カテゴリー別アーカイブ: 韓国の教育

韓国経済〔原産国の確認〕、群山のキャベツ 日本に輸出=毎週10トン販売

韓国経済〔原産国の確認〕、群山のキャベツ 日本に輸出=毎週10トン販売

記事要約:管理人は買い物と市場調査を兼ねて、毎週、何件かのスーパーでの商品販売価格をチェックしている。昨年は台風やらの影響で野菜の価格が高騰していた。特にキャベツや白菜は高かったのだが、今はだいぶ値段が元に戻っている。それと、今、安いのはトマトだな。美味しいトマトが安いのはありがたい。

トマトは熱してトマトスープにして飲んだ方が美容や健康には良いそうなので、トマトジュースより、トマトスープをお勧めしたい。サンドイッチに入れても美味しい。で、何の話だったか。ああ。そうだ。韓国の郡山で生産されたキャベツが日本に輸出して、毎週10トンほど販売するそうだ。しかも、25日に東京に到着するので、それから店頭に並ぶまで数日てところだ。

おそらくイオン辺りで販売するのではないか?もし、イオンに買い物行く人がいれば注意していただきたい。原産国の確認はしていると思うのだが、韓国産のキャベツが日本に輸出されてはいってくると。

>重さ1キロ前後の小玉キャベツは、食感が柔らかくシャキシャキとして甘みがあり、日本での試食会で好評を得て輸出用に選ばれた。

韓国産でなければ味見していいんだが、韓国産というだけで購入対象にはならない。せっかくの国産のキャベツが安いのに、なんで韓国産のキャベツを食べないといけないのだ。なので、トンカツ屋さんなどでキャベツを大盛りで出すところは注意。コンビニもそうだが、どこで加工されて使われるかはわかりにくいので、注意していただきたい。管理人は国内農家を応援する意味も含めて国産野菜を推奨したい。

魚や果物まで国産にこだわるのは難しいのだが、せめて野菜ぐらいは安全なものを食べたい。管理人は肉と野菜は国産と決めている。果物を国産限定にするとバナナとかまずないので難しい。魚は鮭が好きなのだが、北海道産の鮭より、チリ産のほうが味が好みだ。アメリカ産はあまりおいしくない。でも、最近は、チリ産の鮭も高くなっているんだよな。前は98円だったのに、今は128円するのだ。なんと3割ぐらい一気に上がった。これも鮭の人気が高まっているそうだが。鮭好きには死活問題だ。

とまあ、主婦みたいな文章になっているが、市場価格を見ておくのは面白いので、普段、買い物を奥さんに任せきりの旦那様も、たまにスーパーに出かけてみてほしい。思わぬ発見があるかもしれない。

>群山市は、塩漬けハクサイ、パプリカ、サンチュ、ケール、ホウレンソウなどの日本輸出も推進している。

買う、買わないは消費者が唯一選択できる個人の自由なので、それに関して何かいうつもりはないのだが、韓国産を口にしたくない消費者も中にはいるということだ。だから、上のような塩漬け白菜、パプリカ、サンチュ、ケール、ホウレンソウなども注意していただきたい。

パプリカは切られて便利な野菜パックの中に入っている。原産国に韓国と書いてあるので、管理人は買わない。ホウレンソウは普通に国産が売られている。サンチュ、ケールはあまり見たことないな。まあ、普段、食べないからな。

後、韓国産の食品は割とこうして取り上げているのだが、もう一つのジャンルとしては、韓国の化粧品関連も気になってはいる。韓国の化粧品関連は年々、伸びている。日本での売上も上がっているようなので、これについても少しずつ記事を増やしていきたいところだ。ただ、食品はわかるが、化粧品の知識はほとんどないからな。プラセンタ100とか、たまに通販で出てくるが、さっぱりわからないしな。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~271回

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

韓国経済〔原産国の確認〕、群山のキャベツ 日本に輸出=毎週10トン販売

【群山聯合ニュース】韓国南西部・全羅北道群山市の農業技術センターは22日、同地の小玉キャベツを日本に輸出したと明らかにした。

キャベツは25日に東京に到着し、毎週約10トンが若者や単身世帯向けに販売される見通しだ。

重さ1キロ前後の小玉キャベツは、食感が柔らかくシャキシャキとして甘みがあり、日本での試食会で好評を得て輸出用に選ばれた。

群山市の関係者は「日本人の消費トレンドに合わせて小玉キャベツを供給するため、昨年から契約栽培を始めた」とし、「来年には栽培面積を30ヘクタールに広げ、毎週40トン程度を輸出する計画だ」と伝えた。

群山市は、塩漬けハクサイ、パプリカ、サンチュ、ケール、ホウレンソウなどの日本輸出も推進している。

(http://japanese.yonhapnews.co.kr/economy/2018/06/22/0500000000AJP20180622003600882.HTML)

韓国社会、米国で売春容疑で韓人(コリアン)捕まる(写真あります)

韓国社会、米国で売春容疑で韓人(コリアン)捕まる(写真あります)

記事要約:記事のジャンル分けということで韓国人による犯罪や事故などのニュースは韓国社会に分類する。そして、その第一弾がいつもの米国で売春容疑で韓人(コリアン)が捕まるだ。

それで写真をどうしようかなと。朝から、こんな写真を見せていいのかどうか。記事を読みながら数分ほど悩んだのだが、「リンク」ならいいよな。閲覧は「自己責任」だしな。

リンク先の閲覧で受けた精神的なものは当サイトは一切責任を負わないのでご注意ください。管理人がリンクを張らないと読者様がわざわざリンク先をコメントで張ってしまうので、いらぬ手間をかけさせるわけにもいかないしな。

(キム・ミスク(左)、チョン・ミヨン(右) )

うん。それについてはとやかくいわない。さて、ニュースに戻ろう。

>ホール郡保安局のドン・スカリア報道官は21日、報道資料を通じ、ブフォードに住むチョン・ミヨン(50歳)とキム・ミスク(46歳)を売春店運営容疑で逮捕したと明らかにした。キムは類似性行為、無免許マッサージの容疑も受けている

韓国人が米国でマッサージ店などを経営するとなぜか、売春場所になっているんだよな。これも氷山の一角である。しかも、当然、無免許である。この逮捕も住民が違法行為が行われるという申告からだそうだ。さらに、4000ドル、1000ドルの保釈金を払って解放されたらしい。わりと保釈金が安い気がするな。

しかし、韓国人はどうしてアメリカまで遠征して売春しようとするのか。国内に仕事がないから?なんだろうか。確かに不景気になればそういう仕事も増えるというのもあるが、景気が良くても、似たような事件は過去にいくつも起きているからな。

ああ、のちの強制連行や慰安婦としてのネタ作りなのかもしれない。アメリカも気を付けた方がいい。そのうちアメリカ人に奴隷にされたとか言い出し、慰安婦像を立てられるぞ。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~271回

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

韓国社会、米国で売春容疑で韓人(コリアン)捕まる(写真あります)

ホール郡のマッサージ店で、韓人(コリアン)2人が売春容疑で逮捕された。

ホール郡保安局のドン・スカリア報道官は21日、報道資料を通じ、ブフォードに住むチョン・ミヨン(50歳)とキム・ミスク(46歳)を売春店運営容疑で逮捕したと明らかにした。キムは類似性行為、無免許マッサージの容疑も受けている。

スカリア報道官は、ゲインズビル・ダウンタウン近郊のジョン・モロー・パークウェイにあるマッサージ店で、違法行為が行われているという申告を受けて取り締まりを実施したと明らかにした。

キムとチョンはそれぞれ4000ドル、1000ドルの保釈金を払って釈放された。

ソース:米州中央日報(韓国語)

ソースは5chより記事掲載

(http://www.koreadaily.com/news/read.asp?art_id=6313814)

韓国経済、〔伝統の食文化を否定〕韓国裁判所、犬の食肉処理は違法と判断

韓国経済、〔伝統の食文化を否定〕韓国裁判所、犬の食肉処理は違法と判断

記事要約:韓国の裁判所が伝統的な食文化を否定するという愚かな判決を下した。韓国では犬は食用として古くから好まれており,毎年、100万匹の犬が食べられている。その世界にも誇れる食文化を韓国の裁判所が違法と判断するという。

自国の文化を否定して欧州に媚びたところで,どうせ禁酒法で同じで裏でこっそり食べ続けられる。だいたい、欧米人は自分たちが受け入れないものは否定してやめさせようとする。

鯨もそうだが、こういう伝統である国の食文化を否定というのは歴史そのものが否定されたのと同義である。全くもって不愉快なことである。犬は人間のペットである考え方は否定しないが、その肉を食べるなというのは傲慢だろう。

管理人は好きなものを食べればいいといいう発想しかしないので、こういうのを見ると腹立つ。欧米人は自分たちの価値観を世界に押しつけ過ぎなのだ。欧米人が中心に世界が回っているわけではないのだぞ。管理人は犬肉は食べないが、それを食べるなというのはおかしいと声をあげる。〇〇だから食べてはいけないなら、何でもありだろうに。

韓国の犬肉はアイスクリームが冷凍で置かれている容器でそのまま氷らして並べられている。それを韓国人が普通に購入していくそうだ。まさにアイスクリームを買う感覚で普通に売られている犬肉である。

>韓国の動物愛護団体は20日、同国の裁判所が犬の食肉処理を違法とする判断を示したことについて、犬食の違法化に道を開く画期的な判決だとの見解を示した。犬肉は長く韓国の食文化の一部とされており、毎年100万匹ほどが食べられていたとみられる。

画期的な判決ね。それおかしくないか?韓国の裁判所が国民情緒主義なのは今に始まったことではないが、一体どういう法律に違反したので「違法」と判断をしたのだ?ないだろう。

>法的に犬食は合法とも違法とも言い難く、特定の法律で禁止されているわけでもない。しかし平昌冬季五輪のような国際イベントの前になると、当局は衛生規制や残虐な食肉処理の方法を禁じる動物愛護法を引き合いに、養犬場や犬肉を提供する飲食店の取り締まりを行っている。

いや、法律では犬を殺して食べてはいけないと書いてないのだから、合法だろうに。なんだ。この曖昧な記述は。国際イベントの前になると批判されるから、取締をしているとか。韓国のやっていることは韓流をどうたらいいながら、大事な食文化を否定するという矛盾。

なんていうのか。韓国の文化とは他国が受け入れないから止めましょうで終わるようなものなのか?違うだろうに。そんなんで取り締まるなら、犬肉をさっさと禁止にしたほうがいいんじゃないか。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~271回

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

【AFP=時事】韓国の動物愛護団体は20日、同国の裁判所が犬の食肉処理を違法とする判断を示したことについて、犬食の違法化に道を開く画期的な判決だとの見解を示した。

犬肉は長く韓国の食文化の一部とされており、毎年100万匹ほどが食べられていたとみられる。

しかし韓国人の間で犬は人間の最良の友だという考えが広まるにつれ、犬肉の消費量は減少。また、犬食は若い世代の間で一種タブー視されており、活動家からの非難の声も高まっている。

法的に犬食は合法とも違法とも言い難く、特定の法律で禁止されているわけでもない。しかし平昌冬季五輪のような国際イベントの前になると、当局は衛生規制や残虐な食肉処理の方法を禁じる動物愛護法を引き合いに、養犬場や犬肉を提供する飲食店の取り締まりを行っている。

動物愛護団体「CARE」は昨年、「正当な理由なく動物を殺害している」として富川(Bucheon)市の養犬場運営業者を告発。後に業者は検察に起訴された。

富川市の裁判所は今年4月、食肉としての消費は犬を殺す法的な根拠とならないとして業者に有罪判決を下し、300万ウォン(約29万円)の罰金刑を言い渡した。

判決の詳細が今週になって明らかにされたことを受け、CAREの弁護士はAFPの取材に対し「食肉のために犬を殺害することは違法であるとの最初の判決であり、非常に重要だ」と強調した。

一方で養犬場組合の代表はテレビ局の取材に対し、「言語道断だ。食肉処理を気まぐれで動物を殺すことだとみなす判決など受け入れられない」と憤った。

(https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180621-00000038-jij_afp-int)

韓国経済、〔韓国の原発受注〕韓国が注力したサウジ原発に異常兆候…他の受注はなく

韓国経済、〔韓国の原発受注〕韓国が注力したサウジ原発に異常兆候…他の受注はなく

記事要約:国内では脱原発を掲げる文在寅大統領。しかし、海外では原発受注を積極的に行うという矛盾。そんな愚かなことをしながら、韓国は原発を売り込もうとしているわけだが、どうやら狙っていたサウジ原発が暗礁に乗り上げようとしているようだ。どうやら、サウジの王子であるムハンマド・ビン・サルマン皇太子の身辺に異常があったという噂がある。まあ、こういうのは真相はわからない。

>14日のロシアワールドカップ(W杯)開幕戦でプーチン露大統領と共にいる姿が見られたが、疑惑が完全に消えたわけではない。もしサルマン皇太子の身辺や役割に問題が発生したとすれば、原発事業もかなり遅れる可能性が高い。

遅れるもなにも韓国が受注できるのか?脱原発を掲げるような韓国が作る原発なんて信頼できるとは思えないが。

> 脱原発を推進しながらも原発の輸出は支援するというのが韓国政府の立場だ。しかし一部では国内で原発産業を育成せず発注国が韓国の原発技術の競争力を信頼するだろうかという指摘が出ている。サウジ原発受注の意味が大きい理由だ。

仮に受注できたら、当然、UAEと同等の破格条件で契約することになるだろう。60年保障とか、韓国軍で原発防衛。軍事協定の締結とか、わりと面白い条件になりそうだが、どうせ期限には完成しないのだから、遅れた分だけ金を取る契約をしておけばいいとUAEに助言でもされてそうだな。

>サウジの原発建設に問題が発生すれば、原発輸出支援という政府の構想が揺れる可能性がある。しかもサウジ原発を除いて韓国がすぐに受注できる海外の原発はない。チェコ・スロバキア・ポーランドなど候補地域はあるが、進行が最も速いチェコも来年に入って優先交渉対象者を選定する。

管理人は原発事故を起こしそうな気がするので、韓国に受注を任せるのは止めておいた方が良い。例え、周りが砂漠で地震が少ない地域でもだ。それで、次は原発解体するビジネスの話になる。今回の中央日報の記事はよく調べてあると思う。管理人の知らないことが色々書いてあって面白い。

>韓国政府が原発産業育成のもう一つの軸とする原発解体も前途は遠い。世界の原発の3分の2の約300基は建設から30年以上も経過している。業界はこれを考慮すると、400兆-630兆ウォン(約40兆円-63兆円)にのぼる原発解体市場が形成されると見込んでいる。

  これから開花する市場であるだけに参入する価値があるのは明らかだ。しかしまだ韓国は原発解体に必要な38件の核心技術のうち除染、廃棄物処理など10件ほどの技術を確保できていない。

原発解体市場か。ヘリの弾薬抜くのに爆発事故があるぐらいだし、これもやめたほうがいいな。解体して大爆発とか普通にあり得そうだしな。でも、それ以前に原発解体技術が韓国にはなかった。ああ。ただの夢では終わりそうだ。だから、管理人は知らなかったののか。

原発を解体する技術は核兵器にも関係する技術なので相当な規制があると思われる。韓国がその技術を入手出来るとは思えないが。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~271回

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

韓国経済、〔韓国の原発受注〕韓国が注力したサウジ原発に異常兆候…他の受注はなく

サウジアラビアは現在1.4GW級の原子力発電所2基を建設する事業者を選んでいる。2040年までに17.6GW規模の原発16基を建設するという長期プロジェクトの開始だ。韓国の立場では意味が大きい。2009年に受注したアラブ首長国連邦(UAE)バラカ原発1号機が今年3月に竣工した。韓国が海外に建設した最初の原発だ。

昨年末には英ムーアサイド原発事業者ニュージエンの株式を取得する優先交渉対象者にも選ばれた。サウジ原発も受注すれば、原発先進国として一段階さらに成長する土台となる可能性がある。

サウジ政府は5月に2、3カ所の予備事業者を発表する予定だった。5月4日にサウジアラビアのアルファレ・エネルギー・産業・鉱物資源相が訪韓した当時は雰囲気が良かった。

しかし事業者の発表は2カ月近く遅れている。ラマダン(イスラム教の断食月)にムハンマド・ビン・サルマン皇太子の身辺に異常があったというニュースまでが出て、さまざまな噂が広まっている。産業およびエネルギー政策を総括するビン・サルマン皇太子は最近1カ月以上も公式的な席に姿を現さなかった。14日のロシアワールドカップ(W杯)開幕戦でプーチン露大統領と共にいる姿が見られたが、疑惑が完全に消えたわけではない。もしサルマン皇太子の身辺や役割に問題が発生したとすれば、原発事業もかなり遅れる可能性が高い。

脱原発を推進しながらも原発の輸出は支援するというのが韓国政府の立場だ。しかし一部では国内で原発産業を育成せず発注国が韓国の原発技術の競争力を信頼するだろうかという指摘が出ている。サウジ原発受注の意味が大きい理由だ。

サウジの原発建設に問題が発生すれば、原発輸出支援という政府の構想が揺れる可能性がある。しかもサウジ原発を除いて韓国がすぐに受注できる海外の原発はない。チェコ・スロバキア・ポーランドなど候補地域はあるが、進行が最も速いチェコも来年に入って優先交渉対象者を選定する。

韓国政府が原発産業育成のもう一つの軸とする原発解体も前途は遠い。世界の原発の3分の2の約300基は建設から30年以上も経過している。業界はこれを考慮すると、400兆-630兆ウォン(約40兆円-63兆円)にのぼる原発解体市場が形成されると見込んでいる。

これから開花する市場であるだけに参入する価値があるのは明らかだ。しかしまだ韓国は原発解体に必要な38件の核心技術のうち除染、廃棄物処理など10件ほどの技術を確保できていない。

収益性も疑問だ。原発の解体は長い時間がかかる。昨年閉鎖を決めた古里1号機の場合も本格的な撤去は2022年6月に始めることができる。2025年12月に使用済み核燃料棒搬出完了、2030年12月に除染・撤去完了、2032年12月に解体完了を計画中だ。すべての過程が終わるには15年以上もかかる。その間、高レベル放射性廃棄物処理場設置問題を解決できなければさらに長引くしかない。

朱漢奎(チュ・ハンギュ)ソウル大原子核工学科教授は「数百兆ウォンの市場であっても長い工事期間を考えると実益は大きくない」とし「古里1号機も全体の解体費用は7500億ウォンだが、年単位では500億ウォン水準で、このうち40%は廃棄物処理にかかる消耗性費用であり、収益はほとんどない」と述べた。

(http://japanese.joins.com/article/366/242366.html?servcode=300&sectcode=300)

韓国経済、〔サッカーロシア杯〕韓国16強入りに自信、アジア勢の奮闘は「刺激になった」

韓国経済、〔サッカーロシア杯】韓国16強入りに自信、アジア勢の奮闘は「刺激になった」

記事要約:韓国はスウェーデン戦で敗れてスコア0のまま、メキシコとドイツと試合が2戦あるわけだが、どちらも圧倒的な格上。サッカーファン、100人中100人にきいても、おそらく韓国がグループリーグ突破するなんてことはないと考えるぐらいだろう。勝負事はやってみないとわからないので、100%はないが、おそらく、韓国が勝つ確率は1割未満だと思う。審判買収、八百長をしない限りはほぼ無理。そんな絶望的な状況である。

でも、負けるつもりで試合する選手なんていない。結果はともかく、残り2試合、ベストを尽くして頑張れば良いんじゃないか。

日本もまだまだ油断はできないが、コロンビアに勝利したことで、貴重なスコア3を得た。このまま。次の試合を勝てば文句なしに突破。引き分けなら厳しいが、スコア1が意外と大きい。相手は格上だが韓国とは状況が異なる。さあ。最終的にどちらが笑い,泣くことになるのか。非常に楽しみである。

管理人は勝っても,負けても、火病する韓国をスポーツで応援することはない。韓国が勝ったら日本が有利という状況でも応援しない。でも、他の国は応援するんだよな。だから、メキシコとドイツは応援させていただく。同じアジア?そんなことはどうでもいい。

>韓国はW杯初戦でスウェーデンに敗れたが、とりわけこの試合の前にはメキシコがドイツを下すという衝撃をみせていたこともあり、グループFでの遅れを取り戻すことに必死である。

ドイツという超強豪にメキシコが勝ったことに驚きだが、ドイツがこのまま敗退なんて誰も想像できない。しかし、混戦ではあるな。スコアが高い上位2チームだよな。まあ、まだチャンスはある。可能性はゼロではない。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~271回

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

韓国経済、〔サッカーロシア杯】韓国16強入りに自信、アジア勢の奮闘は「刺激になった」

【AFP=時事】2018年W杯ロシア大会(2018 World Cup)に出場している韓国代表は、16強入りをまだ諦めておらず、23日に行われるメキシコとの大一番を前にアジアのライバルチームから刺激を受けた。

韓国はW杯初戦でスウェーデンに敗れたが、とりわけこの試合の前にはメキシコがドイツを下すという衝撃をみせていたこともあり、グループFでの遅れを取り戻すことに必死である。

韓国は第2戦でメキシコと対戦するが、この試合に敗れると3度目となるベスト16進出の可能性がついえると見込まれる。

李承佑(Seung-Woo Lee、イ・スンウ)は「監督のことを信じ、残りの2試合をうまく進めることができればベスト16に進出できる」と話している。

「韓国代表としてW杯の舞台でプレーすることを、子どものころからずっと夢見てきた。負けたからといって、チームはまだ諦めていない」

「選手たちはやれると信じている。私はチームメート、コーチ陣のことを信じきっている」

今大会ではサウジアラビアのグループAでの敗退が決まった一方、イランがモロッコに勝利し、日本も10人のコロンビアを破るなど、アジア勢はここまである程度の成功を収めている。

MFの鄭又榮(Woo-Young Jung、チョン・ウヨン)は、「われわれアジア勢では、すでにイランと日本が勝利している」と語る。

「私はこのW杯でアジア勢が成功することに疑いの気持ちを持っていたが、われわれも同じアジアのチームとしてうまくやれるとも考えている」

「同じアジア勢の奮闘はわれわれにとって刺激になったとともに、われわれのやれるという信念をより強くしている」 【翻訳編集】 AFPBB News

(https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180621-00000001-jij_afp-socc)

韓国経済、日本、鉄鋼関税賦課に反発…WTOに韓国提訴

韓国経済、日本、鉄鋼関税賦課に反発…WTOに韓国提訴

記事要約:大阪北部に大きな地震、さらにワールドカップロシア杯とニュースが色々とあるわけだが、このサイトは韓国経済なので、経済的な話題を中心に扱う。今回は日本が韓国をWTO提訴したという。ダンピングしまくってシェアを荒らしたあげく、ピンチになったら政府支援という舐めたことを繰り返す韓国。

ただ、今回は国内産業保護を名目に日本、インド、スペインから輸入するステンレス棒鋼製品に対して反ダンピング関税を課している。それがなぜか、3度も延長されて2004年~2020年までという。もはや、一時的な措置とはいえないものであることに日本側が反発した。

>これに反発した日本側は、貿易委員会の3度目の再審結果がWTOの反ダンピング協定に反しているという趣旨で協議を要請した。産業通商資源部関係者は、「日本側との協議を進める過程で、韓国政府の反ダンピング措置は国内産業の被害を防止が目的で、WTO規定に合致する方法で維持されていることを十分に説明する。日本側が提起する問題に対しても積極的に対応していく計画だ」と話した。

いや、明らかに16年の延長はおかしいだろう。どうして期限が3年ぐらいなのに、それを3度も延長しているのか。反ダンピング関税といいながら、明らかに自国有利な貿易をしたいとしか思えない。韓国に公平な市場を期待するのは無駄な気もしないでもないが、いつまでも日本は黙ってないで不公正なルールは正していくべきだ。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~271回

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

韓国経済、日本、鉄鋼関税賦課に反発…WTOに韓国提訴

日本が18日に日本製鉄鋼製品に反ダンピング措置をした韓国を世界貿易機関(WTO)に提訴した。WTOによると日本はこの日午前、韓国政府の日本製ステンレス棒鋼への反ダンピング措置に対し紛争解決手続き上の協議を要請した。

韓国は2004年から日本、インド、スペインから輸入するステンレス棒鋼製品に対し反ダンピング関税を課している。同種品目を生産する韓国国内企業の被害を防止するためだ。関税率は15.39%だ。当初2009年に関税賦課が終了する予定だったが、貿易委員会が2度にわたり再審を開いき、2016年まで賦課期間が延びた状況だった。貿易委員会は該当品目の輸入増加により被害が持続的に発生しているという業界の主張を受け入れ、2017年3月に再度関税賦課維持を決めた。期間は2020年までだ。

これに反発した日本側は、貿易委員会の3度目の再審結果がWTOの反ダンピング協定に反しているという趣旨で協議を要請した。産業通商資源部関係者は、「日本側との協議を進める過程で、韓国政府の反ダンピング措置は国内産業の被害を防止が目的で、WTO規定に合致する方法で維持されていることを十分に説明する。日本側が提起する問題に対しても積極的に対応していく計画だ」と話した。

(http://japanese.joins.com/article/380/242380.html?servcode=300&sectcode=300)

韓国経済、〔日韓慰安婦合意違反?〕河野外相が韓国の性暴力根絶イニシアチブに理解 「慰安婦問題とは無関係と説明あった」

韓国経済、〔日韓慰安婦合意違反?〕河野外相が韓国の性暴力根絶イニシアチブに理解 「慰安婦問題とは無関係と説明あった」

記事要約:韓国の康京和外相が発足させた「女性とともにする平和イニシアチブ(主導)」に関して、河野外相が「『慰安婦問題とは全く無関係である』という説明が韓国外交当局からあった」と話し、韓国側の説明に理解を示したそうだ。

これはどうだろうな。管理人は韓国のことは最初から信用しないので、日韓慰安婦合意違反だと思うのだが、外交で説明されて、事も起きてないのに信用しないというのは外交関係を構築する上で失礼に当たる行為だということも理解できる。

ただ、懸念事項として相手が約束を破った時にどうするかも、河野外相は検討しておくべきだろう。おそらく、河野外相も韓国のことを信用することはないとおもうので、様子見ながら対策を取るといったところだろう。さすがに鵜呑みにするようなことはないとおもう。親父ならともかく、外相として息子には期待しているからな。まあ、なので管理人は様子を見ることにする。

>イニシアチブの諮問委員には、元慰安婦が暮らす施設「ナヌムの家」の所長ら慰安婦問題に関わる人物が少なくとも5人含まれている。

この時点で信用に値しないとは思うんだがな。外交で仮定の話をするのは難しいのもわかるのだが、韓国が約束を守るわけないし、日韓慰安婦合意違反をいつまでも続けてるわけで、さっさと日本政府はさっさと経済制裁するべきではないか。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~271回

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

韓国経済、〔日韓慰安婦合意違反?〕河野外相が韓国の性暴力根絶イニシアチブに理解 「慰安婦問題とは無関係と説明あった」

河野太郎外相は20日午前、韓国の康京和外相が発足させた「女性とともにする平和イニシアチブ(主導)」に関し「『慰安婦問題とは全く無関係である』という説明が韓国外交当局からあった」と話し、韓国側の説明に理解を示した。

その上で河野氏は「慰安婦関係の問題については日韓合意に尽きている。韓国側も不必要な問題を提起することなく、両国関係が未来志向で発展するよう、努力していきたい」と語った。

イニシアチブの諮問委員には、元慰安婦が暮らす施設「ナヌムの家」の所長ら慰安婦問題に関わる人物が少なくとも5人含まれている。

記者団から慰安婦問題が取り上げられる可能性を問われた河野氏は「仮定の質問に、あたかもそのようなことが行われるようにお答えするのは不適切だ」と述べた。

(http://www.sankei.com/smp/politics/news/180620/plt1806200006-s1.html)

韓国経済、昨年の家計負債増加速度、世界3位

韓国経済、昨年の家計負債増加速度、世界3位

記事要約:今日の0時過ぎ、大きな余震があって目が覚めた。それから5時前にまた余震があった。来るとは思っていたのだが、中々,寝てもいられないという。すぐに寝られるわけでもないのに大きな余震が続く。くれぐれも注意して頂きたい。何が言いたいかというと管理人は寝不足だ。

だから、朝から数字が出てくる韓国経済ネタは避けようと思ったが、2020年、韓国経済破綻を家計負債増加によるものからと予想している管理人にとってはこのネタは取り上げないわけにはいかなかった。つまり、家計負債の最新情報だ。ついに1467兆ウォンまで来たようだ。しかも、昨年の家計負債増加速度は世界3位という。1位は中国だろうが、2位はどこだろうな。

>収入よりも負債が急速に増加したことにより、昨年の韓国の家計負債は主要43カ国中3番目に大幅に増えた。家計負債増加速度は処分可能所得の増加速度の1.6倍であることも分かった。

阻止限界点と思われる1500兆ウォンまでもう少し。もうすぐラグランジュポイントから外れ、地球の引力に引かれて家計負債という名の超大型隕石が韓国へと投下される。その被害によって韓国経済は崩壊し、そこから何がもたらされるのかをリアルで確かめたい。

簡単に予想される被害は輸入がストップしたり、IMFに並ぶことだが、問題はこれ家計負債なので、外債が払えずに市場経済とは違う。むしろ、家計負債でデフォルトしたケースなんて過去にあるのかすらしらない。なんとも興味が尽きない。そもそも、デフォルトするにしても、ウォンならウォンを刷ればいいば、ハイパーインフレ程度で終わるが。借りているのは主にドルなので、ドルを調達しなければいけない。韓国政府がそこまでドルを用意できるとは思えないが。そういう意味では実に興味深い。一体どうなるんだろうな。

>過去1年間で2.2%ポイント上昇し、中国(4%ポイント)と香港(3%ポイント)に次いで上昇幅が世界3位だった。この期間、他の国と比べる時、経済規模に比べて家計負債が急激に加したことを意味する。順位の差は、前のカナダとは狭まり、後ろのニュージーランドとは広がった。

まあ、これで3%成長維持とか言い出すんだから笑えるよな。それはただの前借りなだけだ。政府が借金して国を大きくすることはりと良くあるが、国民全員が借金して成長率に貢献するというのは中々ない。普通は不況となれば財布の紐を締めるからな、韓国人1人当たり750万の借金を背負っているわけだが、日本とは違って外債がほとんどだからな。

しかも、その経済成長とやらも韓国はそろそろ限界点に到達しようとしている。もうすぐ始まるんじゃないか。先進国でもないのにマイナス成長とやらが。

なんだ悲しい事ばかりだが、逆に考えれば不況でも韓国人は借金してまで、経済成長に貢献して,お金を流通させているということで、それについては評価しておいてもいい。中々、できることではない。そこに痺れもしないし、憧れはしないが、経済的には韓国人のやることは正しい。お金は循環させないとな。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~271回

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

韓国経済、昨年の家計負債増加速度、世界3位

収入よりも負債が急速に増加したことにより、昨年の韓国の家計負債は主要43カ国中3番目に大幅に増えた。家計負債増加速度は処分可能所得の増加速度の1.6倍であることも分かった。

17日、国際決済銀行(BIS)と韓国銀行経済統計システムによると、昨年末の韓国の家計信用(家計の借金)は家計処分可能所得(所得から税金・年金費用などを除いた金額)の159.8%を記録した。これは1年前に比べて5.2%ポイント高い水準だ。

政府の規制にもかかわらず家計負債が大きく増加した。昨年の家計信用は108兆3000余億ウォン(8.1%)、家計処分可能所得は39兆3000億ウォン(4.5%)増えた。処分可能所得に対する家計信用比率は過去3年間で23.4%ポイントも上昇した。

昨年の上昇幅は、2015年6.5%ポイントや2016年11.7%ポイントに比べると小さいが、 2014年2.5%ポイントよりも大きい。いわゆる朴槿恵(パク・クネ)政権時代の経済政策「チョイノミクス」と韓銀の利下げが同時に始まった2014年7-9月期から本格化した。

経済協力開発機構(OECD)によると、韓国は2016年度には所得に対する金融負債比率上昇幅が11.4%ポイントで、 主要28カ国のうち最も大きかった。昨年末における韓国の家計負債は国内総生産(GDP)の94.8%で、世界主要国で7番目に高かった。

過去1年間で2.2%ポイント上昇し、中国(4%ポイント)と香港(3%ポイント)に次いで上昇幅が世界3位だった。この期間、他の国と比べる時、経済規模に比べて家計負債が急激に加したことを意味する。順位の差は、前のカナダとは狭まり、後ろのニュージーランドとは広がった。

韓国の家計負債は今年に入っても増え続け、史上最大記録を更新している。 家計信用は1-3月期に17兆2000億ウォン増となる1468兆ウォンに達した。

増加率は8.0%で、3年ぶりに最低値だったが依然としてその速度は衰えていない。 昨年1-3月期(16兆6000億ウォン)よりも増加額が多い。家計ローンは4月と5月にも予想を上回る増加を示した。

家計負債累増に伴う金融不安への懸念はますます強まっている。 BISが算出した昨年の韓国家計部門DSR(Debt service ratios)は昨年年平均11.95%で、 2012年(12.03%)以来最高だった。年間の所得に対する元利金償還負担が5年ぶりに最大となった。

(http://japanese.joins.com/article/355/242355.html)

韓国経済、不安定な為替レート…ウォン安続く可能性も

韓国経済、不安定な為替レート…ウォン安続く可能性も

記事要約:管理人は今回の不安定な為替レートが、今後、ウォン高か、ウォン安になるのかは4対6ぐらいだと考えている。理由は後で解説するが、ウォン高傾向が4,ウォン安6ぐらいではないだろうか。では、それについて触れていく。

■ウォン高になる可能性

これは、まず韓国経済における地政学的リスク要因である北朝鮮との関係改善があげられる。トランプ大統領が米韓合同軍事演習が中止にするなど融和策をとることで朝鮮半島有事が遠のけば投資家は歓迎して,韓国に投資が集まる。加えてサムスン電子などの韓国勢におけるDRAMシェアの韓国勢の独占。原油価格高騰による石油製品、プラント、造船などの受注の増加。また、韓国経済は不況の前の好況を維持している状態なので、しばらくはウォン高の圧力は強い。

■ウォン安になる可能性

米国の通商圧力。米韓FTA再交渉など。さらに米国のFRBの利上げ。特に利上げで韓国との金利差が激しくなるほど、投資家は韓国から投資を引き揚げていくだろう。投資が引き上げられる。持っているウォンが売られてドルに交換される。つまり、ウォン安ということだ。後は韓国の景気後退が加速化することでの輸出減少もウォン安要因だろう。先日から、米中貿易戦争も500億ドル、600億規模で互いを制裁するなども不安要素だ。では、記事を見ていく。

>また「韓国の輸出が依然として好調であるうえ、グローバル市場でドル供給量が増える点を勘案すると、ウォン高圧力は依然として強い」と説明した。6・13地方選挙の結果もウォン高要因に挙げられる。サムスン先物のチョン・スンジ研究員は「与党の圧勝は政府の政策推進力を強化するという点でウォン高材料」と述べた。

これはウォン高の意見だが、与党は圧勝したが、この先、韓国政府はよほど上手くやらないと経済対策の無能さが露呈されてしまう結果となる。失業者が溢れているのに輸出は好調だと言われても、庶民からすれば、なら、なんで仕事がないのかになる。もっとも、輸出は既に減少しているのだが。

>一方、新韓金融のハ・ゴンヒョン研究員はウォン安ドル高基調が続くという見方を示した。ハ研究員は「米国が通貨政策正常化基調を継続していて、欧州中央銀行(ECB)も量的緩和縮小決定を控えていて、韓国をはじめとする新興国としてはやや負担になる状況」とし「米中通商摩擦による投資心理の冷え込みなどを勘案すると、ウォン安の流れが続く可能性が高い」と述べた。

それでウォン安の意見。この意見は正しいと思う。でも、投資家の心理は中々読めるものではないだろう。この研究院は韓国を新興国として述べているな。先進国とはいってない。このようにウォン高になるのか。ウォン安になるのか。管理人もそこまで確信は持てない。別の要素が追加されたら簡単に覆る可能性が高いからだ。それだけ韓国経済は脆いともいう。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~271回

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

韓国経済、不安定な為替レート…ウォン安続く可能性も

米国の攻撃的な利上げが予告され、最近落ち着いていた外国為替市場がまた不安定になった。14日のソウル外国為替市場で、韓国ウォンは前営業日比5.9ウォン値下がりしたした1ドル=1083.10ウォンで取引を終えた。終値基準では先月21日(1ドル=1085ウォン)以来のウォン安ドル高水準。

この日未明の米国の政策金利引き上げがウォン安ドル高につながった。12日の米朝首脳会談の結果も関係があるという分析も出ている。北朝鮮の非核化計画が具体的に提示されなかったうえ、トランプ米大統領の韓米連合訓練中断発言が韓国の地政学的リスク要因を浮上させた。

しかし市場参加者はウォン安が中長期的に続く可能性は高くないとみている。ウォン・ドル為替レートは今年に入って材料によって上下に動いたが、最近は明確な方向が見えず横ばいだった。

ウリィ銀行のエコノミスト、ミン・ギョンウォン氏は「米国の利上げで通貨政策の不確実性が解消されたという点で、国内の外国為替市場に及ぼす影響は大きくない」とし「国内債券市場で外国人の買いが続いている点などを勘案すると、急激な資本流出による為替レートの急変動が発生する可能性は低い」と予想した。

また「韓国の輸出が依然として好調であるうえ、グローバル市場でドル供給量が増える点を勘案すると、ウォン高圧力は依然として強い」と説明した。6・13地方選挙の結果もウォン高要因に挙げられる。サムスン先物のチョン・スンジ研究員は「与党の圧勝は政府の政策推進力を強化するという点でウォン高材料」と述べた。

一方、新韓金融のハ・ゴンヒョン研究員はウォン安ドル高基調が続くという見方を示した。ハ研究員は「米国が通貨政策正常化基調を継続していて、欧州中央銀行(ECB)も量的緩和縮小決定を控えていて、韓国をはじめとする新興国としてはやや負担になる状況」とし「米中通商摩擦による投資心理の冷え込みなどを勘案すると、ウォン安の流れが続く可能性が高い」と述べた。

(http://japanese.joins.com/article/294/242294.html?servcode=300&sectcode=300)

 

韓国経済、造船受注、日本はゼロ、韓国は15隻…中国抜いて世界1位復帰?

韓国経済、造船受注、日本はゼロ、韓国は15隻…中国抜いて世界1位復帰?

記事要約:韓国の造船受注が中国を抜いて世界1位に復帰したようだ。それで韓国は15隻で、日本はゼロとのこと。おお、良かったではないか。2兆円以上の税金を投入して造船業を復活させたものな。これで日本に負けていたらダンピングしている意味はないもんな。

管理人は知りたいの受注だけではなく利益が出ているかどうかだからな。採算取れないようで受注を引き受けているのか、原油価格の高騰で受注が増えたのか,今のところはよくわからない。

>5月の1カ月間、韓国・日本の造船業界の受注実績だ。韓国は先月、計15隻・55万CGT(標準貨物船換算トン数、高付加価値船舶に高い加重値を適用した重量単位)規模を受注し、世界船舶発注量の55%を占めた。日本は1隻の受注できなかった。中国は13隻・25万CGTを受注し、韓国の半分にもならなかった。

韓国に造船技術があるかは知らないが、なんと世界船舶発注量の55%らしい。この時点でこの数値のおかしさを感じるな。

>韓国造船会社が今年に入って受注競争で善戦したのは、世界船舶発注環境がバルク船やタンク船から、ガス運搬船やコンテナ船など技術力を必要とする船舶中心に変わったからだ。環境にやさしい燃料の使用が世界的に強調されるなか液化天然ガス(LNG)運搬船の発注が増え、国際原油価格の上昇で超大型タンカー(VLCC)の発注も増加した。

やはり、原油価格の上昇か。なら、しばらく大丈夫なのではないか。いきなり原油価格の暴落は中東情勢を見る限りではなさそうだもんな。

>また、世界経済成長率が回復傾向にあり、物流量増加に対応したコンテナ船の発注も増えた。すべて韓国造船会社が競争優位にある船舶だ。バルク船の製作に競争力を持つ中国・日本造船会社の受注が難しい環境が続いたのだ。

別に日本がコンテナ船を造れないわけでもないだろう。よくわからないがどう厳しいんだろうな。日本の造船業はあまり注目されないが、そこまで酷い状態ともきかないのだが。でも、これならビッグ3は毎年、雇用3000人増加は楽勝そうだな。政府が雇用3000人を毎年増やせと述べていたので心配していたが、世界船舶発注量の55%もあるなら仕事はたくさんありそうだ。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~271回

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

韓国経済、造船受注、日本はゼロ、韓国は15隻…中国抜いて世界1位復帰?

  「15隻対0隻」。5月の1カ月間、韓国・日本の造船業界の受注実績だ。韓国は先月、計15隻・55万CGT(標準貨物船換算トン数、高付加価値船舶に高い加重値を適用した重量単位)規模を受注し、世界船舶発注量の55%を占めた。日本は1隻の受注できなかった。中国は13隻・25万CGTを受注し、韓国の半分にもならなかった。CGTとは受注量を船舶の重量に換算した単位だが、重量が同じでも高度な技術が必要な船舶を多く受注すれば数値が高くなる。造船業界の関係者は「韓国と中国が受注した船舶の数は似ているがCGTに2倍以上の差が生じるのは、それだけ韓国が技術力を必要とする高付加価値船舶を多く受注したという意味」と説明した。

韓国造船業が世界最強の地位に復帰する準備をしている。韓国造船業界は2011年から昨年まで7年連続で、年間船舶受注量の順位が中国に次ぐ2位だった。国内でも造船業は「斜陽産業」と見なされた。しかし今のような受注実績が年末まで続けば、韓国は8年ぶりに中国を抑えて年間基準で世界トップに復帰する。

グローバル造船・海運分析機関クラークソンリサーチによると、今年1-5月の国別累積受注量は韓国が410万CGT(87隻)にのぼった。受注シェアは41%。中国は受注量359万CGT(157隻)、シェア36%で2位だった。日本は113万CGT(36隻)、シェア11%にとどまっている。

韓国造船会社が今年に入って受注競争で善戦したのは、世界船舶発注環境がバルク船やタンク船から、ガス運搬船やコンテナ船など技術力を必要とする船舶中心に変わったからだ。環境にやさしい燃料の使用が世界的に強調されるなか液化天然ガス(LNG)運搬船の発注が増え、国際原油価格の上昇で超大型タンカー(VLCC)の発注も増加した。また、世界経済成長率が回復傾向にあり、物流量増加に対応したコンテナ船の発注も増えた。すべて韓国造船会社が競争優位にある船舶だ。バルク船の製作に競争力を持つ中国・日本造船会社の受注が難しい環境が続いたのだ。

さらに韓国造船会社は受注残高が中国より少なかった点も積極的に受注する背景になった。クラークソンリサーチが集計した今年5月末基準の国別受注残高は中国が2822万CGT(シェア38%)にのぼり、韓国は1696万CGT(22.5%)だった。

(http://japanese.joins.com/article/239/242239.html?servcode=300&sectcode=300)