「UAE原発の賠償金」カテゴリーアーカイブ

韓国経済、UAEが韓国に無断で仏企業と原発運営関連契約

韓国経済、UAEが韓国に無断で仏企業と原発運営関連契約

記事要約:UAEが勧告に無断でフランス企業と原発運営関連契約を結んだそうだ。でも、UAEの立場からすれば2017年ぐらい完成予定だったバラガ原発が未だに完成してないで2020年とか言われたら、そりゃ、韓国なんて信用できないよな。

もっとも、本当に完成するかも怪しいし、UAEは韓国からの賠償金でフランスにまともな原発を運営を任せようとでもしているのだろう。そうとしか考えられない。記事には韓国の独自技術が流出とか、漏れるとか色々書いてあるが、韓国にそんな独自の技術などない。もう、日本企業も手を引いたので後は自由にやってくれではある。

>韓国産業通商資源部(省に相当)によると、EDFはウェブサイトを通じ、11月21日にUAEの原発運営会社であるナワ(Nawah)とバラカ原発の運営・維持に関する長期契約を結んだと発表した。契約期間は10年で、1000万ドル(約11億3600万円)と小規模だという。

韓国はこの原発を60年保証しているんだよな。それで運営・維持できてるかをこのEDFが監視すると。もちろん、韓国からの金で。

>バラカ原発は2020年に完成予定で、出力1.4ギガワットクラスの原子炉4基で構成され、設計・工事費用は20兆ウォン(約2兆円)に達する。ナワは16年、韓国水力原子力(韓水原)と期間15年、9億2000万ドル規模の運営支援契約(OSSA)を結んだ。ナワはまた、原発運営に関連し、さまざまな整備・保守業務を支援する「LTMA契約」を結ぶため、細部の検討を進めている。

韓国は自分たちで運営するといいながら、ナワに運営支援契約を結んでいたのか。このUAE原発の動向も整理しないとわからなくなってきているな。韓国が独占契約を結んでいたはずだしな。

>原発業界からは「韓国とライバル関係にあるEDFが韓国の技術で建設した原発の運営に関する契約を結んだことは長期的に独占運営契約に影響を与え、韓国の技術がライバル企業の知るところになる可能性がある」と懸念した。産業通商資源部は「EDFとナワの契約はバラカ原発の運営自体ではなく、単純な技術コンサルタント契約にすぎない」との見方を示した。EDFは世界の原発市場で70基以上の原子炉を管理する世界最大の原発企業だ。 

ふむ。言い方は酷いかも知れないが、将来的には韓国のバラガ原発運営に対する独占契約はなし崩し的に潰れていくということなのか。そして、原発の運営・維持はEDFに任せていくというのがUAE側の思惑だろうか。でも、韓国軍常駐とかあったよな。あれで非公式な軍事同盟関係になっていたはず。つまり、テロなどの対策は韓国に任せて、運営支援という名目で韓国から独占を取り上げて行く算段と。

もっとも、管理人は2020年に本当に完成するかも怪しんでいるのだが。だいたい、文在寅大統領は脱原発を掲げているではないか。原発受注の裏合意を暴露したあげく、UAEの王子を激怒させて、その後、韓国政府はUAEに出かけてどんな裏合意をしたんだろうな。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~290回))

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

韓国経済、UAEが韓国に無断で仏企業と原発運営関連契約

アラブ首長国連邦(UAE)がフランス電力(EDF)と韓国の独自技術で建設しているバラカ原子力発電所の運営・維持保守に関する契約を結んだ。原発業界は、UAEが韓国型原子炉「APR-1400」が採用される原発の維持保守に関わる契約をフランス企業と結んだこと自体が不適切であり、長期的に韓国の原発独占運営権を侵害しかねないと懸念している。

韓国産業通商資源部(省に相当)によると、EDFはウェブサイトを通じ、11月21日にUAEの原発運営会社であるナワ(Nawah)とバラカ原発の運営・維持に関する長期契約を結んだと発表した。契約期間は10年で、1000万ドル(約11億3600万円)と小規模だという。ナワはUAE原子力公社(ENEC)と韓国電力公社が2016年に共同で設立した会社であり、バラカ原発の原子炉4基を運営・管理している。

EDFは「50年以上の経験に基づき、UAE初の原発であるバラカ原発の運営安全、放射能管理、燃料周期管理、環境監視など広い分野でエンジニアリング研究、現場支援、教育などを支援するサービスを提供する予定だ」と説明した。また、「今回の契約を契機として、フランスとUAEによるエネルギー分野でのパートナーシップがより強化された」と指摘した。

バラカ原発は2020年に完成予定で、出力1.4ギガワットクラスの原子炉4基で構成され、設計・工事費用は20兆ウォン(約2兆円)に達する。ナワは16年、韓国水力原子力(韓水原)と期間15年、9億2000万ドル規模の運営支援契約(OSSA)を結んだ。ナワはまた、原発運営に関連し、さまざまな整備・保守業務を支援する「LTMA契約」を結ぶため、細部の検討を進めている。原発業界からは「韓国とライバル関係にあるEDFが韓国の技術で建設した原発の運営に関する契約を結んだことは長期的に独占運営契約に影響を与え、韓国の技術がライバル企業の知るところになる可能性がある」と懸念した。産業通商資源部は「EDFとナワの契約はバラカ原発の運営自体ではなく、単純な技術コンサルタント契約にすぎない」との見方を示した。EDFは世界の原発市場で70基以上の原子炉を管理する世界最大の原発企業だ。

EDFとナワによる契約締結という情報を受け、韓国政府と韓国電力公社は事実確認に乗り出した。産業通商資源部は「ナワとEDFによる契約は発電所の運営以外に追加で必要となる一部分野を支援する契約であり、バラカ原発の運営権と関連がある契約とは見なせない」との立場で、「ナワと原発運営に関する契約を結ぶためには、事前に韓国電力との協議が必要だが、今回の契約に事前協議がなかったのは、小規模の技術コンサルティングだったからだ」との認識を示した。

産業通商資源部の説明によれば、UAEはバラカ原発の建設中にも、韓国電力公社以外に米国や英国と企業と技術支援契約を結んだ経緯があり、韓水原も米独などのライバル企業と運営支援関連のコンサルティング契約を結んでいる。しかし、韓国とライバル関係にある企業が韓国型原発の運営技術に関する契約を結んだことで、長期的な影響は避けられないとの指摘が出ている。一部からはEDFが技術コンサルティングの名目で韓国型原子炉の技術情報に触れる可能性が高いとの懸念も示されている。

(http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/11/29/2018112980015.html)

韓国経済、〔外交の天才〕文大統領「UAEは兄弟」、UAE皇太子「韓国」と250億ドルの事業推進

韓国経済、〔外交の天才〕文大統領「UAEは兄弟」、UAE皇太子「韓国」と250億ドルの事業推進

記事要約:韓国の文在寅大統領がUAE王子と新たに250億ドルの事業推進したそうだ。以前は210億ドルだったわけだから、これで460億ドルになる。やはり、UAEは金持っているな。これだけで4兆5000億円ぐらいか。

>文在寅(ムン・ジェイン)大統領は27日、アラブ首長国連邦(UAE)に派遣された韓国軍アーク部隊を訪問し、「必ず健康な体と気持ちで祖国と愛する家族に復帰することがみなさんに与えられたもうひとつの重要な任務。その任務を必ず完成することを軍統帥権者である大統領として命令する」と話した。アーク部隊はUAEの特殊戦部隊教育訓練支援と合同演習などの任務で2011年に派遣された。

この韓国軍アーク部隊というのが原発を警備する韓国軍の常駐部隊なんだろうか。でも、60年だろう?交代制なのか。よくわからないが韓国軍がUAEの特殊部隊教育支援と合同演習などをしているということは、これはもう裏合意で韓国とUAEは同盟関係にありそうだな。

>国防交流協力でも新たな模範になっている」と激励した。そして「アーク部隊の存在により両国は『特別戦略的パートナー関係』に発展し兄弟国になった」と強調した。

明らかに軍事同盟ぽいんだが、どうして正式に公開しないんだろうか。テロに狙われるのを恐れているのか。しかし、UAEは本当に韓国でいいのか。

>文大統領はUAE歴訪期間中に実権者であるムハンマド皇太子との信頼回復を土台にしたセールス外交を展開した。ムハンマド皇太子は25日の首脳会談直後に最側近であるハルドゥーン・アブダビ執行関係庁長官に「石油・ガス分野で韓国企業と250億ドル規模の新規協力事業を推進する」という意向を明らかにしたという。

さりげに信頼回復てあるな。つまり、信頼関係が壊れていたのは事実だということ。おそらくUAEの軍事機密協定をそのまま鵜呑みにしたんだろうな。UAEの王子の満面の投資を見る限りでは。他にもありそうだな。これは一体何を差しだしたんだろうな。実際、UAEの情勢は明博元大統領がいた頃とは変わっている。しかし、明博元大統領を逮捕してから、この文在寅大統領は必至にUAEに土下座したのが笑えるな。原発が60年、テロリストの標的にならないことを祈るんだな。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~261回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

韓国経済、〔外交の天才〕文大統領「UAEは兄弟」、UAE皇太子「韓国」と250億ドルの事業推進

文在寅(ムン・ジェイン)大統領は27日、アラブ首長国連邦(UAE)に派遣された韓国軍アーク部隊を訪問し、「必ず健康な体と気持ちで祖国と愛する家族に復帰することがみなさんに与えられたもうひとつの重要な任務。その任務を必ず完成することを軍統帥権者である大統領として命令する」と話した。アーク部隊はUAEの特殊戦部隊教育訓練支援と合同演習などの任務で2011年に派遣された。

文大統領は部隊員に「私はただ大統領なのではなく、空輸130期、空輸特戦団出身大統領。『気を付け』の姿勢をしなくてもいい。『部隊ゆっくり休め!』。命令です」と話した。文大統領は続けて「アーク部隊は大韓民国軍の誇りであり韓国とUAE協力の象徴。国防交流協力でも新たな模範になっている」と激励した。そして「アーク部隊の存在により両国は『特別戦略的パートナー関係』に発展し兄弟国になった」と強調した。

文大統領はUAE歴訪期間中に実権者であるムハンマド皇太子との信頼回復を土台にしたセールス外交を展開した。ムハンマド皇太子は25日の首脳会談直後に最側近であるハルドゥーン・アブダビ執行関係庁長官に「石油・ガス分野で韓国企業と250億ドル規模の新規協力事業を推進する」という意向を明らかにしたという。現在韓国企業がUAEと進めている事業規模は210億ドル程度だ。ムハンマド皇太子の指示が実現すれば規模は460億ドルに拡大する。

UAEとの首脳会談に同席し26日に帰国した任鍾ソク(イム・ジョンソク)大統領秘書室長はこの日青瓦台(チョンワデ、大統領府)で懸案点検会議を主宰し、「UAEが韓国企業に自国内の活動と関連した特恵を提供する意向を明らかにした」という内容を共有した。

青瓦台高位関係者は「UAEが『韓国企業に特恵を与えるのをためらわない。韓国企業に特別な地位を持たせるようになるだろう』と明らかにした。セールス外交関連内容を政府が関連企業に説明する機会を用意することも検討している」と説明した。

(http://japanese.joins.com/article/035/240035.html)

韓国経済、UAE初の原子炉完成 韓国の企業連合が建設

韓国経済、UAE初の原子炉完成 韓国の企業連合が建設

記事要約:工事が遅れていたUAE初の原子炉が完成したそうだ。韓国の企業連合が建設ということだが、実際、完成したところで韓国軍が常駐するかなどといった問題が山積みである。延滞金の2100億円も支払うのか。

UAEに文在寅大統領が直接出向いたぐらいだから、何らかの裏合意はしたと思うが、まだまだ見所はこれからといったところだ。なんせ韓国企業が建設して、メンテナンスも韓国がやるのだから。しかも、警備保障付きだ。その期間は60年だ。

60年連続稼働で安心保障。どう考えても割に合わない契約だが、韓国はこれでUAEに原発建造したという実績はできた。もっとも、その実績が役立つかはこれからの運用次第だがな。後、3基、頑張って建設するんだぞ。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~261回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

韓国経済、UAE初の原子炉完成 韓国の企業連合が建設

【3月27日 AFP】アラブ首長国連邦(UAE)は26日、アブダビ西郊で建設が進む同国初の原子力発電所、バラカ(Barakah)原発の原子炉4基のうち1基が完成したと発表した。UAEはアラブ諸国初の原子力発電国にさらに一歩近づいた。同原発は韓国電力公社(KEPCO)を中心とする韓国の企業連合が受注し、建設を進めている。

国営首長国通信(WAM)によると、この発表に先立って同国を訪問中の韓国の文在寅(ムン・ジェイン、Moon Jae-In)大統領とUAEアブダビ首長国のムハンマド・ビン・ザイド・ナハヤン(Mohammed bin Zayed al-Nahyan)皇太子が、200億ドル(約2兆1000万円)を投じて建設中のバラカ原発を視察したという。

UAEは原油と天然ガスが豊富なことで知られているが、他エネルギー供給源の利用増大を模索しており、ムハンマド皇太子は原子炉の完成について「歴史的」なものと表現した。

同国のエネルギー省によると、4基全てが稼働した場合、バラカ原発は国内需要の25%に相当する5600メガワットの電力を発電できるという。また、UAEはクリーンエネルギーの割合を2050年までに全電力の50%に近づけるため、エネルギー供給源の多様化を進めていく意向を示している。

UAEは当初、最初の原子炉を2017年に稼働させる意向を表明していたが、稼働開始は遅れている。(c)AFPBB News

(https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180327-00010006-afpbbnewsv-int)

必読!韓国経済、【UAEだけではなくアラブ全土を敵に回す】「UAE軍事秘密協定に非常時の韓国軍自動介入盛り込む」

必読!韓国経済、【UAEだけではなくアラブ全土を敵に回す】「UAE軍事秘密協定に非常時の韓国軍自動介入盛り込む」

記事要約:朝に読者様がUAE原発受注で詳しい経緯を書いてくれたのをコメントしていたわけだが、どうやらUAEの王子が激怒した理由は「UAE軍事秘密協定に非常時の韓国軍自動介入盛り込む」というのを修正しようとする動きからのようだ。つまり、密約の軍事同盟である。いやあ。韓国さん。素晴らしいですね。管理人は腹を抱えて大笑いしたぞ。もしかして、これが今年の初笑い?

つまり、韓国は中東戦争にわざわざ参戦するような軍事同盟をUAEと秘密裏に提携していた。だから、UAEがどこかと戦争したら韓国はなんと韓国から軍を送れなければいけないわけだ。だめ。面白すぎるぞ。何、このアホな協定。自分たちで中東介入をしようとしてるのか。これもうUAEだけではなくアラブ全土を敵に回したと。しかも、秘密協定を暴露しているという。ああ。もう、だめだわ。

ええ?これも明博政権がやったことなので、政権が変わったら無効にするんですか?できるならやってみろと。軍事同盟を白紙するなんてはっきりそれはもう国交断絶と激怒されるのは当然だわ。だからこそ、UAEとの通貨スワップ協定だったのか。そして、それが打ち切られているのはどうしてなのか。

これはちょっと想定外の次元すら越えた超斜め上だった。やばい。平昌五輪がどうとかのレベルじゃない。韓国はこの先、アラブ全土を敵に回して原油を売ってもらえなくなるかもしれない。いやあ。ここまでの自爆は北朝鮮でもやらないんじゃないか。爆弾になる可能性は考えていたが、これはもう核爆弾だろう。

いやあ。裏合意とかのレベルではないな。なんせUAEが狙われたら全く関係のない韓国軍が出兵するんだからな。UAEの原発受注の賠償とかそんな次元ではないことだったのか。いくら管理人が笑いを求めていたといっても、ここまで笑わせてくれなくてもいいのにな。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~250回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

必読!韓国経済、【UAEだけではなくアラブ全土を敵に回す】「UAE軍事秘密協定に非常時の韓国軍自動介入盛り込む」

李明博(イ・ミョンバク)政権時代に韓国とアラブ首長国連邦(UAE)の間に締結された軍事協力了解覚書・約定に、UAEに非常状況が発生すれば派兵韓国軍が自動介入するという内容が盛り込まれていたとの主張が提起されている。

これを「毒素条項」とみた文在寅(ムン・ジェイン)政権が協定修正を要請するとUAEが強く反発し、これを揉み消すために昨年12月に任鍾ソク(イム・ジョンソク)大統領秘書室長がUAEに急派されたということだ。

韓国政府消息筋は7日「李明博政権がUAEのバラカ原子力発電所事業を受注する際にUAEの特殊戦兵力を指導する目的でアーク部隊(UAE軍事訓練協力団)の派兵を超え相互防衛軍事条約に近い軍事協力をUAEに提案した」と話した。

韓国がUAEに武器を売りその武器の運用方法をUAE軍に教えるという名目で韓国軍を派兵した後、事実上UAEの防衛を韓国が一部分担する内容が含まれたということだ。表面的には軍事協力だが事実上の軍事同盟という解釈だ。

当時韓国政府内部では北朝鮮と対立している安保の現実で外国を守る余力は多くなく、UAEの仮想敵国であるイランが韓国の主要石油輸入国である事実を考慮しなければならないという理由で反対する声も出たという。

だが原発受注競争国であるフランスが核の傘提供や連合軍事演習実施などの支援策を提示したため韓国もレベルの高い軍事協力カードを切らなければならないという雰囲気が優勢だったという。そのため国会の同意が必要でない約定と了解覚書形態で協定が締結されたという。

韓国政府消息筋は「未公開の協定内容には有事の際にアーク部隊がUAE王政を軍事的に支援する内容が含まれたものと承知している」と話した。

すでに2010年11月11日に国会国防委員会では当時の劉承ミン(ユ・スンミン)ハンナラ党議員がこの問題で金泰栄(キム・テヨン)国防部長官を集中追及する場面があった。

-劉議員:「2009年11月『有事の際の軍事的支援、安全保障、相互防衛、派兵』のうちどれかひとつでも長官がUAE側と合意や約束をした事実があるか」。

-金長官:「お互いがまず『やりやすいことから少し議論をしてみよう』ということで1月から10月までさまざまな議論があった」。

当時劉議員は「ごく少数だけが見た秘密合意文書があるとの疑惑がある」として関連文書の閲覧を要求したが、金長官は「両国が合意したもので閲覧は制限される」として拒否した。

外交消息筋は「李明博政権の秘密合意文書が現政権になって外交部の積弊清算過程で見つかった。宋長官が昨年11月にUAEを訪問して『毒素条項』を修正したり削除すべきで、そうでなければ国会の同意を経なければならないという事実を説明した」と話した。

宋長官のUAE訪問には尹淳九(ユン・スング)外交部次官補が同行した。同消息筋は「外交部次官補が国防部長官の海外歴訪に一緒に行ったのは異例。尹次官補が宋長官と同行したのは条約または条約に準ずる文書締結事項を議論したという意味」と説明した。

(http://japanese.joins.com/article/260/237260.html?servcode=200)

韓国経済、〔約束を守らない韓国〕大統領府秘書室長UAE訪問、国防相は政府と異なる説明 現政権が過去の政権での合意内容を覆そうとして問題が発生と

韓国経済、〔約束を守らない韓国〕大統領府秘書室長UAE訪問、国防相は政府と異なる説明 現政権が過去の政権での合意内容を覆そうとして問題が発生と

記事要約:UAEの王子が激怒して、国交断絶も示唆したという例のUAE問題。どうやら、また韓国の約束を守らないことが原因のようだ。本当、日本やアメリカが甘やかしてきたので、他の国との合意を守らないで良いとか思っている感じがあるな。でも、世界はそんな甘くない。実際、日本も日韓慰安婦合意を履行しない限りはもう、韓国とは付き合う理由もないので、UAEと同様に韓国に合意を遵守させるように動くべきである。

>宋長官は、イム室長の特使訪問(昨年12月9日から12日まで)の1カ月前にUAEを訪れている。政界関係者によると、宋長官はこの訪問に関して「2010年に当時の金泰栄(キム・テヨン)国防部長官がUAEと締結した軍事協力合意の一部が韓国の国内法に抵触すると判断し、UAEに行って修正・調整を要求したが、UAE側は拒否すると共に強く反発した」と語ったという。

国内法に抵触する軍事協力の合意とはなんだろうな。というか、国内法と国家間の合意なら、国家の合意を優先ではないのか。韓国はどうして国内法が優先されるのだ。外交に関するウィーン条約すら読んでないのか。

国内法を優先される場合は基本的な人権の侵害ぐらいしかなかったはずだぞ。まあ、どんな合意かは知らないが、一度、合意したものを修正するのは容易なことではない。誰かがUAE行けば解決するほど単純ではない。わりと問題が大きくなっているな。

でも、UAEの原発受注とはどう関係するんだろうな。例の原発を韓国軍が守るとか、そういうのだろうか。確かに他国の原発を韓国が守るというのは違和感を覚えるが、実際、テロリストが原発を狙えば、韓国軍が戦うことになるわけだ。わりと中東問題に勝手に首を突っ込む面白い事態になりかねないという。

>韓国大統領府は、過去の政権で悪化していた韓国とUAEの関係を修復すべくイム室長がUAEに行った、と説明しているが、宋長官の話は大統領府の説明とはかなり異なる。また、最終的には収拾された件を一体なぜ問題視したのか、という疑問も残る。

最終的に収拾された。誰もそんなこと信じていない。UAEからそんなコメントも得られていない。

>10年当時、金泰栄長官は国会国防委員会に出席し、同じく当時与党だったハンナラ党のユ・スンミン議員との質疑にて約定とMOUの存在を認めている。新政権が宋長官を送って修正・調整を試みたのもこの約定やMOU、もしくは存在が知られていない李明博政権時代の別の合意に関するものだったというわけだ。

さあ、これは何の爆弾なんろうな。まさか知られていない裏合意があるのか。いや、あってもおかしくないと昨日も述べたが、なんせ、UAEの原発受注でのあの破格な対応はどう考えてもおかしいからな。しかし、今後の行方がますます気になるところだな。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~250回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

韓国経済、〔約束を守らない韓国〕大統領府秘書室長UAE訪問、国防相は政府と異なる説明 現政権が過去の政権での合意内容を覆そうとして問題が発生と

韓国国防部(省に相当)の宋永武(ソン・ヨンム)長官が最近、韓国政界の人物と会って「新政権になって、李明博(イ・ミョンバク)政権時代にアラブ首長国連邦(UAE)と締結した軍事協定の内容を変更しようとしたところUAEとの間で問題が生じ、これを収拾するため韓国大統領府(青瓦台)のイム・ジョンソク秘書室長がUAEを訪れた」と説明していたことが5日までに明らかになった。

宋長官は、イム室長の特使訪問(昨年12月9日から12日まで)の1カ月前にUAEを訪れている。政界関係者によると、宋長官はこの訪問に関して「2010年に当時の金泰栄(キム・テヨン)国防部長官がUAEと締結した軍事協力合意の一部が韓国の国内法に抵触すると判断し、UAEに行って修正・調整を要求したが、UAE側は拒否すると共に強く反発した」と語ったという。

昨年11月2日にUAEの国防特任長官と会談した席で、宋長官はUAE側に「李明博政権時代に結んだ軍事支援関連合意のうち、一部の内容は韓国の国内法によって国会の同意を得る必要があるというのが新政権の判断」と伝え、その後韓国に戻ってUAE側の反発を大統領に報告すると、大統領は「国益のためこの問題を整理せよ」という意向を示し、イム室長が特使として派遣され事態を収拾してきたとされる。

昨年12月にイム・ジョンソク室長が大統領特使としてUAEを訪れた後、イム室長の訪問目的をめぐって論争と攻防が続いてきた。宋長官が政界関係者に行った説明の通りであれば、現政権が過去の政権での合意内容を覆そうとして問題が発生した、ということだ。

韓国大統領府は、過去の政権で悪化していた韓国とUAEの関係を修復すべくイム室長がUAEに行った、と説明しているが、宋長官の話は大統領府の説明とはかなり異なる。また、最終的には収拾された件を一体なぜ問題視したのか、という疑問も残る。

これまでに分かっている韓国とUAEの軍事関連合意は6件ほど。条約の性格を持つ協定としては、盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権時代の2006年11月に締結された軍事協力協定がある。このほか、李明博政権時代の10年に締結された約定1件と了解覚書(MOU)3件、朴槿恵(パク・クンへ)政権時代の13年に締結された相互軍需支援協定(MLSA)1件があるといわれている。

10年当時、金泰栄長官は国会国防委員会に出席し、同じく当時与党だったハンナラ党のユ・スンミン議員との質疑にて約定とMOUの存在を認めている。新政権が宋長官を送って修正・調整を試みたのもこの約定やMOU、もしくは存在が知られていない李明博政権時代の別の合意に関するものだったというわけだ。

宋長官は政界関係者に「朴槿恵政権時代の13年に結んだMLSAは、10年の合意の後続措置に当たり、10年に締結した合意が問題になった」と語ったという。ただし宋長官は、何を修正・調整しようとしたのかは具体的には明かさなかったという。

韓国軍の消息筋は「李明博政権時代の合意に基づいて合同参謀本部(合参)では関連計画も樹立された。UAE有事の際の軍事力支援に関する内容が問題になったらしい」と語った。

(http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/01/06/2018010600443.html)

 

韓国経済、UAE、5カ月連続で韓国株売り続け昨年11月には1兆ウォンの買い越しに

韓国経済、UAE、5カ月連続で韓国株売り続け昨年11月には1兆ウォンの買い越しに

記事要約:今回のUAE、5カ月連続で韓国株売り続け、昨年11月には1兆ウォンの買い越しにというニュースは中々、興味深い。買い越ししているのだから良い材料だと思うのだが特定の株価に集中して投資しているわけではないそうだ。

>ただしUAEは特定銘柄に集中的に投資したものではないというのが金融監督院の説明だ。もし一企業の株式だけを大きく買い入れ5%以上の株式を保有するならば株式報告義務が生じる。金融監督院関係者は「株式報告対象になるほど特定銘柄に投資したものではなく韓国市場にまんべんなく投資した」と説明した。実際にUAEは韓国の大型優良銘柄を中心に大規模投資に出ることがたまにある。

確かにヘッジファンドが半導体需要を見るや、韓国株に投資したという見方もできなくはない。実際、機関投資家は様々な国を株や不動産などを購入してリスクヘッジを行っているためである。なので、金融監督員の説明に問題はない。ただ、売り続けた11月に1兆ウォンの買い越しなのか。KOSPIを見てみよう。

これが1年間のKOSPIの動き。6月~10月はわりと上昇している時にUAEは投げ売りをしていると。でも、11月のピーク時にいきなり1兆ウォンの買い越しである。変ではないか。株の基本は安いときに買って、高いときに売るである。UAEが11月に韓国株が上がるという情報を得ていたならともかく、昨年の11月振り返ってもそんな情報はなく、むしろ、アメリカの利上げ観測で韓国株は売られる傾向だったような気もするということで売買動向を見ておく。

■2017年11月の動向

日付 KOSPI ウォン KOSDAQ 先物 外国人(ウォン)

01日 2556.47 1114.50 695.77 338.76 3074億←コスピ4日連続最高額
02日 2546.36 1114.40 694.96 337.53 -22億←サムスン電子285万3000ウォン…0.28%↓
03日 2557.97 1113.80 701.13 338.83 -1476億

06日 2549.41 1115.00 703.79 337.40 1140億
07日 2545.44 1111.90 701.14 336.76 1311億
08日 2552.40 1115.60 709.08 337.80 -38億
09日 2550.57 1115.60 709.94 337.14 -619億
10日 2542.95 1117.10 720.79 335.96 -1883億

13日 2530.35 1120.60 741.38 334.33 -273億
14日 2526.64 1118.10 756.46 333.62 -3009億←IMFも韓成長率展望3.2%
15日 2518.25 1112.30 768.03 332.17 -652億←韓国M5.4地震。
16日 2534.12 1101.40 777.40 334.33 2876億←カナダと韓国の通貨スワップ協定
17日 2533.99 1097.50 775.85 334.18 5555億

20日 2527.67 1100.60 785.32 332.92 2144億
21日 2530.70 1095.80 789.38 333.51 578億
22日 2540.51 1089.10 780.90 335.49 427億
23日 2537.15 1085.40 796.80 334.51 -763億
24日 2544.33 1085.40 792.74 335.44 -1094億

27日 2507.81 1088.60 792.80 329.53 -4517億
28日 2514.19 1084.40 773.12 330.99 -1438億
29日 2512.90 1076.80 781.72 330.68 -1602億
30日 2476.37 1088.20 771.42 325.25 -5913億←サムスン電子254万ウォン…3.42%↓

11月の初日が株価最高潮となっていて、11月30日はそれよりもさがった感じである。この11月に1兆ウォンの買い越し。明らかに11月下旬の動きを見ている限りではヘッジファンドが売り抜けているような気がする。この時期にUAEが1兆ウォンの買い越し、しかも、半導体だけではなく韓国株全体に投資するのはどこか腑に落ちない。

そして、今のUAEの状況と考えて1つだけ邪推できることがある。これが原発製造で遅れた分の利子を韓国株で支払っているならどうか。つまり、購入とあるが、実際は韓国政府のプレゼントだとしたらどうか。これなら1兆ウォンの買い越しが納得行くんだよな。何も現金で払うだけが利子の払い方ではないしな。あまりにも行き過ぎていると?確かに裏合意に証拠はないんだが、UAEの毒素条項を見ればこれぐらいの裏合意が隠されていても不思議ではないと思う。

>金融監督院は昨年12月の外国人証券市場投資動向を集計中だが、12月にUAEは小幅な売り越しに転じた。IBK投資証券リサーチセンター長のイ・ジョンウ氏は「状況上、政府系ファンドがポートフォリオ投資に出た可能性が大きい。なぜこの時点に増えたのかという疑問はあるが、これを宋永武長官の訪問に対する回答とみるのは推測にすぎない」と話した。

11月にプレゼントした株を12月にUAEが売っていると。これが延滞金の支払い方法なら、韓国がドル不足でも支払うことは可能だろう。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~250回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

韓国経済、UAE、5カ月連続で韓国株売り続け昨年11月には1兆ウォンの買い越しに

韓国の証券市場でしばらく売り越しが続いていたアラブ首長国連邦(UAE)が昨年11月にKOSPI市場に1兆ウォン近く投資した。時期的に昨年11月初めに宋永武(ソン・ヨンム)国防部長官、12月に任鍾ソク(イム・ジョンソク)青瓦台(チョンワデ、大統領府)秘書室長のUAE訪問と合致する。

3日の金融監督院統計によると、昨年11月の1カ月間にUAEは韓国の上場株式を9880億ウォン相当買い越した。米国の8560億ウォンを抜き買い越し1位の国となった。投資はKOSPI市場に集中した。KOSPI上場株式1兆1440億ウォン相当を買い1770億ウォン相当を売った。UAEの韓国上場株式保有規模は11月末現在9兆4620億ウォンで過去最大だ。

UAEは昨年6~10月に韓国株式を売り続けた。その規模も1000億ウォン前後と大きくなかった。11月にUAEの大規模買い越しが目立って見える理由だ。サウジアラビアや他の中東資金は特別な変化を見せなかった。

ただしUAEは特定銘柄に集中的に投資したものではないというのが金融監督院の説明だ。もし一企業の株式だけを大きく買い入れ5%以上の株式を保有するならば株式報告義務が生じる。金融監督院関係者は「株式報告対象になるほど特定銘柄に投資したものではなく韓国市場にまんべんなく投資した」と説明した。実際にUAEは韓国の大型優良銘柄を中心に大規模投資に出ることがたまにある。2014年5月にUAEは1カ月間にKOSPI上場株式を1兆1801億ウォン相当買い越した。李明博(イ・ミョンバク)政権時代の2011年9月1日にはUAE政府系ファンドのアブダビ投資庁が1日で韓国の大型優良銘柄を中心に5000億ウォン相当を一気に買い入れたこともある。アブダビ投資庁はグローバル金融市場で大口投資家に挙げられる。

金融監督院は昨年12月の外国人証券市場投資動向を集計中だが、12月にUAEは小幅な売り越しに転じた。IBK投資証券リサーチセンター長のイ・ジョンウ氏は「状況上、政府系ファンドがポートフォリオ投資に出た可能性が大きい。なぜこの時点に増えたのかという疑問はあるが、これを宋永武長官の訪問に対する回答とみるのは推測にすぎない」と話した。

(http://japanese.joins.com/article/165/237165.html?servcode=300&sectcode=300)

韓国経済、〔何の説明にもなっていない〕大統領府、秘書室長のUAE訪問疑惑を説明

韓国経済、〔何の説明にもなっていない〕大統領府、秘書室長のUAE訪問疑惑を説明

記事要約:記事を紹介しておいてタイトルで終わらせてしまった。この大統領府、秘書室長のUAE訪問疑惑を説明とかあるが、読んでも何の説明にもなっていない。だから記事を読む価値がない。3回ぐらい読んだのだが、疑惑の解明もなにも説明すらない。

>疑惑拡散を阻止するために、非公開を前提に野党指導部に任氏のUAE訪問の件について説明できるということだ。しかし韓氏は同日、「電話で話はなされなかった」という理由で、自由韓国党の金聖泰(キム・ソンテ)院内代表とは会わなかった。

つまり、あってもいない、できてもいないと。

>この過程でENECと韓電は、さらに竣工が遅れれば遅滞補償金を1日60万ドル(6億4500万ウォン)支給するという内容を契約書に含めた。このため、任氏の特使訪問が、韓国側の不手際で竣工が遅れたことに不満を持ったUAE側をなだめるためのものではないか、という疑惑が提起されたのだ。

UAE美味しいな、1日遅れるだけで、日本円で6450万もらえるらしい。100日なら、64億5千万だ。わーい、たのしい~。これ韓国経済破綻の原因になるかもしれんな。1年ならだいたい200億円ぐらいか。当然、その竣工の目処は立っていないので毎日、6450万ずつ延滞料金上乗せと。いやあ、韓国さん。リッチだなあ。こんな無駄なお金を使うぐらいだし、ドルはたくさんあるらしい。

別に文在寅大統領が悪いわけではないのだが、政権は引き継ぎだということを少しは理解したか?明博元大統領を逮捕して「無効」にできるほどUAEや国際社会は甘くないぞ。何なら、UAE原発受注の検証でもするか?UAEはだからなんだとしか言われないと思うが。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~250回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

韓国経済、〔何の説明にもなっていない〕大統領府、秘書室長のUAE訪問疑惑を説明

大統領府は、任鍾晳(イム・ジョンソク)大統領秘書室長のアラブ首長国連邦(UAE)特使訪問をめぐる疑惑が収まらないため、再び説明を行った。最大野党「自由韓国党」がUAE特使訪問疑惑を「原発ゲート」と規定して大々的な攻勢を展開したことを受け、大統領府が対応に出たのだ。

大統領府関係者は26日、記者会見を要望し、「原発建設が韓国側の不手際で遅れ、2兆ウォンの補償金を支払わなければならないとか、中小企業が代金を受け取れずにいるという疑惑は事実ではない。UAE(バラカ)原発建設はうまくいっている」と明らかにした。

そして、「現在、英国とサウジアラビアでも原発受注戦が行われているが、このような疑惑が受注戦に影響を及ぼしかねない。これ以上推測による疑惑提起は自制することを願う」と強調した。

韓秉道(ハン・ビョンド)大統領政務首席秘書官も同時間、国会で説明を行った。韓氏は、野党「国民の党」、「正しい政党」の指導部と面談した後、記者団に対して、「政界からUAE関連の事情を説明するよう要請があればどうするか」という質問に、「国益の次元で真摯に対話を求めるならできないことはない」と答えた。

疑惑拡散を阻止するために、非公開を前提に野党指導部に任氏のUAE訪問の件について説明できるということだ。しかし韓氏は同日、「電話で話はなされなかった」という理由で、自由韓国党の金聖泰(キム・ソンテ)院内代表とは会わなかった。

大統領府が再びUAE関連の説明をしたのは、政府がUAE原発建設の遅延で発生した被害を隠しているという疑惑が再び起こったためだ。韓国電力と韓国水力原子力は2009年にUAEの原発事業を受注し、バラカ1~4号機を建設している。

当初、昨年末に運転許可を受ける予定だったバラカ原発1号機の竣工が来年に遅れた。UAE原子力公社(ENEC)が、国際機構の評価と原子力の安全基準の充足、発電所職員の運転熟練度の強化が必要だと判断したことによる。

この過程でENECと韓電は、さらに竣工が遅れれば遅滞補償金を1日60万ドル(6億4500万ウォン)支給するという内容を契約書に含めた。このため、任氏の特使訪問が、韓国側の不手際で竣工が遅れたことに不満を持ったUAE側をなだめるためのものではないか、という疑惑が提起されたのだ。

これに対して、初期からUAE原発建設に関与した趙煥益(チョ・ファンイク)前韓電社長は、東亜(トンア)日報の電話取材に対して、「現地で工事が遅れ、関連企業が撤収したということは事実無根」と強調した。

また、「(フィンランドや英国、中国などで建設される原発と違って)UAEの原発は世界でも最も着実に建設、運営される原発だ」とも述べた。その一方で、朴槿恵(パク・クンへ)政府の時にUAEと関係が疎遠になったという大統領府関係者の説明に対しては、「工事のスケジュールが少し遅れはしたが常識的な範囲だった。韓電は何の支障もなく、UAE原発の工事をしてきた」と強調した。

自由韓国党は同日、大統領府の噴水台の前で記者会見を行い、任氏のUAE特使訪問に対する国政調査を求めた。金聖泰院内代表は、「国民的疑惑が増幅されているUAE原発ゲートの国政調査に文在寅(ムン・ジェイン)政権と与党『共に民主党』は直ちに応じなければならない」と主張した。

さらに、「大統領府の立場に変化がなければ、野党第一党である自由韓国党は、国民的疑惑を解消するための格別の措置を講じる」とも述べた。格別の措置が同党議員のUAE現地調査かという質問には、「まだ明言していない」と確答を避けた。

(http://japanese.donga.com/List/3/01/27/1171359/1)

必読!韓国経済、UAEの原発遅延補償金説、韓国政府が否定

必読!韓国経済、UAEの原発遅延補償金説、韓国政府が否定

記事要約:先日、UAEの原発受注に関係するかもしれない動きでUAEが国交断絶まで検討しているという記事を紹介したわけだが、管理人は最後に述べておいた。もっと面白い事象が起きると。それがまさか、次の日になるとは思わなかったが。

韓国経済、自由韓国党「UAEが文大統領に直接謝罪を要求」

UAEの原発遅延は確か、韓国が新型を造ってそれを韓国内で動かしたという実績が条件で必要だったから。他にも誰も造れない制御ケーブルとか。そして、遅れたら最大で2兆ウォン(約2100億円)の補償金が発生する。しかし、それを韓国政府が否定した。でも、日本にみたいに踏み倒せるとは思わないことだ。UAEというか、他国はそんなに甘くない。

>韓国大統領府(青瓦台)の任鍾晳(イム・ジョンソク)秘書室長のUAE訪問をめぐっても、韓国政府が訪問目的を明らかにしなかったため、原発遅延問題と関連があるのではないかとの疑念を生んでいる。こうした中、政府関係者は「実際の遅延理由は原発の運転そのものに関するものではなく、細部の内容変更だ」と説明した。

まあ、後でわかるんじゃないか。細部内容の変更ぐらいでUAEの王子が激怒するわけないんだよな。でも、UAEは最初からわかっててやってるからなあ。あれだけの条件を突きつけている時点で、UAEはこうなることを予期していた。東芝とフランスが辞退したことで、韓国が原子炉を1から造れるはずもない。2100億円、ちゃんと払えよ。しかも、毎年な。

>遅延の事実自体は既に国内外に知られている。同関係者は「バラカ原発1号機のうち韓国側の担当部分は建設が完了しているため、巨額の遅延補償金が生じるとの疑惑はとんでもない」と語った。事業を統括している韓国電力公社は「建設過程には問題が全くない」と強調した。

全く問題ないと。それなら安心ではないか。そのうちUAEから暴露されそうだが。必死に謝罪にいっても、2100億円を払わないと待ってくれないぞ。もっとも、毎年、2100億円も払えるかは知らないが。だいたい、完成しても60年保証だからな。ネタが多すぎるんだよな。

これは来年辺りの目玉になりそうな予感がするな。ロウソクデモ以来のお祭りとなるのか。楽しみだな。平昌五輪もあるのに、こうやって温めてきたもの(特集してきた記事)が開花していくのは実に楽しい。そもそも100億ドルは払ったのか。

ああ、わかった。文在寅大統領の企みが。おそらく、日韓慰安婦合意と同じで明博政権のせいにして、再交渉でも考えているんじゃないか。この件で明博元大統領を逮捕して契約の合意過程を検証するとか言い出して無効にしようとする。でも、それUAEに通じるのか。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~250回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

必読!韓国経済、UAEの原発遅延補償金説、韓国政府が否定

アラブ首長国連邦(UAE)のバラカ原子力発電1号機の完成予定時期が今年5月から来年に延期されたことに関連し、韓国側のミスで建設が遅延したため、最大で2兆ウォン(約2100億円)の遅延補償金が発生する可能性が指摘されている。韓国政府は工事遅延が韓国側とは無関係だとして補償金発生を否定している。

韓国大統領府(青瓦台)の任鍾晳(イム・ジョンソク)秘書室長のUAE訪問をめぐっても、韓国政府が訪問目的を明らかにしなかったため、原発遅延問題と関連があるのではないかとの疑念を生んでいる。こうした中、政府関係者は「実際の遅延理由は原発の運転そのものに関するものではなく、細部の内容変更だ」と説明した。

政府関係者は24日、UAE原子力規制庁(FANR)が今年5月、バラカ原発1号機の運転免許付与を延期し、年内稼働開始の計画も来年に延期されたとした上で、「主な理由は原発外部の安全強化などに対するUAE側の安全・保安審査が遅れたためだ」と述べた。

遅延の事実自体は既に国内外に知られている。同関係者は「バラカ原発1号機のうち韓国側の担当部分は建設が完了しているため、巨額の遅延補償金が生じるとの疑惑はとんでもない」と語った。事業を統括している韓国電力公社は「建設過程には問題が全くない」と強調した。

バラカ原発事業の受注額は186億ドル(約2兆1100億円)だ。韓電はUAEの首都アブダビの西270キロメートルにあるバラカ地区に出力140万キロワットクラスの新型原発4基を建設している。1号機は工事が96%完了し、来年完成。2020年までに残る3基も稼働する予定だ。

また、UAEをめぐっては、李明博(イ・ミョンバク)政権当時に結んだアブダビでの石油鉱区開発契約から韓国が撤退しようとしたため、UAEが遺憾を表明したとの疑惑も浮上している。これについて、関連政府系企業は「事実とは異なる」と反発している。

韓国石油公社とGSエナジーは2012年3月、アブダビ国営石油会社(ADNOC)と未開発油田3カ所の開発契約を結んだ。

石油公社関係者は「アブダビの3鉱区事業は問題がない。監査院からカナダのハーベスト鉱区買収、英ダナ・ペトロリアムの買収などについて問題点を指摘されたが、アブダビの鉱区開発は指摘を受けていない」と話した。共同開発者であるGSエナジーは「12年に開始したアブダビ鉱区開発事業では、第1鉱区は商業的開発に成功し、1日当たり5万バレルの原油を韓国に輸入している。残る探査鉱区は19年ごろに商業的開発が実現するとみられる」と説明した。

(http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/12/25/2017122500511.html)

韓国経済、自由韓国党「UAEが文大統領に直接謝罪を要求」

韓国経済、自由韓国党「UAEが文大統領に直接謝罪を要求」

記事要約:韓国の自由韓国党が「UAEが文大統領に直接謝罪を要求」した。UAEは国交断絶まで検討しているほど怒っている。一体、何に対してか。文在寅大統領が調査している明博政権時でのUAEの原発受注契約にだ。これをUAEが怒るということは賄賂か、何かなのだろう。王族として暴いてほしくない何かがある。まあ、明博政権時がクリーンなわけもなく。4大河川工事の談合、ダイヤモンドゲート事件などで疑惑が色々ある。

>金聖泰院内代表は同日の党会議で、「文在寅政権は李明博(イ・ミョンバク)元大統領のことを内密に調べるためにUAE王室と原発事業契約過程まで視野に入れていたが発覚し、国交断絶や原発事業でとてつもない危機を招いた」と述べた。

後、例の原発受注。結局、韓国が約束を守っていない。

■韓国が受注したUAE原発の破格条件

1.原子炉186億ドルのうち100億ドルの融資
2.原子炉稼働事故保険60年保証
3.故障時の修理回復保証
4.運転、燃料供給等の完全管理
5.原発の韓国軍による駐留警備

これには続きがあってさらに毒素条項がたくさんある。

1.揉めた場合は第3国ではなく、アラブ首長国連邦の裁判所で仲裁を受ける

2.原発運営期間も当初の60年間ではなく、10年間だけ保障される。「運営権を60年間確保で494億ドル(約55兆ウォン=約5兆4600億円)の売り上げが期待される」とバラ色の広報は6分の1ということになる。

3.アラブ首長国連邦側の要求をほとんど受け入れた

4.収益率も、当初16%で合意したが、10.5%と大幅に低下した

5.また、原発の輸出に伴う売上と配当額(60年基準)も2012年の690億ドルと216億ドルから、昨年には494億ドルと132億ドル

6.契約がこのようになったのは、朴槿恵政権が核発電所輸出の成果を出そうと急いだことも背景として働いたものとみられる

管理人が以前にまとめた毒素条項である。上の破格な条件すら生ぬるいほど、韓国は受注すれば絶対赤字になるという契約。文在寅政権にとっては見直ししたいところであるが、UAEは当然、受け付けるはずもないと。裁判しても勝てるわけないので、韓国とUAEは国交断絶まで来ていると。これは建設やら原油の輸入がやばいな。まあ、無事に運営するのを楽しみにしているぞ。原発不正、部品性能が不足していて、実証炉が稼働してないんだよな。なに、そのうちもっと面白い事象が記事になる。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~250回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

韓国経済、自由韓国党「UAEが文大統領に直接謝罪を要求」

保守系最大野党「自由韓国党」の金聖泰(キム・ソンテ)院内代表は21日、任鍾ソク(イム・ジョンソク)大統領秘書室長のアラブ首長国連邦(UAE)特使訪問疑惑と関連、「UAE側から『文在寅(ムン・ジェイン)大統領が自ら来て謝罪するか、側近が来て謝罪しなければただでは置かない』という断固とした姿勢を示したため、任鍾ソク室長がこうした時期に行かざるを得なくなったという現地の情報提供があった」と語った。

金聖泰院内代表は同日の党会議で、「文在寅政権は李明博(イ・ミョンバク)元大統領のことを内密に調べるためにUAE王室と原発事業契約過程まで視野に入れていたが発覚し、国交断絶や原発事業でとてつもない危機を招いた」と述べた。金聖泰院内代表は「このような状況で任鍾ソク室長はなぜ休暇を取るのだろうか。すぐに戻って疑惑について詳細に述べよ」と言った。

同代表は本紙の電話取材に「自由韓国党は国益と国の信頼関係のため自制している。だが、大統領府が引き続き以前の政権のせいにばかりするなら、我々が知っている情報を公表するなど特段の措置を取ることもある得る」と答えた。

こうした中、任鍾ソク室長がUAE訪問時に面談したムハンマド皇太子のおいが19日未明、随行団と共に韓国を訪れ3日間滞在した後、21日午後に出国したことが確認された。

韓国外交部(省に相当)は同日の記者会見で、「在UAE大使館の要請でムハンマド皇太子のおいであるザーイド・マンスール氏が搭乗した特別機の離着陸に関連して協力した」と述べた。ザーイド・マンスール氏の父はシェイク・マンスール王子で、皇太子の側近だ。シェイク・マンスール王子は2014年5月、朴槿恵(パク・クネ)大統領=当時=がバラカ原発1号機の原子炉設置式を祝うためUAEを訪問した時、行事に同行した。

自由韓国党関係者は「任鍾ソク室長は18日午後から、予定されていなかった3.5日間の休暇を取ったが、皇太子のおいの訪韓と関連しているのではないかと疑われる」と話す。これに対して、大統領府関係者は「皇太子のおいの訪韓は、プライベートな目的のためだと聞いている。任鍾ソク室長とは関係がない」と話している。

(http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/12/22/2017122200893.html)

必読!原発輸出モデルと広報したUAE原発契約、実際は「毒素条項」だらけ 期待収益494億ドルは“水増し”

必読!原発輸出モデルと広報したUAE原発契約、実際は「毒素条項」だらけ 期待収益494億ドルは“水増し”

記事要約:韓国人の契約をそのまま信じてはいけない。あのUAE原発契約はさらに酷かったようだ。まずは整理しておこうか。

■韓国が受注したUAE原発の破格条件

1.原子炉186億ドルのうち100億ドルの融資
2.原子炉稼働事故保険60年保証
3.故障時の修理回復保証
4.運転、燃料供給等の完全管理
5.原発の韓国軍による駐留警備

我々の知っているUAE原発の破格条件はこんな感じだった。しかし、実際はもっと酷いようだ。これより酷いってどういうことって思うかも知れないが、そりゃ、韓国が相手の要求を丸呑みして受注できたわけだから、とっても凄いことになっている。まずは、今回重要な点を整理する。

1.揉めた場合は第3国ではなく、アラブ首長国連邦の裁判所で仲裁を受ける

2.原発運営期間も当初の60年間ではなく、10年間だけ保障される。「運営権を60年間確保で494億ドル(約55兆ウォン=約5兆4600億円)の売り上げが期待される」とバラ色の広報は6分の1ということになる。

3.アラブ首長国連邦側の要求をほとんど受け入れた

4.収益率も、当初16%で合意したが、10.5%と大幅に低下した

5.また、原発の輸出に伴う売上と配当額(60年基準)も2012年の690億ドルと216億ドルから、昨年には494億ドルと132億ドル

6.契約がこのようになったのは、朴槿恵政権が核発電所輸出の成果を出そうと急いだことも背景として働いたものとみられる

一言でいうとアホだな。大きな海外受注を競って相手の要求をたくさん飲むことはあっても、この契約だと何が起きても韓国が負けるじゃないか。とりあえず、裁判では絶対勝てないのは致命的だ。60年運営が10年というのはどうでもいい。どうせ10年も運営できないからな。

配当額もかなりへったな。契約内容も出さないでこんなアホな受注していて成果も何もないだろう。一体、これでどこに儲かる要素があるんだ。UAEに原発プレゼントしたようなもんじゃないか。そもそも、収益が132億ドルなら100億ドルを韓国が負担するので、これでもう32億ドルということになる。そこから運転、修理などのメンテ費用も全て韓国持ち。間違いなく赤字運営になるだろう。

>ホン・イクピョ議員は「アラブ首長国連邦の原発は、李明博(イ・ミョンバク)政権の性急な決定と朴槿恵政権の無能によって、目標収益率の達成するかどうかも不透明な継ぎはぎの契約で終了した」と批判した。

これで売上が見込めるという計算が出来るなら逆に凄いな。素人が見ても大赤字しか見えないのに。朴槿恵元大統領が無能だというのはよく知っていたが、ここまで酷いとどうしようもない。この先、10年間は楽しめそうではあるので、管理人はネタが増えたわけだが。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~240回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

必読!原発輸出モデルと広報したUAE原発契約、実際は「毒素条項」だらけ 期待収益494億ドルは“水増し”

交渉行き詰り副首相を急派して合意
紛争起きた場合はUAE法で裁判受けることに
収益率16→10.5%へと大幅に修正

「60年間運営権を確保」発表したが、実際には「とりあえず10年間だけ契約」明らかに
期待収益494億ドルは“水増し”
韓電「持分投資契約は60年」

韓国電力公社のアラブ首長国連邦(UAE)原発4基に対する運営・投資契約条件に、法律紛争が生じた場合、第3国ではなくアラブ首長国連邦の裁判所で仲裁を受けなければならないなど、韓国側に不利な契約条件が多数含まれたことが確認された。

また、韓電の原発運営期間も当初の60年間ではなく、10年間だけ保障されていたことが分かった。昨年10月、朴槿恵(パク・クネ)政権と韓電は「運営権を60年間確保で494億ドル(約55兆ウォン=約5兆4600億円)の売り上げが期待される」とバラ色の広報をしたが、実際の内容はこれと程遠いと指摘されている。

19日、共に民主党のキム・ビョングァン議員とホン・イクピョ議員が公開した韓電の「アラブ首長国連邦における原発建設および運営事業の持分投資・出資(案)」などの資料によると、韓電は2009年から進めたアラブ首長国連邦原子力公社(ENEC)と核発電所の運営・投資契約交渉で、アラブ首長国連邦側の要求をほとんど受け入れた。契約内容が公開されたのは今回が初めてだ。

アラブ首長国連邦の原発事業は大きく分けて二種類だ。一つは2009年12月、韓電コンソーシアムがENECと結んだ186億ドル規模の建設契約である。

また、もう一つは昨年10月、契約した発電所の投資・運営事業だ。発電所の投資・運営に向けて、韓電とENECは18対82の割合でバラカウォン((Barakah One・事業法人)とナワエネルギー(Nawah Energy・運営法人)を設立することにした。当時、政府はこの契約を韓国原発輸出のモデルだと広報した。

しかし、具体的な内容を見てみると、事情が異なる。まず、韓電とENEC間の法律紛争が発生すれば、当初英国法に準じて、ロンドンの裁判所で仲裁を受けるという合意になっていたが、アブダビ裁判所でアラブ首長国連邦法に基づいて裁判を受けるものに変更された。

昨年9月に開かれた韓電理事会でチョ・ジョンヒョク理事(元セヌリ党議員)は「最後の砦である公正に裁判を受ける権利は確保しなければならないのではないか。アブダビで裁判を受けるのは本当に最悪だ」と批判した。

収益率も、当初16%で合意したが、10.5%と大幅に低下した。運営権も60年間ではなく、10年間だ。韓電海外原発開発処長は理事会で「O&M(経営および維持)は、まず10年契約することになっている」と話した。

結局、運営権契約を延長するためには、再び交渉しなければならず、紛争が生じれば現地裁判所で仲裁を受けなければならない立場だ。また、原発の輸出に伴う売上と配当額(60年基準)も2012年の690億ドルと216億ドルから、昨年には494億ドルと132億ドルにそれぞれ低くなった。

契約がこのようになったのは、朴槿恵政権が核発電所輸出の成果を出そうと急いだことも背景として働いたものとみられる。昨年、交渉が膠着状態に陥ると、ユ・イルホ経済副首相は5月、アブダビで開かれた両国の経済共同会議に出席し、直接「年内の契約完了」合意を引き出した。

ホン・イクピョ議員は「アラブ首長国連邦の原発は、李明博(イ・ミョンバク)政権の性急な決定と朴槿恵政権の無能によって、目標収益率の達成するかどうかも不透明な継ぎはぎの契約で終了した」と批判した。

キム議員は「改悪を重ねた原発の契約は、リスクを問わず成果の広報に偏った海外資源開発と似ている」と指摘した。これについて、韓電側は「契約の内容は秘密のため、(それについては)何も言えない」と明らかにした。

チェ・ハヤン記者

(http://japan.hani.co.kr/arti/politics/28747.html)