カテゴリー別アーカイブ: セウォル号沈没事件

韓国経済、【セウォル号沈没】捜査への不信拡大、船に「軍用の鉄骨100トン積載」と判明 韓国政府幕引き、遺族抵抗

韓国経済、【セウォル号沈没】捜査への不信拡大、船に「軍用の鉄骨100トン積載」と判明 韓国政府幕引き、遺族抵抗

記事要約:なるほど。これは面白い事実だ。セウォル号沈没事故の初日、朴槿恵大統領の空白の7時間以外に、船に軍用の鉄骨100トン積載していたことがわかった。しかも、検察の発表より調査委員会が調べたら410トンは積載していたらしい。そして、それを隠蔽するかのように韓国政府が幕引きし、今月末で調査をやめるように指示したようだ。しかし、検察はそれを隠していたことは隠蔽であるのは言うまでもない。

まさか、韓国政府がこの船の立派な関係者だったとは・・・。そりゃ、賠償するのも納得が行く。腑に落ちなかった行動が1つ理解できるようになった。記事によると軍の納期遅れを間に合わせるかのように無理矢理,出港した可能性も出てきたようだ。これは引き上げたらまずいんじゃないのか。既に荷物は海の藻屑なのか。

おそらく。上のものが「船の往復回数を減らすこと」で利益を得ようとしていたのだろう。400トンの鉄骨を100トンに分けて4回運ぶより,1回で運んだ方が船賃は4分の1で済む。つまり、4分の3はおいしく頂いていた可能性がある。だとしたら重量チェック担当もグルだということ。いやあ、ここに来て第二章が始まるような展開は推理小説並みに面白い。これ誰が小説にしてくれないかな。わからない事実があるので「フィクション」と述べておけばいい。面白いので管理人が趣味として文章化を検討してみたい。タイトルも「誰が300人の生徒を海で殺したのか」「セウォル号殺人事件」とか。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~158回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする

韓国経済、【セウォル号沈没】捜査への不信拡大、船に「軍用の鉄骨100トン積載」と判明 韓国政府幕引き、遺族抵抗

2014年4月に304人の死者・行方不明者を出した韓国の旅客船セウォル号沈没事故で、船に軍基地建設用の鉄骨が積まれていたが、検察が明らかにしていなかったことが28日までに分かり、捜査への不信が拡大している。

原因解明には船体引き揚げが必要だが、朴槿恵政権は遺族の求めでつくられた官民合同の特別調査委員会に今月末で調査をやめるよう指示した。遺族や調査委、野党は政府の幕引きに激しく抵抗している。

調査委によると、検察の発表より100トン以上重い410トンの鉄骨が積まれていたことが最近判明。一部は当時建設中だった済州島の海軍基地に搬入予定だった。

セウォル号は沈没前夜、他の船が濃霧で仁川港にとどまる中、唯一出港し、済州島に向かった。軍への納入遅れを避けようと無理に出航した可能性も指摘され、これを検察が隠そうとしたとの臆測が出ている。 軍の鉄骨が何トンあったかは公表されていない。(共同)

(http://www.sankei.com/world/news/160628/wor1606280057-n1.html)

韓国経済、セウォル号引き揚げ 8月以降の見通し

韓国経済、セウォル号引き揚げ 8月以降の見通し

記事要約:うん。知ってた。セウォル号の引き上げが予定通りに行くはずがない。そりゃ、何年も船体が海の底に沈んでいるなら劣化は激しいだろうし、そもそも、船がどんな状態にどなっているかも正確にわからない。しかも、あれだろ?遺体が流されるとかどうとか述べて、船体の切断とかしないんだろう?

むしろ、どうやって引き上げるのか見物であるな。しかし、無駄な税金を使っているよな。死んだもののために出来ることなんて少ないのだから、生きたもののために金を優先したほうがいいのに。冷たいようだがそれが公益というものだ。

引き上げに何十億も使って無駄に中国の業者にお金をあげて,博物館でも造って更に無駄な箱代に金をかけるとか、ただの狂った韓国人である。その金で、今,苦しんでいる貧困層や若者に就職先でも斡旋するほうがよほどためになるだろうに。これで船から遺体はでなかったとかになれば、もう、何のために引き上げるかすらわからんな。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~158回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする

韓国経済、セウォル号引き揚げ 8月以降の見通し

韓国で旅客船セウォル号が沈没し、高校生など295人が死亡、9人が行方不明となっている事故で、船体の引き揚げを担当している韓国海洋水産省は、当初7月末の引き揚げを目指していたものの、高波などのため、8月以降になるとの見通しを示しました。

おととし4月、韓国南部の沖合で旅客船セウォル号が沈没した事故では、修学旅行中の高校生など295人が死亡し、9人の行方が分かっていません。

韓国海洋水産省の担当者は16日、記者会見し、今月12日から始まった引き揚げ作業について、高波などが原因で中断していることを明らかにし、「24時間体制で作業し、最大限努力したが、7月末の引き揚げ目標を8月以降に延ばすことが避けられなくなった」と述べ、
当初の目標は、達成できないとの見通しを示しました。

そのうえで、「今後さらに日程が遅れることがないよう一層準備し、人員と装備を拡大、補強し、最善の努力をする」と述べ、作業を急ぐ考えを示しました。

セウォル号を巡っては、政府や民間の有識者などで作る特別調査委員会が原因の究明を進めていて、今月中に調査を終了し、3か月後に結論を出すとしていますが、野党からは
「船体を引き揚げてから事故原因の結論をまとめるべきだ」などとして、調査期間を延長するために法律を改正しようという動きが出ています。

6月16日 17時48分

(http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160616/k10010558781000.html)

韓国経済、韓国・セウォル号引き揚げ作業が技術的問題で延期、7月完了は困難に

韓国経済、韓国・セウォル号引き揚げ作業が技術的問題で延期、7月完了は困難に

記事要約:これも予想通りだった。確か中国の業者に頼んで引き上げてもらう予定だったはず。でも、無理だと。で、いつになったらこんな下らない茶番は終わるのだ?まさか、永遠にやるつもりか。無駄な3億円のセウォル号記念館は造って,肝心の引き上げは事故が起きて何年も経っても目処すら立たない。

そもそも中国に引き揚げ技術なんてあるんだろうか。で、遺族はまだ体育館にいるのか?しかし、韓国人のコメントがあほすぎるな。いくら時間稼ぎしても、セウォル号のことは絶対に忘れない。こんなスーパー斜め上な人災事故なんて忘れたくても無理だ。韓国の闇が濃縮されているからな。

船を引き上げて遺体が見つかる可能性は低いだろう。事故から2年だ。どう見ても柵やら何やらしても流されていると思うのだが。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~154回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする

韓国経済、韓国・セウォル号引き揚げ作業が技術的問題で延期、7月完了は困難に

2016年5月30日、韓国・ノーカットニュースによると、14年の旅客船セウォル号の惨事を調査している「4・16セウォル号惨事特別調査委員会(特調委)」が今月28日の船体引き揚げ工程の延期について、「初の技術的な欠陥による延期」であると明らかにした。

特調委の李錫兌(イ・ソクテ)委員長は同日の記者会見で、今回の技術的な問題の発覚により「7月末の引き揚げ目標が達成できるかどうか不透明になった」との見解を示した。

当初、28日にはセウォル号の船首を起こす作業が行われる予定だったが、これが2週間ほど延期された。これまでの数度の工程延期はすべて気象状況によるもので、技術的問題が認められたのは今回が初めてだ。

28日に遺族らと共に引き揚げ現場近くまで赴いた特調委メンバーによると、作業延期は海洋水産部から当日一方的に知らされたのみ。具体的にどんな技術的問 題がいつから発生していたのか、またどのように解決されるかなど、作業を行う中国企業・上海サルベージからの情報もなく、まったく分からない状態だとい う。

会見に出席したある犠牲者の父親は「6・7月には台風が来る。少しでも早くできないものか」と、会見内容にいら立ちをみせた。

この報道に、韓国のネットユーザーは次のようなコメントを寄せている。

「それでなくても月日がたっちゃってるのに…」
「特調委が船体を引き揚げればいい」
「もっと簡単に引き揚げができた段階で引き揚げに反対した人たちは、引き揚げが難しくなった今になって今度は早く引き揚げろと言う」

「中国企業を呼んで金をかけてよくやるよ。情けない。担当者をクビにしてくれ」
「僕は初めからそのままの引き揚げは無理だと思ってた」
「実際にやってみたら思ってもみなかった問題が見つかることはよくある」

「また何か隠すのか?」
「いくら時間稼ぎしても、セウォル号のことは絶対に忘れない」
「引き揚げは簡単なことじゃないからね」

Record china 配信日時:2016年5月31日(翻訳・編集/吉金)

(http://www.recordchina.co.jp/a140097.html)

韓国経済、セウォル号犠牲者追悼施設(犠牲者の遺影や遺骨を安置)、開館直後から放置状態で遺族が反発

韓国経済、セウォル号犠牲者追悼施設(犠牲者の遺影や遺骨を安置)、開館直後から放置状態で遺族が反発

記事要約:特権階級にまで上り詰めたセウォル号沈没事故の屑遺族たち。その犠牲者追悼施設の建設費はなんと30億ウォン、日本円だと2億8000万らしい。管理人からすると愚かすぎて何も言えない。約3億円もあれば、今,現在、就職出来ずに苦しんでいる若者に職をさしのべることができたんじゃないのか。

300人の生徒を犠牲にしたというが死んだ人間は生き返らない。でも、3億円もあれば300人以上の若者に将来の生きる希望を与えることができたはずだ。本末転倒とはまさにこのこと。遺族が馬鹿過ぎて既に韓国人でさえひいている状態だが。これで更に船の引き上げ作業に数十億ほど使うんだったか。いやあ、韓国てただの人災事故にここまで無駄金を使い,若者支援は軽くスルーすると。さすがヘル朝鮮だな。

死んだ人間に無駄金を一切使うなとは言わないが、生きた人間を優先できない国はいずれ滅びる。セウォル号沈没事故は韓国が滅ぶ最初の象徴事件として歴史に名を刻むことになるかもしれないな。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~154回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする

韓国経済、セウォル号犠牲者追悼施設(犠牲者の遺影や遺骨を安置)、開館直後から放置状態で遺族が反発

2016年5月19日、韓国・ノーカットニュースは、旅客船セウォル号の惨事から2年を機に先月開館した「セウォル号一般人犠牲者追慕館」の運営について、遺族らから反発の声が上がっていると報じた。

追慕館は、セウォル号惨事から丸2年となった先月16日、仁川市に開館した。一般の犠牲者41人の遺影や遺骨を安置した施設で、いわば墓地としての意味合いを持っているほか、併設の展示室ではセウォル号内部の映像や船の模型展示も行っている。

建設には国費30億ウォン(約2億8000万円)が投じられ、開館式は政府要人が列席し大々的に行われたのだが、施設は開館の翌日から「不定開館」状態が続いている。開館から1カ月がたっても、いまだ運営主体が決まっていないためだ。

遺族や一般の弔問客が訪ねても閉館していることが多く、多数の遺族の墓参が予想された韓国の「父母の日」(5月8日)にも扉は閉じられたまま。

とうとう遺族側の対策委員会がしびれを切らし、今月11日に対策委の事務室を追慕館内に移転、遺族自らが施設を半ば管理する事態になっている。

現在、平日は対策委のメンバーが犠牲者の遺骨を守っているが、週末には管理する人間がいなくなり、施設を閉めざるを得ない状況となっている。

この報道に韓国のネットユーザーから多数のコメントが寄せられたが、追慕館の設置自体に疑問を投げ掛ける声が目立つ。

「そもそもなぜこんな物を造ったの?」
「その30億ウォンがあれば、若者の仕事を300人分はつくれたはず」
「遺族がまた騒いでるのか?あれだけの補償金をもらったんだから、みんなで力を合わせて施設を維持すればいいじゃないか」

「追慕館の建設なんて誰が認めた?国民は許可してない」
「もう何も言えない」
「まるで立派な国の英雄が犠牲になったみたい」
「もともとは政府が救助に失敗したんだから、政府の金でやってくれ」

「これで追慕館が造られるなら、韓国にはもう数千の追慕館ができているはずだ」
「追悼ねえ…気の毒なのは確かだけど、僕が彼らのことまで追悼しなきゃいけないのかな」
「追悼するならそれぞれ家でやればいい」
「建てる前に、管理はどうするつもりだったのかな?管理費が空から落ちてくるとでも?」

Record china 配信日時:2016年5月21日(翻訳・編集/吉金)

(http://www.recordchina.co.jp/a139265.html9

韓国経済、セウォル号遺族、バチカンを訪問「真実究明のために祈ってほしい」=韓国ネット「本当の目的は?」

韓国経済、セウォル号遺族、バチカンを訪問「真実究明のために祈ってほしい」=韓国ネット「本当の目的は?」

記事要約:セウォル号遺族がバチカンを訪問して真相究明のために祈って欲しいとカトリック信者に訴えたそうだ。凄いな。しかも、ローマ教皇に面会要請とか。こいつら自分らの立場を理解しているのか。ホワイトハウスの次はバチカンか。次はどこだ?イギリスか。ロシアか。なんならイスラエルにいって嘆きの壁にセウォル号の惨状を伝えてきたらどうだ?頭がおかし過ぎてどうしようもないな。著名人に特権階級を認めてもらうと必死なところが実に韓国人らしい。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~154回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする

韓国経済、セウォル号遺族、バチカンを訪問「真実究明のために祈ってほしい」=韓国ネット「本当の目的は?」

2016年5月9日、韓国・聯合ニュースによると、韓国で14年に起きた旅客船セウォル号惨事の遺族らは8日(現地時間)、バチカンを訪問し、世界から集まったカトリック信者や観光客にセウォル号惨事への関心や祈りを求めた。

遺族らは聖ペトロ広場で開かれたミサに参加し、「国際社会が連携し、セウォル号悲劇の真実を引き揚げよう」と書かれた横断幕を掲げた。遺族らはカトリック 教団を通じてフランシスコ・ローマ教皇との面会を打診したが、かなわなかった。遺族らは「絶望に陥っていた私たちは一昨年、訪韓したローマ教皇に元気をも らった。遠くからでもローマ教皇に感謝を伝え、持続的な関心と祈りを求めるためにバチカンを訪れた」などと話した。

遺族らはその後、ローマ市内で開かれた歓談会でも、「セウォル号惨事の実態や真実を究明し、安全と生命が尊重される社会を作るために持続的な関心を寄せてほしい」などと訴えた。

これについて、韓国のネットユーザーは以下のようなコメントを寄せている。

「これはおかしい。ローマ教皇の祈りだけが効果があるの?それなら他の人たちはなぜ祈りを捧げる?」
「バチカンまで行くなんて恥ずかしい」

「そこまでするとは…。そのうち、セウォル号惨事の日を祝日にしろと言い出すのでは?」
「誰のお金でバチカンまで行った?」

「自分たちだけで静かに祈ればいい。なぜ祈りを強要する?」
「僕もセウォル号事件の解決を願っているが、外国人まで巻き込む必要はない。韓国政府に訴えればいいこと」

「ローマ教皇は心の中でうんざりしているかも…」
「本当の目的は…観光?」
「何を究明しようというのか。犠牲になった子どもたちをこれ以上苦しめるな。かわいそうだけど、セウォル号事故はただの水上事故に過ぎない」

「まだ真実は解明されていないのに、なぜ朴大統領は捜査に協力しない?」
「韓国内で騒いでも何も変わらない。世界に訴え、本当の犯人を見つけてほしい」
(翻訳・編集/堂本)

ソース:レコードチャイナ<韓国・セウォル号遺族らがバチカンを訪問「真実究明のために祈ってほしい」=韓国ネット「そこまでするとは…」「本当の目的は?」>

(http://www.recordchina.co.jp/a137971.html)