「極東地域の開発」カテゴリーアーカイブ

韓国経済、〔第2のセウォル号〕平昌冬季五輪に韓国では初の「クルーズホテル」が登場 4万トン級、客室700室に1500人収容規模

韓国経済、〔第2のセウォル号〕平昌冬季五輪に韓国では初の「クルーズホテル」が登場 4万トン級、客室700室に1500人収容規模

記事要約:いくら宿泊場所が足りないからと韓国の平昌五輪に初のクルーズホテルはない。しかも、船の大きさは4万トン級で、客室700室に1500人収容規模があるらしい。でも、平昌の会場までの移動手段がないだろ?平昌って港町じゃないぞ。

ここに平昌の地図がある。それを見る限りでは海に隣接してるわけではない。だいたい会場は山じゃないのか。この前、スキージャンプの場所は明らかに山だったような・・・。どう見ても無理があるなあ。まあ、いいやイメージが面白い。

いやいや、これが会場がすぐ近くなら船のホテルというのはありだろう。しかし、運行もしない、会場から遠い宿泊施設に価値があるのかというと多分ない。というより、このイメージ画像の雑さが面白いな。会場はものすごく遠いのにな。交通機関がなさそうなのにこんな宿泊ホテルが成功するわけないだろ。

>パク・テウク江原道海洋観光センター長は「停泊クルーズは、ソチ冬季五輪でも運営され成功事例として評価された。五輪期間の宿泊難の解消にも大いに役立つ」と話した。

これがソチの場所。どう見ても海に隣接している。そりゃ、ホテルとして使えるだろう。でも、普通はそうだよな。クルーズホテルとして使うなら会場の近くでないと何の意味もない。地図を見ても管理人は離れすぎているのでたいしてソチ五輪とは違い、宿泊客は訪れないんじゃないかと思う。

>ロシアのウラジオストク(5万トン級)や日本の金沢(7万トン級)から出発し、束草港に入港した後、平昌五輪観戦と国内観光などを行う4泊5日の日程だ。

いやいや、その日程も無理があるだろう。平昌五輪の日数が何日かは知らないが数日あるとして往復だけで6時間ぐらい使いそうな距離で競技を見た後に観光なんて出来るはずもない。ただ、平昌五輪の交通手段がどうなるかもわりと興味深いテーマな気がするな。宿泊施設と並んでこれも注目したいと思う。しかし、もう少し現実的に出来そうなアイデアはないのか。

赤字云々はともかく海に隣接していない場所でクルーズホテルはないだろう。それでもKTXなどの交通機関が平昌に直結しているとかギリギリありかもしれないがそんなこともなさそうだよな。船から車で数時間移動して会場まで歩くのか。どんな登山コースだよ。もっと検討して面白そうなアイデアを頼む。これでは新たな観光資源なんて夢のまた夢だろうに。どう見ても第2のセウォル号にしかならない。

さて、韓国のお正月も終わり、ウォンウォッチを再開していく。トランプ大統領のドル安発言でウォンが1143ウォンまで上昇した。ただ、韓国の適正レートは1100~1150。1100以上はウォン高。1150以下はウォン安というのが一応の目安となる。つまり、今は適正レートに入っているので1100~1150で動こうがそれほど問題にはならない。

韓国経済の初心者に必見!ウォンとは何か?チャートと看取る面白さ

 

韓国経済、〔第2のセウォル号〕平昌冬季五輪に韓国では初の「クルーズホテル」が登場 4万トン級、客室700室に1500人収容規模

平昌(ピョンチャン)冬季五輪が開かれる2018年、江原道束草(ソクチョ)港で韓国初の「停泊クルーズ(船ホテル・Floating Hotel)」が登場するとみられる。

江原道は6日、停泊クルーズを骨子とする「クルーズ船と共にする2018平昌冬季五輪総合計画」を発表した。停泊クルーズは運航はせず、宿泊を主な目的とする遊覧船だ。

パク・テウク江原道海洋観光センター長は「停泊クルーズは、ソチ冬季五輪でも運営され成功事例として評価された。五輪期間の宿泊難の解消にも大いに役立つ」と話した。

江原道は現在、停泊クルーズを運営する民間会社と協議を進めており、今月末までに事業許認可申請などを終え、8月までに船舶を引き取り来年1月から営業を開始する予定だ。

束草港に入る停泊クルーズは4万トン級で、700の客室に1500人を収容できる規模だ。

江原道は平昌冬季五輪の開催前後である来年2月1日から3月2日までの1カ月余り、中国、日本、ロシアの五輪観光客3万人を17回クルーズに誘致する計画も明らかにした。

ロシアのウラジオストク(5万トン級)や日本の金沢(7万トン級)から出発し、束草港に入港した後、平昌五輪観戦と国内観光などを行う4泊5日の日程だ。

上海(10万トン級)からは5泊6日の日程で5回入港する。これに先立ち、5月1日に上海から中国人約1000人を乗せた7万5000トン級のクルーズが束草港に入港するなど、年内に6回のテスト運航を行う予定だ。

チェ・ムンスン江原道知事は「平昌五輪を機に、束草港を中心としたクルーズ産業を江原道の新成長動力として育成する。

停泊クルーズは五輪期間中だけでなく、その後も地域の新たな観光資源になるように会社側と緊密に協議する」と話した。

韓国ハンギョレ新聞社 パク・スヒョク記者

韓国語原文入力:2017-02-06 20:31

ソースは韓国語なので2chより記事掲載

(http://www.hani.co.kr/arti/society/area/781493.html)

 

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

韓国経済、〔自業自得〕少女像・独島・対馬仏像を材料に韓国攻撃~支持率上げるため韓国叩く安倍に「韓日関係」は無い

韓国経済、〔自業自得〕少女像・独島・対馬仏像を材料に韓国攻撃~支持率上げるため韓国叩く安倍に「韓日関係」は無い

記事要約:今、韓国が置かれている状況は誰が見ても自業自得である。別に日本は韓国を攻撃なんてしていない。日韓慰安婦合意を一方的に破ったのは韓国であり、日本の固有の領土である竹島に慰安婦像を設置しようとしているのも韓国、対馬の仏像の返還に応じないばかりか、韓国裁判所が詐欺の寺に所有権があると斜め上判決を出したのも韓国自身である。

これを見て一体、どこに韓国攻撃をしているというのか。むしろ、全部、身から出た錆である。だいたいこの3つだけじゃないだろう。日本人を怒らせている理由なんて。むしろ、毎日、日本人を怒らせているといっても過言ではないんだよな。こういう記事だってどう見ても自分たちが悪いのに安倍政権の支持率稼ぎとかアホみたいなことを主張するわけだ。別に安倍政権は韓国叩かなくても普通に支持率50%ぐらいあった気がするんだが。

そもそも、民進党の支持率が1.8%というレベルなのにわざわざ韓国を叩いて支持率上げなくても長期政権は確定しているんだよな。今の状況を見て自民党政権が短期で終わるなんて誰も予想しないだろうに。それは別に韓国がどうとかじゃない。自民党以外に変わりがいないんだから。消去法で選んでも自民党にしかならないんだから。

>昨年末、釜山(プサン)日本総領事館前の少女像設置に反発して長嶺安政駐韓日本大使一時帰国など始まった安倍晋三政権の韓国叩きはますますレベルが高まる様相だ。釜山少女像設置に対する抗議で大使の一時帰国と共に、この問題と直接的関係ない韓日通貨スワップ再開議論中断という無理を強いたのに続き、韓日間の敏感な懸案についても直接的かつ即時的に反応を見せる。

頭が悪いから日韓通貨スワップ協定の交渉が直接関係ないとか述べているんだろうか。日本語を理解出来ないのか何か知らないが安倍総理は約束を守れない国とは交渉をしないと述べているだけなんだよな。いい加減、日韓慰安婦合意というのが国家間の約束だと理解しろよ。

1つの約束を守れない韓国にとってあらゆる約束を守らないレッテルを貼られているわけだ。もっとも1つの約束を守れないとかじゃないんだよな。既に上に上げた3つの国家間の約束を守ってないんだよな。

例えば対馬の仏像の返還はユネスコ条約違反、日韓慰安婦合意はウィーン条約違反、竹島への慰安婦像の設置、不法侵入は国家の領土権の侵害である。このように国際条約を1つも守らない韓国で何で日本が一方的な支援にしかならない日韓通貨スワップ協定の交渉に応じると思っているのか。いい加減に自分たちが何一つ約束を守らない屑国家だと気付よ。安倍政権が支持率のために韓国を叩いたとか、こんな馬鹿な主張が韓国では信じられるのか、韓国人は時系列理解出来ないから。

>この様な強硬姿勢は韓国の弾劾政局とかみ合わさって次期候補者の大部分が2015年12月の韓日慰安婦合意白紙化および再協議する方針を明らかにしたことに対する牽制とも見られる。また、韓国政府がリーダーシップ不在の状況に陥りながら日本側の執拗な攻勢に対し戦略的に対処できず右往左往するという指摘が出る状況とも無関係ではないように見える。

管理人は韓国側が日韓慰安婦合意を一方的に破棄してくれるのは歓迎するが、それによって韓国の立場がどうなろうが笑って看取るだけである。是非とも、次の大統領がやればいいじゃないか。

そもそも、リーダーシップの不在状況とか言われても、そんなの韓国が勝手にやったことだろ?管理人は朴槿恵大統領の条件付き辞任なら弾劾して辞めさせる必要はないと何度も述べた。政治空白を造るべきではないのに勝手に抗議デモに恐れをなして、与党の議員が裏切って弾劾に走ったんだろう。

あれほど政治空白を造っても世界は待ってくれない。ボーナスタイムを与えるといったのに韓国人は何一つ気にしていなかった。しかも、米国の新大統領が誕生するのはわかっててこの体たらくである。韓国人が愚かすぎる行動を取ったのに韓国への愛はないのかと意味不明な発想で火病するのはやめてほしい。韓国メディアもそれに荷担したのだ。その責任は国が滅びるということで取れば良いんじゃないか。なんせ保守派だった朝鮮日報ですら話にならなかったからな。

>問題は日本の外交強攻と韓国の対応の混線が重なっているにもかかわらず両国間の接点摸索努力さえ探すのが難しいことだ。さらに来る3~4月、小中学校社会科新学習指導要領に独島の日本領有権主張内容記載が確定すれば、韓日関係はもう一度荒波の中に陥るほかない。両国間対峙状況が長期化する可能性が高いということだ。

今の3つの状況を見て何一つ解決してないのに両国間の接点模索努力なんで出来るわけないだろ?管理人は日本の2月にある竹島の日に大使と安倍総理、外務大臣の出席を待ち望んでいる。今の日韓関係なら出来るだろう.何しろ、韓国に配慮する必要が全くないからな。長期化も何も慰安婦像の撤去をしない限り、日韓関係の改善なんてないぞ。いい加減、気付よ。この約束が日韓のあらゆる約束に関係していることを。

朝から全文突っ込み所満載の記事である。こんな主張している時点で日本の事情について全く理解出来てないところが面白い。これあれだろうな。朝日新聞を見て書いたんだろうな。主張が朝日そっくりだからな。

韓国人の記者がいつも的外れなことを述べているのは左翼系の新聞しか読んでないからだと管理人は考えているのだが、リンク先を見ると読売新聞の画像が貼ってあるんだよな。読売新聞を読んでこの主張なら韓国人の記者が都合の良い事実だけを端的に並べて書いているとしか思えんな。結論ありきの文章だから日本人が読んでも突っ込み所しか出てこないという。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~200回)

  人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする

 

(東京=聯合ニュース)チェ・イラク特派員=韓国に対する日本の度を越えた攻撃が続いている。

昨年末、釜山(プサン)日本総領事館前の少女像設置に反発して長嶺安政駐韓日本大使一時帰国など始まった安倍晋三政権の韓国叩きはますますレベルが高まる様相だ。釜山少女像設置に対する抗議で大使の一時帰国と共に、この問題と直接的関係ない韓日通貨スワップ再開議論中断という無理を強いたのに続き、韓日間の敏感な懸案についても直接的かつ即時的に反応を見せる。

◇日本外交に’韓日外交’への配慮見えない

何より突出したのは岸田文雄外相の独島(ドクト、日本名:竹島)領有権と関連した妄言だった。これまで日本の閣僚、特に韓国との対話チャネル責任閣僚の外相は領有権や歴史などの問題に言及する時、迂迴的な表現を通じて韓国を刺激しないようにしてきた。

しかし、岸田外相は去る17日、記者らと会った席で当時、京畿道(キョンギド)議会の一部による独島少女像設置推進に対する立場を問う質問に「竹島(日本が主張する独島の名称)は日本固有の領土」という妄言を吐きだした。

同日、定例ブリーフィングで政府報道官の菅義偉官房長官が同じ質問に対し「竹島の領有権に関する我が国の立場にのっとって受容できず残念」と遠まわしに答えたのと違いがある。 (中略:対馬仏像判決に対する日本政府の対応と歴史教科書での竹島記述)

◇「支持率守れ」…安倍保守勢力結集して’韓国叩き’活用

日本側の一連の韓国叩きの歩みは安倍総理の今後の政局運営構想と密接な関係があると見られる。大使の一時帰国を断行した時点は安倍総理において政治的峠の時点だったからだ。昨年末、彼はロシアのプーチン大統領と山口と東京で相次いで首脳会談を持ち、北方領土返還問題の協議にはいる計画だったが、一言も引き出せなかった。プーチン大統領が首脳会談に先立ち、ロシアの領有権を強調して北方領土は議論の対象ではないという立場を明確にしたからだ。

これに高空行進した安倍総理の支持率に亀裂が発生する雰囲気が感知された。ここに同月下旬、ハワイの真珠湾を訪問して日本の空襲で亡くなった犠牲者に追悼を示すとすぐに右翼勢力を中心に安倍総理の歩みに首をかしげる雰囲気が感知された。この様な状況で釜山少女像の懸案が発生するとすぐに安倍総理は駐韓日本大使召還など予想外の超強気で対応した。自身の主支持基盤である保守勢力の結集を狙ったのだ。

偶然にも独島少女像設置、慶北知事の独島訪問、対馬盗難仏像判決など韓日間葛藤を誘発しかねないことが相次いだ。日本の立場では攻撃材料が続いたわけだ。実際、安倍総理の支持率は反騰した。毎日新聞が21~22日、実施した世論調査で安倍政権支持率は一月前より4%上がった55%と集計された。

この様な渦中で大使韓国帰任は長期化している。日本側の立場では両国間の対立が続く状況で帰任の名分を探すのが難しい側面もある。しかし、安倍総理も去る19日、岸田外相などとの会議の席で「韓国側の姿勢に変化がないから日本側が先に動く必要はない」という内容がメディアを通じて流れるなど関係改善の意志を見つけることができない状況だ。

この様な強硬姿勢は韓国の弾劾政局とかみ合わさって次期候補者の大部分が2015年12月の韓日慰安婦合意白紙化および再協議する方針を明らかにしたことに対する牽制とも見られる。また、韓国政府がリーダーシップ不在の状況に陥りながら日本側の執拗な攻勢に対し戦略的に対処できず右往左往するという指摘が出る状況とも無関係ではないように見える。

問題は日本の外交強攻と韓国の対応の混線が重なっているにもかかわらず両国間の接点摸索努力さえ探すのが難しいことだ。さらに来る3~4月、小中学校社会科新学習指導要領に独島の日本領有権主張内容記載が確定すれば、韓日関係はもう一度荒波の中に陥るほかない。両国間対峙状況が長期化する可能性が高いということだ。

学習指導要領は地図要領解説書や教科書検定基準の上位概念である上に法的拘束力まで持っている。それだけ波及力が大きいためだ。これから2~3カ月ほど残った文部科学省の新学習指導要領制定過程で韓国外交部と駐日韓国大使館など外交当局がどれほど力量を発揮できるかも試験台に上がり注目される。

ソース:聯合ニュース(韓国語) 連日韓国叩きに向かう安倍に’韓日関係’はない

ソースは韓国語なので2chより記事掲載

(http://www.yonhapnews.co.kr/bulletin/2017/01/28/0200000000AKR20170128018700073.HTML)

 

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

韓国経済、〔必読〕逮捕された平昌五輪担当相の辞表を受理 朴槿恵氏の「表現の自由侵害」疑惑にも捜査のメス

韓国経済、〔必読〕逮捕された平昌五輪担当相の辞表を受理 朴槿恵氏の「表現の自由侵害」疑惑にも捜査のメス

記事要約;なんと本当に平昌五輪の担当相が逮捕された。以前、管理人はこのように述べている。

>けれども、平昌五輪までもうすぐ1年でその担当相らが逮捕されたら「必読」記事だな。管理人が大笑いして紹介するだろう。

このように書いたわけだが本当に逮捕されたので必読記事となった。まさか。ただのブラックリスト作成が一体何の罪になるんだ・・・。

>ソウル中央地裁が令状の発付を認めた。特検は朴氏の指示があったとの見方を強めており、立証されれば「表現の自由を侵害した」として、憲法裁判所の弾劾審理にも影響しそうだ。

表現自由の侵害だと?あの産経新聞の元ソウル支局長は何で逮捕されたんですか。なんていうのか本当に自分たちの都合の良い解釈しかしないな。司法がこれでは朴槿恵大統領の弾劾は難しいといわれているが承認されるんじゃないか。もう、司法も韓国人の国民情緒法にはかなわないらしい。

あきれてものがいえない。平昌までもうすぐ1年を切る。今、担当相なんか逮捕したら影響でるのは当たり前だが、そんなことより、もう開催する気ないんじゃないか?いくら手抜き工事で会場や施設を造っても、下手すればチケットを売るのも数ヶ月前とかになりそうだぞ。それって大赤字をさらに増大させるだけだよな。

しかも、現役の閣僚が逮捕されたことでますます平昌五輪のスポンサーも寄りつかないだろう。一体、この国はどこに向かっているんだ。なんて言うのか。もう、韓国では何を決めるのも国民情緒法が優先されるようだ。もう、韓国市民国とかの名称に変更して、韓国の最高権力者は市民団体とでも変更すればいいんじゃないか?

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~200回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする

韓国経済、〔必読〕逮捕された平昌五輪担当相の辞表を受理 朴槿恵氏の「表現の自由侵害」疑惑にも捜査のメス

韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領の疑惑を捜査する「特別検察官」(特検)は21日、朴政権が批判的とみなした芸能人や文化人らを掲載した「ブラックリスト」を作成し、圧力を加えたとして、職権乱用などの疑いで、ともに朴氏の最側近だった金淇春(キム・ギチュン)元大統領秘書室長と趙允旋(チョ・ユンソン)文化体育観光相を逮捕した。

ソウル中央地裁が令状の発付を認めた。特検は朴氏の指示があったとの見方を強めており、立証されれば「表現の自由を侵害した」として、憲法裁判所の弾劾審理にも影響しそうだ。

金容疑者は大統領府で「ナンバー2」とされた人物。趙容疑者は来年の平昌(ピョンチャン)冬季五輪の担当相で、五輪への影響は避けられなくなった。一連の事件で現職閣僚の逮捕は初めて。黄教安(ファン・ギョアン)首相が21日、趙容疑者の辞表を受理した。リストに掲載された文化人らは約1万人に上るとみられている。

産経

(http://www.sankei.com/world/news/170121/wor1701210081-n1.html)

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

韓国経済、韓国のTHAAD配備問題、露大統領は越えて中国主席だけ残った

韓国経済、韓国のTHAAD配備問題、露大統領は越えて中国主席だけ残った

記事要約:韓進海運の破産ニュースの続報も気になるところであるのだが、管理人は韓国のTHAAD配備の決定ついての中国とロシアの動きにも注目している。中国とロシアはTHAAD配備に反対する立場を示しているのだが、韓国への対応はまるっきり異なる。また、G20が中国で開催されているわけだが、それを見越しての北朝鮮がミサイルを発射している。明らかにG20開催国の中国に対して喧嘩を売っている。こうした動きに対して韓国はTHAAD配備の重要性について各国を説得しやすくなった。

北朝鮮は一体何を考えているのか。最近、やたらとミサイル発射の回数が増えているのも気になる。そろそろ北朝鮮の崩壊が間近に迫っているのか。そうした中、G20の前に韓国の朴槿恵大統領とロシアのプーチン大統領が韓露首脳会談を行った。それについて興味深いことになっている。

>これに先立ち3日に露ウラジオストクで行われた韓露首脳会談は、韓中首脳会談の前哨戦の性 格だった。この日の会談後に行われた朴大統領とプーチン露大統領の共同記者会見では「THAAD」という言葉が出てこなかった。

共同記者会見ではTHAADという言葉が出てこなかった。これはどういうことだろう。ロシアが黙認したとは思えないんだが。しかし、ロシアも原油価格の下落でGDPが韓国に負けるほど経済が停滞している。韓国との経済協力を選るためにTHAAD配備を真っ向から反対する立場にはならなかった。韓国との経済協力を得て国を立て直すほうがロシアにとっては重要だということだろうか。プーチン大統領もさすがに今の経済では強気には出られなかったと。

>朴大統領は「北の問題の解 決においてプーチン大統領と戦略的疎通をさらに強化していくことにした」とし「北の核と潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)の脅威は我々にとって生と死の 問題」と述べた。また「こうした状況で責任がある政府なら、国の安全と国民の生命を保護するために必要なあらゆる措置を講じていくしかない」とし、THAAD配備の正当性に迂回的に言及した。

確かに北朝鮮の核と潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)は今までの核脅威をさらに倍増させるものとなった。そのてのが技術が確立されてしまえば、弾道ミサイルの射程距離を遙かに超えた距離にまでミサイルを飛ばすことが可能だ。人工衛星から潜水艦を探すのはミサイル基地のミサイル発射準備を探すより難しいと思うのだが、こうなってしまうと韓国だけの脅威ではなくなってくる。北朝鮮に近い,日本を始めとするアジア圏内は北朝鮮の核の脅威に晒される。最も今すぐというわけではないが。

朴槿恵大統領の述べていることは概正しい。だが、北朝鮮の核の脅威がTHAAD配備したところで防げるかどうかといえば、答えはノーだろう。そもそも、THAAD配備は北朝鮮の核に対応出来るものではない。首都ソウルを守らないTHAAD配備に韓国を守る意思は感じられない。また、韓国はミサイルの脅威に目を奪われガチだが、北朝鮮とソウルは目と鼻の先にある。陸から戦車で攻めてこられてもソウルは火の海だろうに。管理人はさっさと首都移転でも始めるべきだと思うが、もう遅いんだろうか。

>プーチン大統領は北朝鮮の核問題に関し、「われわれ両国は平壌(ピョンヤン)の自称『核保有』地位を容認する ことはできない」と述べた。THAAD問題には言及せず、韓露経済協力分野に関する発言が中心となった。

プーチン大統領は韓国よりも北朝鮮を警戒しているようだ。しかし、どちらも同じ朝鮮人。信用には値しない。そうもいってられない事情があるにせよ韓国の蝙蝠外交がロシアを巻き込もうとしているのがよくわかる。だが、大事なことがある。記事を読んでると韓国の朴槿恵大統領にTHAAD配備の決定権があるように書いてあるが、決定権があるのは米国であって韓国ではない。その辺りを知っているならプーチン大統領が言及しなかったのは直接、米国と交渉しようとしているからかもしれない。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~174回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする

韓国経済、韓国のTHAAD配備問題、露大統領は越えて中国主席だけ残った

高高度ミサイル防衛(THAAD)外交が重大なヤマ場を迎えている。主要20カ国・地域 (G20)首脳会議出席のために中国杭州を訪問した朴槿恵(パク・クネ)大統領が、5日午前に中国の習近平国家主席と首脳会談をすると、鄭然国(チョン・ ヨングク)青瓦台(チョンワデ、大統領府)報道官が4日伝えた。

朴大統領がTHAAD配備を決定(7月8日)した後、習主席と会うのは初めて。両国首脳がどの程度の対話をするかがTHAAD問題の分岐点になるという分析だ。

これに先立ち3日に露ウラジオストクで行われた韓露首脳会談は、韓中首脳会談の前哨戦の性格だった。この日の会談後に行われた朴大統 領とプーチン露大統領の共同記者会見では「THAAD」という言葉が出てこなかった。朴大統領は「北の問題の解決においてプーチン大統領と戦略的疎通をさ らに強化していくことにした」とし「北の核と潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)の脅威は我々にとって生と死の問題」と述べた。

また「こうした状況で責任 がある政府なら、国の安全と国民の生命を保護するために必要なあらゆる措置を講じていくしかない」とし、THAAD配備の正当性に迂回的に言及した。

プー チン大統領は北朝鮮の核問題に関し、「われわれ両国は平壌(ピョンヤン)の自称『核保有』地位を容認することはできない」と述べた。THAAD問題には言 及せず、韓露経済協力分野に関する発言が中心となった。

青瓦台の関係者は「会談で両首脳はTHAAD問題を含む、韓半島(朝鮮半島)および北東アジアの戦略的安全問題に関し、友好的な雰囲 気の中で建設的な意見交換をした」と伝えた。両首脳が会談ではTHAAD問題を議論しながらも公開会見で言及しなかったのは「安保分野より経済協力に対話 の優先順位を置くという両国の利害関係が一致したため」と外交当局者が説明した。

韓中会談でもこうした雰囲気が続くかどうかは不透明だ。朴大統領は2日、露メディアのインタビューで「北の核の脅威が除去されれば自 然にTHAAD配備の必要性もなくなるだろう」と述べ、初めて「条件付THAAD配備論」に言及した。ロシアのほかTHAAD配備に強く反発してきた中国 を説得するためのメッセージだったという分析だ。

しかし習主席は3日、オバマ米大統領との会談で「中国は米国がTHAADを韓国に配備することに反対する」という従来の立場を再確認 した。これは5日の韓中首脳会談が容易でないことを予告している。李熙玉(イ・ヒオク)成均館大成均中国研究所長は「中国は今回、G20議長国であるため 不快感を意図的に表すことはないだろうが、THAAD問題における中国の立場を明確にすると予想される」と述べた。

ただ、両首脳間の最初の雰囲気は順調だった。この日、G20会議の最初のセッションで朴大統領は「蝶は幼虫の時期を経験し、覆いから 出てくる過程を通じて翼が力を得て華麗に飛び立つことができる。出てきやすく覆いを破ってやると数日間も生きられない」と述べ、果敢な経済構造改革の必要 性を力説した。

すると習主席は朴大統領の発言を受け継いで「韓国と中国は革新のために協力している。中国の2025目標(製造業育成政策)と韓国の戦略は 軌を一にする」と話した。習主席はセッションを締めくくる発言でも「構造改革を推進し、繭を突き破って飛翔できるようにしなければいけない」と述べ、朴大 統領の発言を引用した。

(http://japanese.joins.com/article/237/220237.html?servcode=200&sectcode=2009

 

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

韓国経済、韓ロが経済科学技術共同委開催 極東地域開発で協力強化へ

韓国経済、韓ロが経済科学技術共同委開催 極東地域開発で協力強化へ

記事要約:歴史は再び繰り返される。それが歴史の必然なのかは定かではない。だが、韓国という蝙蝠は歴史から何一つ学ぼうとしない。

日露戦争から112年。当時の列強の一因だったロシアは日清戦争で中国から独立を果たした朝鮮半島を狙っていた。ロシアの狙いは凍らない港を確保だったわけだが、ここで日本、ロシア、中国と3者の利害が対立した。当時の大韓民国は迫り来る帝国主義に何一つ対応できず、右往左往と蝙蝠外交を繰り返すのみ。日露戦争で勝った日本、北から侵略を企むロシア、さらに元の宗主国である清国にも韓国はひたすら日和見外交を重ねた。そして、大韓民国は日本に併合されて滅亡した。

時代は流れて112年。世界のパワーバランスはあれから大きく変化した。中国はGDPで米国に次ぐ第2位となり、大国だったロシアは原油価格の暴落で韓国以下のGDPの順位となる。そして、日本は3位。112年前と違うのはそこに世界1位のGDPを持つ米国という国が韓国と同盟関係を結んでいたり、朝鮮戦争で国が分裂して北朝鮮というもう一つの朝鮮人国家があるぐらいだ。

このように当時と比べて東亜の情勢は目まぐるしい変化を遂げているわけだが1つだけ変わらないのは韓国である。朴槿恵政権時代から急に中国へと媚びを売り始めて、中国主導のAIIBに加盟、さらに大統領自らが軍事パレードに出席するなどして、もはや、中国チームと一員となった。しかし、同盟国の米国は激怒し、韓国に年末に日韓慰安婦合意を迫り、さらに韓国のTHAAD配備を決定させた。

これに対して中国は徐々に経済報復を慣行し、従わない場合はさらに強めていくと脅迫。韓国は中国の経済報復が怖くてひたすら右往左往する毎日。その苦心は韓国メディアからも十分読み取れる。まあ、中国を無視した理解出来ない主張は多いが。さらに、北朝鮮が潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)の実験に着手。北朝鮮もまた明らかに韓国を挑発する。北朝鮮の脅威も確実に増しているなか、中国は「中韓を取るか、THAAD配備を中止にする」か、二者択一を要求。韓国政府がG20で中国側につくくかが注目される。

ざっと112年前の現在の情勢を振り返ったのは蝙蝠の次の先が「ロシア」と決まったからだ。ええ?今度はロシアなの?と聞こえてくるような気もするが、すでにロシアからラブコールを受け取ったらしく、この先、韓国経済は韓ロという新しい枠組みが強化されることになる。管理人は韓国経済を通してロシアの方を見ていくことになるわけだ。といっても、多くの読者はロシア経済にそれほど馴染みがあるとは思えない。しかも、今のロシアは原油価格の暴落以後、酷い有様である。経済を回復させるにはまだまだ時間がかかるわけだが、韓国とどのようなことをこれからしていくのか。その中の重要ワードが「極東地域の開発」だと思われる。

では、そもそも極東地域ってどこを指すのか?管理人もなんとなくしかイメージが出てこないのを調べてみた。

SnapCrab_NoName_2016-8-26_3-51-5_No-00

(極東地域はこの赤い部分)

極東地域は地図でいう赤い部分だがここらは極東ロシアとも言われており、ロシア連邦の最も東に分類される地域。東シベリアのバイカル湖から太平洋に接する地域まで地域まで含まれる。ロシアは極東連邦管区指定、西はシベリア連邦管区と接している。

この地域は北方領土は含まれていないが、すぐ近くにあるのは注目だろう。この地域の開発に韓国が協力関係を強化するということは日本の国益にとっても重要な話題となる。今回の経済科学技術共同委員会は韓ロ首脳会談前に話し合う内容を事前に点検するために開催されたようだが、大国の板挟みとなった韓国がロシアに助けを求める可能性が高い。

でも、ロシアだってTHAAD配備を嫌がっているんだよな。だが、今のロシア経済の現状だと韓国からの投資も無視できない。交渉は難航しそうであるが、韓国が有利な状況ではあるな。極東開発に莫大な投資を条件にTHAAD配備に一定の理解をプーチン大統領が了承してくれるかもしれない。ロシアのTHAAD配備のレーダーに引っかかるといっても、中国よりも離れているのでそれほど大きな脅威はないのも見ての通りだ、ほぼ射程範囲外であるしな。監視する軍隊を極東地域に置くぐらいはしてくるだろうが、それで関係拒否までは行かないだろう。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~174回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする

韓国経済、韓ロが経済科学技術共同委開催 極東地域開発で協力強化へ

【世宗聯合ニュース】韓国とロシアは25日、ソウルで経済科学技術共同委員会を開催し、極東地域の開発に向けた協力を大幅に強化する一方、貿易・投資、エネルギー・資源など経済分野での協力基盤を拡大することで一致した。同委員会は両国間の経済協力全般について協議するハイレベル委員会で、1997年に初会議が開催された。

韓国企画財政部によると、15回目を迎えた今回は、戦略的協力パートナーであるロシアとの経済協力が低迷する中、相互の発展策を協議する一方、来月開催される予定の韓ロ首脳会談の内容を事前に点検するために開かれた。韓国側からは、柳一鎬(ユ・イルホ)経済副首相兼企画財政部長官を首席代表に9官庁3機関の37人が出席した。

ロシア側は、首席代表のトルトネフ副首相兼極東連邦管区大統領全権代表と14省庁、17の機関、企業などから約60人が出席した。双方は貿易・投資、エネルギー・資源、交通、産業、農水産・環境、科学技術、地域間協力、保健・医療・文化の8分野の協力や協力基盤の拡大について協議した。

特に、ロシアが力を入れている極東地域の開発に向け、政府、地方自治体、企業間の多角的な協力を強化することで合意した。柳副首相は、韓国とユーラシア経済連合間の自由貿易協定(FTA)締結推進が両国の経済協力拡大の大きな転機になるとみて、ロシア側の積極的な役割を要請した。

双方は英国の欧州連合(EU)離脱決定など、保護主義や自国中心の政策が世界経済の新たなリスク要因として浮上しているとの認識で一致した。このほか、オイル・ガス分野の協力策、ロシアの韓国知能型交通システム(ITS)導入、朝鮮半島縦断鉄道とシベリア鉄道の連結など、鉄道・交通分野の事業についても持続的に協議することにした。

(http://japanese.yonhapnews.co.kr/headline/2016/08/25/0200000000AJP20160825005500882.HTML)

 

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry