カテゴリー別アーカイブ: 日韓首脳会談

韓国経済、〔日中韓首脳会談〕文大統領、日本到着…韓日中首脳会談突入

韓国経済、〔日中韓首脳会談〕文大統領、日本到着…韓日中首脳会談突入

記事要約:管理人は日中韓首脳会談と書くのは気に入らない。どうしてなのかは日本と韓国は首相と大統領と国のトップが会談するのに、なぜか、中国だけ李克強首相というナンバー2以下を派遣しているからだ。習近平国家主席が来ない時点で中国に舐められている会談としかいいようがない。

だから、これがトップ会談とは言いがたい。だいたいトップが出てこない時点でたいしたことが決まるわけないんだよな。予定された内容を会談して終わりだろうな。結果は気になるがそこまで事が大きく動くとはおもえない。

後、文在寅大統領を過去に竹島への不法入国で逮捕するべきではないのか。大統領だから逮捕しないとか、犯罪者を歓迎とか日本政府の対応も気に入らない。今の情勢でそんなことできるわけがない。多くの日本人もそう思うだろう。でも、管理人はオバマ政権とトランプ政権を見てきた。

まだ、トランプ大統領の政権は終わっていないが、どっちが見ていて面白いかは断然、後者だろう。何しろ、まさかの選択肢を普通に取ってくるからな。つまり、トランプ大統領は何をするかわからないという恐怖が世界中に存在するわけだ。でも、それこそ外交で重要なんだよな。北朝鮮がアメリカを恐れて平和ムードをなんとかしようとしても、対話するなら後戻りできないように完全に外堀を埋めていく。

安倍総理も韓国と日韓慰安婦合意を結んだが、これはいわゆる後戻りを簡単にできないように最終的、不可逆的解決といれた。でも、韓国はそれを事実上破毀した。つまり、文言で後戻りできないようにしてもまだ道半分なのだ。

今の日本の外交はこの次を見据えての動きがいる。約束を守らない国家はどうするべきなのか。日本政府はもっと考えた方がいい。空気とか、国際情勢とか、予想範囲内で動いてもそれは予定調和であり、何も変わらない。結局、強い衝撃を与える必要があるのだ。だから、韓国には堂々と経済制裁を行うべきである。3不+1限を宣言させた中国の強かさを日本は見習うべきだということだ。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~271回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

韓国経済、〔日中韓首脳会談〕文大統領、日本到着…韓日中首脳会談突入

文在寅(ムン・ジェイン)大統領が9日、韓日中首脳会談が予定される日本の東京に到着した。日本の安倍晋三首相との韓日首脳会談、中国の李克強首相との個別会談など日帰りリレー外交日程に出る。

文大統領はこの日午前7時24分に京畿道城南(キョンギド・ソンナム)のソウル空港から専用機で出国した後、90分ほどの飛行の末に午前9時4分ごろ羽田空港に到着した。

文大統領はこの日午前に東京の迎賓館で予定された韓日中首脳会談に参加する。2008年に始まった韓日中首脳会談は今年で7回目を迎えた。2015年11月にソウルで開催された第6回会談から2年半ぶりの開催となる。

会談で文大統領は南北首脳会談の結果を説明し、韓半島(朝鮮半島)非核化と恒久的平和定着に向けた3カ国の協力案に対し模索する予定だ。特に4月27日の南北首脳会談の結果である板門店(パンムンジョム)宣言に対する支持を盛り込んだ3カ国の特別声明の採択を試みる予定だ。

北朝鮮の完全な非核化に向けては地政学的に重要な意味を持つ中国と日本の支持が必須であるだけに今回の特別声明にどのような水準の内容が盛り込まれるのかが注目される。

韓米首脳会談と米朝首脳会談などを控え今回特別声明が採択されるならば米朝間の非核化方法論の間隙を狭めようとする文大統領の「仲裁役」の歩みも力を増するものと観測される。

このほかにも会議では北東アジアの平和体制構築案、サイバー安保・テロなどの分野での協力案なども話し合われる予定だ。

これとともに文大統領は韓日中首脳会談とは別に李首相、安倍首相とそれぞれ個別に会談を行う。

李首相との会談では中国発の粒子状物質など環境問題解決案と板門店宣言の後続措置に向けた両国の協力案が話し合われる見通しだ。特に7~8日に北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長が中国の大連を訪問し習近平中国国家主席と電撃会談しただけに、中朝間の議論内容に対する説明がなされるのか注目される。合わせて休戦協定の平和協定転換過程で中国の役割に対する議論があるのかもやはり関心事だ。

安倍首相との首脳会談では未来指向的な韓日関係確立に向けた協力案が摸索されるとみられる中で韓日慰安婦合意など過去史関連の懸案が言及される可能性も提起される。これとともに安倍首相から北朝鮮のミサイル問題と拉致問題解決に向けた協力を要請される可能性があり、文大統領がこれに対しどのように対応するかも注目される。

日帰りの日程で訪日した文大統領はこの日夕方にソウルに戻る予定だ。

(http://japanese.joins.com/article/222/241222.html?servcode=A00&sectcode=A10&cloc=jp|main|top_news)

韓国経済、日本との通貨スワップ再開に向け努力 韓国中銀総裁が意向表明

韓国経済、日本との通貨スワップ再開に向け努力 韓国中銀総裁が意向表明

記事要約:韓国の韓国中銀総裁が日本との通貨スワップ再開に向け努力するという意向を表明したようだ。でも、日韓慰安婦合意が履行されてないので日韓通貨スワップの協議は中断されたまま。日韓慰安婦合意を履行しない限りは麻生財務大臣がOKを出すわけもなくそのまま流れるだろう。韓国側の都合など、日本には関係ないからな。まずは日韓慰安婦合意を履行しろで終わる。

>李総裁は今年3月下旬まで「(協議)再開までは時間がさらに必要」と発言していた。だが、南北首脳会談などを機に北東アジアの情勢が変わり、スワップ協定を巡る協議の再開に向けた動きにも影響を及ぼしているようだ。

時間も何も一生あり得ないわ。いい加減、現実を見ろよ。日韓慰安婦合意の履行がいつまでも進まないから、韓国とは日韓通貨スワップの再開する協議を中断したのだ。そして、それは何も変わっていないので日韓通貨スワップの再開の協議など論外だということだ。何も変わってないのにそんなことしたら、日本との約束を守らなくて良いと韓国に誤解されるからな。

まずはフィリピンみたいにソウル日本大使館と釜山日本領事館前にある慰安婦像を撤去してからの話だ。強制労役労働者像が阻止されたから日韓通貨スワップの協議とかはない。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~271回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

韓国経済、日本との通貨スワップ再開に向け努力 韓国中銀総裁が意向表明

【マニラ聯合ニュース】韓国銀行(中央銀行)の李柱烈(イ・ジュヨル)総裁は、金融危機時にドルなどを融通し合う韓日通貨交換(スワップ)の再開に向け努力すると表明した上で、今後このための協議が始まるとの見方を示した。4日の韓国、日本、中国と東南アジア諸国連合(ASEAN)による財務相・中央銀行総裁会議後に報道陣に明らかにした。

韓日のスワップ協定は2015年2月に終了したが、両国は16年8月、韓国の提案により再開に向けた協議を開始することで合意した。しかし、釜山の日本総領事館前に旧日本軍の従軍慰安婦被害者を象徴する少女像が設置されたことを受け、昨年1月に協議は中断された。

李総裁は今年3月下旬まで「(協議)再開までは時間がさらに必要」と発言していた。だが、南北首脳会談などを機に北東アジアの情勢が変わり、スワップ協定を巡る協議の再開に向けた動きにも影響を及ぼしているようだ。

韓国青瓦台(大統領府)高官も「韓日高官級会談が本格化する契機がつくられれば、スワップ協定問題も協議することになる」と話した。

(http://japanese.yonhapnews.co.kr/relation/2018/05/06/0400000000AJP20180506000700882.HTML)

韓国経済、〔朝鮮半島有事)安倍首相、南北首脳会談前の来日要請 韓国大統領に、3月の電話会談で

韓国経済、〔朝鮮半島有事)安倍首相、南北首脳会談前の来日要請 韓国大統領に、3月の電話会談で

記事要約:日本の安倍総理が3月の日韓電話会談で文在寅大統領に南北首脳会談前に来日要請していたことがわかった。これはなかなかの策士だと思う。文在寅大統領のスケジュールがどうとかより、断れば日本は協力しないで良くなる。逆に訪日するなら、南北首脳会談で拉致問題に言及するはめになる。

日本にとって非核化と同じぐらい拉致問題は重要だ。だいたい韓国だって北朝鮮に拉致された人々がたくさんいるだろう。返還を求めない方がおかしいと突っ込んでやれば良い。

どちらに転んでも日本にとっては利があると。まさか、ミサイル問題に悩まされている日本の頼みを聞けないなんてことはないよなあ。協力しないでも大いに結構だが、その後のことは知らないと。まあ、断ること前提だとおもう。本当に会いたいなら安倍総理が韓国に行くだろうしな。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~261回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

韓国経済、〔朝鮮半島有事)安倍首相、南北首脳会談前の来日要請 韓国大統領に、3月の電話会談で

安倍晋三首相が3月16日に韓国の文在寅大統領と電話会談した際、4月27日の南北首脳会談前の来日を要請していたことが分かった。複数の日本政府筋が3日、明らかにした。北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長と会う文氏に、日本人拉致問題の提起を求める狙いがある。だが南北会談への準備に追われる文氏との日程調整は難航している。実現するかは微妙な情勢だ。

国際会議である日中韓首脳会談に出席するため5月の訪日を見込む文氏に対し、これとは別の訪問を求めるのは、南北会談前に首脳間で時間をかけて協議し、日韓間の認識の隔たりを埋める必要があると判断したためだ。

(https://this.kiji.is/353947492989043809)

韓国経済、〔来なくていい〕韓国大統領の訪日検討 外相一致、4~5月か

韓国経済、〔来なくていい〕韓国大統領の訪日検討 外相一致、4~5月か

記事要約:日本人は赤化していく韓国の文在寅大統領などに興味ない。だから、日本に来なくていい。日本に来たら竹島への不法侵入で逮捕だがな。外交官特権が大統領に適用されるかは知らないが、入国させるには北朝鮮シンパでもあるので危険な人物であろう。

後、竹島は日本の固有の領土であると入国前にはっきりさせるべきだよな。それをしない限りはいくら韓国の大統領であろうが、お断りだ。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~261回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

韓国経済、〔来なくていい〕韓国大統領の訪日検討 外相一致、4~5月か

【ソウル共同】米ワシントンで17日に会談した河野太郎外相と韓国の康京和外相が、文在寅大統領の訪日を検討していくことで一致した。 韓国外務省が18日明らかにした。日本が議長国を務める日中韓3カ国首脳会談とは別としており、4~5月の早期実現を念頭に置いている可能性がある。

韓国政府は4月末の南北首脳会談と、5月中とされる米朝首脳会談の前後に米韓首脳会談を行うことも検討している。韓国の一部メディアは、 同時期に日韓が首脳会談を開く動きもあると伝えている。

(https://this.kiji.is/348037230759445601?c=39546741839462401)

韓国経済、〔最終的、不可逆的解決〕慰安婦問題「『終わった』と言うな」=文大統領、竹島でも対日批判-日韓合意を否定

韓国経済、〔最終的、不可逆的解決〕慰安婦問題「『終わった』と言うな」=文大統領、竹島でも対日批判-日韓合意を否定

記事要約:文在寅大統領にまともな外交の常識があるかは存じていないが、日韓慰安婦合意は2015年12月末に両国間における慰安問題について最終的、不可逆的解決したものである。

歴史書にはこう書かれるはずなんだが、だから、慰安婦問題における日本と韓国の言い争いは「終わった」のだ。なぜなら、日本と韓国の2国によって合意したからだ。それが2年経過して終わっていないというのはどういうことなんだろうか。管理人には理解できないな。

しかし、平昌五輪の開会式にわざわざ安倍総理が来てくれたのに大会終わったら反日ブースト全開とか、もう、よほど支持率が厳しいのか。あれだけ北朝鮮シンパを隠そうともせずにやってしまったからな。だから、反日で国民の目を日本に向けないといけないと。

でも、それは悪手だ。しかも、日本は想定済みである。後は日本政府が経済制裁でもやってくれたら管理人は嬉しいが、これを中々してくれないんだよな。そろそろ最新の支持率が見たいな。下手したら6割切ってるかもしれない。韓国の文在寅大統領はロウソクデモで誕生した。そのため、国民への高い支持率を維持しないと、途端に支持率急降下。ロウソクデモへと繋がる。

その支持率の目安は5割以下は危険水準だといわれている。つまり、6割なら、あと10%しかないわけだ。だから、反日して少しでも支持率を稼ぎたい。しかし、反日ドーピングはやればやるほど韓国経済を苦しめることにもつながる。米国の通商圧力。中国の経済報復措置。それに加えて日本も敵に回す。あれ?これ世界の三大GDP国家、全部を敵に回しているわけか。凄いな。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~261回

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

 

韓国経済、〔最終的、不可逆的解決〕慰安婦問題「『終わった』と言うな」=文大統領、竹島でも対日批判-日韓合意を否定

【ソウル時事】韓国の文在寅大統領は1日、日本の植民地支配に抵抗して1919年に起きた「三・一独立運動」の記念式典で演説した。慰安婦問題について「加害者である日本政府が『終わった』と言ってはならない。戦争当時にあった反人道的な人権犯罪行為は『終わった』という言葉で隠すことはできない」と強調し、日本政府の姿勢を批判した。

また、「不幸な歴史であればあるほど、その歴史を記憶し、その歴史から学ぶことだけが本当の解決だ」と述べた。慰安婦問題をめぐる日韓政府間合意に直接言及しなかったが、「最終的、不可逆的な解決」をうたった合意を真っ向から否定する発言だ。

その上で、日本に特別な要求はしない考えを示す一方、「日本は人類普遍の良心で歴史の真実と正義に向き合うことができなければならない」と訴え、「本当の反省と和解の上で、共に未来へ進むことを願う」と語った。

一方、島根県・竹島をめぐっては、「独島(竹島の韓国名)は日本の朝鮮半島侵奪過程で最も早く強制的に占拠されたわが領土だ」と主張。「今、日本がその事実を否定することは、帝国主義による侵略に対する反省を拒否することに他ならない」と批判した

演説は、日本の植民地時代に独立運動家らが収容されたソウル市内の西大門刑務所跡地にある歴史館で行われた。歴史を「直視」する姿勢を強調する狙いがあるとみられる。

(https://www.jiji.com/jc/article?k=2018030100524)

 

韓国経済、最近の安倍首相の対韓発言は度が過ぎている。文在寅政権も今のところは北朝鮮に対する制裁の原則を守っている

韓国経済、最近の安倍首相の対韓発言は度が過ぎている。文在寅政権も今のところは北朝鮮に対する制裁の原則を守っている

記事要約:朝鮮日報によると最近の安倍総理の対韓発言は度が過ぎていて、文在寅政権は今のところは北朝鮮に対する制裁の原則を守っているらしい。管理人は目が点になった。

むしろ、管理人からすれば安倍総理は親韓だよな。民主党政権がアホみたいに媚韓だったことを覚えていればそういう認識になるかもしれないが、むしろ、赤化しないよう、米韓同盟が壊れないようにと韓国を説得している。しなくてもいいのにな。

しかも、あれだけ国民や自民党が反対した平昌五輪の開会式に出席したという。近隣諸国で首相が参加したのは日本だけというのに。親韓の安倍総理がここまで苛立っていることに疑問を感じないのか?それだけ異常であることに。

まあ、朝鮮日報が安倍総理をどう見ているかは別に良いとして、それよりも、気になるのがこの発言だ。

>しかも北朝鮮は幾つかのミサイルを日本列島を越えてすでに飛ばしている。しかしその日本とは比較にならないほど核とミサイルの脅威にさらされているのが韓国だ。文在寅政権も今のところは北朝鮮に対する制裁の原則を守っている。韓米合同軍事演習についての立場はあいまいだが、さらなる延期が決まったわけでもない。そのため日本としては韓国政府の対応を忍耐を持って見守るべきだ。

まず、韓国にミサイルは飛んできてないだろう?韓国の都市を一回でもミサイルが通過したのか?核の脅威はお互い様だろう。ミサイルが届く位置に存在するのだから。そして、不可解なのが文在寅政権も今のところは北朝鮮に対する制裁の原則を守っているという。

あの。北朝鮮に平昌五輪に参加するだけで3億円支援して、人道的といいながら、800万ドル、8億円を支援するのが制裁の原則を守っていると?むしろ、例外措置だらけではないのか。アメリカが激怒しているからこそ、ペンス副大統領と安倍総理がわざわざ訪韓して、赤化するのは止めろと説得しているのだぞ。まあ、トランプ大統領が日本の総理にお使いを頼んだのは気にくわないが。

そういえば、閉会式にトランプ大統領の娘さんであるイヴァンカ氏が訪韓するという話があるのだが、これは本当なんだろうか。でも、閉会式ならすぐ終わるか。韓国に利用されなければいいんだが。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~261回

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

 

韓国経済、最近の安倍首相の対韓発言は度が過ぎている。文在寅政権も今のところは北朝鮮に対する制裁の原則を守っている

日本の西村康稔官房副長官は16日「韓米合同軍事演習は決して韓国だけの問題ではなく、北朝鮮は日本やアジア、米国など全世界の脅威になっている」とした上で「安倍首相はこのような観点から(文在寅〈ムン・ジェイン〉大統領に韓米合同軍事演習を)予定通り行うべきとの考えを伝えた」と発言した。

今月9日に行われた韓日首脳会談で、安倍首相は韓米合同軍事演習の延期に反対する考えを伝えたが、これに対して文大統領が「その問題は韓国の主権と内政に関わるため、(安倍)首相が直接取り上げるのは困る」と述べたことに日本として反論した形だ。安倍首相は14日に米国のトランプ大統領との電話会談で「対話のための対話は意味がない」と述べ、北朝鮮に対する圧力を改めて強調したが、これも文大統領をけん制したように見える。

北朝鮮の核とミサイルの問題は日本も安全保障上の重大問題として強く懸念している。韓半島(朝鮮半島)有事の際、韓国を支援する米軍の増援部隊はそのほとんどが在日米軍だ。そのため北朝鮮も最初に日本の各地にある在日米軍基地を攻撃してくる可能性が高く、実際に北朝鮮もそのように公言している。

しかも北朝鮮は幾つかのミサイルを日本列島を越えてすでに飛ばしている。しかしその日本とは比較にならないほど核とミサイルの脅威にさらされているのが韓国だ。文在寅政権も今のところは北朝鮮に対する制裁の原則を守っている。韓米合同軍事演習についての立場はあいまいだが、さらなる延期が決まったわけでもない。そのため日本としては韓国政府の対応を忍耐を持って見守るべきだ。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)

韓国経済、〔来なくていい!〕文在寅大統領、3-4月の訪日を推進

韓国経済、〔来なくていい!〕文在寅大統領、3-4月の訪日を推進

記事要約:相変わらず、頭がおかしいとしかいいようがない。文在寅大統領3-4月の訪日を推進しているそうだ。

まだ正式な要請ではないので、日本側が受け入れるかはまでは知らないが、これは是非とも、日韓慰安婦合意を履行しない限り、話すことはないと突きつけるべきだろう。そもそも、日韓首脳会談で話すことなどないだろうに。韓国なんか相手にするだけ時間の無駄だしな。平昌五輪が終わった後のことなので、どうなるかは知らないが、どうせ、平昌五輪でも何か反日パフォーマンスを考えているのだろう。

>文在寅(ムン・ジェイン)大統領が平昌五輪後の3-4月に訪日を推進していることが1日、明らかになった。文大統領は安倍晋三首相と首脳会談を行い、慰安婦問題や韓日関係について話し合う予定だ。韓国大統領の訪日は李明博(イ・ミョンバク)元大統領時の2011年12月以降、6年以上行われていない。

とりあえず、1000年後でいい。6年以上行われていないなら、別に必要ないてことだしな。このまま994年間無視でいい。

>文大統領の早期訪日が成功するかどうかは、対日関係で最大の難題である慰安婦合意に関する問題をどう解くかに懸かっている。文大統領は近く、慰安婦問題に対する政府の最終的な見解を表明する方針だ

履行以外はあり得ないが、韓国側から破棄するほうが日本にとってはいい。秘密を暴露されたあげく、一方的に破棄したとなれば、外交も途絶える。

>大統領府関係者は「UAEという外交パートナーがいて、李明博政権時に推進された事業を非難しているようで、消極的に対応せざるを得なかった。どのようにこの問題を整理するか、UAE側と協議することになるだろう」と語った。

遅れている分の賠償金を払えばいいではないか。どれだけ増えているかはしらないが。200億円ぐらいだろう。楽勝だ。今のところはな。毎日、賠償額は増加するからな。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~250回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

韓国経済、〔来なくていい!〕文在寅大統領、3-4月の訪日を推進

文在寅(ムン・ジェイン)大統領が平昌五輪後の3-4月に訪日を推進していることが1日、明らかになった。文大統領は安倍晋三首相と首脳会談を行い、慰安婦問題や韓日関係について話し合う予定だ。韓国大統領の訪日は李明博(イ・ミョンバク)元大統領時の2011年12月以降、6年以上行われていない。

これは、与党関係者が同日、「慰安婦合意問題の収拾という観点から文大統領の訪日を推進している」と語って分かったものだ。文大統領の訪日時期は遅くとも4月以降にはならないと見られている。

日本は現在、韓中両国に「今年4月に日本で日中韓首脳会議を行おう」と提案している。韓中日3カ国首脳会議は15年11月以降、2年以上中断されている。しかし、韓国大統領府はそれに先立って文大統領の単独訪日も検討していることが分かった。文大統領は昨年5月の就任以降、韓半島(朝鮮半島)とかかわりの深い4強国のうち、日本を除く米中ロのすべてを訪問している。

文大統領の早期訪日が成功するかどうかは、対日関係で最大の難題である慰安婦合意に関する問題をどう解くかに懸かっている。文大統領は近く、慰安婦問題に対する政府の最終的な見解を表明する方針だ。

文大統領は、韓国外交部(省に相当)長官直属のタスクフォース(TF=作業部会)が2015年12月の慰安婦合意について検証した結果の報告書を発表した先月28日、「(この)合意で慰安婦問題は解決できないことをあらためてはっきりと述べる」と言った。それでも大統領府は「合意破棄や再交渉はない」と外交的解決の余地を残している。

大統領府では過去の問題と今後の問題を分けて考える「ツートラック路線」の解決策を模索している。大統領府関係者は「外交関係を損なわずに歴史問題を再確立する『創造的解決策』が出てくるだろう」と言った。

「慰安婦合意」は韓日間の意見の相違を確認した上で「課題」として残しておき、まずは韓日関係の改善からしていく方法を取ると言われている。だがもちろん、日本がこれを受け入れるかどうかは未知数だ。

また、任鍾ソク(イム・ジョンソク)大統領府秘書室長が特使としてアラブ首長国連邦(UAE)に先月派遣されたことに端を発する「UAE問題」でも、文大統領は今月中に収拾を図る考えだ。

大統領府関係者は「UAEという外交パートナーがいて、李明博政権時に推進された事業を非難しているようで、消極的に対応せざるを得なかった。どのようにこの問題を整理するか、UAE側と協議することになるだろう」と語った。

転換点は今月中に予定されているUAEカルドゥン・アブダビ行政庁長の訪韓だ。カルドゥン庁長が特使として来れば、任鍾ソク秘書室長だけでなく文大統領も会談するものと見られる。カルドゥン庁長の訪韓時に文大統領のUAE訪問も話し合われる予定だ。

文大統領は、北朝鮮の核問題や外交事案とは別に、「国民の暮らし」を今年の内政のキーワードにする方針だ。大統領府は今年も積弊(過去の政権による長年の弊害)清算が続けられると強調しているが、重点は国民生活改善の方向へ向かっていくだろう、としている。

文大統領は同日、フェイスブックに「新年には国民がより良い暮らしで報われることを、平昌冬季オリンピック・パラリンピックの成功と韓半島(朝鮮半島)の平和を、災害・災難のない安全な大韓民国を希望する」「新年を全国民と共に希望・肯定・楽観で迎えたい」と書き込んだ。文大統領は新年メッセージでも「過去の過ちを正すための努力を続けながら、国民の生活を変えるために全力を集中させる」と言っている。

文大統領は1日、新年を迎えて「2017年を輝かせた義人」6人と共に初日の出を見にソウル・北漢山に登った。義人とは、豪雨で浸水した車に閉じ込められた人や、交通事故で意識を失ったドライバーを救った一般市民たちのことだ。

義人6人は警察庁や消防本部が推薦して選ばれた。文大統領は北漢山を歩いていた時、野党「国民の党」の孫鶴圭(ソン・ハッキュ)常任顧問と偶然会ってあいさつした。そして登山後、任鍾ソク秘書室長、張夏成(チャン・ハソン)政策室長らと共にトックッ(韓国の雑煮)を食べた。

鄭佑相(チョン・ウサン)記者
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版

(http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/01/02/2018010200780.html)

韓国経済、〔コリア・パッシング〕日本・豪州・インドとの連携を強調…韓国には言及せず=中央日報

韓国経済、〔コリア・パッシング〕日本・豪州・インドとの連携を強調…韓国には言及せず=中央日報

記事要約:そりゃそうだ。元々、トランプ大統領の訪韓するつもりはなかったのに周りに説得されて、では、一日ぐらい在韓米軍基地を視察しようということにしたら、韓国政府と韓国メディアから他国より滞在日数が少ない。もっと滞在しろとか命令されるわけだからな。

いや、元々、行きたくなくておそらく韓国に行かない場合は、日本にもう1日滞在したのだろうが、そういうのを一切、無視である。韓国が米国やトランプ大統領をくだらないことで怒らせているのはわりと聞いている。オバマ政権みたいに韓国に甘くないというのをまだ気付いていないようで、身勝手な振る舞いがとうとう、連携に韓国がいなくなった。

>ホワイトハウスのアジア担当選任補佐官を務めたデニス・ワイルダー・ジョージ・ワシントン大教授は27日(現地時間)、香港サウスチャイナモーニングポスト(SCMP)のインタビューで、「米国の新しいアジア政策のキャッチフレーズは『自由で開かれたインド洋・太平洋地域』」とし「この構想は米国・日本・豪州・インドの4カ国間でかなり以前から議論されてきた」と明らかにした。

これ安倍総理のダイヤモンド構想と同じだな。既に韓国はもう外されていると。まあ、近くに日本があるのでいらないものな。

>同紙はワイルダー教授を引用し、トランプ大統領が来月のアジア訪問中にこうした内容の新しいアジア政策を発表する予定だと伝えた。トランプ大統領は来月3日から14日にかけて韓国、日本、中国、フィリピン、ベトナムのアジア5カ国を訪問する。

トランプ大統領のアジア来訪は来月の目玉になると思われるのでわりと注目している。さすがに昨年みたいに朴槿恵前大統領のロウソクデモが盛り上がるような大きな出来事は朝鮮半島有事による戦争の再開ぐらいだろうが、開戦は12月だと考えているので、今年の11月の韓国経済はわりとゆっくりできるだろう。

もっとも、11月から衆院選挙が終わり、国会が始まる。そういう意味では日本の政治も注目したい。どうせ立憲民主党が足を引っ張るんだろうが。また、森友学園や加計学園に言及するのか。うんざりだな。

>続いて「米国と日本、インドはすでに定例合同海上訓練『マラバール』を毎年実施するなど生産的な3カ国協力を強化してきた。3カ国が共有する価値をみると、豪州も自然に友邦になるだろう」とし「価値を共有する4カ国間の実務級会談を近く開くことを検討中」と説明した。しかしウェルズ代行は価値を共有するアジア・太平洋の国に韓国を挙げなかった。

北朝鮮は確かに脅威だが、最終的に一番の脅威は中国の遅れてきた帝国主義である。既に習近平主席が党の代表として選出されたわけだが、実は次の候補者が全く出てこなかった。これを意味するのは権力を完全に掌握しているということ。今後、5年で皇帝にもなるぐらいの勢いだ。そのためには領土拡張野心は重要だ。

尖閣諸島、スプラトリー諸島、北海道、沖縄、対馬など、中国の侵略行為はさらに激しくなる。日本だけではどうしようもないので、こういった各国との連携で中国を封じこめるしかない。もちろん、韓国は中国の属国になるだろうから、いらないのである。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~240回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

韓国経済、〔コリア・パッシング〕日本・豪州・インドとの連携を強調…韓国には言及せず=中央日報

トランプ政権が構想中の新しいアジア政策が米国・日本・豪州・インドの4カ国の連携に重点を置いていると、米政府の元・現官僚らが明らかにした。米国のアジア政策は中国の海洋進出に対する強力な牽制戦略という点で関心を集めている。

ホワイトハウスのアジア担当選任補佐官を務めたデニス・ワイルダー・ジョージ・ワシントン大教授は27日(現地時間)、香港サウスチャイナモーニングポスト(SCMP)のインタビューで、「米国の新しいアジア政策のキャッチフレーズは『自由で開かれたインド洋・太平洋地域』」とし「この構想は米国・日本・豪州・インドの4カ国間でかなり以前から議論されてきた」と明らかにした。

同紙はワイルダー教授を引用し、トランプ大統領が来月のアジア訪問中にこうした内容の新しいアジア政策を発表する予定だと伝えた。トランプ大統領は来月3日から14日にかけて韓国、日本、中国、フィリピン、ベトナムのアジア5カ国を訪問する。

これに先立ちアリス・ウェルズ米国務次官補代行(南・中央アジア担当)もこの日、ホワイトハウスで記者会見し、トランプ政権の新しいアジア政策を説明しながら「米国とインドは民主主義、透明性、航行の自由、経済開発などの価値を共有する国」とし「我々は日本、豪州など重要な同盟国と共にこの価値をインド洋-太平洋全域に広めなければいけない」と強調した。

続いて「米国と日本、インドはすでに定例合同海上訓練『マラバール』を毎年実施するなど生産的な3カ国協力を強化してきた。3カ国が共有する価値をみると、豪州も自然に友邦になるだろう」とし「価値を共有する4カ国間の実務級会談を近く開くことを検討中」と説明した。しかしウェルズ代行は価値を共有するアジア・太平洋の国に韓国を挙げなかった。

AP通信などは「米国が推進する4カ国協力の強化は、東・南シナ海での領有権紛争と中国のインド洋進出に対する牽制などと無関係ではない」と分析した。

(http://japanese.joins.com/article/888/234888.html?servcode=A00)

 

韓国経済、 〔徴用工問題〕韓国の文在寅大統領「徴用工の賠償問題、政府間で解決済み」 安倍首相との電話会談で表明

韓国経済、 〔徴用工問題〕韓国の文在寅大統領「徴用工の賠償問題、政府間で解決済み」 安倍首相との電話会談で表明

記事要約:日本の安倍総理と韓国の文在寅大統領が電話会談をして、「徴用工の賠償問題、政府間で解決済み」と表明した。なら、この前のは何だったのか。管理人は全く信用していない。日韓慰安婦合意と同じで手のひら返すように蒸し返すに決まっているからな。

韓国のTHAAD配備の影響で、中韓通貨スワップ協定は破棄されそうなので、日本との通貨スワップ協定を模索しているだろうが、日本政府はこんな見え見えの手に引っかかってはいけない。日韓慰安婦合意を履行しない限り、あらゆる経済協力は断つべきである。でも、管理人は麻生財務大臣は信用しているので大丈夫だとは思う。安倍総理も麻生さん並みに強かさを学んだ方がいいのではないかな。

麻生氏が政権にいるといないとではずいぶん違うからな。歳であるのだが、管理人はもう一度、総理やってくれないかなと思っている。安倍総理の次の候補がいなさすぎて、かなり懸念しているのだ。自民党が野党だったときに必死に頑張ってくれた谷垣さんでもいいが、まだ怪我は完全完治してないよな。

>安倍晋三首相は25日、韓国の文在寅大統領と電話で会談し、日本の朝鮮半島統治時代の徴用工に絡む請求権について1965(昭和40)年の日韓請求権協定で賠償問題は解決済みとの立場を伝えた。文氏も政府間では解決済みとの認識を示した。

何度も裏切れてゴールポストを動かしてきている韓国。全く信じられないんだよな。国民世論が解決してないとかいったら、すぐに手のひら返しそうだものな。韓国政府が賠償するとか言う話しでもないよな。実際、過去に訴えたら時効だとかいって退けていた記憶がある。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~235回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

韓国経済、 〔徴用工問題〕韓国の文在寅大統領「徴用工の賠償問題、政府間で解決済み」 安倍首相との電話会談で表明

安倍晋三首相は25日、韓国の文在寅大統領と電話で会談し、日本の朝鮮半島統治時代の徴用工に絡む請求権について1965(昭和40)年の日韓請求権協定で賠償問題は解決済みとの立場を伝えた。文氏も政府間では解決済みとの認識を示した。

両首脳が徴用工に関して意見を交わしたのは初めてで、両首脳は未来志向で日韓関係を構築していくことも確認した。

安倍首相は電話会談で、日韓の請求権問題は解決済みだとの日本の立場を強調し、「未来志向の関係を構築していく上でも日韓の懸案を適切に管理していくことが重要だ」と述べた。

聯合ニュースが大統領府関係者の話として伝えたところによると、文氏は電話会談で「この問題が韓日基本条約と韓日会談で解決したと韓国政府も認めた」と述べた。

17日の記者会見で個人の請求権は残っているとの見解を示したことに関しては「国家間の問題ではなく、被害者と企業間に残っている個人的請求権まで解決したのではないという趣旨の(最高裁の)判決について話した」と述べた。

その上で「この問題が未来志向的な関係発展の足かせにならなければいい」と続けたという。

一方、両首脳は、北朝鮮が大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射を強行し、米領グアム沖へのミサイル発射を警告するなど挑発行動を繰り返していることを受け、日米韓3カ国連携の重要性を確認した。

安倍首相は「北朝鮮の挑発的な言動は断じて容認できない。日韓、日韓米が結束して対応したい」と述べた。「挑発的言動の自制にとどまらず、非核化に向けた真剣な意志と具体的な行動を示すよう一層圧力を強化したい」とも強調した。

文氏は「日本を越えてグアムに発射するとの北の挑発に対する日本国民の懸念は理解する。韓日米の緊密な連携が必要だ」と応じ、日本による独自の対北制裁を評価した。

両首脳は9月6、7両日にロシア・ウラジオストクで開かれる「東方経済フォーラム」の場を利用し、直接会談することも申し合わせた。

徴用工をめぐっては、菅義偉官房長官は25日の記者会見で、河野太郎外相が7日にフィリピン・マニラで韓国の康京和外相と会談した際、韓国側の対応に関し「簡潔に提起した」と述べ、抗議していたことを明らかにした。

また、韓国政府が河野氏を招待していたアジア中南米協力フォーラム(FEALAC)外相会議に中根一幸外務副大臣を出席させる方向で調整していると説明した。

(http://www.sankei.com/politics/news/170826/plt1708260003-n1.html)

韓国経済、シャトル外交の再開はよいが、自国民に対し外国との約束は守るという常識を説くのが先だ

韓国経済、シャトル外交の再開はよいが、自国民に対し外国との約束は守るという常識を説くのが先だ

記事要約:韓国に常識を問うとか、産経も相変わらずまだ甘いことを述べていると思う。そもそも、韓国が約束を守らないという認識は日韓慰安婦合意だけではないだろう。そもそも、慰安婦問題も日韓基本条約で最終的に解決したと述べていたわけだから、その日韓基本条約すら守れていない。つまり、常識がどうとかではない。

韓国が約束を守らないのは日韓慰安婦合意が出てきた瞬間、管理人も読者様も、2chでも相当言われていたことだ。むしろ、まだ日韓慰安婦合意を破棄してないほうが不思議なぐらいだ。国民の大多数が受け入れられないから国家間の約束を覆すのもまた外交だ。韓国に国際常識を求めるほうがどうかしている。

つまり、日本がやることはシャトル外交の再開ではなく、むしろ、韓国への経済制裁である。中国のように経済報復措置を徐々に強めていけばいいじゃないか。なんでそれをしない。国際常識の無い韓国に国家間の約束を守らない場合はどうなるかを日本は示すべきなのだ。もう、韓国との対話とか、交渉とかいらない。

日韓慰安婦合意を履行しなければ韓国とは対話と交渉をしないと宣言して、さらに経済制裁を強めていく。これをやってこそ、相手に初めて日本との約束は国民の大多数が反対しようが守らないといけないと思わせることができるのだ。何もかも甘すぎるのだ。そんな甘い対応だから簡単に国家間の約束を破棄しようと韓国が考えるのだ。つまり、日本は舐められている。外交で舐められてはつけあがられるだけ。いい加減、日本も土下座外交から卒業してほしいものだ。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~225回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

韓国経済、シャトル外交の再開はよいが、自国民に対し外国との約束は守るという常識を説くのが先だ

日韓首脳会談 外交は指導者の責務伴う

シャトル外交の再開はよいが、自国民に対し外国との約束は守るという常識を説くのが先だ。

安倍晋三首相と文在寅韓国大統領の初の首脳会談がドイツで開かれ、文氏は慰安婦問題をめぐる日韓合意は最終決着ではないとの認識を改めて示した。

耳を疑ったのは、その理由である。

「国民の大多数が合意を情緒的に受け入れられずにいる」ので、その現実を認め、「両国がともに努力し、解決していきたい」というのだ。

国内の感情的な問題を放置し、国家間の約束を覆そうとする。だとしたら、そんな国とまともな外交ができるだろうか。努力は文氏が払うものだ。それが指導者に就くということの責任である。

文氏は大統領選で日韓合意の「再交渉」を訴えた。就任後も米紙などに対し、歴史問題で日本が「最善の努力をしていない」「法的責任を取り、謝罪することが必須」などと語った。

これらを踏まえ、安倍首相が会談で「日韓合意は未来志向の日韓関係を築いていくための欠くべからざる基盤」と指摘し、その順守を迫ったのは当然である。

韓国の歴代政権は、自らの立場に利用するため、日本の歴史問題を蒸し返してきた。

日韓合意は両国が慰安婦問題の「最終的かつ不可逆的な解決」を内外に表明した。そこに意義がある。もとより、日韓の戦後補償問題は、国交正常化の際に解決済みである。

(http://www.sankei.com/column/news/170709/clm1707090002-n1.html)