「アメリカ」カテゴリーアーカイブ

トランプ氏支持率、クリントン氏を逆転 衝撃の世論調査結果

トランプ氏支持率、クリントン氏を逆転 衝撃の世論調査結果

記事要約:11月に入り、いよいよ2016年の米国大統領選挙が目前となった。管理人が以前取り上げた時はトランプ氏が勝つという意見には読者様は否定的だったが、だが、ここに来てクリントン氏がFBIの捜査を受けていることも影響して、トランプ氏の支持率が逆転した。といってもそれほど大差はない。僅か1%である。

大統領選挙の制度は投票前にいずれ特集したいが、簡単に言えば50州だったかな。この州で支持者の票を集めて行くわけだが、州ごとにポイントがある。これは大体大きな州によって得られるポイントが異なるので、大きな州で勝つ方が有利となる。

もちろん、小さな州で支持を集めて大きな州に対抗するというのもありだ。ただ、こういうのは地盤というものがあって、どこがどの州に優勢といったものがある。そういった州をわざと諦めて接戦の州に応援努力をするといった方法もあるわけだ。だから、大統領選挙の当日はできるだけ速報を伝えておこうと思うが、韓国政権がどうとかより、こっちの方がよほど世界経済に影響を与えるし、これも一種の祭りみたいなものだ。楽しんで欲しい。

どっちが勝つかはわからない以上は、日本だって二通りの外交プランを用意するしかない。その辺は各国も同じだろう。管理人的にはトランプ氏の方が面白いとは思うのだが、それが米国や世界にとって良い選択になるかは正直、述べてわからない。ただ、トランプ氏になるほうが世界の注目度は上がるだろう。

今、時の人となっているフィリピンのドゥテルテ大統領とトランプ氏の会談とかになるとわりと面白いんじゃないか。予想が付かないという意味でだが。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~184回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする

トランプ氏支持率、クリントン氏を逆転 衝撃の世論調査結果

1日に発表された米大統領選の最新世論調査で、共和党候補ドナルド・トランプ(Donald Trump)氏の支持率が、民主党候補ヒラリー・クリントン(Hillary Clinton)前国務長官を逆転したとの衝撃的な結果が明らかとなった。

米ABCニュース(ABC News)と米紙ワシントン・ポスト(Washington Post)が行った同調査では、トランプ氏の支持率が46%、クリントン氏が45%だった。クリントン氏はこれまでの選挙戦で長くリードを保ってきたが、私用メール問題での捜査を米連邦捜査局(FBI)が再開したことが悪影響を及ぼしたもようだ。

ただ識者らは、単独の世論調査に重きを置き過ぎないよう注意を促しており、特に支持率の開きが誤差の範囲内である場合には結果をうのみにすべきではないとの見解を示している。

政治情報サイト「リアルクリア・ポリティクス(RealClear Politics)」がまとめた世論調査結果の平均では、クリントン氏はトランプ氏に対し引き続き2ポイントリードしている。

また米大統領選では、州によって勝者が獲得する票数に偏りがあることから、クリントン氏勝利の公算は現在も圧倒的に大きいままとなっている。

米紙ニューヨーク・タイムズ(New York Times)の統計モデルでは、クリントン氏が88%の確率で勝利すると予測。一方、信頼性の高さで知られるウェブサイト「ファイブサーティーエイト(FiveThirtyEight)」は同氏勝利の確率を74%としている。

ソース/YAHOO!ニュース(AFP)

(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161102-00000001-jij_afp-int)

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

尖閣接続水域侵入 自衛隊トップが“警告” 「中国艦、領海侵入なら相応の対応」

尖閣接続水域侵入 自衛隊トップが“警告” 「中国艦、領海侵入なら相応の対応」

記事要約:管理人は中国が尖閣諸島の接続水域に入ってくる可能性は想定していたが、mさか同じ時間にロシアまで入ってくるとは思ってなかった。でも、日本政府や自衛隊のトップの対応は冷静であった。わりと想定外だったとおもったのだが、予想はしていたんだろうか。中国とロシアとの対応に差があるのも冷静な対応だろう。

確かにロシアは現時点で尖閣諸島の領有権を主張しているわけもない。なら、ロシアの狙いはどこにあるんだろうか。中国に完全に味方しているわけでもなく、何かの声明を発表したわけでもない。まさか、ロシアはアメリカのオバマ大統領や、次期大統領候補がどう行動するかを確認するために行った?

それはけっこうあるんじゃないだろうか。トランプ氏か、クリントン氏か、はたまた他の候補者か知らないが、オバマ大統領や次期の大統領が尖閣諸島についてどのような発言をするか調査する目的で航行したのなら、わりと今後の軍事行動に大きく関わることだ。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~158回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする

尖閣接続水域侵入 自衛隊トップが“警告” 「中国艦、領海侵入なら相応の対応」

自衛隊トップの河野克俊統合幕僚長は9日の記者会見で、中国海軍艦艇が尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺の接続水域に入ったことに対し、「中国は尖閣諸島の領有を主張している上で接続水域に入域した。緊張を高める一方的な行動で、深刻な懸念を持っている」と指摘した。「厳重な抗議を中国側にしたので、真剣に受け止めてもらうことを期待している」とも述べた。

中国艦が日本の領海に侵入した場合の措置については「相応の対応はとっていく。一般論としては、海上保安庁で対応できない場合は海上警備行動をかけた上で、自衛隊が対応する仕組みになっている」と語った。

一方、中国艦と同じく尖閣諸島周辺の接続水域に入ったロシア艦については「ロシアは尖閣諸島の領有は主張していない。接続水域の航行そのものは国際法上、問題ない」とした。

(http://www.sankei.com/politics/news/160609/plt1606090025-n1.html)

 

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

ロシア軍艦も尖閣接続水域内に

ロシア軍艦も尖閣接続水域内に

記事要約:先ほど、中国艦艇が尖閣諸島の接続水域に入ってきたことを知らせたが、どうやらロシアの軍艦も来ているようだ。中国とロシアが本気出手を組んだとは思えないが、日本の出方を伺ってる感じではある。きな臭いことになっており、舛添知事がどうとか述べている場合ではなくなってきたな。

しかし、ロシアの狙いは何なのだろう。わざわざ、尖閣諸島に入ってきて領土主張するわけでもなさそうだが。中国に誘われた?だが、ロシアが中国側に付いてもメリットはなさそうなんだが。

沖縄県・尖閣諸島周辺の接続水域に、ロシア軍の艦艇3隻も航行していたことが明らかになった。

(http://this.kiji.is/113378049588102646?c=39550187727945729)

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

トランプ氏45%、クリントン氏42% 本選想定の世論調査、トランプ氏がクリントン氏を逆転

トランプ氏45%、クリントン氏42% 本選想定の世論調査、トランプ氏がクリントン氏を逆転

記事要約:韓国経済と韓国の運命を握るアメリカ大統領選。韓国は是非とも、クリントン氏に勝ってほしいと願うわけだが、最近の世論調査だとトランプ氏が46%、クリントン氏が42%と逆転したようだ。つまり、よりトランプ氏がアメリカの次期大統領候補に近づいているわけだ。

管理人はオバマ大統領が選ばれたときも、再選したときもサイトでアメリカ大統領選挙の当日速報をしていたのだが、次はもっと多くの日本人が注目することになりそうだ。もちろん、韓国だけではなく、日本にも多大な影響を与えかねないトランプ氏だ。だが、変化を恐れていてはいつまでたっても良くはならない。

日本は今,どこもかしこも変化というものを嫌う傾向が強い。日本国憲法改正然り、マスコミの電波利権然り、特に既存利益に縋るオリンピックの選定委員などもまさにそれ。デザイン不正から、法外な建築費などのでたらめな予算案。老害が引き起こす弊害といっても言い過ぎではないだろう。

アメリカ国民は彼ならアメリカを良い方向へと導いてくれると思うからこそ,人気が上がっているのだろう。それがどうなるかはわからないが、少なくともクリントン氏より何かしでかしてくれるとは期待できる。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~154回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする

トランプ氏45%、クリントン氏42% 本選想定の世論調査、トランプ氏がクリントン氏を逆転

米FOXニュースが18日発表した世論調査の結果によると、11月の大統領選本選が共和党の実業家ドナルド・トランプ氏(69)と民主党のヒラリー・クリントン前国務長官(68)の争いになると想定した場合、トランプ氏に投票すると答えた人は45%に上り、クリントン氏支持の42%を上回った。

1カ月前の調査はトランプ氏41%、クリントン氏48%という結果だったが、トランプ氏がクリントン氏より先に党の指名獲得を確実にした勢いに乗り、逆転を果たした形だ。

(http://www.jiji.com/jc/article?k=2016051900232&g=int)

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

【日本の防衛】日本政府にトランプ氏とのパイプなし…人脈づくりからスタート

【日本の防衛】日本政府にトランプ氏とのパイプなし…人脈づくりからスタート

記事要約:次期アメリカ大統領候補のトランプ氏。日本政府は全くパイプがないようでこれから人脈作りを始めるようだ。

管理人もアメリカ大統領選挙には注目しており、今後の日米同盟や日本経済にも大きく影響を与えかねないトランプ氏の行動は抑えておきたいと思っている。経済的には保守的な感じのトランプ氏なので、スーパー306条のような無茶な法案で日米赤字を解消に動く可能性だってあるだろう。

日本の核武装を容認するなら米軍撤退するのは将来的には悪くない話だ。管理人はいつまでも自国を他の軍隊に守ってもらうのはおかしいと感じている。

もっとも、大統領になれたらの話で少し時期尚早ではある。しかし、確実に日米関係に大きな変化を与えそうな人物なのは確かだとおもう。クリントン氏はどっちかというと、今までの米路線から大きな変更はなさそうな気がしてインパクトに欠けるんだよな。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~154回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする

【日本の防衛】日本政府にトランプ氏とのパイプなし…人脈づくりからスタート

トランプ氏と日本政界について政治評論家の浅川忠博氏は 「対日政策の軌道修正を促したいところだが、日本政府はトランプ氏本人はもちろん、その取り巻きにもパイプがない。人脈づくりが課題になる」と指摘。

トランプ氏が大統領になった場合、日米安全保障条約の見直しや、 駐留米軍費用の負担増などを要求してくることが予想されるが 「北朝鮮や中国の軍事的脅威が高まり、日米同盟や日米韓による連携がさらに重要になっている今、それを突っぱねるのは難しい。そうならないために、働きかけを強めていかなければならない」と話した。

(http://www.sponichi.co.jp/society/news/2016/05/06/kiji/K20160506012531380.html)

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

【日本の防衛】メルケル首相、日本にNATO加盟を提案 安倍首相「もしかしたら将来的に」

【日本の防衛】メルケル首相、日本にNATO加盟を提案 安倍首相「もしかしたら将来的に」

記事要約:ドイツのメルケル首相が日本にNATO加盟を提案したらしい。安倍首相は「もしかしたら将来的に」と含みを持たせている。これは中々興味深い。現時点では核武装論よりはこちらの方が実現可能性はまだ高いと思う。

ただ、NATOに加盟すればアメリカの日本への影響力は相対的に小さくなる。今までのアメリカなら拒否する可能性が高いが、次期大統領がトランプ氏となれば話は変わってくる。軍事費を縮小させるために日本のNATO加盟を承認するかもしれない。

また、もう一つの側面としてはNATOは反共産主義の軍事同盟というのがある。中国に対抗するためにも日本、フィリピン、ベトナムなどがNATOに入るというのも将来的には考慮してもいいかと。

アジア版のNATOを造るという手もあるが、管理人は中国の脅威に対抗するには弱いと思う。今,アジアでまともに中国に対抗姿勢をみせているのは日本やベトナムといった少数の国家だ。参加を促してもまずのってこないだろう。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~154回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする

【日本の防衛】メルケル首相、日本にNATO加盟を提案 安倍首相「もしかしたら将来的に」

「ジャパン・ニューズ」によると、メ ルケル首相は安倍首相に、「日本がNATOに加盟して何が悪いのか?私は英国のキャメロン首相とフランスのオランド大統領を説得できる」と述べ、安倍首相 は、「失礼にならないよう」にするため、「もしかしたら将来的に」という趣旨の返事をしたという。

なお記事では、メルケル首相の提案が実現する可能性はほとんどないだろうと指摘されている。

 

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

【日本の防衛】南シナ海の島に地対空ミサイル配備=FOXニュース

【日本の防衛】南シナ海の島に地対空ミサイル配備=FOXニュース

記事要約:韓国の市場より、気になるニュースが入ってきた。FOXニュースによると南シナ海(西フィリピン海)の南沙諸島で、中国軍が地対空ミサイルを配備したという驚くべきことを報じている。民間の衛星画像で地対空ミサイルの発射装置、レーダーシステムが配備されていることをとらえたようだ。これ、もの凄いスクープだよな。

2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

【日本の防衛】南シナ海の島に地対空ミサイル配備=FOXニュース

米ニュース放送局FOXニュースは16日、中国軍が南シナ海の島に地対空ミサイルを配
備したと報じた。民間の衛星画像で確認したという。衛星画像はイメージサット・インタ
ーナショナルが撮影した。

南シナ海・パラセル諸島のウッディー島(永興島)に地対空ミサイルの発射装置やレーダ
ーシステムが配備されているのが写っている。

ウッディー島は、中国、台湾、ベトナムが領有権を主張している。

米国防総省のアーバン報道官は「機密事項に関わる問題にはコメントできないが、われわ
れはこれらの問題を注視している」としている。

FOXニュースは、ミサイルはこの1週間ほどの間に配備された可能性があると報じてい
る。画像によると、ウッディー島の浜辺には今月3日には何もなかったが、14日にはミ
サイルが写っているという。

(http://jp.reuters.com/article/southchinasea-china-missiles-idJPKCN0VQ011)

日本の底力のメルマガ購読は↓から、今はPCでも携帯でも一つのメルマガでいいようだ。それでは購読の方をお願いする。前回、携帯に登録していただいていた読者様はPCの方に登録していただけるとありがたい。

→日本の底力

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

米駆逐艦、南シナ海「人工島」12カイリ内を航行

米駆逐艦、南シナ海「人工島」12カイリ内を航行

記事要約:残念ながら韓国経済がどうとか述べている場合ではなくなってきている。米中、開戦一歩手前まで来ている。中国の反応次第では戦争突入もあり得るだろう。

オバマ大統領が米韓首脳会談で中国を名指しにして韓国に迫ったのはこのような作戦を既に組んでいたからだろう。今後の情報に注意していただきたい。戦争する確率は低いと思うが、最近の中国の行動はあからさまである。

2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

続きを読む 米駆逐艦、南シナ海「人工島」12カイリ内を航行

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

必読!米政府「マレーシア航空機は対空ミサイルで撃ち落とされた」=米情報機関が確認

必読!米政府「マレーシア航空機は対空ミサイルで撃ち落とされた」=米情報機関が確認

記事要約:朝起きて、このニュースを見て滅茶苦茶驚いたというより、恐怖した。マレーシア航空機が対空ミサイルで撃ち落とされた。そういえば、急に情報出なくなったりしたんだよな。本当か。これ。2chには英訳の翻訳が載っているんだが、確かにソースが間違っているわけではない。だが、これ本当なら世界が震撼する出来事だぞ。しかし、これウクライナ軍か、新ロシア派のどちらが撃ち落としたのか。それによっても、事情が異なってくる。

とりあえず、朝から衝撃的すぎる。情報を集めてみるが、これはどちらなんだろうか。しかも、どちらにしようがとんでもない性能のミサイルということになるんだが。さらに民間機を撃ち落とす虐殺行為。これをオバマ大統領が放置するなんてできるのか。

2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

続きを読む 必読!米政府「マレーシア航空機は対空ミサイルで撃ち落とされた」=米情報機関が確認

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

原油価格急伸 イラク緊迫 9カ月ぶり水準

原油価格急伸 イラク緊迫 9カ月ぶり水準

 

記事要約:本当はワールドカップのニュースを色々と伝えたいところなのだが、そういうのは他のブログに任せて、管理人は緊迫しているイラク情勢による原油価格高騰について注目する。もっとも、ここ数日で驚くべき速さで上昇した。現在は1バレル=106ドルまで推移しているのだが、これはイラク情勢悪化次第では序の口という見方もある。原油価格上昇はガソリン価格はもちろんのこと、流通業に多大な影響を及ぼすことで、物の価格の上昇にも繋がる。すぐに変化が起きるわけではないが、半年後なら既に冬である。

2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

続きを読む 原油価格急伸 イラク緊迫 9カ月ぶり水準

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry