「ローンスター問題」カテゴリーアーカイブ

韓国経済、中国 外貨貯蓄が底つき ドイツ銀行が中国から資金引き出せず

韓国経済、中国 外貨貯蓄が底つき ドイツ銀行が中国から資金引き出せず

記事要約:今回は直接韓国経済とは関わりない内容なのだが、中国の外貨貯蓄が底つき ドイツ銀行が中国から資金引き出せないという興味深いニュースがある。一体、どういうことなのか。その前にどうして韓国経済のサイトが中国経済の動向について注視しているかを簡単に説明しておく。

ここ数年で、韓国の中国依存が見られたことは何度も述べているし、昨日の記事でも24.7%だったかな。それが韓国の中国依存の割合である。つまり、韓国の輸出4分の1、中国との貿易だけで外貨を稼いでることになる。そのため、中国経済が失速したら韓国株は面白いように売られる。はあ?と思うかもしれないがこれは実際にあったのだ。

最近、初心者さんが増えているのでこれを説明しておかないと中国経済が韓国経済にどのような意味を持つかがわかりにくいのでさらに詳細に迫ろう。

snapcrab_noname_2016-10-22_8-50-57_no-00

snapcrab_noname_2016-10-22_8-54-49_no-00

■2016年1月最初の週の動向

04日 1918.76 1187.70 677.79 235.00 -1566億←中国証券市場がパニック
05日 1930.53 1188.00 684.07 236.40 -1893億
06日 1925.43 1197.90 687.27 235,45 -1084億←北朝鮮の水爆実験
07日 1904.33 1200.50 679.56 232.50 -2630億←中国人民銀行(PBOC)はこの日ドル-元取り引き基準為替レートを前場比0.5%も切り下げされた6.5646中国元に告示
08日 1917.62 1198.10 682.56 233.80 -2557億←中規制当局、サーキットブレーカー暫定停止

これは過去3年間のKOSPとウォンIの動向である。KOSPIの2016年が1800ぐらいになっている1月~3月ぐらいに注目して欲しい。実はこの時、中国経済は1月辺りにバブルが弾けて上海総合指数といった株価が軒並み投げ売りされた。そして、追い打ちをかけるように北朝鮮が水爆実験を行って、市場は大きく揺れ動いた。韓国に何かあったわけでもないのに、韓国のKOSPIとウォンもみるみるうちに投げ売りされて1800台にまで落ち込んだ。

これらを見ればわかる通り、中国経済の衰退は韓国経済に大きな悪影響を与える。だからこそ、中国経済の動向については管理人は常に注視しているわけだ。つまり、韓国経済に今後を考える上でも中国経済の動向を見極めることが大事になる。

だが、中国経済の統計はまったく信用できないので現実的には酷い状況を隠蔽されている可能性が高い。こういった記事はその中国の隠蔽工作の信憑性を高めるものだ。でも、まさか外貨準備高が底をついているとか・・・信じられんな。では、これらを踏まえて記事を見ていく。

>中国から撤退しようとする日本企業が資金持出しの制限を受けて撤退できない状況にあるため、日本経済界は史上最大の訪中団を結成し9月下旬、陳情のため北京を訪問しました。しかし、こうした事態は日本だけではありません。10月に入り、今度はドイツ銀行も危機に陥りました。

管理人は散々、チャイナリスクの危険性を指摘した。今頃、気付いて撤退しようとして資金持ち出しに制限をかけられるとか、間抜け過ぎるな。こうなることは明白だった。中国なんて国はそういう国だ。自分たちの利益のためなら国際法も守らないからな。そんな中国に進出すれば逃げ出さないように仕向けられるに決まっている。でも、日本だけ間抜けではないようだ。ドイツもそうらしい。

>ドイツ銀行は米司法省に140億ドルの罰金を科せられており、苦しい立場に立たされています。原因はサブプライムローンをめぐって不適格の債務者に金を貸し、それを安全な投資として他の投資者に転売したからです。罰金の金額については話し合う余地があるものの、いずれにせよ驚異的な額になるのは間違いないでしょう。

韓進海運の洋上している全荷物の相当が140億ドルである。確かに罰金の額が高すぎる。でも、リーマン・ショックで消えたお金はこんなぐらいじゃ済まないからなあ。数千億ドルの世界だ。1兆円数千億円なんてそれに比べたら安いかもしれない。

>ドイツ銀行は罰金を用意するため、2015年12月、所有する華夏銀行の19.99%の株を中国人民財産保険に売却しました。取引価格は230億~257億人民元で、これは約32億~36億ユーロに相当します。米司法省に罰金を支払うために用意したこの資金は、2016年9月現在、中国からいまだ持ち出せないままです。

ドイツ銀行は所有する株20%を売却してお金を造ったが、そのお金が引き出せていないと。確かに36億ユーロとか引き出されたら中国も厳しいだろう。

>ドイツ銀行にとって悪いニュースはこれだけではありません。華夏銀行の株券の取引について、中国銀行業監督管理委員会(銀監会)がまだ最終許可を下していないのです。そのため、ドイツ銀行は株売却で得た金をまだ受け取っていません。

これはローンスター問題に似ているな。もしかしたら、中国はこの36億ユーロを引き出すのを許可しないで放置するかもしれない。やり方があまりにも汚いが。

>一方、中国政府の外貨準備高が不足しているとの報道が相次いでいます。ツイッターでは、中国政府が近く、個人が分割で為替決済を行うことを禁止し、為替売買の年度総額をごまかせないよう管理する通達を出すとの消息が流布されています。外貨管理局は、個人が7日間以内に同じ外貨預金から1回につき約1万ドルを5回以上引き出すこと、また、個人が外貨預金を5人以上の直系親族の口座に移すことは、為替決済の分割行為であると規定しています。

これも酷い。つまり、財産の持ち逃げさせないような仕組みを導入しようとしているわけか。為替決済の分割行為とか、こういうのは中国で利益を得ても海外に金を持ち出すのを規制するというふざけた行いだ。そもそも、個人が自分の現金を引き出すことは自由のはずだ。それを制限するのは預金がないと述べているようなものだぞ。もっとも、預金がないのだろうが。

>中国政府は自国の外貨準備高が多いと吹聴していますが、そもそも政府の金ではありません。外国企業が中国に投資した際に人民元と両替したものであり、そのほかは輸出によって獲得したものです。

おいおい、これ本当か。全然、外貨準備高ではないじゃないか。こんなんに欺されていたのか。これは目から鱗だった。そうなってくると中国の見方も変わってくるな。つまり、今までの情報そのものがほとんど出鱈目だったことになる。

>しかし今、外資が中国から撤退したがっているほか、国民が海外に行くため外貨を持ち出しているため、政府には外貨がないのです。いったいなぜこのような事態になったのでしょうか?その原因の一つ目は、政府が海外で金をばらまきすぎたこと、二つ目は、指導者が率先して海外に資金を移していることです。よく見受けられる中国企業による外国企業の買収合併も、外貨流出の原因です。

ああ、なるほど。やたらと中国企業の巨大なM&Aが多いと思ったら資産移しに利用されていたのか。そりゃ、中国はジャンボジェット100機とか欧州で購入していたものな。金があるパフォーマンスだったわけだが、そういったのが積み重なって外貨不足になっていると。中国企業は中国と心中するつもりはないと。

>中国政府が経済発展を誇示するために嘘のデータを発表していることにより、紙幣が制限なく発行されています。もし中国国民が人民元がすでに破綻の危機に陥っている事実を知ったら、我先にと海外へ出国しようとするでしょう。そのようなことになれば、人民元は紙くずと化し、共産党は崩壊します。外貨管理局は、人民元と米ドルのレートを6.7で維持するため、海外の市場で人民元を大量に買う一方で、国内では外貨の流出を防ぐため、企業の資本から国民の両替まで、厳しくコントロールしています。

このニュースは中国では報道されないだろうな。紙幣を制限なく発効か。どこかの国も無限のウォンがあるとかいって、最後は米韓通貨スワップ300億ドルで助けてもらっていたな。どこの国とは別に言わないが。日本との通貨スワップ協定を土下座してでも再開してほしいわけだ。でも、日本は永遠に検討するだけだ。

幸い、嫌韓感情は馬鹿なワサビテロで火病したことでさらに高まったからな。2020年の東京オリンピックのボート、韓国開催に95%反対したアンケート結果もある。つまり、今の日本人は確実に韓国との距離を置きつつあるわけだ。まあ、いいじゃないか。中国と一緒に韓国が滅んでも。管理人は敵国同士が両方潰れたらお得だと思う。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~182回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする

韓国経済、中国 外貨貯蓄が底つき ドイツ銀行が中国から資金引き出せず

中国から撤退しようとする日本企業が資金持出しの制限を受けて撤退できない状況にあるため、日本経済界は史上最大の訪中団を結成し9月下旬、陳情のため北京を訪問しました。しかし、こうした事態は日本だけではありません。10月に入り、今度はドイツ銀行も危機に陥りました。

ドイツ銀行は米司法省に140億ドルの罰金を科せられており、苦しい立場に立たされています。原因はサブプライムローンをめぐって不適格の債務者に金を貸し、それを安全な投資として他の投資者に転売したからです。罰金の金額については話し合う余地があるものの、いずれにせよ驚異的な額になるのは間違いないでしょう。

ドイツ銀行は罰金を用意するため、2015年12月、所有する華夏銀行の19.99%の株を中国人民財産保険に売却しました。取引価格は230億~257億人民元で、これは約32億~36億ユーロに相当します。米司法省に罰金を支払うために用意したこの資金は、2016年9月現在、中国からいまだ持ち出せないままです。

ブルームバーグは、中国政府の外貨為替管理局がドイツ銀行に対し、この大口の金額を中国から一気に引き落とさずに何回かに分けて引き落としを行ってほしい、と申し入れていると報じました。ドイツ銀行はこの件について、「関係者と調整中」と述べていますが、外貨為替管理局はドイツ銀行から何も申請がないと言ってとぼけています。

ドイツ銀行にとって悪いニュースはこれだけではありません。華夏銀行の株券の取引について、中国銀行業監督管理委員会(銀監会)がまだ最終許可を下していないのです。そのため、ドイツ銀行は株売却で得た金をまだ受け取っていません。

一方、中国政府の外貨準備高が不足しているとの報道が相次いでいます。ツイッターでは、中国政府が近く、個人が分割で為替決済を行うことを禁止し、為替売買の年度総額をごまかせないよう管理する通達を出すとの消息が流布されています。外貨管理局は、個人が7日間以内に同じ外貨預金から1回につき約1万ドルを5回以上引き出すこと、また、個人が外貨預金を5人以上の直系親族の口座に移すことは、為替決済の分割行為であると規定しています。

中国政府は自国の外貨準備高が多いと吹聴していますが、そもそも政府の金ではありません。外国企業が中国に投資した際に人民元と両替したものであり、そのほかは輸出によって獲得したものです。しかし今、外資が中国から撤退したがっているほか、国民が海外に行くため外貨を持ち出しているため、政府には外貨がないのです。いったいなぜこのような事態になったのでしょうか?その原因の一つ目は、政府が海外で金をばらまきすぎたこと、二つ目は、指導者が率先して海外に資金を移していることです。よく見受けられる中国企業による外国企業の買収合併も、外貨流出の原因です。

中国政府が経済発展を誇示するために嘘のデータを発表していることにより、紙幣が制限なく発行されています。もし中国国民が人民元がすでに破綻の危機に陥っている事実を知ったら、我先にと海外へ出国しようとするでしょう。そのようなことになれば、人民元は紙くずと化し、共産党は崩壊します。外貨管理局は、人民元と米ドルのレートを6.7で維持するため、海外の市場で人民元を大量に買う一方で、国内では外貨の流出を防ぐため、企業の資本から国民の両替まで、厳しくコントロールしています。香港の長江実業グループ率いる李嘉誠は非常に良いタイミングで中国から撤退し、日本企業やドイツ銀行のような事態に陥るのを免れました。

中国政府は外国企業や一般国民の資金流出を止めることはできても、官僚の逃亡を止めることはできません。人民元の動向を見ると、中国共産党の崩壊はすでに始まっていると言えます。ひとたび人民元を維持できなくなれば、崩壊は誰の目にも明らかとなるでしょう。この時、唯一災難から逃れられる手段は、中国共産党から離れることです。

新唐人テレビがお伝えしました。

(翻訳/小松 映像編集/李) リンク先に動画

(https://news.nifty.com/article/world/worldall/12170-71853/)

 

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

韓国経済、韓国の小学生が手紙「大統領様、なぜ嘘つきの日本が堂々として、真実を語る私達が小さくなっているのですか」

韓国経済、韓国の小学生が手紙「大統領様、なぜ嘘つきの日本が堂々として、真実を語る私達が小さくなっているのですか」

記事要約:子供を出汁に使うのは左翼の常套手段だし、安倍総理への手紙なんて酷かったよな。どんな手紙だったかな。管理人は確か画像とっておいたはずだ。

SnapCrab_NoName_2016-6-25_19-16-22_No-00

ああ、これこれ。どう見ても自作自演にしか見えないこの手紙。こんな下らないことしているから野党連合の鳥越氏は大差で負けたんだよな。これを見て自作自演だと思わないで小学5年生が書いたと思う大人はどうかしていると思う。さて、その手紙が今回の話題にも繋がる。

>特に、この日、チャクグン(相棒)子供図書館の生徒クァク・ミョングム(大田シンピョン小4年)さんは「大統領へ」で始まる文を朗読して参席者らの拍手を 受けた。クァク・ミョングムさんはこの文で「我が国は日本から多くの被害をこうむったし、そのことを忘れることはできない」とし、「私たちが願うのは日本 政府に堂々と出て謝罪しろと言うこと」と大統領に建議した。

彼女はまた「これ以上時間がない」として「私たちは悔しく恥ずかしい、なぜなら嘘をつく日本があのように堂々としているからだ、ところがなぜ真実をいう私 たちは小さくなるのか」と話した。それと共に「堂々と対抗して話してみて、私たちはこの戦い絶対に負けてはいけない」と強調した。

うん。管理人ももの凄く香ばしいと思う。管理人はこの子の親が書かせたものだと信じたいのだが、彼女が小学4年生らしい。後l、後半のこれを本当に強調したのか。だいたい、彼女は慰安婦のことを理解できてるのか?売春婦や性奴隷の意味を知っているのか?むしろ、そっちの方が怖いわ。

後、彼女は何と戦っているんだろう?時間がないって。何かあるのか?そもそも、日韓基本条約で解決していることを親から知らされてないんだよな。さらに、2015年12月末の「日韓慰安婦合意」についても知らされてないんだろうな。騒いでいるのが実は自分たちが敵対している北朝鮮新派の挺身隊が中心というのもそうだが、良いように北朝鮮に利用されているわけか。

こんな文章読んで、大人が拍手するとか、ここにいる大人たちは全員集団の火病でも発症しているのか。管理人がいれば、これはもうダメだなと悟ってその場を後にするが。うん。狂ってる。こんな子供を洗脳して何が教育だ。狂いすぎている。反吐が出る。小学4年生が慰安婦を理解している時点で恐怖心を持たないのか。管理人がこの子の親なら絶望するわ。いくら最近の子供が色々インターネットで調べるとことが出来ても、まだ小学4年生だぞ。サンタクロースを信じていてもおかしくない年齢だ。それをこんな慰安婦詐欺の片棒を担がすなんて韓国人は何を考えているのか。

小さい頃から反日教育してて自分たちが何一つまともな論理的思考もできず、ひたすら日本が悪いすり込まれた挙げ句、大人になる。反日教育、反日イデオロギーが韓国社会において絶対なものとなっていく一部始終を垣間見た気がする。そして、ただ韓国人とは国交断絶を切に願いたい。韓国は北朝鮮よりましだとおもっていたが、訂正する。北朝鮮以下である。小学4年生ならもっと楽しいことがたくさんあるのに、こんな頃から日本を憎まされて、わけのわからない作文を書かされて、親の主張を鵜呑みにして話すことしかできない。この子供に人権はないのか。呆れるとかの感情ですらないな。もう、完全に縁を切りたいとしか思わない。

しかし、韓国人を主張を読んでいると、子供の頃の教育の大切さが身にしみてよくわかるな。管理人も京都で左翼社会科教師に教わったことがある。今となってはあれも酷かったが、その教師はただの屑であるという認識で済むが、親は屑とは呼べないし、ちゃんと付き合っていかなければいけないもんな。この子の洗脳が溶けることがあるかはわからないが、洗脳というのはある日、突然、溶けるものだ。彼女にもその機会があればいいな。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~170回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする

韓国経済、韓国の小学生が手紙「大統領様、なぜ嘘つきの日本が堂々として、真実を語る私達が小さくなっているのですか」

「私たちは、この戦いに絶対負けてはいけません。」

10日夜、大田(テジョン)市庁北門向い側ボラメ公園「大田平和の少女像」前に70人余りの市民が集まって「日本軍慰安婦問題解決と平和統一のための大田水曜文化祭」が開かれた。

この日の水曜文化祭は大田村子供図書館協議会主催で開かれ、大人たちの糾弾発言と共に3人の子供たちが自分たちが各自作成してきた手紙文を読む時間が用意された。

特に、この日、チャクグン(相棒)子供図書館の生徒クァク・ミョングム(大田シンピョン小4年)さんは「大統領へ」で始まる文を朗読して参席者らの拍手を 受けた。クァク・ミョングムさんはこの文で「我が国は日本から多くの被害をこうむったし、そのことを忘れることはできない」とし、「私たちが願うのは日本 政府に堂々と出て謝罪しろと言うこと」と大統領に建議した。

彼女はまた「これ以上時間がない」として「私たちは悔しく恥ずかしい、なぜなら嘘をつく日本があのように堂々としているからだ、ところがなぜ真実をいう私 たちは小さくなるのか」と話した。それと共に「堂々と対抗して話してみて、私たちはこの戦い絶対に負けてはいけない」と強調した。

この他にもこの日、子供たちは「花ハルモニに差し上げる手紙」や「ハルモニらに差し上げる手紙」を朗読した。
この日の水曜文化祭では平和蝶々大田行動サポーターズ大学生らの演劇公演、身振り公演、子供図書館父兄らのオカリナ公演、キム・シンイル牧師の歌公演、糾弾発言などが続いた。

チャン・ジェワン(jjang153)

ソース:オーマイニュース(韓国語) 小学生手紙”大統領様、日本に堂々と話して下さい”

ソースは韓国語なので2chより記事掲載

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

韓国経済、“借金共和国”韓国…昨年の総負債4781兆ウォン、1人あたり9400万ウォン

韓国経済、“借金共和国”韓国…昨年の総負債4781兆ウォン、1人あたり9400万ウォン

記事要約:韓国の借金が昨年で4781兆ウォンとなったそうだ。日本円だと487兆7130億円となり、負債という名の時限爆弾がさらに膨らんでいる。日本の場合は金融資産が1600兆円ほどあるので、国民自体は借金に困っているわけではない。

しかし、韓国の場合は家計負債が1087兆ウォンとどんどん増えている。記事から読み取れる負債を並べておくと

企業の負債が2332兆4000億ウォン

中央政府と地方政府負債が1124ウォン6000億ウォン

家計負債1087兆7000億ウォン

小規模自営業者の負債236兆ウォン

以上のようだが、これには含まれてない隠れ借金がまだまだある。外弊債や銀行の不良債権、平昌五輪、F!韓国GPの借金、UAE原発の保証金、クレジットカードの負債、ローンスターなど、あげればきりがない。それらの借金は上のデータには含まれてるようには見えない。

因みに、韓国の不動産バブルが弾けて保証金がかなり高くなっているようで、これらもそのうち莫大な借金になっていきそうだ。総合的な対策を立てる必要がある?どうやって、どこを見ても借金だらけ。増税するとか国民が納得するのか。既に詰んでるのだ。

9月危機なので負債の話も出てくるわけだが、発表通りの外貨準備高があるならまだまだもつ。中国との通貨スワップ協定もある。

2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

追記:新しくTwitterとFacebookを始めています。どちらもサイトメモみたいなものですが、宜しければフォローや読者登録をお願いします。

続きを読む 韓国経済、“借金共和国”韓国…昨年の総負債4781兆ウォン、1人あたり9400万ウォン

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

韓国経済、政府相手にローンスターが5兆ウォン訴訟…ワシントンで始まる

韓国経済、政府相手にローンスターが5兆ウォン訴訟…ワシントンで始まる

記事要約:一企業にとって46億7900万ドルは大きいわけだが、韓国政府のローンスターに対するやり方は明らかにOinKという言葉を生み出したとおり、あまりにも斜め上過ぎた。

ローンスター問題ほど、韓国の異常性を世界中の投資家たちへ最初に知らしめたものはない。ローンスター問題については何度も取り上げているわけだが、ここでおさらいをしておこう。

1997年、アジア通貨危機の時に韓国はデフォルトして、日本とIMFの世話になった。そのとき、破綻寸前だったローンスターが韓国外換銀行を買収した。そし て、リストラや経営改革を行い、黒字に戻した。言うなれば韓国にとってローンスターは恩人のようなものである。しかし、斜め上はここから始まる。

2003年、黒字化した韓国外換銀行を売却しようとしたところ、なんと韓国検察当局に不当な低価格で買収・脱税した容疑や外貨密搬入の疑いで強制家 宅捜索を受けた。つまり、頑張って立て直して、ようやく黒字にして利益を回収しようとしたら、いきなり、これは脱法行為があったとわけのわからないことを 言われたわけだ。全ての罪状はでっち上げである。

この事件で投資家は韓国への投資は危険だという認識させ、さらに外国人投資家は「韓国でしか起こりえない」と皮肉医をこめてOnly in Korea、つまり、Oinkと名付けた。この事件をきっかけに予想の斜め上を行く出来事をさして単語が使われるようになった。

以上がローンスター問題のだいたいの内容である。このローンスター問題は韓国が米韓FTAにおけるISD条項の取り決めを批准したことで動き出した。これが韓国初のISD訴訟となる。

もちろん、これによって韓国政府が46億ドルを支払うかは定かではない。だが、無罪放免になることはあり得ない。このISD訴訟は今後の韓国政府が米企業に対して行った不当な裁判を見る上でも重要だ。

2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

続きを読む 韓国経済、政府相手にローンスターが5兆ウォン訴訟…ワシントンで始まる

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry