろう。そのまま通過するとおもう。だいたい、なんで在韓米軍削減禁止条項などいれる必要がある。朝鮮半島は平和になりそうなら削減したていいじゃないか。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~300回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

日韓請求協定の破棄を意味する徴用工問題のまとめ

韓国経済、米下院の国防授権法草案に「在韓米軍削減禁止」なし

米政府系放送ボイス・オブ・アメリカ(VOA)が4日(現地時間)、「米下院軍事委員会所属の6小委員会が公表した2020会計年度国防授権法草案に、在韓米軍削減禁止条項が含まれていない」と報道した。 

 VOAによると、下院軍事委員会傘下の国防情報・準備態勢小委員会をはじめとする6つの小委員会が3日から4日にかけてそれぞれ公表した国防授権法草案には、在韓米軍の削減禁止に関する内容が含まれていないことが分かったという。先月23日に公表された上院軍事委員会の国防授権法案は在韓米軍を現在の水準と同じ2万8500人以下に削減することを禁止している。

国防授権法とは、米国の国防・安全保障支出でガイドラインの役割をする法案だ。この法案を発効させるには上院・下院を通過させなければならない。このため今後、上院と下院の国防授権法最終案合意の過程で、在韓米軍削減禁止条項が再び盛り込まれる可能性もある。 

ワシントン=趙義俊(チョ・ウィジュン)特派員 

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/06/06/2019060680006.html

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry