「セウォル号引き上げ」カテゴリーアーカイブ

韓国経済、〔政権が代われば粛正〕『セウォル号遺族の調査』指示した疑いの軍幹部が飛び降り自殺

韓国経済、〔政権が代われば粛正〕『セウォル号遺族の調査』指示した疑いの軍幹部が飛び降り自殺

記事要約:真相がわかったわけではないのだが、セウォル号遺族の不正調査を指示した疑いのある軍幹部が飛び降り自殺をしたようだ。それで、他殺なのか、追い込まれての自殺なのかの判断はできないと。でも、遺書は発見されているそうだ。

>セウォル号遺族に対する不法調査を指示した疑いで検察の捜査を受けたイ・ジェス元国軍機務司令官が7日、死亡した状態で発見された。 

明らかにセウォル号の異常な盛り上がりは文在寅大統領が裏で意図を引いていたのは間違いない。空白の7時間は結局、明らかになっていないが、セウォル号の事故そのものに朴槿恵前大統領の責任はない。しかし、遺族は体育館に住み込んでカラオケ大会に明け暮れながら、ひたすら被害者特権を主張し続けた。その横暴ぶりはタクシーの運転手を「オレはセウォル号遺族だぞ」と暴行するぐらい酷いものであった。

それを不正調査するには十分な理由があった。しかし、指示したものがこのように飛び降り自殺をしたわけだ。そして、検察は捜査をしていた。おそらく文在寅大統領の犬だろう。つまり、これはタイトルで指摘した通り、政権が代わった後の粛正行為ではないか。

文在寅大統領がセウォル号の遺族にどこまで関わっているかは知らないが、裏で助力はしていただろう。実は騒がせたのは文在寅大統領本人かも知れないし。だから、支持した人物を粛正しようとして捜査、後は飛び降り自殺に追い込んだ。

>先立って検察はイ元司令官に対する逮捕状を請求したが、法院は今月3日「拘束理由や必要性、相当性を認め難い」と棄却した。 

裁判所は訴えを棄却したのに飛び降り自殺…。これは消された可能性も十分、あるな。棄却したなら罪に問えるはずないんだが。しかも、これ朴槿恵前大統領の指示の可能性もあるんだよな。

>2013年10月から1年間、機務司令官として在職したイ元司令官は2014年6・4地方選挙を控えた状況で所謂『セウォル号政局』が朴槿惠政権に不利に展開すると、これを打開するためにセウォル号遺族の動向を調査するように指示した疑い(職権乱用権利行使妨害)を受けている。 

あのセウォル号遺族の横暴ぶりを見ている限りでは真っ黒だと思われるが、その裏に対抗勢力の工作はあった。もっとも、政権闘争に敗れて保守派が粛正されていくのは韓国の宿命なんだろうな。明博元大統領は、大統領が毎回、逮捕されるようなことは終わらせたいと述べて公判に望んだが、結局、牢獄送りとなった。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~290回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

韓国経済、〔政権が代われば粛正〕『セウォル号遺族の調査』指示した疑いの軍幹部が飛び降り自殺

セウォル号遺族に対する不法調査を指示した疑いで検察の捜査を受けたイ・ジェス元国軍機務司令官が7日、死亡した状態で発見された。 

ソウル松坡警察署によればイ元司令官は今日午後2時55分頃、松坡区文井洞法曹タウンのある建物13階から投身して死亡した。 

彼は今日この建物にある知人の会社を訪問して、コートを脱いで置いたまま外で身を投げたことが伝えられた。 

現場では遺書が発見された。 

イ元司令官の遺体は近くの病院に運ばれた。 

警察は現場鑑識と周辺人の調査などを通じて正確な死亡の経緯を確認する方針だ。 

2013年10月から1年間、機務司令官として在職したイ元司令官は2014年6・4地方選挙を控えた状況で所謂『セウォル号政局』が朴槿惠政権に不利に展開すると、これを打開するためにセウォル号遺族の動向を調査するように指示した疑い(職権乱用権利行使妨害)を受けている。 

先立って検察はイ元司令官に対する逮捕状を請求したが、法院は今月3日「拘束理由や必要性、相当性を認め難い」と棄却した。 

https://www.yna.co.kr/view/AKR20181207133253004

韓国経済、〔無茶な改造+過積載〕沈没原因特定できず 韓国セウォル号の調査委

韓国経済、〔無茶な改造+過積載〕沈没原因特定できず 韓国セウォル号の調査委

記事要約:びっくりしたわ。もう、3年ほど前になるのか。例のセウォル号沈没事故、この前、ようやく船体を引き上げたと思ったら、案の定、遺体すらなくて豚の骨が大量に見つかるミステリーが発生した。それはいいのだが、なんと、韓国セウォル号調査委員会は事故原因特定できなかったそうだ。

いやいや、既に日本では数日後には廃棄で鉄くずとして日本の船を無茶な改造+過積載と結論が出ていたのだが。通常の3倍以上の荷物を積んでいて、さらに軍に送る鉄筋まで詰んでいた。その時点で舵なんて効くわけないだろう。

>韓国南西部沖で2014年4月に起きた旅客船セウォル号沈没事故で、原因の調査を進めてきた韓国政府の船体調査委員会は7日までに、沈没の発端となった転覆の原因について、操舵ミスや船体の改造、荷物の過積載が原因とする説や、外部からの衝撃説などを列挙した報告書をまとめた。統一した見解を示さず、原因の特定ができなかった。

これ、本気で潜水艦説とか検証しているならただの間抜けだろう。よくわからないが韓国人に検証させるから無理なんじゃないか。これこそ外部の専門家を招いて検証してもらう方がいいんじゃないか。しかし、3年以上経過しても原因の特定もできないとか。無能過ぎるな。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~281回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

韓国経済、〔無茶な改造+過積載〕沈没原因特定できず 韓国セウォル号の調査委

韓国南西部沖で2014年4月に起きた旅客船セウォル号沈没事故で、原因の調査を進めてきた韓国政府の船体調査委員会は7日までに、沈没の発端となった転覆の原因について、操舵ミスや船体の改造、荷物の過積載が原因とする説や、外部からの衝撃説などを列挙した報告書をまとめた。統一した見解を示さず、原因の特定ができなかった。

調査委は政党や遺族の代表から推薦を受けた弁護士、大学教授らで構成。報道陣に公開された資料によると、操舵ミスなど船内に原因があったとする委員と、潜水艦との衝突を念頭に外部に要因があったと考える委員、さらなる検証が必要だとする委員で意見が分かれた。

事故では299人が死亡し、他に5人が行方不明となった。

(https://www.nikkei.com/article/DGXMZO33887580X00C18A8CR0000/)




韓国経済、〔文在寅大統領は関係ない〕一部遺族らが文大統領に怒号 29人死亡火災

韓国経済、〔文在寅大統領は関係ない〕一部遺族らが文大統領に怒号 29人死亡火災

記事要約:この商業ビルが政府施設に関連したものではなく、民間である以上、文在寅大統領には何の関係もない。ラスベガス銃大乱射事件みたいに銃規制を訴えるならトランプ大統領も関係あるのでわかるのだが、今回のはスプリンクラーが作動しない。非常階段が使えないなどはすべて民間の責任である。消防車の梯子が故障とか、違法駐車がどうとかはあるが、それも韓国人の日頃の行いなんだよな。

>韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は22日、忠清北道堤川のスポーツ施設火災現場を訪れて状況報告を受け、犠牲者の遺族を慰労した。遺族らは、火災の翌日に葬儀場を訪れた文大統領の慰労に謝意を表したが、一部では「セウォル号事件の後、何が変わったのか」と激昂する反応も見られた。

むしろ、民間の人災事故に文在寅大統領が来る理由もないんだよな。29人はなくなったわけだが、遺族が恨むなら施設の営業していた社員やCEOである。文在寅大統領に問い詰めたところで、ただのとばっちりであるからな。もっとも、事故かすら原因は特定できていないが。でも、これで国が補償とかするんだろうか。

>一部の遺族は「文在寅政権は人が先というが、何も変わっていない」と声を強めた。文大統領が殯(ひん)所(出棺まで棺を安置しておく場所)に到着するなり、一部の遺族は「政府がこんなやり方で対処するのは一度や二度ではない」「初期対応さえうまくやっていたら、こんなに大勢が死ぬことはなかっただろう」と声を荒げた。

管理人は消防より、スプリンクラーや非常階段だと思うんだよなあ。火の手が弱いうちにスプリンクラーが作動していれば、その場所で消火出来た可能性だってあるとおもう。車が燃えてしまっているならガソリン引火して、大爆発とかなら無理かもしれないが、何はともあれ必要な防災設備が稼働しないのが韓国のお約束だからな。何も変わっていないのは韓国人なんだよな。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~250回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

韓国経済、〔文在寅大統領は関係ない〕一部遺族らが文大統領に怒号 29人死亡火災

韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は22日、忠清北道堤川のスポーツ施設火災現場を訪れて状況報告を受け、犠牲者の遺族を慰労した。遺族らは、火災の翌日に葬儀場を訪れた文大統領の慰労に謝意を表したが、一部では「セウォル号事件の後、何が変わったのか」と激昂する反応も見られた。

文大統領は22日午後、ヘリに乗って堤川に到着し火災現場を視察、行政安全部(省に相当)の金富謙(キム・ブギョム)長官および忠清北道の李始鍾(イ・シジョン)知事などと共にすぐさま犠牲者の遺体が安置されている堤川市内の葬儀場へと向かった。

大統領を見て遺族らが席から立ち上がろうとすると、文大統領は「お立ちになる必要はない。お座りください」と言った。文大統領は、沈痛な面持ちで遺族の手を取り「どなたがお亡くなりになりましたか」「大変な事件が起きた」「元気を出して」と励ました。遺族らは「遠いところ来てくださって感謝する」「悔しさが残らないよう、力を尽くしてほしい」と語り、これに文大統領はうなずいて「はい」と答えた。

一部の遺族は「文在寅政権は人が先というが、何も変わっていない」と声を強めた。文大統領が殯(ひん)所(出棺まで棺を安置しておく場所)に到着するなり、一部の遺族は「政府がこんなやり方で対処するのは一度や二度ではない」「初期対応さえうまくやっていたら、こんなに大勢が死ぬことはなかっただろう」と声を荒げた。

ある遺族は「人が先とおっしゃったが、今回は人も何もあったものじゃなかった」と言った。文大統領は無言で遺族の肩をたたいた。

文大統領は遺族に「何が問題だと考えているか、十分理解している」として、政府全体で対策を整備すると約束した。また遺族代表2人と面会し、問題になっている事項を無言で聞いた。文大統領は22日、犠牲者の遺体が分散して安置されている堤川市内の病院や葬儀場を訪れたほか、これに先立ちスポーツセンターの現場を訪れて消防官らを激励し、状況報告を受けた。

(http://news.livedoor.com/article/detail/14069191/)



韓国経済、〔第2のセウォル号〕韓国で釣り船転覆、13人死亡=大統領府、迅速な対応強調→高速艇が故障したので陸路で移動

韓国経済、〔第2のセウォル号〕韓国で釣り船転覆、13人死亡=大統領府、迅速な対応強調→高速艇が故障したので陸路で移動

記事要約:師走で忙しい時期で昨日、羽生さんが永世7冠になったという嬉しいニュース。さらに、今日はロシアの平昌五輪参加禁止が決まったとか、韓国がタックスヘイブンのブラックリスト入りするかもしれないという立て続けに興味深いニュースがあったのだが、もう一つ、管理人が韓国のニュースとして取り上げたいものがこれ。

もう、タイトルに「第2のセウォル号」と書いただけで、なんとなくニュースを想像出来ると思うのだが、韓国の海洋警察などによると、西部・仁川沖で3日午前6時すぎ、釣り船が給油船と衝突、転覆したそうだ。そして、13人が死亡、2人が行方不明となった。乗客・乗員は全員韓国人で日本人は含まれていない。

船の事故といえばセウォル号沈没事故を思い出すわけだが、朴槿恵前大統領の空白の7時間などが問題となった。文在寅大統領はこの一報を聞いてどうしたのか。

>これを念頭に大統領府は「文大統領は午前7時すぎに事故の報告を受け、9時すぎに(大統領府内の)危機管理センターに到着した」と発表し、迅速な対応を強調した。文大統領は、救助に最善を尽くすよう海洋警察などに求める一方、「救助作業に関して国民が疑念を持たぬよう、積極的に情報を公開する」よう指示したという。

事故があって1時間後には報告を受けて、9時過ぎに危機管理センターに到着した。そして、迅速な対応を強調した。なるほど。確かに空白の時間がない。学習しているな。これなら行方不明者の救助も楽勝だろうと思った人、甘すぎる。そんな甘さでは韓国をまだまだ理解していない。なんと、救助に向かうはずの高速艇が「故障」で使えなくて、救助隊が陸路移動を経て現場に向かっていた。

管理人。ちょっと待って。何かおかしくないか?迅速な対応を強調したんですよね?で、救助隊が一刻も早く事故現場に到着して救助活動だ。ええ?高速艇が故障?だから、陸路移動しろって…追々、海の事故でどうして陸からなんだ。

>ニュース1によると、海洋警察は3日午前6時9分に事故の通報を受け、同13分に潜水救助ができる仁川救助隊に出動を要請。しかし、同救助隊が保有する夜間運航可能な新型高速短艇は修理中で使えず、救助隊は海上移動を断念。結局、出動命令から7分後の6時20分に車両で出発したという。救助隊が事故海域に近い霊興(ヨンフン)派出所に到着したのは午前7時15分。その後、民間の救助船に乗り換え、7時36分にようやく事故現場に到着した。つまり、通報から事故現場到着まで、1時間27分もかかってしまった。

(https://news.infoseek.co.jp/article/recordchina_RC_226051/)

なんと通報されてから現場到着まで1時間27分もかかったそうだ。救助活動は1分1秒が生死に関わる。それなのにいきなり1時間半もかかって現場に到着した。さすがにどうして高速艇が故障していることすら知らないんだ。安全とは日頃からの念入りのメンテナンスが基本だろうに。いやあ。セウォル号と同じだった。海洋警察は何も学んでいない。

朝鮮半島有事の緊張が高まる中、海難事故が起きても現場に到着できない救助隊。メンテもしていない高速艇。本当に韓国に自分たちの安全を委ねていいのかどうかを在韓邦人はよく考えて欲しい。セウォル号の教訓は文在寅大統領の空白の時間がなかったことぐらいしか活かされないという。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~250回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

韓国経済、〔第2のセウォル号〕韓国で釣り船転覆、13人死亡=大統領府、迅速な対応強調→高速艇が故障したので陸路で移動

【ソウル時事】韓国の海洋警察などによると、西部・仁川沖で3日午前6時(日本時間同)すぎ、釣り船が給油船と衝突、転覆した。釣り船には客・船員22人が乗っていたとみられ、13人が死亡、2人が行方不明となっている。海洋警察当局者によれば、乗客・船員に外国人はおらず、ソウルの日本大使館当局者も「被害者に日本人は含まれていない」と述べた。

5月に文在寅政権が発足して以降、最大規模の海難事故。2014年4月16日に南西部沖で起きた客船セウォル号の沈没事故では、当時の朴槿恵大統領の動静が約7時間不明になるなど、初期対応が問題視された。

これを念頭に大統領府は「文大統領は午前7時すぎに事故の報告を受け、9時すぎに(大統領府内の)危機管理センターに到着した」と発表し、迅速な対応を強調した。文大統領は、救助に最善を尽くすよう海洋警察などに求める一方、「救助作業に関して国民が疑念を持たぬよう、積極的に情報を公開する」よう指示したという。(2017/12/03-18:35)

(https://news.infoseek.co.jp/article/recordchina_RC_226051/)

韓国経済、〔セウォル号沈没事故〕糖尿や高血圧もセウォル号のせい!医療支援を求める遺族に韓国ネットは冷ややか

韓国経済、〔セウォル号沈没事故〕糖尿や高血圧もセウォル号のせい!医療支援を求める遺族に韓国ネットは冷ややか

記事要約:既にセウォル号沈没事故から3年半ほど経過しているわけだが、セウォル号の遺族の心の平穏は取り戻せていない。韓国人は是非とも、悲惨な事故で自分の可愛い息子や娘を失った悲しみを理解するべきだろう。一生かかってな。そう、韓国人はセウォル号沈没事故の遺族に対して特権階級を用意して、元慰安婦と同じように神のように奉るのだ。それが韓国人が同胞に対してできることだろうに。

大学の優遇?ぐらいなんて当たり前だ。後、1億円はもらわないと遺族は豪遊できないぞ。だから、タクシーの運転手を殴るんだ。アレが元々、リムジンでの送迎だったら、そんな遺族様が怒るわけないだろう。韓国は自分たちの税金でセウォル号遺族を養える喜びを噛みしめるべきだろう。

公務員に暴行するのは傷が癒えてないからに決まっているだろう。きっと、暴行する前にセウォル号沈没事故の当日の惨状がよみがえってきて、パニックになって殴ったのだ。旭日旗を見て猿マネしたサッカー選手もいたじゃないか。例のPTSD(《posttraumatic stress disorder》心的外傷後ストレス障害というやつだ。

遺族は事故にあったわけではないが、身内をなくした悲しさでPTSDである。医療支援なんてむしろ、当たり前。糖尿や高血圧だって、カロリー高いものをたらふく食べて豪遊したんじゃない。きっと亡くなった生徒を思えば、高い食べ物しか身体が受け付かなかったんだ。

なんて可哀想な遺族なんだ。10年とか短すぎる。これは手厚く保護し、将来、いや、何代の世代も養うべきだな。もう、遺族は仕事なんてしなくていい。体育館はずっと占拠していい。不法テントだってソウルなら建て放題だ。まさに21世紀の錬金術。働かなくても生涯楽な生活ができる。セウォル号の映画化も確実に進んでいる。公開されたら、チケットの売り上げ、関連グッズ。さらにテレビドラマ化などなれば、もう、何もしなくても金が入ってくる。まさに、コリアンドリームだ。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~240回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

韓国経済、〔セウォル号沈没事故〕糖尿や高血圧もセウォル号のせい!医療支援を求める遺族に韓国ネットは冷ややか

2017年9月28日、韓国・ニューシスは、14年に起こった旅客船セウォル号沈没事故の犠牲者遺族に対する韓国政府の医療支援が1年間で終了し、現在は途絶えていることが判明したと伝えた。

事故で当時高校2年の息子を亡くし、遺族らでつくる「4・16家族協議会」で心理生計分科長を務めるホン・ヨンミさんは同日、ソウル近郊の美術館で開かれた「トラウマ克服シンポジウム」で「政府の医療支援が1年で途絶えた」と明らかにした。

ホンさんによると、遺族への医療支援は法律上の規定にのっとって15年3月から1年に限って行われ、現在は心理面での支援は続けられているが薬の購入への支援はないという。

これについてホンさんは「体と心は一つであるのに、医療支援期間が短過ぎる。遺族らはセウォル号惨事の初期に政府との争いのせいでまともに治療を受けられなかった。時がたち、遺族らには極度のストレスから不眠症や高血圧、糖尿などの疾患が出てきているが、現在は医療支援を受けていない」と説明、さらに「被害者に対する医療支援と心理支援期間を延長するためのセウォル号特別法改正案が可決され、支援が広がることを望む」と訴えた。

子を失った母親の悲痛な訴えだが、韓国のネットユーザーからはこれに冷ややかな反応が多く寄せられている。コメント欄には

「もうやめなよ」「莫大(ばくだい)な補償金に大学の特例入学などあれこれ補償をもらってるはず。それでもまだ足りないの?」
「他の事故の遺族は支援も受けられないというのに…当事者でもない人たちがこれ以上支援を受けるのはどうかと思う」
「ずっとこの調子では国民も背を向けるよ。糖尿や高血圧までセウォル号のせいにするとは」

など批判的な声が並び、

「セウォル号遺族は官職なのかよ」
「セウォル宝くじでも期待してるの?」

といったブラックジョークも飛び出している。

また昨今、セウォル号事故遺族による暴行事件も話題になったことから

「公務員にも暴行したんでしょ?」と指摘するユーザーや、
「これはあと10年は続くだろうな」と予想するユーザーも見られた。

2017年9月30日(土) 7時20分

(http://www.recordchina.co.jp/b192037-s0-c30.html)

韓国経済、〔セウォル号沈没事故〕セウォル号は急速に傾く トラックのブラックボックス分析

韓国経済、〔セウォル号沈没事故〕セウォル号は急速に傾く トラックのブラックボックス分析

記事要約:セウォル号沈没事故がいつ起きたのか。2014年4月16日のことだったはずだ。つまり、事故から3年と5ヶ月ほど経過している。ここまではただの確認だ。では、事故が起きて3年あって、トラックのブラックボックス分析をしているということを信じられるだろうか。まあ、トラックにブラックボックスのアリ、無しかどうとかいうのは置いとこう。韓国の事情だからな。だいたいそれ、普通にドライブレコーダーだよな。

問題は事故が起きたのは3年前なのだ。何で今頃、そんな初歩的な分析をしているんだよ。飛行機事故が起きてから、3年経過してブラックボックス分析し出すなんてことはきいたことないぞ。韓国人はあほなのか。そもそも、目撃者も生存もいるじゃないか。生徒を置き去りにして逃げた船長とか。逃げた船員とかな。そんな分析なんてしなくても様々な証拠からわかるだろ。

だいたい、そんな事故の原因ではなく、鉄筋が301トンや大量の豚の骨が見つかったことの方が問題だろう。船員からの証言はないのか。一体どうしてここまで過積載になっているのか。航行記録は残されていないのか。もはや、この事件は3年は何の捜査をしていたのか。理解できなくなってきた。

国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~240回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

韓国経済、〔セウォル号沈没事故〕セウォル号は急速に傾く トラックのブラックボックス分析

2014年4月16日に韓国南西部の珍島沖で沈没し、今年3月、引き揚げられた大型フェリー、セウォル号の船内捜索を行っている船体調査委員会は、船内に積み込まれていたトラックのブラックボックスを復元し、15日、その映像をメディアに公開しました。

映像の復元に成功したのは、トラックのブラックボックス22台のうち8台分です。映像は、セウォル号がわずか20秒で26度ほど急激に傾き、トラックの積み荷が次々となだれ落ちて大量の海水が流れ込む様子が映し出されていました。

与党「ともに民主党」のキム・ヒョンゴン議員は、「どれほど速いスピードで、どの方向に傾いたのか。復元力が機能したかどうか、外部からの衝撃があったかどうかについて検証できる重要な映像だ」と話しています。

セウォル号船体調査委員会は、車のブラックボックスだけでなく、携帯電話やカメラのメモリカードなど265点も確保して分析を急いでいます。

韓国ではトラックへのブラックボックス設置はまだ義務化されてはいませんが、すでに多くのトラックがブラックボックスを取り付けています。

(http://world.kbs.co.kr/japanese/news/news_Dm_detail.htm?No=65117)

韓国経済、ソウル市が全国初の「セウォル号犠牲者追悼条例」を制定

韓国経済、ソウル市が全国初の「セウォル号犠牲者追悼条例」を制定

記事要約:セウォル号沈没事故から3年と半年。船体は引き上げられたが、結局、豚の骨と鉄筋ばかりが見つかるというミステリーが横行し、セウォル号には一体どれだけの荷物が積まれていたのかという最大の謎が浮かび上がってきた。沈んだ原因がどうとかより、管理人はそっちが気になる。過積載で沈んだのはほぼ間違いなさそうだが、韓国人の危機意識のなさをその荷物の量が代弁しているのではないかと。

荷物の量は船が物理的に耐えられるであろう従来の2倍、3倍、5倍という予想もあるが、実は10倍とかかけ離れた量である可能性がある。一度に運んで輸送費をケチっていたのはほぼ間違いないだろう。それを数年続けていたとなれば、むしろ、沈んで当然ということにもなる。

さて、そんなセウォル号沈没事故だが、何か知らないがソウル市が「セウォル号犠牲者追悼条例」を制定した。あの追悼って条例で制定するものなのか?そもそも、ソウル市は関係ないよな。そのうち、セウォル号沈没事故でなくなった生徒の像が建てられるな。もっといえば、セウォル号沈没事故だけが特別な事故なのか?確かに悲惨な事故であったかもしれないが、他にも事故はいくらでも起きているだろうに。

>条例の主な内容は、セウォル号特別法に基づいて、ソウル市長が犠牲者の追悼に必要な政策を設け、追悼事業を持続的に行うことで、市長が「4·16セウォル沈没事故犠牲者追悼計画」を立案・実行し、その過程で各界各層から多様な意見を集め、追悼事業の全部または一部を民間団体に委託できるようにします。

これ書き方の問題なのか、なんで「市長」なんだろうな。これだと市長の知り合いにいくらでも事業を・・・。ああ、そうか。これも利権か。中々、良いビジネスを考えるな。大きな事故なので韓国人の同情を誘いやすい。そこに金儲けの事業をソウル市長の知り合いが運営していくんですね。なるほど。良い儲け話に仕げようとしているわけか。韓国人にとって「追悼」ですら金儲けなのか。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~235回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

韓国経済、ソウル市が全国初の「セウォル号犠牲者追悼条例」を制定

ソウル市議会が、6日、旅客船「セウォル号」の沈没事故の犠牲者の追悼にかかわる条例を制定しました。全国の地方議会で初めてです。

条例の主な内容は、セウォル号特別法に基づいて、ソウル市長が犠牲者の追悼に必要な政策を設け、追悼事業を持続的に行うことで、市長が「4·16セウォル沈没事故犠牲者追悼計画」を立案・実行し、その過程で各界各層から多様な意見を集め、追悼事業の全部または一部を民間団体に委託できるようにします。

ソウル市議会のキム・ヨンソク(ともに民主党)議員は、この条例について「今回の条例制定をきっかけにソウル市が事故の真相が究明されるまで、多様な方法で追悼事業を行うべきだ。5人の行方不明者が一日でも早く家族の下に帰ってくることを願っている」と述べました。

(http://m.world.kbs.co.kr/news/news_detail.htm?no=65000)

韓国経済、セウォル号船内から鉄筋301トン回収…過積載原因究明作業着手予定

韓国経済、セウォル号船内から鉄筋301トン回収…過積載原因究明作業着手予定

記事要約:セウォル号が3年もかけてようやく海から引き上げられたわけだが、なぜか、豚の骨がたくさん見つかったり、謎なミステリーとなってきていた。しかも、遺体と見られるものはほとんどなく、遺品回収といってもたいした成果もなかった。そんな中、セウォル号船内から鉄筋が301トンほど回収されたようだ。

この時点でおかしいんだよな。確か鉄筋が同とか言う話は回収前にもあった。確か韓国軍に送る鉄筋を密かに運んでいたという隠された事実だった。確か100トンぐらいだったはずだ。それが301トンだと。この時点で過積載だと思われるが、一体、許容範囲の何倍の積載をしていたんだ。2倍、3倍では済まないんじゃないか。5倍、下手したら10倍ぐらい超えてるかもしれない。でも、書類上どれだけ誤魔化せても「物理法則」まで誤魔化せなかったと。

>鉄筋は先月6日に初めて見つかり、これまでに見つかった鉄筋だけで301.8トンに達する。海洋水産部はこれまでに見つかった鉄筋も含めセウォル号船内に426トンの鉄筋があると推定している。

301トンでも多いのに実はまだ426トンもあると。あれだろう。これおそらく数回で運ぶ輸送契約だったのに輸送費を浮かそうとして1回でまとめて運んだんじゃないか。韓国人ならやりそうだからな。以前にセウォル号沈没事故は韓国社会の縮図だと管理人は表現したが、一体、隠された真実はどこまであるのか。なんでこんな違法改造の船で生徒を修学旅行させたのか。でも、その理由が「韓国人だから」で納得できるのが管理人は怖い。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~235回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

セウォル号船内から建設現場で使われる鉄筋が相次いで見つかっている。現在まで見つかった鉄筋だけで300トンを超えた。韓国政府は来月までにセウォル号船内の鉄筋をすべて回収する方針だ。

セウォル号現場収拾本部は2日、セウォル号貨物室のD-1区域から鉄筋32トンを追加回収し、木浦(モクポ)新港に搬出したと明らかにした。見つかった鉄筋は直径1.6センチメートル、長さ7~10メートルで、主に工事現場で使われる鉄筋とされる。

鉄筋は先月6日に初めて見つかり、これまでに見つかった鉄筋だけで301.8トンに達する。海洋水産部はこれまでに見つかった鉄筋も含めセウォル号船内に426トンの鉄筋があると推定している。

鉄筋がすべて回収されれば重さを精密計測する作業が進められる。積載された鉄筋とセウォル号の沈没との間の相関関係を究明するためだ。セウォル号の沈没原因のひとつとして過積載問題が提起され続けているためだ。

現場収拾本部関係者は早ければ今月末までに客室と貨物室、水中捜索などの作業を完了する予定だと明らかにした。

(http://japanese.joins.com/article/975/232975.html)

韓国経済、〔セウォル号遺族の勝利〕文大統領 あすセウォル号事故被害者の遺族に直接謝罪

韓国経済、〔セウォル号遺族の勝利〕文大統領 あすセウォル号事故被害者の遺族に直接謝罪

記事要約:ただの人災事故で韓国の憲法裁判所ですら朴槿恵前大統領の責任は問えないと述べたセウォル号沈没事故。それについてなぜか、文在寅大統領が明日にも、あすセウォル号事故被害者の遺族に直接謝罪するそうだ。あほだな。こうなってくるとこの先の事故は全て韓国政府の責任となり、補償しなければいけなくなる。人気取りをしているのはわかるが、韓国政府のせいで事故が起きたわけではないだろうに。

セウォル号は引き上げられたわけだが、朝鮮半島有事の緊張感が高まった事で、すっかりニュースから忘れられていたんだよな。韓国経済はネタが多すぎるという。船からはたくさんの豚の骨の他に、遺族の遺品もでたとか、でないとか。そんな話だった。でも、あんまり、ニュースにすらなってないので、韓国メディアの関心も低いと思われる。未だに体育館で生活しているかはわからない。

>青瓦台は「3年過ぎても真相が究明されていないセウォル号沈没事故の被害者家族に会い、政府が国民の安全と生命を守ることができなかったことに対して直接謝罪し、遺族の意見を聞いて政府の考えや対策を伝える」と説明した。

確かに空白の7時間の真相は知りたいが、なぜか、韓国政府が何十年も隠すような処置をしたからな。これを覆すには現政権でも難しいんじゃないか。以前に民主党政権で沖縄をアメリカら1兆円で買ったという事実が暴露されたが、あれぐらいの難しさだと思う。何があったのかは知らないが、隠すと人間はそれを知りたくなるものだ。実際、産経新聞元ソウル支局長の加藤氏は無実の罪で韓国に1年半ぐらい拘束された。これについて韓国政府は謝罪と補償をするべきなんだよな。1年半という時間がどれだけ大切なのか。これだけでも国交断絶に値する。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~235回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

韓国経済、〔セウォル号遺族の勝利〕文大統領 あすセウォル号事故被害者の遺族に直接謝罪

【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は16日、2014年4月に発生した旅客船セウォル号沈没事故の被害者遺族約200人を青瓦台(大統領府)に招待し、直接謝罪する。青瓦台が15日伝えた。

青瓦台は「3年過ぎても真相が究明されていないセウォル号沈没事故の被害者家族に会い、政府が国民の安全と生命を守ることができなかったことに対して直接謝罪し、遺族の意見を聞いて政府の考えや対策を伝える」と説明した。

文大統領が同事故の遺族を青瓦台に招くのは初めて。

文大統領は大統領選当時から、同事故の真相を究明する意思があることを明らかにしてきた。

大統領就任2日目の5月11日には事故について再調査すると表明し、同月15日には事故で犠牲となった臨時教員の殉職認定などを進めるよう指示した。

(http://japanese.yonhapnews.co.kr/headline/2017/08/15/0200000000AJP20170815002700882.HTML)

韓国経済、旅客船「セウォル号」沈没事故、韓国政府主導の再調査委が近く発足

韓国経済、旅客船「セウォル号」沈没事故、韓国政府主導の再調査委が近く発足

記事要約:深夜に北朝鮮がミサイル発射して管理人は驚いているわけだが、実際、日本・米国も批判するぐらいで行動にでるとは考えていない。我々では何もできないからな。ただ、北朝鮮が深夜にミサイル撃って奇襲がどうとか述べているが、アメリカと日本では時差が違うからな。多分、奇襲にはならないと思うぞ。

それは一旦置いといて、セウォル号沈没事故から3年。空白の7時間、セウォル号で実際積まれた荷物の詳細。なんで引き上げたセウォル号からあれだけの豚の骨が発見されたとか、確かにわからないことは色々あるが、どうやら、また再調査するようだ。愚かだと思う。いい加減、終わらせろよ。いつまでも被害者ビジネス、被害者貴族を容認するんじゃない。しかも、セウォル号だけじゃないのだ。

>文在寅政権発足後、大統領府にはセウォル号問題だけでなく、李明博(イ・ミョンバク)・朴槿恵(パク・クンへ)政権の9年間に累積していた各種の陳情が殺到しているという。

おいおい、9年間って・・・。確かに4大河川工事は酷かったので真相解明をしたほうがいいとはおもうが、ずっと過去を再調査したところで、そんな新たな発見があるわけじゃないだろう。むしろ、新事実が出てくる方が色々おかしなことになるからな。

>大統領府の関係者は「韓国高速鉄道(KTX)を解雇された女性乗務員、双竜自動車を解雇された労働者、済州海軍基地がある江汀村の住民、慶尚南道密陽の送電塔被害住民などが、真相調査や責任者の処罰、被害の補償を要求している。既に裁判が終わった事案も多く、困惑する面があるのも事実」と語った。

とりあえず、金になりそうなことを真相究明させようというわけだ。しかも、終わっている裁判まであるらしい。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~230回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

韓国経済、旅客船「セウォル号」沈没事故、韓国政府主導の再調査委が近く発足

韓国大統領府(青瓦台)が、2014年4月に起きた旅客船「セウォル号」沈没事故再調査のための「セウォル号調査委員会」(仮称)を、間もなく発足させることが27日までに分かった。

調査委の構成は来週、文在寅(ムン・ジェイン)大統領が休暇を終えるころにおおむね輪郭が明らかになるとみられる。大統領府は、文大統領が休暇を終えた後、セウォル号の遺族を大統領府に招き、新設する調査委の活動方針についても一緒に話し合う計画だという。

セウォル号遺族は韓国国会での「セウォル号特別法」立法を主張してきたが、大統領府は、国会での立法は与野党協力が事実上困難だとみて、政府主導の調査委をつくることにしたと伝えられている。

韓国政府の関係者は27日、本紙の電話取材に対し「国会でセウォル号特別委員会をつくるのは容易ではないが、政府が調査委員会をつくり、限られた範囲で調査活動を行えばいいのではないか」と語った。大統領府は、調査委を首相室の傘下に置く案を検討している。

文在寅政権発足後、大統領府にはセウォル号問題だけでなく、李明博(イ・ミョンバク)・朴槿恵(パク・クンへ)政権の9年間に累積していた各種の陳情が殺到しているという。

大統領府の関係者は「韓国高速鉄道(KTX)を解雇された女性乗務員、双竜自動車を解雇された労働者、済州海軍基地がある江汀村の住民、慶尚南道密陽の送電塔被害住民などが、真相調査や責任者の処罰、被害の補償を要求している。既に裁判が終わった事案も多く、困惑する面があるのも事実」と語った。

朴国熙(パク・ククヒ)記者

(http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/07/28/2017072800929.html)