カテゴリー別アーカイブ: 韓国政府崩壊

韓国経済、〔韓国のTHAAD配備〕「トランプ大統領、THAAD韓国配備遅延問題に激怒」

韓国経済、〔韓国のTHAAD配備〕「トランプ大統領、THAAD韓国配備遅延問題に激怒」

記事要約:韓国の文在寅大統領がTHAAD配備を遅らせている問題でトランプ大統領が激怒しているという。当然の帰結であるのだが、韓国は自身の立場というものを理解していない。未だに蝙蝠外交を続けているのだ。しかも、THAAD配備を遅らせたことで中国が譲歩するわけでもないのにだ。

米中の両方を怒らせて一体何がしたいのか知らないが、韓国人が選んだ文在寅大統領の選択だ。好きにすれば良いんじゃないか。しかし、アメリカも本当甘いな。韓国にここまでしてやられるとか。

 >このようなトランプの反応に鄭義溶(チョン・ウィヨン)国家安保室長が9日(韓国時間)、青瓦台(チョンワデ、大統領府)春秋館で記者会見を行い、「政府は韓米同盟次元で約束した内容を根本的に変えようとする意図はない」と火消しに乗り出した。

この環境影響評価というのが数ヶ月とかならギリギリ許せたわけだが、なんと最長2年だからな。誰が見ても時間稼ぎだし、韓米同盟次元で約束した内容を根本的に変えよとうとしている意図にしか見えない。こんな言い訳が通るなら何のために土地を提供してもらったかわからんな。そもそも環境影響評価というのが大事なのかすらわからないんだよな。

だいたい移動式のTHAAD発射台に環境にどういう影響があるのかすら管理人はよくわからない。一体どのような調査が必要なのか。Xバンドレーダーとかもそうだ。Xバンドレーダーが環境に深刻な影響及ぼすとか聞いたことないんだよな。そもそも環境調査に2年もかかるわけないだろう。

しかし、こうなってくると今月は米韓首脳会談が歴史のターニングポイントになる可能性が出てきた。アメリカは文在寅大統領のこのような時間稼ぎを許すことはないだろうし、文在寅大統領も蝙蝠外交を続けるだろう。

先日、トランプ大統領はオバマ大統領がやったキューバへの甘い対応を一部変更した。米韓同盟がアメリカにとってどれだけ大切かは知らないが、このような同盟国を軽視するやり方にトランプ大統領が一部変更することは十分あり得るんだな。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~225回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

韓国経済、〔韓国のTHAAD配備〕「トランプ大統領、THAAD韓国配備遅延問題に激怒」

ドナルド・トランプ米国大統領が高高度ミサイル防衛(THAAD)体系の韓国配備問題をめぐって激怒した。

18日、韓国メディアの聯合ニュースは、韓国政府の高位関係者の言葉を引用して、トランプ大統領が今月8日にホワイトハウス執務室にレックス・ティラーソン国務長官とジェームズ・マティス国防長官を呼んで韓半島(朝鮮半島)安保の現況などを協議している場で、THAAD遅延に対して怒りをあらわにしたと報じた。

このようなトランプの反応に鄭義溶(チョン・ウィヨン)国家安保室長が9日(韓国時間)、青瓦台(チョンワデ、大統領府)春秋館で記者会見を行い、「政府は韓米同盟次元で約束した内容を根本的に変えようとする意図はない」と火消しに乗り出した。

鄭室長はこの日の会見で「THAADは高まる北朝鮮の脅威から韓国と在韓米軍を保護するために決定したもの」としながら「政権が交替したからと言ってこの決定を軽く思うことは決してなく、今後も米国と緊密に協議していく」と述べた。

一方で、「環境影響評価は合理的かつ合法的な方法で透明に実施されるべきだ。何よりもわれわれの国益と安保的な必要性を最優先的に考慮していく」としながら再検討の意志を明らかにした。

(http://japanese.joins.com/article/322/230322.html?servcode=A00&sectcode=A20&cloc=jp|main|top_news)

韓国経済、韓国人の嫌いな国、中国が日本を逆転

韓国経済、韓国人の嫌いな国、中国が日本を逆転

記事要約:韓国人が嫌いな国は世界中、至る所に存在するが、その中で日中はこれだけのことなら同盟が組めるぐらい韓国人を嫌っている。韓国人の言い分によると、慰安婦ガー、歴史ガーと戦後、70年経過しても歴史問題云々で日本を嫌っているそうだが、はっきりいってどうでもいい。なぜなら、韓国とはそのうち国交断絶する予定だからな。

しかし、最近では韓国人の嫌いな国が、日本を超えて中国となったようだ。では、どうして中国人が嫌われているのか。

>韓国のシンクタンク・峨山政策研究院が行った世論調査によると、「10」をもっとも好意的とする段階評価で、今年1月に「4.31」だった中国の評価は3月に「3.21」まで下降して北朝鮮に次ぐ2位に。それまで2位だった日本は、従軍慰安婦問題が再燃したことで「3.56」から「3.33」に下がっている。

韓国人の評価とかどうでもいいが、こんな嫌いな国へ一番出かけてるのがその韓国人なんだよな。本当、理解できない。「日本が嫌いなら来るな」が通じない民族である。

>韓国人の中国嫌いが増加した背景には、地上配備型ミサイル迎撃システム(THAAD)の配備に反発した中国が経済報復を行ったことが影響したと思われる。中国は自国内の韓国系小売店数十店を閉鎖したり、韓国への団体旅行を禁止したりといった措置を講じた。

韓国人はTHAAD配備を決定したときに韓国旅行禁止令を出されて韓国旅行業が危機になったことや、ロッテが狙いうちにされたことを怒って中国人を嫌っているそうだ。

うーん。こんなレベルの分析でいいのか?ビジネスジャーナルさん。そんなの誰でもわかるじゃないか。むしろ、経済報復されて嫌わないほうがおかしいだろうに。

でも、数年前は韓国と中国は蜜月と呼ばれるほど仲が良かった。AIIBや中国の軍事パレードに朴槿恵前大統領や潘君が参加して中国側へのアピールに必死だった。今年に期限切れする韓中通貨スワップ協定も500億ドル規模である。韓国の中国依存はどんどん増えていったのもこの時期。

けれど、忘れてはいけないのは裏切ったのは「韓国」なんだよな。韓国人は中国がTHAAD配備はするなといったのに対してTHAAD配備をしたという裏切り者である。それで経済報復されたから嫌いになりました。どんだけ自己中なんだろうか。韓国人は時系列と歴史を理解することができないからな。自分たちがやってきたことを都合良く記憶を改竄する。

管理人からすれば朴槿恵前大統領の蝙蝠外交が実った成果だと思うが、その蝙蝠外交は文在寅大統領も続けているし、そろそろ、アメリカが激怒するんじゃないか。意味のわからない環境調査でTHAADの本格始動が2年も遅れるようだしな。気の短いトランプ大統領だ。こんなの許すわけない。

>Aさん 韓国がTHAAD配備を進めたことに対して、中国からは経済報復というリベンジがあり、そのせいで両国間の感情は一気に悪化しました。中国の厳しい発言に対して、韓国人が「中国は何様なんだ」と反発している構図です。

管理人からすると、むしろ、韓国人が何様なんだと思う。先に中国を裏切っておいて、経済報復されて逆ギレしているだけだからな。

>その後、中国からの観光交流も増えつつありますが、問題の根本であるTHAAD配備を解決しないことには、対中関係は改善しない。 それが私の見立てです。

しかし、この在日韓国人のAさんは何もわかっていない。管理人は問題の根本がどこにあるかを読み違えていると思う。中国はTHAAD配備やXバンドレーダー基地を問題にしているようで、実は韓国の裏切りを一番怒っている。何しろ、数年間はTHAAD配備をしなかったことでの蜜月だったわけだ。

THAAD配備やXバンドレーダー基地だけ問題なら、日本にも設置されているので日本旅行禁止令を出してもいいじゃないか。むしろ、出してくれたら非常に助かる。これは中国のメンツ、韓国に裏切られたことでの国際社会の中国の発言力低下に激怒して、韓国すら従わせることができないと周辺に思われたことでの経済報復である。何しろ、中国は韓国を何千年も属国扱いしてきたわけだ。

もっとも、THAAD配備が中止になっても、対中関係は改善しないのが管理人の見立てだ。日韓慰安婦合意を韓国が海中から微生物が誕生する確率ぐらいで慰安婦像を撤去しても、日本人が韓国人を好きになることは永遠にないからだ。中国人も同じだろうに。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~225回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

韓国経済、韓国人の嫌いな国、中国が日本を逆転

今年3月、「韓国人のもっとも嫌いな国ランキング」で中国が日本を抜いて2位に躍り出たことが報じられた。

韓国のシンクタンク・峨山政策研究院が行った世論調査によると、「10」をもっとも好意的とする段階評価で、今年1月に「4.31」だった中国の評価は3月に「3.21」まで下降して北朝鮮に次ぐ2位に。それまで2位だった日本は、従軍慰安婦問題が再燃したことで「3.56」から「3.33」に下がっている。

韓国人の中国嫌いが増加した背景には、地上配備型ミサイル迎撃システム(THAAD)の配備に反発した中国が経済報復を行ったことが影響したと思われる。中国は自国内の韓国系小売店数十店を閉鎖したり、韓国への団体旅行を禁止したりといった措置を講じた。

では、実際に韓国人の対中感情はどう変化しているのか。日韓両国でビジネスを行う30代後半の在日韓国人・Aさんに話を聞いた。

「中国人は何様だ」韓国人が経済報復に反発

――THAAD配備をめぐって中韓関係が悪化するなか、中国が「韓国人の嫌いな国」で日本を抜いて2位になりました。これを、どうご覧になりますか。

Aさん 韓国がTHAAD配備を進めたことに対して、中国からは経済報復というリベンジがあり、そのせいで両国間の感情は一気に悪化しました。中国の厳しい発言に対して、韓国人が「中国は何様なんだ」と反発している構図です。

この調査は、3月に行われたものです。5月に韓国の大統領に就任した「共に民主党」の文在寅(ムン・ジェイン)氏は、中国に特使団を派遣し、対中関係の改善を図っています。特使団を率いたのは元首相のイ・ヘチャン氏ですが、中国の習近平国家主席や王毅外相とも会談を行いました。

その後、中国からの観光交流も増えつつありますが、問題の根本であるTHAAD配備を解決しないことには、対中関係は改善しない。 それが私の見立てです。

※続きはソースをご覧ください。

(http://biz-journal.jp/2017/06/post_19443.html)

韓国経済、〔韓国のTHAAD配備〕韓国4月旅行収入9億9740万ドル=MERS以降で最低

韓国経済、〔韓国のTHAAD配備〕韓国4月旅行収入9億9740万ドル=MERS以降で最低

記事要約:韓国の4月の旅行収入が9億9740万ドルとMERS以降で最低となったらしい。原因は朝鮮半島有事、韓国旅行禁止令が大きいわけだが、そもそも、韓国に一度は出かけてもりピード客なんていないだろうに。普通はそういうときこそ、韓国人が海外に行くのを控えて国内旅行でもしようという話しになるのだが、韓国ではそういうことはない。

>韓国観光公社によると、4月に韓国を訪れた外国人は前年同月比26%減の107万5800人で、韓国人の出国者は22%増の200万3900人だった。

外国人が減少しているのは仕方がないが、どうして韓国人の海外旅行者が増えているのだ。これは自分たちで韓国に観光するところなんて何もないと述べているようなものだぞ。このように地元の旅行客が少ないも韓国に観光資源がないからであるが、本当、思いつかないものな。何かの景品で韓国旅行が当たっても、速攻、いりませんと返したくなるものな。

>旅行収入から支出を差し引いた4月の旅行収支は12億4480億ドルの赤字で、MERS流行当時の赤字規模(14億6740万ドル)に迫る勢いだ。韓国を訪れる観光客の半分を占めた中国人観光客が激減する一方、海外の観光地に出かけた韓国人が増えたためだ。

韓国のTHAAD配備を中止にすれば中国人観光客が戻ってくる。そんな淡い期待を抱く観光旅行会社が中にはいるようだが、その見通しは甘いとしか言えない。仮にTHAAD配備が中止になっても、中国人の韓国人嫌いは加速しているからな。結局は中国人観光客頼みの運営がダメということだ。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~225回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

韓国経済、〔韓国のTHAAD配備〕韓国4月旅行収入9億9740万ドル=MERS以降で最低

終末高高度防衛ミサイル(THAAD)問題をめぐる中国の報復で韓国を訪れる中国人観光客が激減し、4月の韓国の旅行収入が2015年の中東呼吸器症候群(MERS)流行以降で最低を記録した。旅行収入は韓国を旅行や出張で訪れた外国人が使った金額を指し、留学や研修などの費用は含まない。

韓国銀行(中央銀行)のサービス・貿易統計によると、4月の旅行収入は9億9740万ドル(約1093億円)で、MERSが流行した15年7月(8億3390万ドル)以降1年9カ月ぶりの低水準だった。

旅行収入から支出を差し引いた4月の旅行収支は12億4480億ドルの赤字で、MERS流行当時の赤字規模(14億6740万ドル)に迫る勢いだ。韓国を訪れる観光客の半分を占めた中国人観光客が激減する一方、海外の観光地に出かけた韓国人が増えたためだ。

韓国観光公社によると、4月に韓国を訪れた外国人は前年同月比26%減の107万5800人で、韓国人の出国者は22%増の200万3900人だった。

(http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/06/07/2017060700504.html)

 

韓国経済、1-3月期の韓国の家計消費、国内は減り海外は増加

韓国経済、1-3月期の韓国の家計消費、国内は減り海外は増加

記事要約:韓国人は「超反日」なわけだが、逆に述べると韓国が「大好き」というわけでもない。管理人は「笑韓」であるが、日本のことは「大好き」である。何を言っているのかいまいちわからないと思うのだが、実はこれ大きく違うのだ。

例えば、管理人は韓国のサムスン製の商品は買わない。一方、日本製の物は多少、値段が高くても購入する。しかし、韓国人は日本へ旅行に来て日本製品を購入するのに、韓国内の製品は買わないのだ。この違いに気づいたら「韓国人って反日なのか?」と驚くかもしれない。

反日について管理人のサイトを閲覧していればすぐわかる。なら、韓国人はなぜ嫌いな国へ出かけて、嫌いな国の製品を喜んで買うのか。そして、自国をヘル朝鮮と呼んで内需に貢献しないのか。韓国人の行動には大きな矛盾が存在するのだ。そして、これこそ韓国人が自ら国を滅ぼすという遠因へと繋がると管理人は見ている。

管理人は民進党の議員がどんな提案であれ日本の国益を考えての発言なら、それは与党と違う意見であっても、それは日本の益に繋がるとおもう。しかし、現実には本来、自分たちが賛成していたことすら、自民党だから反対という意見しか言わない。こういうのはただの議論の停滞でしかないのだ。

日本と状況が異なる韓国は与党も野党も大してかわらない。韓国の議員が今、やることは文在寅大統領に決断を促すことなのだ。それは米中のどちらを取るか。国会にTHAAD配備を丸投げした文在寅大統領のやり方はただの愚行でしかない。なぜなら、朴槿恵前大統領の件でただでさえ、半年ほど外交に遅れが生じているのだ。それは韓国経済にも確実に影響する。

そして、韓国人は自国などどうでもいいということで内需に貢献しない。韓国経済を支えているのは韓国人の嫌いな財閥だということも理解せずに嫌っている。

>1年前と比較しても国内消費と海外消費の差は明確だ。海外消費支出は昨年1-3月期より11.3%急増し、国内消費は同じ期間に3.4%増えるのにとどまった。海外消費増加率が国内消費増加率の3倍を超える。

韓国人が韓国の内需に貢献しない。理解できないことが韓国で起きている。自分の国に貢献しないのに嫌いな国に貢献する。これはどういう心理の表れなのか。でも、韓国をバカにされたら必死に火病はするんだよな。管理人はこれを「歪んだ愛国心」と名付けておく。

管理人は反日イデオロギーとこの歪んだ愛国心の二つが韓国社会に蔓延することによる韓国の崩壊というものもあり得るのではないか。そして、この二つを生み出したのは実は「自虐史観」だということにも気づいている。

整理すると、韓国メディアの日本への嫉妬と憎しの自虐史観報道が反日イデオロギーと歪んだ愛国心をここ40年ほどで増長させた。今ではもうカニを見ただけで旭日旗と火病するほどにまで歪んでしまった。経済格差がさらに広がり、そこから財閥憎しが発生する中、就職では財閥に入ろうと必死に努力をする。しかし、財閥は輸出で儲けても韓国内の雇用に貢献しない。

管理人が何が述べたいかというと、韓国は矛盾そのものなのだ。どこから切り取っても行動に矛盾が生じている。それに韓国人が気づいていないのもまた矛盾なのだ。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~225回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

韓国経済、1-3月期の韓国の家計消費、国内は減り海外は増加

1-3月期の家計消費が海外では増えたが韓国国内では減ったことがわかった。

韓国銀行が3日に明らかにした国民勘定統計のうち家計最終消費支出内訳によると1-3月期に韓国居住者が海外で使った金額は7兆8462億ウォン(約7752億円)で昨年10-12月期より11.3%(7966億ウォン)増えた。

四半期基準では昨年7-9月期の8兆1409億ウォンに次いで過去2番目に多かった。海外消費支出は家計が外国で衣食住や交通など生活に必要な物とサービスの代価として使ったお金で、出張など業務で使った金額は含まれない。

海外消費支出が増加したのは海外旅行増加のためとみられる。韓国観光公社によると1-3月期に海外に出国した韓国国民は651万4859人で昨年10-12月期の569万8288人より14.3%増えた。

これと違い1-3月期に韓国居住者が韓国国内での消費に支出した金額は186兆8607億ウォンで昨年10-12月期の188兆4854億ウォンより0.9%減った。家計の海外消費が増えた代わりに国内消費は減ったのだ。

1年前と比較しても国内消費と海外消費の差は明確だ。海外消費支出は昨年1-3月期より11.3%急増し、国内消費は同じ期間に3.4%増えるのにとどまった。海外消費増加率が国内消費増加率の3倍を超える。

こうした差は韓国経済の大きな悩みである内需不振とつながるという点で懸念される。韓国銀行によると1-3月期の実質国内総生産(GDP)は昨年10-12月期より1.1%増え、建設投資(6.8%)、設備投資(4.4%)、輸出(2.1%)は高い成長率を見せた。

これに対し民間消費増加率は0.4%にとどまった。専門家らは「韓国経済が安定した成長を継続するには民間消費回復がカギ。内需景気回復のためにフランスのチェックバカンスのような制度を作らなければならない」と提案した。

(http://japanese.joins.com/article/772/229772.html?servcode=300&sectcode=300&cloc=jp|main|top_news)

韓国経済、〔韓国THAAD配備〕THAAD:議会批准で墓穴を掘る文大統領に米政界の重鎮が警告

韓国経済、〔韓国THAAD配備〕THAAD:議会批准で墓穴を掘る文大統領に米政界の重鎮が警告

記事要約:5月9日に韓国の大統領となった文在寅大統領のパフォーマンスで支持率は84%もあるわけだが、その中身は何一つできていない。大事なことは全て他人任せで、とりあえず、特使送りましたで時間稼ぎ。

そして、韓国の運命を決定するはずの韓国のTHAAD配備ですら議会に委ねるという。だいたい、与党が圧倒的に弱い議会でTHAAD配備の批准を決めようとすれば揉めるのは必至。というより、それが狙いなんだろうな。だが、それがアメリカに通じるかというと、もちろん、通じるはずもない。先日、韓国を訪問した米国のガードナー上院議員の懸念はもっともだ。

>ガードナー上院議員「文在寅(ムン・ジェイン)大統領が安全保障上の手続きを国会に委ねる前例を残してしまえば、自ら問題を大きくしてしまうだろう」「(THAAD以外の)安全保障問題について(野党に)国会での手続きを求めて妨害する口実を与えるからだ」

文在寅大統領の逃げ姿勢を牽制するような鋭い指摘。当たり前だが外交の安全保障上の手続きを国会で決めるようにしてしまえば深刻な事態が生じる。何のために大統領に外交を一任する強い権限を与えているのか理解していない。こういう即断、即決が求められることは大統領が決めて、国会は事後承認ということにしないと、野党の反対に遭いいつまでもなにも決まらない。

もっとも、文在寅大統領は自分で責任を取りたくないから、国会にTHAAD配備の批准について委ねているわけだが、それだと韓国の国会議員がその責任を負うことになる。今までは大統領が独断でやったことで済んだわけだが、国会で決めたら全議員が決めたことになる。こうなれば責任の押しつけ合いが延々と続く。足の引っ張り合いは議論を停滞する。今の民進党を見ればわかるとおりに、何でも反対では何も進まないのだ。

>ガードナー氏はナ議員に「韓国国内ではTHAAD配備について政治的に様々な意味合いがあることは十分理解している」としながらも「もし中国が反対する政策を(韓国政府が)進めた場合、そのたびに反対派は国会での手続きを求めるようになるだろう」と指摘した。

つまり、文在寅大統領が1人で決めなければ韓国のTHAAD配備だけではなく、中国が何か言えば、国会で手続きを求められて外交は完全に中断するということだ。これだと中国の意向を確認して動くことしかできなくなる。実際、文在寅大統領は北朝鮮と中国の意向を気にしているので、もうほとんどそうなっている気がしないでもない。

>ガードナー氏はさらに「米国が目指す目標は、韓国国民に米国が安全保障上の公約を忠実に履行する意志があることを理解してもらう点にある」「マクマスター米大統領補佐官(国家安全保障担当)ら米政府の担当者たちは、韓国がTHAAD配備に必要な費用を負担しなくてもよいと明確に伝えたと考えている」などとも言及した。

いや、マクマスター米大統領補佐官が何を言おうが、韓国のTHAAD配備費用を要求するか、しないかはトランプ大統領の選択であり、補佐官辺りが勝手な意思を伝えるのはおかしいだろう。なんせ、トランプ大統領はTwitterでつぶやくだけでリアルタイムにその動きが全世界に反映されるのだから。払わなくていいとトランプ大統領が述べるまでは勝手な発言をして韓国を取り入れても後で面倒になるだけだ。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~225回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

韓国経済、〔韓国THAAD配備〕THAAD:議会批准で墓穴を掘る文大統領に米政界の重鎮が警告

先日韓国を訪問した米国のガードナー上院議員は韓国におけるTHAAD(米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル」)配備をめぐる一連の騒動について「文在寅(ムン・ジェイン)大統領が安全保障上の手続きを国会に委ねる前例を残してしまえば、自ら問題を大きくしてしまうだろう」「(THAAD以外の)安全保障問題について(野党に)国会での手続きを求めて妨害する口実を与えるからだ」などと述べた。ガードナー氏は米上院外交委員会で東アジア太平洋小委員長を務める米政界の重鎮だ。

ガードナー氏は先月29日、野党・自由韓国党のナ・ギョンウォン議員と面会した際「今回意見を交換した韓国大統領府の関係者たちに、トランプ政権と米議会がTHAAD配備を強く支持している事実を明確に伝えた」とした上で、上記のように述べたという。ナ議員の事務所が2日に明らかにした。このように最近は韓国を訪問した複数の米議員らからTHAADをめぐる懸念の声が次々と上がっている。

ガードナー氏はナ議員に「韓国国内ではTHAAD配備について政治的に様々な意味合いがあることは十分理解している」としながらも「もし中国が反対する政策を(韓国政府が)進めた場合、そのたびに反対派は国会での手続きを求めるようになるだろう」と指摘した。ガードナー氏はさらに「米国が目指す目標は、韓国国民に米国が安全保障上の公約を忠実に履行する意志があることを理解してもらう点にある」「マクマスター米大統領補佐官(国家安全保障担当)ら米政府の担当者たちは、韓国がTHAAD配備に必要な費用を負担しなくてもよいと明確に伝えたと考えている」などとも言及した。

(http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/06/03/2017060300482_2.html)

韓国経済、〔韓国THAAD配備〕文大統領に衝撃、新たに4基のTHAAD発射台が内緒で運び込まれる=韓国ネット「恐ろしい」「なぜこそこそと?」

韓国経済、〔韓国THAAD配備〕文大統領に衝撃、新たに4基のTHAAD発射台が内緒で運び込まれる=韓国ネット「恐ろしい」「なぜこそこそと?」

記事要約:どうやらTHAADの追加配備が文在寅大統領に知らされず、新たに4基のTHAAD発射台が運び込まれたそうだ。

文在寅大統領は怒ってその経緯を問いただすとか述べているが、アメリカにしてはTHAAD配備の用地として提供された場所に何を置こうが、韓国に知らせる理由はないんだよな。それが例え「核兵器」だろうが、そこはアメリカの用地なのだから、自由に使う権利がある。最もどうして知らされないかは簡単だ。信用されてないからだ。

アメリカはTHAAD配備を韓国抜きで進めている。だから、別に韓国へ知らせる理由もない。完了したら報告するぐらいだろう。

>尹主席は「国防部は25日の国政企画諮問委員会の業務報告で、新たな発射台が韓国内に保管されている状況を報告しなかった」と説明し、「文大統領はどのような経緯で搬入されたのか、搬入は誰が決定したのか、なぜ国民に公開せず、新政府でも今まで報告を怠っていたのかなどについても調査するよう指示した」と明らかにした。

これも文在寅大統領のパフォーマンスだよな。軍事機密を態々国民に知らせる理由がどこにあるんだ?はっきりいって無能だな。だいたい知らせたら北と中国にもその動向がすぐに伝わるではないか。

>これについて、韓国のネットユーザーからは「さらに増えたなんて恐ろしい」「THAADは本当に韓国国民を守ってくれるの?」「なぜこそこそと運び込む?真相が知りたい」「THAADにも重大な何かが隠されているのか?」など不安の声が寄せられている。

管理人はよくわからない。1基増えようが、4基増えようが防衛兵器なんだから同じなんだよな。むしろ、防衛力アップだよな。防衛力上がって歓迎すべきだ。でも、アメリカが追加の発射台が必要だと思うなら、それはミサイルが想定以上に飛んでくる可能性を考えたからだろう。

本来は喜ぶべきところだが、韓国もこれで追加のTHAAD配備費用をさらに支払うことになる。10億ドル+追加配備費用ということで、いくらになるんだろうな。

>また、「これまで韓国は国ではなかった。国民の知る権利が無視され続けてきたのだから」「政権が変わってずいぶんたつのにまだ大統領に報告していなかったの?韓民求をすぐに解任するべき」「もし弾劾していなかったらこの国は滅びていた。朴槿恵を絶対に許せない」など朴槿恵前政権に対する批判的な声も目立った。

大丈夫。今でも国ですらない。国民の知る権利は軍事機密にまで及ばない。文在寅大統領のパフォーマンスに利用されだけだと気づきもしない。弾劾したから国が滅びたのは考えないのか?朴槿恵前大統領はTHAAD配備して国を守ろうとしたのだが・・・。

怒濤の突っ込みを入れたがなんていうのか、韓国人は相変わらず、自分たちが誰に守ってもらっているかを理解できてないようだ。少なくとも韓国の領土を守る場所に置かれている防衛兵器が「怖い」という感想はどう考えても出てこないだろうに。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~225回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

韓国経済、〔韓国THAAD配備〕文大統領に衝撃、新たに4基のTHAAD発射台が内緒で運び込まれる=韓国ネット「恐ろしい」「なぜこそこそと?」

2017年5月30日、韓国・朝鮮日報によると、韓国南部の星州に配備された高高度防衛ミサイル(THAAD)の発射台2基とは別に、新たに4基の発射台が非公開で韓国内に搬入されていたことが分かった。これを受け、文在寅(ムン・ジェイン)大統領は大統領府の鄭義溶(チョン・ウィヨン)国家安保室長とチョ・グク民情首席秘書官に搬入の経緯などを徹底的に調査するよう指示した。

尹永燦(ユン・ヨンチャン)国民疎通首席秘書官は30日の会見で、「鄭室長から4基の発射台が新たに搬入されたとの報告を受けた文大統領は『非常に衝撃的だ』と述べた」と明らかにした。文大統領は朴槿恵(パク・クネ)政府時代に任命された韓民求(ハン・ミング)国防部長官に電話をかけ、4基の発射台がすでに国内に搬入されているとの事実を直接確認したという。

尹主席は「国防部は25日の国政企画諮問委員会の業務報告で、新たな発射台が韓国内に保管されている状況を報告しなかった」と説明し、「文大統領はどのような経緯で搬入されたのか、搬入は誰が決定したのか、なぜ国民に公開せず、新政府でも今まで報告を怠っていたのかなどについても調査するよう指示した」と明らかにした。

これについて、韓国のネットユーザーからは「さらに増えたなんて恐ろしい」「THAADは本当に韓国国民を守ってくれるの?」「なぜこそこそと運び込む?真相が知りたい」「THAADにも重大な何かが隠されているのか?」など不安の声が寄せられている。

また、「これまで韓国は国ではなかった。国民の知る権利が無視され続けてきたのだから」「政権が変わってずいぶんたつのにまだ大統領に報告していなかったの?韓民求をすぐに解任するべき」「もし弾劾していなかったらこの国は滅びていた。朴槿恵を絶対に許せない」など朴槿恵前政権に対する批判的な声も目立った。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)

(http://sp.recordchina.co.jp/newsinfo.php?id=176499)

韓国経済、「韓国のブランド価値、経済規模に比べて低評価」

韓国経済、「韓国のブランド価値、経済規模に比べて低評価」

記事要約:韓国のブランド価値が経済規模に比べて低評価だそうだ。確かに日本人の韓国のブランドって何?って聞かれても、キムチ?サムスン電子?という感想しか出てこないものな。でも、それブランド価値を高める努力が足りないだけじゃないのか。

ブランド価値を高めるために国も企業も多大な努力をしているわけだが、韓国の場合はどれもブランド価値があるものの劣化コピーに過ぎないからな。何でもかんでもパクったものが世間的に認知されるほど世の中、甘くはない。

すぐに不具合隠したり、爆発したりするような韓国製品をブランドとして認識するほうがどうかしている。

>韓国貿易協会はブランド価値がGDPに対して低く評価されているため、韓国製品は実際の価値よりも9.3%差し引かれて輸出され、特に中小企業(10.6%)や輸出対象国が先進国(米国11.5%、欧州13.7%)の場合、コリアディスカウント現象がより深刻だったと説明した。

そもそも韓国は先進国ではない。なんで米国や欧州と比べてるんだ?比べる対象が間違っているだろうに。だいたい経済規模とかいいながら、韓国の場合は朝鮮半島南部だけじゃないか。北朝鮮と統一してからでいいんじゃないか?できたらな。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~225回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

韓国経済、「韓国のブランド価値、経済規模に比べて低評価」

韓国のブランド価値がGDP(国内総生産)に対して76%に過ぎない水準で、低評価されていることが明らかになった。

29日、韓国貿易協会国際貿易研究院が発表した「主要国の国家ブランド向上政策と示唆点」で、「韓国のブランド価値は2015年基準で1兆920億ドル(現レートで約121兆4800億円)に達するが、GDPに対するブランド価値比率は76%で、経済規模に比べて低評価されている状況」と分析した。反対に、日本と米国、ドイツのブランド価値はGDPに占める割合は111%(2016年基準)だった。

韓国貿易協会はブランド価値がGDPに対して低く評価されているため、韓国製品は実際の価値よりも9.3%差し引かれて輸出され、特に中小企業(10.6%)や輸出対象国が先進国(米国11.5%、欧州13.7%)の場合、コリアディスカウント現象がより深刻だったと説明した。

韓国貿易協会は、日本やニュージーランド、ドイツ、フランス、英国などは中長期的な観点からブランド向上政策を推進して水準の高い国家ブランドを構築しているとして、韓国も日本のクールジャパン戦略担当大臣のような国家ブランド事業を専門的に担当する機関を作って、政権交代と関係なく同じスローガンで政策を推進していけるようにするべきだと付け加えた。

(http://s.japanese.joins.com/article/578/229578.html)

韓国経済、韓国の成長率予測値、次々と上方修正…ウォン高予告

韓国経済、韓国の成長率予測値、次々と上方修正…ウォン高予告

記事要約:韓国の成長率が相次いで上方修正されているというニュース。確かにKOSPIを見たり、輸出増のニュースがあるので成長率が上昇するというのは間違いでなさそうだ。でも、これは韓国がというよりは世界の景気が回復すれば貿易国家の韓国には追い風ということである。

もちろん、日本の輸出にも景気が回復するのは良い傾向なので、管理人としては喜ばしい限りだ。韓国経済の状況も好転しているし、株価も過去最高値を更新して、2350まであがった。いつも2200が限界だと思っていた株価がそれよりも上昇したわけだ。

ほとんどサムスン電子のおかげでもあるが、DRAMや有機ELが好調というのも大きい。世界経済回復で造船業の受注も増えた。海洋プラントや船の受注が増えれば危機的だった造船業も復活するかもしれない。

>韓国の景気も明確に上向いている。輸出が7カ月連続で増え、国内設備投資拡大→生産増加→消費回復という好循環の期待が膨らんでいる。 

管理人も今の韓国経済については特に何も言うことはない。絶好調といってもいいぐらいだ。ただし、大事な要素が抜けている。確かに国内設備投資拡大→生産増加→消費回復の好循環なのだが、一つ足りないのだ。本来はこうなる。

国内設備投資拡大→生産増加→雇用増大→消費回復

今の韓国経済は雇用以外は全て順調に見える。だが、これで雇用が増えなければ悪循環に陥る。問題は世界の景気回復が一時的なものなのかといったところ。原油価格と金価格をチェックしているのだが、好景気が期待出来れば原油価格は上がりやすい。逆に不景気なら金価格は上がる。

そこで重要なニュースがある。それはトランプ大統領の中東訪問にも関わっていた。そうOPECの減産措置である。OPECは5月25日の総会で、事前の予想通り「今年1月から実施してきた減産措置を来年3月まで延長する」ことを決定したようだ。つまり、当分、原油価格が急激に下がることはないと。でも、急騰するかは微妙だな。OPECは60ドル台まであげたいようだが。

しばらく韓国経済は順風満帆であろう。それが面白いかどうかはともかくとして、輸出が回復すれば、ウォン高となるので輸出は苦しくなる。為替操作してウォンを適正レートに保つと思われるが、それがトランプ大統領に許されるかは定かではない。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~225回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

韓国経済、韓国の成長率予測値、次々と上方修正…ウォン高予告

韓国の経済成長率予測値が上方修正されるのは、世界景気回復の影響が大きい。世界貿易機関(WTO)は今年の世界商品貿易量を前年比2.4%増、来年は最大4%増と、IMFは今年3.8%増、来年3.9%増と予想した。 

韓国経済、韓国の成長率予測値、次々と上方修正…ウォン高予告

新政権発足の前後に発表された各種経済指標は景気の回復を予告し、「文在寅(ムン・ジェイン)時代」の財テク見通しを明るくしている。

韓国銀行(韓銀)は4月、今年の経済成長率予測値を2.5%から2.6%に上方修正した。李柱烈(イ・ジュヨル)韓銀総裁は25日、金融通貨委員会の会議で「7月の経済見通しでは成長率予測値をさらに引き上げることになるだろう」と述べた。

韓銀は1月、今年の成長率予測値を2.8%から2.5%に下方修正したが、今年1-3月期の成長率が当初の予測値(0.7-0.8%)を上回る0.9%(前期比)になると、先月、予測値を再び引き上げた。来月追加で上方修正すれば3カ月ぶりの引き上げとなる。

LG経済研究院も昨年12月には今年の成長率予測値を2.2%としたが、先月2.6%に修正した。韓国開発研究院(KDI)は予測値を2.4%から2.6%に上方修正し、韓国金融研究院も2.5%から2.8%に高めた。国際通貨基金(IMF)の韓国の成長率予測値も2.6%から2.7%に修正された。

韓国の経済成長率予測値が上方修正されるのは、世界景気回復の影響が大きい。世界貿易機関(WTO)は今年の世界商品貿易量を前年比2.4%増、来年は最大4%増と、IMFは今年3.8%増、来年3.9%増と予想した。

韓国の景気も明確に上向いている。輸出が7カ月連続で増え、国内設備投資拡大→生産増加→消費回復という好循環の期待が膨らんでいる。

為替レートは当分、ウォン高基調が維持されるという見方が多い。ハナ金融投資は19日、今年の平均為替レートを1ドル=1138ウォンに修正すると発表した。従来の予測値は1ドル=1145ウォンだった。ハナ金融投資のキム・ドゥオン研究員は「10兆ウォン(約1兆円)補正予算など文在寅政権の財政支出拡大政策はウォン高要因」とし「下半期にもウォン高圧力が続くだろう」と述べた。

政策金利は当分、維持される可能性が高い。韓銀は景気好転要因と家計負債リスクの間で頭を悩ませている。

(http://s.japanese.joins.com/article/549/229549.html)

韓国経済、海外帰りの光州の女性にMERS疑われる症状

韓国経済、海外帰りの光州の女性にMERS疑われる症状

記事要約:そろそろ6月に入るわけだが、管理人はこの時期から3ヶ月ほど生ものは控えている。お刺身や寿司といったものを食べてお腹を壊したくないというのが主な理由であるのだが、実際、食中毒が怖い季節、カビを生えやすいので衛生管理は十分、気をつけたいところだ。そして、韓国ではまたMERSが来ているようだ。

おいおい、またなのか。毎年、MERSや鳥インフルエンザ、口蹄疫とか、毎度出しているじゃないかと思うかもしれないが、病気は伝染するものであるので、韓国のような衛生状態が悪い国だと再び大流行する可能性がある。実際、MERSが拡大したのはサムスン病院という韓国でも医療技術が高いといわれていた病院だった。

ただ、まだ感染が決定したわけでもない。初動で食い止めてくれたらいいのだが、そこは韓国だしな。信憑性は低いといわざる得ない。

>光州(クァンジュ)に住む60代の女性が中東呼吸器症候群(MERS)が疑われる症状を示し、当局が疫学調査に乗り出した。この女性は最近イスラエルとイタリアに行ってきたという。

とりあえず、MERSかどうかは28日にわかるそうなので、もし、MERSならまた取り上げることになるだろう。読者様もこの時期は食中毒に十分を気をつけて頂きたい。暑いので水分補給も忘れずに。カロリーもある程度、取らないといけない。冷たい物は食べやすいが、肉や魚を食べないとパワーがでにくいこともある。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~220回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

韓国経済、海外帰りの光州の女性にMERS疑われる症状

光州(クァンジュ)に住む60代の女性が中東呼吸器症候群(MERS)が疑われる症状を示し、当局が疫学調査に乗り出した。この女性は最近イスラエルとイタリアに行ってきたという。

光州西区保健所が27日に明らかにしたところによると、同日午後2時30分ごろ60歳の女性が西区内の病院を訪れ「MERSに感染していないか検査してほしい」と要請した。Aさんはイスラエルとイタリアなどを経て前日に帰国し、その後高熱の症状を見せたという・1次検査ではA型インフルエンザの陽性反応が出た。

保健当局は1次検査結果を疾病管理本部に報告し、マニュアルに基づいて陰圧隔離病室がある光州市内の大学病院にAさんを搬送した。追加検査結果とMERS確診可否は28日午前中に出るものとみられる。

(http://japanese.joins.com/article/529/229529.html?servcode=400&sectcode=400)

韓国経済、〔韓国のTHAAD配備〕韓国国内での論争に米議員ら「理解できない」

韓国経済、〔韓国のTHAAD配備〕韓国国内での論争に米議員ら「理解できない」

記事要約:韓国のTHAAD配備を巡る問題による国内での論争に対して米議員らは「理解できない」とこたえたようだ。管理人も普通に理解できないのでその気持ちはわからないでもない。米議員からすればなんで守ってあげている我々のいうことを同盟国の韓国が聞かないのかという印象しかないだろう。管理人もそう思う。ほら、こんな名言がある。韓国人を理解できるのは韓国人だけだと。

>金寬永議員は「韓国でのTHAAD論争が配備の可否を論ずるところにまで至ったら、米国側の人物は深刻に受け止めそうだ」と語った。全希卿議員も「米国側から『一体、韓国ではTHAADのどの部分を問題にしているのか。手続き的な問題をいっているのか、さもなくば配備自体を問題視しているのか』と問い返された。(単に)気になって尋ねているのではなかった」と語った。

全くどの部分を問題にしているんだろうなあ。ちゃんと答えてあげなよ。「宗主国様の許可」がいるんですとな。

>これについて与党議員らは、米国側に「一週間前まで、国防部(省に相当)の長官が国会で『THAADは配備しない』と言っていたのに、突然配備した。手続き的な問題は明らかにあり、国会の議論が必要という趣旨で言った」と説明した。

韓国では良くあることじゃないか。仮に手続き的な問題があるなら韓国のロッテが土地を提供した瞬間にアメリカのTHAAD配備が進められるはずもないんだよな。実際、土地提供してすぐだったからそういう契約だったのだろう。そもそも、THAAD配備に国会の議論は必要ない。それが大統領に任されている権限だからな。

ただ、THAAD配備費用の10億ドルについては予算の話になるのでこれは国会の承認がいる。

>尹官石議員は「(韓米)双方の間の違いは明らかに存在していた」と語り、蘇秉勲議員も「対米外交は容易ではないと感じた」と語った。THAADの費用問題に関しては、「おおむね、『韓国が負担するというドナルド・トランプ大統領の発言の通りにはならないだろう』という意見だった」と議員らは伝えた。

発言通りにならない。それで済む問題なら楽だが、確実にトランプ大統領の機嫌を損なえば、他の交渉事で締め付けられる可能性が高まる。韓国の為替操作国認定とか、米韓FTAの大幅な見直しとか、ダンピング調査の追加とか、アメリカは色々な武器を持ってるからな。しかし、今回の件で一番理解できないのは次だ。

>ワシントンのシンクタンク関係者らは、文在寅(ムン・ジェイン)政権が検討中の開城工業団地・金剛山観光の再開について「再開して得るものは一体何か」と否定的な反応を示したという。これについて与党議員らは「経済的側面だけでなく、離散家族問題の解決や統一準備の側面もあるという点を説明した」と語った。

この与党議員ってバカなのか?もう離散家族問題って分裂してから朝鮮戦争が1950年だから、67年ほど経過しているのだぞ。もう、互いに生きてはいないじゃないか。仮にいきてても67年前のことなんてほとんど覚えてないだろうし、そもそも67年前の家族なんて戸籍すらあるか怪しい。

北朝鮮に拉致されたとされる日本の「拉致被害者」でさえ生きているか、かなり難しいのにな。未だに統一とかこの議員はまだお花畑らしい。韓国側から北朝鮮を統一なんて夢のまた夢。むしろ、北側から統一される方がまだ現実的だ。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~220回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

韓国経済、〔韓国のTHAAD配備〕韓国国内での論争に米議員ら「理解できない」

連邦議会上下両院の議員など米国の主な人物が、高高度防衛ミサイル(THAAD)配備をめぐる韓国国内での論争について「防衛用の兵器を配備するのに、なぜ論争があるのか理解できない」と懸念を示した。

韓国の与党「共に民主党」の尹官石(ユン・グァンソク)、蘇秉勲(ソ・ビョンフン)、申東根(シン・ドングン)議員、野党「国民の党」の金寬永(キム・グァンヨン)議員、保守系野党「自由韓国党」の全希卿(チョン・ヒギョン)議員などからなる訪米議員団は25日(現地時間)、ワシントン特派員懇談会で訪米活動について紹介すると共に、このように語った。訪米議員団は、米国の上下両院の議員や国務省の主要人物、シンクタンクの関係者などと会った。

金寬永議員は「韓国でのTHAAD論争が配備の可否を論ずるところにまで至ったら、米国側の人物は深刻に受け止めそうだ」と語った。全希卿議員も「米国側から『一体、韓国ではTHAADのどの部分を問題にしているのか。手続き的な問題をいっているのか、さもなくば配備自体を問題視しているのか』と問い返された。(単に)気になって尋ねているのではなかった」と語った。

これについて与党議員らは、米国側に「一週間前まで、国防部(省に相当)の長官が国会で『THAADは配備しない』と言っていたのに、突然配備した。手続き的な問題は明らかにあり、国会の議論が必要という趣旨で言った」と説明した。

尹官石議員は「(韓米)双方の間の違いは明らかに存在していた」と語り、蘇秉勲議員も「対米外交は容易ではないと感じた」と語った。THAADの費用問題に関しては、「おおむね、『韓国が負担するというドナルド・トランプ大統領の発言の通りにはならないだろう』という意見だった」と議員らは伝えた。

ワシントンのシンクタンク関係者らは、文在寅(ムン・ジェイン)政権が検討中の開城工業団地・金剛山観光の再開について「再開して得るものは一体何か」と否定的な反応を示したという。これについて与党議員らは「経済的側面だけでなく、離散家族問題の解決や統一準備の側面もあるという点を説明した」と語った。

(http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/05/27/2017052700411.html)