「シリア軍事介入」カテゴリーアーカイブ

韓国経済、〔欺されるのは韓国だけ〕安倍首相、北朝鮮の非核化「段階措置」拒否へ トランプ氏との会談で

韓国経済、〔欺されるのは韓国だけ〕安倍首相、北朝鮮の非核化「段階措置」拒否へ トランプ氏との会談で

記事要約:北朝鮮に何度も欺されてきた日米両国。最近、ジャパン・パッシングとか、マスコミが喜んでいるわけだが、実際はそんなことはないと。日米がしっかり連携取っていれば韓国が北朝鮮にどのような支援しようが元の木阿弥というやつだ。

さて、話を戻すと安倍総理とトランプ大統領が北朝鮮の非核化について「段階措置」を拒否で一致した。昨日のシリアへの空爆攻撃で金正恩はさぞかし振るえているだろう。オバマ前大統領とは違うと。シリアの裏にはロシアやイランがいるのだが、そんなの無視してアメリカ、イギリス、フランスは攻撃に踏みきった。

ワンショットであるのだが、アサド政権が化学兵器を使えばもう一度やるともいっている。化学兵器は金正恩も金正男氏暗殺事件でVXガスで使用している。北朝鮮も無関係ではない。

>「完全かつ不可逆的で検証可能な非核化(CVID)」実現のため、まずは核関連施設の無能力化と、国際原子力機関(IAEA)による査察の無条件受け入れを求めることでも一致する見通し。複数の日米関係筋が14日、明らかにした。

北朝鮮がIAEAの査察を受け入れるとは思えないが、数日後、安倍総理が訪米する。シリアへの空爆対応については案の定、ロシアと中国が批判している。

特にロシアは第2のヒトラーと。まさにロシアがいうなだな。

しかし、他の安保理の国は支持となっている。後は情報戦となっており、ミサイルの数。撃ち落とした数。ミサイル防衛ができるシステムなどの効果がそれぞれの陣営で異なっている。どれが正しいかはおそらく出てこないだろう。103発のうち71発撃ち落としたとか。信じられないもんな。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~261回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

韓国経済、〔欺されるのは韓国だけ〕安倍首相、北朝鮮の非核化「段階措置」拒否へ トランプ氏との会談で

安倍晋三首相は、17~20日の訪米で予定するトランプ米大統領との会談で、朝鮮半島の非核化は「段階的で歩調を合わせた措置」が必要だとする北朝鮮の要求について、拒否すべきだとの認識を確認する方向で調整に入った。

「完全かつ不可逆的で検証可能な非核化(CVID)」実現のため、まずは核関連施設の無能力化と、国際原子力機関(IAEA)による査察の無条件受け入れを求めることでも一致する見通し。複数の日米関係筋が14日、明らかにした。

段階的措置については、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が3月26日、中国の習近平国家主席との会談で言及した。

(https://this.kiji.is/357933653332083809)

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

米国、シリアに共同軍事攻撃検討か 英仏参加も、後ろ盾ロシアに圧力

米国、シリアに共同軍事攻撃検討か 英仏参加も、後ろ盾ロシアに圧力

記事要約:今日の読売新聞にも掲載してあったのだが、シリアに米国が共同軍事攻撃検討しているという。しかも、イギリスだけではなく、フランスも参加するとか。シリアの背景にロシアがいるわけだが、空爆の準備もしているとか、非常にきな臭いことになっている。

おかげでWTIの原油価格が65ドルまで上昇しており、このままシリアとの軍事攻撃となればさらに上昇するかもしれない。幸い、春なのでそこまで日本の一般市民に原油価格の高騰でガソリン代が多少上がるぐらいだとおもうのだが、それでも米朝首脳会談前にシリアの動きもあって世界情勢は緊迫している。なのに日本は森友や加計が一面を飾る。ああ、情けない。

ああ。でも、アメリカが軍事行動に出たら米朝首脳会談そのものが延期になる可能性もあるのか。わりと北朝鮮情勢にも関わる問題かもしれないな。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~261回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

米国、シリアに共同軍事攻撃検討か 英仏参加も、後ろ盾ロシアに圧力

【ワシントン共同】シリア首都ダマスカス近郊での化学兵器使用疑惑を受け、トランプ米政権がアサド政権に対し、他の数カ国との共同軍事攻撃を検討している。ロイター通信が10日までに報じた。米紙ワシントン・ポストによると、フランスや英国なども攻撃に踏み切る可能性がある。米国はアサド政権の後ろ盾のロシアに圧力をかけるため、国際的な包囲網構築を急いでいるもようだ。

トランプ大統領は単独での軍事行動も辞さない意向を示唆しているが、さらなる化学兵器使用を抑止するため、ロシアと対立する欧州の同盟国と共同行動を取ることで、攻撃の正当性を強化する狙いもありそうだ。

(https://this.kiji.is/356378154753475681)

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

米のエルサレム首都認定、世界各国が非難 「2国家共存を破壊」

米のエルサレム首都認定、世界各国が非難 「2国家共存を破壊」

記事要約:少し、昨日も触れたが米国のトランプ大統領エルサレムを首都認定したことで世界各国で波紋が広がっている。実際、全てイギリスの2重外交が悪いのだが、その後、複雑な経緯を正しく理解するのは難しい。

管理人もBBCニュースで経緯を読んだが、読者様に解説できるほど理解できなかった。それだけ、聖地、「イスラエル」における宗教観の対立問題は根深い。日本人のような無宗教では何でそこまで争っているかの感覚が理解出来ないと思う。歴史好きで管理人でさえ、過去に十字軍をエルサレムを奪還しようとしたとか、そういう断片的な知識しかないからな。しかし、言いたいことが1つだけある。イギリスのメイ首相だけは黙っていろと。だいたい各地の紛争を紐解いていけば大国、イギリス、アメリカが原因になるんだよあな。

日本もくだらない相撲など取り上げてないでこういったどう見ても危機的なニュースをしっかり解説したらいいんだが。日本の記者で中東問題を正しく解決できる人間はほとんどいないだろうな。これにはユダヤ教、キリスト教、イスラムの知識がいる。3宗教の知識があって、さらに歴史的な知識と、とにかく複雑過ぎるのだ。だいたい、良く出てくる過激派組織のシーア派の分類ですら、イスラムのムハンマドまで遡らないといけないからな。

>エマニュエル・マクロン(Emmanuel Macron)仏大統領は、トランプ氏の決定は「遺憾」だとし、同氏に「何としても暴力を避ける」努力を尽くすよう呼びかけた。またテリーザ・メイ(Theresa May)英首相も、この決定は和平努力にとって「役に立たない」ものであり、英政府は同意できないと言明。アンゲラ・メルケル(Angela Merkel)独首相も米国の方針を「支持しない」との見解を表明した。

アメリカにとってイランなどが仕掛けてきてもたいして怖くないということなんだろうか。北朝鮮有事もあるので2面作戦になりそうな感じもするが、米国がイスラエル支持なのは言うまでもない。首都になって大使館を移せばテロの標的にされそうな気もするが、むしろ、アメリカはそれを待っている可能性だってある。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~250回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

米のエルサレム首都認定、世界各国が非難 「2国家共存を破壊」

【12月7日 AFP】ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領がエルサレムをイスラエルの首都と認定したことを受け、世界各国が非難の声を上げた。

パレスチナ解放機構(PLO)のサエブ・アリカット(Saeb Erekat)事務局長は、トランプ大統領は「2国家共存の解決案を破壊した」と非難。マハムード・アッバス(Mahmud Abbas)議長も、「嘆かわしく容認不可能なこれらの措置は、あらゆる和平努力を意図的に掘り崩すものだ」と批判し、米国はもはや和平仲介者としての役割を望めないと述べた。

パレスチナ自治区ガザ地区(Gaza Strip)を実効支配するイスラム原理主義組織ハマス(Hamas)は、トランプ氏の決定は「同地域における米国の国益に対する地獄の門」を開くものだと表明した。

イランは、米国の決定は「新たなインティファーダ(反イスラエル闘争)」を引き起こす恐れがあると警告。トルコも、トランプ氏の決定は「国際法と、関連の国連(UN)決議に違反している」と非難した。

エマニュエル・マクロン(Emmanuel Macron)仏大統領は、トランプ氏の決定は「遺憾」だとし、同氏に「何としても暴力を避ける」努力を尽くすよう呼びかけた。またテリーザ・メイ(Theresa May)英首相も、この決定は和平努力にとって「役に立たない」ものであり、英政府は同意できないと言明。アンゲラ・メルケル(Angela Merkel)独首相も米国の方針を「支持しない」との見解を表明した。

欧州連合(EU)はトランプ氏の決定に「深刻な懸念」を表明。アントニオ・グテレス(Antonio Guterres)国連事務総長は、エルサレムの地位はイスラエル・パレスチナ間の直接交渉を通じて解決されなければならないと述べ、トランプ氏の決定を暗に批判した。

一方、イスラエルのベンヤミン・ネタニヤフ(Benjamin Netanyahu)首相は、トランプ氏の決定は「歴史的」で「勇気ある」措置だと称賛している。(c)AFP

配信2017年12月7日 7:03

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

韓国経済、慰安婦問題の国際議会連合、創設メンバーの多くが韓国系議員

韓国経済、慰安婦問題の国際議会連合、創設メンバーの多くが韓国系議員

記事要約:慰安婦問題の議会連合を立ち上げた話があったが、あれ続報である。まず、創設メンバーの多くが韓国系議員。それは予想通りというか、33人が韓国議員で、後はいつもの反日メンバーだった。

次に重要なのがは23日に発表した声明で、パリ同時多発テロを実行し、 シリアなどで女性への虐待や殺害を繰り広げるイスラム教スンニ派過激組織のISまで引用したそうだ。つまり、女性への人権を強調したくて、慰安婦問題以上のことを取り上げてきた。中々、志は立派であるが、ベトナム戦争での混血児、ライダイハンについて発言しないのはおかしいな。それとロシアのシベリア抑留、チベット人の虐殺についても、さらにアフリカで起きているジェノサイドについてのコメントもいただきたい。

ここまで広げた以上は当然、これらの質問が必ずどこかから出てくる。これはお手並み拝見といったところだ。

慰安婦詐欺に集中するかと思ったら、さらに広い主張をしてきた。そりゃ、他国の議員を動かすにはそれぐらいはしないとダメか。

2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

韓国経済、慰安婦問題の国際議会連合、創設メンバーの多くが韓国系議員

【ニューヨーク=黒沢潤】カナダのマーティン上院議員率いる各国横断の議員らが、慰安婦問題を含む、女性の「性奴隷」問題解決を目指す議会連合を立ち上げた。議連は23日に発表した声明で、パリ同時多発テロを実行し、シリアなどで女性への虐待や殺害を繰り広げるイスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」まで引用。慰安婦問題とからめた主張には批判も出ている。

創設メンバーのうち、マーティン議員は韓国出身。韓国の李ジャスミン議員に加え、ニュージーランドのメリッサ・リー議員も韓国出身で、“韓国色”の強い組織となっている。

議連が創設をアピールするため、「(世界で)最も適当な場所」(マーティン議員)として選んだ国連本部の記者会見場は、使用申請権を有する在ニューヨークの韓国政府国連代表部による「力添え」(同議員)で使用が実現した。

一方、ホンダ米下院議員も参加していることから、同議員と関係が深く米国で反日キャンペーンを展開する中国系の「世界抗日戦争史実維護連合会(抗日連合会)」などが背後で関わっているとの見方もある。

安倍晋三首相と韓国の朴槿恵大統領は今月2日の会談で、将来世代の障害にしないため、慰安婦問題の早期妥結を目指し交渉を加速化させることで一致した。

だが、議連が発表した声明は、イスラム国に加え、ナイジェリアなどで自爆テロに関与していると指摘されるイスラム過激派、ボコ・ハラムの蛮行にも言及した上で、女性の人権問題解決を目指すと強調。

このため、「慰安婦問題解決が主眼のはずなのに、凄惨(せいさん)な事件を引き起こして世界を震撼(しんかん)させているテログループを引き合いに出すのは、どうみても行き過ぎ」との批判も出ている。

議連は「女性暴力追放のための国際デー」にあたる25日から、「世界人権デー」にあたる来月10日までの16日間、世界で人権問題をめぐるさまざまな活動が行われるのに先立って創設された。

(http://www.sankei.com/world/news/151124/wor1511240052-n1.html)

日本の底力」メルマガ購読は↓から、今はPCでも携帯でも一つのメルマガでいいようだ。それでは購読の方をお願いする。前回、携帯に登録していただいていた読者様はPCの方に登録していただけるとありがたい。

→日本の底力

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

化学兵器は「サリン」 軍事介入の議会承認に自信 米国務長官

化学兵器は「サリン」 軍事介入の議会承認に自信 米国務長官

記事要約:まさか、ここに来てサリンの名前を聞くとはな・・・・・・。平和だったと日本で起きた最悪なテロ事件、地下鉄サリン事件で使われた毒ガスの名前だった。化学兵器が「サリン」だとしても、問題は誰が使ったかであり、その辺を曖昧にして見切り発車すればイラク戦争と変わらない。イラク戦争と違うのは背後にロシアや北朝鮮がいること。イギリスが参加しないこと。

2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

続きを読む 化学兵器は「サリン」 軍事介入の議会承認に自信 米国務長官

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

「証拠あるなら示せ」=プーチン大統領、シリア攻撃けん制

「証拠あるなら示せ」=プーチン大統領、シリア攻撃けん制

記事要約:オバマ大統領が軍事介入を検討しているシリア。ロシアはシリアと軍事契約を締結しており、ロシアの海軍基地もあり、シリアの政治的・軍事的に利権を握ってる。つまり、アメリカが軍事介入すればプーチン大統領が動く可能性があるということになる。ロシアはシリア攻撃の根拠となる化学兵器を使ったという証拠を巡って、アメリカを牽制した。今回も、アメリカ、ロシアと大国の利害が裏で複雑で絡んでいるようだ。

2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

続きを読む 「証拠あるなら示せ」=プーチン大統領、シリア攻撃けん制

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry