「韓国コラム」タグアーカイブ

韓国のことわざ「俺の物は俺の物、お前の物も俺の物」

韓国のことわざ「俺の物は俺の物、お前の物も俺の物」

日本の有名なことわざの1つに「石橋を叩いて渡る」というのがある。これの意味は、用心の上に用心を重ねて物事を行うことのたとえである。つまり、これは日本人の慎重さを現している。

このようにことわざというのは自国の文化や習慣をあらわし、それは長い間、受け継がれてきた民族性というものに強く影響している。つまり、ことわざを知ることで、その国の民族性というものがより深く知ることができるということである。

そこで管理人はお休みの日に雑談がてらに「韓国のことわざ」を紹介していこうという企画である。管理人は韓国のことわざに興味を持ったのは『朝鮮カルタ』という本からである。あれ?これどこかで聞いたことあるなと思った方、左翼のメディアが大いに宣伝してくれたので発売前Amazon総合ランキング1位になった本だ。

管理人はここからことわざとことわざの意味のみを引用していく予定だ。なので、この本を読んだことがあっても十分、コラムとして楽しめる内容にしていくつもりだ。

そして、第1弾が「俺の物は俺の物、お前の物も俺の物」となった。

これを最初に選んだ理由は、日本で超有名な漫画のガキ大将の台詞じゃないかと。実は韓国のことわざだったことに驚き。藤子不二雄先生はまさかこんなところからヒントを得ていたのか。関心したものである。

意味は、他人の物だろうが、自分の物のように扱う自己中心的な人である。

まさに韓国人のことじゃないか。管理人から実例をあげなくても、今日、取り上げたニュースであったな。ノーショー(予約をしていながら無断でキャンセル)

韓国経済、韓国人観光客の「ノーショー(予約をしていながら無断でキャンセル)」が海外で問題に

1番先に紹介したのはまさにことわざ1つで韓国人を的確に捉えた表現だったからだ。他にも、韓国人が自己中心的な民族であることを示すなら起源主張がある。

他人の物でも自国の文化として捏造する。その数はあまりにも多い。イエス・キリストは韓国人だし、ビッグバンの起源も韓国だ。最近は折り紙の起源も述べてたな。ステンレスの茶道起源には大いに笑わせてもらった。

このように、韓国のことわざを見ていけば今まで以上に民族性を深く知ることになるだろう。

■ことわざで判明した民族性

韓国人は自己中心的な民族である。

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry