「韓国の外貨準備高」タグアーカイブ

韓国経済、韓国の外貨準備高、危機対応には797億ドル不足=韓国経済研究院

韓国経済、韓国の外貨準備高、危機対応には797億ドル不足=韓国経済研究院[

記事要約:韓国は一体いつ気づくのか。額面だけの外貨準備高なんて危機対応に何ら意味のないことを。確か額面では3600億ドル以上あったはずの外貨準備高は797億ドル不足していると韓国経済研究院が述べている。

韓国の外貨準備高の91%は有価証券なわけだが、これの中身に不良債権が山のようにあるといわれている。リーマン・ショック、ギリシャショック辺りの不良債権が積まれているので実質、使えるのは3分の以下だと管理人は見ている。もし、そうなら797億ドル増えても何ら危機対応には意味はない。

研究院とか言いながら、外貨準備高の本質すら理解できず、管理人の経済分析にすら劣っているというのはどういうことなんだろうか。まあ、所詮、韓国経済の研究者なんて烏合の衆だということはここ8年見てきてわかっていることではある。

2chの東亜の住人のほうがよほどまともなんだよな。危機対応で大事なのは外貨準備高を数えることではない。安全なセーフ-ティーネット作りである。つまり、米国との通貨スワップ以外はあり得ないのだ。なぜなら、ドル不足に陥るから。元や何やらの通貨を融通したとことで、結局はドルと交換することになる。

2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

韓国経済、韓国の外貨準備高、危機対応には797億ドル不足=韓国経済研究院

韓国政府が過去最高の外貨準備高を根拠に通貨危機再来の可能性を否定する中、韓国経済研究院は11日、現在の韓国の外貨準備水準では危機状況への対応に十分とは言えないとの分析を明らかにした。

同院は「韓国経済の危機可能性評価と示唆点」と題する報告書で、2014年現在の韓国の外貨準備高(3636億ドル)では、通貨危機発生時に必要な外貨準備水準に797億ドル足りないと分析した。

報告書は国際決済銀行(BIS)基準で、年間収入4分の1、短期対外債務、外国人による株式・債券投資の3分の1を合計した金額が危機時に必要な外貨準備高だと規定。それを当てはめると、韓国の外貨準備高は、現在より797億ドル多い4433億ドルなければならないことになる。同じ基準で比較すると、中国、タイ、ブラジルなどは十分な外貨準備高を確保している。

国内総生産(GDP)に占める外貨準備高の割合は韓国が26.1%で、台湾(80.5%)、中国(33.9%)、日本(27.1%)など周辺国を下回っていることが分かった。

同院のキム・チャンベ研究委員は「外貨準備高などに基づき、格付け会社が最近、韓国の格付けを引き上げたが、1997年の通貨危機の際にも韓国の格付けは良好だった。実体経済の危機可能性が大きい状況で危機発生の可能性を排除できない」と述べた。

同院の指摘について、企画財政部(省に相当)担当者は「海外から韓国の外貨準備高が不足しているの指摘を受けたことはない。外貨確保にもコストがかかる。外貨をむやみに積み上げることは難しい」と述べ、現在の外貨準備高が適正水準にあるとの認識を示した。

李性勲(イ・ソンフン)記者

朝鮮日報/朝鮮日報日本語版 2016/01/12 08:43

(http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/01/12/2016011200774.html)

日本の底力のメルマガ購読は↓から、今はPCでも携帯でも一つのメルマガでいいようだ。それでは購読の方をお願いする。前回、携帯に登録していただいていた読者様はPCの方に登録していただけるとありがたい。

→日本の底力

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

韓国経済、韓国の外貨準備高 3カ月ぶり減少=ドル高が影響

韓国経済、韓国の外貨準備高 3カ月ぶり減少=ドル高が影響

記事要約:韓国の外貨準備高が3ヶ月ぶりに減少したそうだ。ドル高が影響しているそうだ。そこで調べてみた。

SnapCrab_NoName_2015-12-7_7-25-6_No-00

画像は3ヶ月分のチャート。おかしいと思ったのだ。管理人は毎日、韓国のウォンとKOSPIをチェックしているがそれほど数値に大きな変化はない。3ヶ月前は1160ウォン、今も1160ウォンぐらい。あれ?ドル高が原因で前月比で11億4000万ドル減少したんだよな?でも、ウォンの数値は劇的に変化していない。

つまり、この11億4000万ドルは介入資金として使ったから減少したのだ。そして、3684億ドル(約45兆4097億円)らしい。減った内容の内訳が預金らしいので、これを切り崩して介入資金に充てたのだろう。3分の1も使えない外貨準備高と言われてるわけだが、米国の利上げで通貨安の恐怖が迫っている。ということはますます減少するということか。

2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

韓国経済、韓国の外貨準備高 3カ月ぶり減少=ドル高が影響

【ソウル聯合ニュース】韓国銀行(中央銀行)が3日に発表した11月末の外貨準備高は3684億6000万ドル(約45兆4097億円)となり、前月比で11億4000万ドル減少した。

8月に3679億ドルに減少した後、2カ月連続で増加していたが、先月は再びマイナスとなった。米国の利上げ観測を背景にドル高となっており、ドル以外の外貨建て資産のドル換算額が目減りしたという。

外貨準備の内訳を見ると、有価証券は3364億8000万ドルで、前月比18億8000万ドル増加した。国際通貨基金(IMF)特別引き出し権(SDR) は33億9000万ドルで、5000万ドル減った。

IMFリザーブポジションも2000万ドル減り、14億1000万ドル。預金は223億9000万ドル で29億5000万ドル減少した。金保有は2013年2月から変動がなく、47億9000万ドルとなっている。

韓国の外貨準備高は10月末現在、世界7番目の規模だ。1位は中国の3兆5255億ドルで、日本(1兆2442億ドル)、サウジアラビア(6545億ドル、9月末基準)、スイス(6032億ドル)、台湾(4268億ドル)、ロシア(3696億4000万ドル)と続いた。

(http://japanese.yonhapnews.co.kr/economy/2015/12/03/0500000000AJP20151203000500882.HTML)

日本の底力」メルマガ購読は↓から、今はPCでも携帯でも一つのメルマガでいいようだ。それでは購読の方をお願いする。前回、携帯に登録していただいていた読者様はPCの方に登録していただけるとありがたい。

→日本の底力

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry