「日本の防衛」カテゴリーアーカイブ

【日本の防衛】日本への「イージス・アショア」売却 2350億円 米政権が承認 秋田県と山口県に配備

【日本の防衛】日本への「イージス・アショア」売却 2350億円 米政権が承認 秋田県と山口県に配備

記事要約:管理人も近くに住んでいるなら見学したいのだが、どうやら、秋田県と山口県にイージス・アショアが配備される方針のようだ。そして、売却価格は2350億円らしい。高いのか安いのかわからないが。日本の防衛が一段階強化されるのは間違いないので喜ばしいことだとおもう。

> トランプ政権は29日、声明を出し、「イージス・アショア」2基と関連の装置などを日本円でおよそ2350億円で日本に売却することを決め、アメリカ議会に通知したことを明らかにしました。 

新型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」か。イージスの意味は、ギリシャ神話のゼウスの娘であるアテナの盾「イージスの盾」でおなじみだが、アショアはどういう意味なんだろう。それで調べたらアショアは陸上の意味があるようだ。つまり、陸上の最強の盾ということになる。中々、素晴らしいネーミングセンス。

>アメリカ政府は去年11月、これらとは別に、新型の迎撃ミサイル「SM3ブロック2A」13発を含むミサイル21発を5億6100万ドル(日本円にしておよそ600億円余り)で、日本に売却することを決めています。 

イージス・アショアに搭載される新型の迎撃ミサイル「SM3ブロック2A」が13発を含むミサイル21発のお値段は5億6100万ドルと。これだけ購入しても、日米貿易だと黒字なんだよな。しかし、ミサイル高いな。単純に考えて1発だいたい30億円するのか。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~290回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

【日本の防衛】日本への「イージス・アショア」売却 2350億円 米政権が承認 秋田県と山口県に配備

政府が秋田県と山口県に配備する方針の新型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」について、アメリカのトランプ政権は、合わせて21億5000万ドル(日本円にして2350億円)で日本に売却することを承認し、アメリカ議会に通知しました。 

トランプ政権は29日、声明を出し、「イージス・アショア」2基と関連の装置などを日本円でおよそ2350億円で日本に売却することを決め、アメリカ議会に通知したことを明らかにしました。 

声明では「日本の強い自衛能力を発展させることはアメリカの国益にとって非常に重要であり、この装備は地域の基本的な軍事バランスを変えるものではない」としています。 

日本政府は「イージス・アショア」を秋田市と山口県萩市にある自衛隊の演習場に配備する方針で、最終的にはアメリカ議会の承認で売却が決まります。 

アメリカ政府は去年11月、これらとは別に、新型の迎撃ミサイル「SM3ブロック2A」13発を含むミサイル21発を5億6100万ドル(日本円にしておよそ600億円余り)で、日本に売却することを決めています。 

(https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190130/k10011796121000.html?utm_int=news_contents_news-main_003)

韓国経済、【日英首脳会談】 関係確認 経済・安保で連携強化 北朝鮮の「瀬取り」対策として、イギリス海軍が警戒監視活動にあたる

韓国経済、【日英首脳会談】 関係確認 経済・安保で連携強化 北朝鮮の「瀬取り」対策として、イギリス海軍が警戒監視活動にあたる

記事要約:ああ。これは安倍総理が日英首脳会談で、韓国の日本の哨戒機へのFCレーダー照射について英国に説明したんじゃないか。そして、英国はそれを聞いて、瀬取り対策の強化として、イギリス海軍が警戒監視活動を決めたということだろう。まあ、あの動画を見せたのか。もっと無編集のを見せたのかは知らないが、これは韓国さんピンチだな。

くだらないYOUTUBEで工作している間に、安倍総理が先手を打ってきたと。瀬取り対策の強化というのが面白いな。

> 安倍首相は、「EU離脱後の英国との、新たな経済的パートナーシップの構築に取り組むことを確認し、わたしからは、英国のTPP11協定加入への関心を表明しました」と述べた。 

> メイ首相は、「英国のTPP11加盟への安倍首相の前向きな発言を歓迎します」と述べた。 

日英同盟復活に向けて布石は順調。イギリスのTPP加入も日本は大賛成。

> 安全保障分野では、日本の次期戦闘機の開発などで、両国の連携を確認したほか、北朝鮮のいわゆる「瀬取り」対策として、イギリス海軍が艦艇を派遣して、警戒監視活動にあたることが決まった。 

中々、良い感じじゃないか。新しい経済協定も出てきたし。ユニオンジャックが日本海で再び見られるなんて実に嬉しいことだ。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~290回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

韓国経済、【日英首脳会談】 関係確認 経済・安保で連携強化 北朝鮮の「瀬取り」対策として、イギリス海軍が警戒監視活動にあたる

安倍首相は10日、イギリスのメイ首相と会談し、EU(ヨーロッパ連合)からの「合意なき離脱」を回避するよう求め、離脱後の日英関係をより緊密なものにしていくことを確認した。 

両首脳は、日本とイギリスの関係が「次の段階に引き上げられた」として、経済、安全保障の分野で連携を強化していくことで一致した。 

安倍首相は、「EU離脱後の英国との、新たな経済的パートナーシップの構築に取り組むことを確認し、わたしからは、英国のTPP11協定加入への関心を表明しました」と述べた。 

メイ首相は、「英国のTPP11加盟への安倍首相の前向きな発言を歓迎します」と述べた。 

会談で両首脳は、イギリスのEU離脱後を見据え、日英のFTA(自由貿易協定)を含めた新たなパートナーシップを策定することで一致した。 

また、イギリスが参加に意欲を示す、TPP(環太平洋経済連携協定)への加盟に向けて、日本が支援することを確認した。 

EU離脱が迫る中で、EUに代わる自由貿易圏を模索してきたイギリスと、TPPを主導してきた日本の利害が一致した形。 

安全保障分野では、日本の次期戦闘機の開発などで、両国の連携を確認したほか、北朝鮮のいわゆる「瀬取り」対策として、イギリス海軍が艦艇を派遣して、警戒監視活動にあたることが決まった。 

(https://www.fnn.jp/posts/00409481CX)

【日英同盟復活】日英、新経済協定構築へ 春に外務・防衛閣僚協議

【日英同盟復活】日英、新経済協定構築へ 春に外務・防衛閣僚協議

記事要約:英国がEUを離脱して、TPPに参加の検討をしているのだが、これは管理人は大歓迎である。さらに経済的な関係を深めて、いつしか日英同盟を復活させる。

おそらく安倍総理が目指しているものだと思うのだが、日米同盟が防衛の中心であっても、米国以外との結ぶ付きは今後、重要となる。それに対して日英同盟なわけだが、後は管理人は日本のNATO加入を勧めている。

日本の皇室と英国の王室がタッグを組むだけで圧倒的な力となる。ロイヤルファミリーの力は我々が想像するより、遙かに強力だ。日英同盟復活までまだまだ時間はかかるとおもうのだが、その方向性でどんどん進めてほしい。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~290回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

【日英同盟復活】日英、新経済協定構築へ 春に外務・防衛閣僚協議

【ロンドン共同】安倍晋三首相は10日午後(日本時間11日未明)、英国のメイ首相とロンドンの首相官邸で会談し、英国の欧州連合(EU)離脱を踏まえ、日英の新たな経済協定を構築する方針で一致した。

安全保障分野の協力推進に向け、今年春に外務・防衛閣僚協議(2プラス2)を東京で開催すると決定した。会談後、両氏は共同記者会見に臨み、合意内容を盛り込んだ共同声明を発表した。 

安倍首相は、EU離脱に関し「合意なき離脱は、ぜひ回避してほしい」と訴えた。「最終的な判断は英国民の皆さんが行うものだ」とも語った。 

(https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190111-00000006-kyodonews-pol)

韓国経済、【レーダー照射】防衛省幹部「米軍なら敵対行為とみなし即座に撃沈させてもおかしくない」

韓国経済、【レーダー照射】防衛省幹部「米軍なら敵対行為とみなし即座に撃沈させてもおかしくない」

記事要約:日本は防衛力をいくら強化したとしても、有事の判断が弱腰になってしまい、まともな反撃も出来ずにやられるのではないかと管理人は良く危惧している。どう考えても戦闘行為であるレーダー照射について、日本は即座に撃沈しなかった。これは以前にも中国でもそうだった。

防衛省幹部が「米軍なら敵対行為とみなし即座に撃沈させてもおかしくない」と述べているんだが、それが「世界標準」だ。なんで、日本はそれをしないんだ?どこでもそうだろう。銃口をいきなり向けられて反撃しないとかあり得ないだろう。

米国やロシアだけではない。どこの国だって敵対行為に遭えば反撃して撃沈する。それをやらない日本の対応の甘さが命取りになるときがいつか来る。そんな気がしてならない。しかも、このまま韓国の嘘だらけの言い分で、日本政府が何もしないようなら国民の命を守るなんて信用に値しないだろう。

ただ、これはどの政権が担っても同じだと思うのだ。日本そのものが平和ぼけしていて、自分たちの取り巻かれている環境の変化についていけてない。防衛強化は大事だが、最後の判断は人がするのだ。今の安倍総理に国民や自衛隊を守るという信念が本当にあるのか。ここは撃沈して韓国や世界中に知らしめるところだったのではないか。この悪手が有事に影響しなければいいのだが。

日韓関係より大事なのは日本人の命である。ロックオンされても反撃しないなんてことになれば、ただの鉄くずが空を飛んでいたり、海の浮かんでいるだけだからな。何のために武装が付いているのか。

しかし、いい加減、韓国の敵対行為に対してさっさと韓国に経済制裁をしろと。これだけではないだろう。司法、立法、行政、さらに軍部と敵対行為をされていて、未だに大人の対応とか、国が滅ぼされそうになっても、そんなアホなことを述べる議員がたくさんいそうで恐ろしい。管理人だって戦争を知らない世代ではあるが、そこまで平和ぼけなどしていない。国民の命を守るという当たり前のことが出来ない。これが日本の現状である。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~290回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

韓国経済、【レーダー照射】防衛省幹部「米軍なら敵対行為とみなし即座に撃沈させてもおかしくない」

韓国海軍の駆逐艦が海上自衛隊のP1哨戒機に対して行った火器管制用レーダーは「攻撃予告」ともいえる危険な行為だ。 

韓国側は「海自の哨戒機を追跡する目的でレーダーを使った事実はない」などと釈明するが、照射された側が先に攻撃したとしても、 国際法上は何ら問題が生じないほどの事案だ。折しも日韓関係は、いわゆる徴用工訴訟の問題などで最悪の状況にあるが、 さらなる冷え込みは避けられそうにない。 

「攻撃直前の行為だ」 

岩屋毅防衛相は21日夜のBSフジ番組で、レーダー照射に危機感を示した。 

火器管制用レーダーは「FCレーダー」とも呼ばれ、ミサイルや火砲を発射する際、目標の距離や針路、速力、高度などを 正確に捕捉し自動追尾する「ロックオン」に用いる。発射ボタンを押せば攻撃可能な状態だ。防衛省幹部は 「米軍なら敵対行為とみなし即座に撃沈させてもおかしくない」と語る。 

複数の韓国メディアは韓国国防省関係者の話として「レーダー使用は遭難した北朝鮮船舶捜索のためで、 海自の哨戒機を狙ったわけではない」と報じた。しかし、海自幹部は「意図しなければ起こりえない事態だ」と怒りをにじませる。 

日韓関係を考えると、レーダー照射は最悪のタイミングで起きたといえる。 

徴用工訴訟では、韓国最高裁の確定判決で賠償命令を受けた新日鉄住金に対し、原告代理人が24日までに 回答を得られなければ、年内に韓国の資産の差し押さえ手続きに入る考えを示す。防衛関係でも、自衛艦旗「旭日旗」の 掲揚自粛問題や、韓国軍による竹島(島根県隠岐の島町)周辺での訓練など、韓国側の不適切な行為が続いている。 

外務省幹部は「韓国の意図は分からないが、日韓関係が悪化して喜ぶのは中国や北朝鮮だ」と嘆く。

(https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181221-00000660-san-pol)

韓国経済、【レーダー照射】海自幹部「レーダー照射はロックオンと同じ。よほどの緊急事態でなければ、現場だけの判断で照射しない」と指摘

韓国経済、【レーダー照射】海自幹部「レーダー照射はロックオンと同じ。よほどの緊急事態でなければ、現場だけの判断で照射しない」と指摘

記事要約:管理人もレーダー照射について海自幹部のロックオンと同じという意見には賛成だ。ゲームでしか管理人は知らないがロックオンされたら、アラートが鳴ると思われるので哨戒機はびっくりしただろうな。米国の同盟国からロックオンされたのだから。それとこれについては読者様がコメントで興味深い指摘しているので引用させていただく。

>瀬取作業中の北朝鮮船舶のガードをしていたのでしょう。で、見つかりそうになったので脅した、と。これだと辻褄が合いますね。戦略物資の全面禁輸とVISA復活を急ぐべきです。あとスパイ防止法の制定も。もはや平時とは言えない状況なのですから。

瀬取中で見つかってしまうのはまずかった。ただ、そうなってくるとこの海自幹部の述べていることが重要になってくる。

> 海自幹部は「レーダー照射は(照準を合わせる)ロックオンと同じ。よほどの緊急事態でなければ、現場だけの判断で照射しない」と指摘する。「艦長や上級司令部の了解を得ていたのか、事実関係の徹底した解明が必要だ」と語気を強めた。

つまり、海自幹部によると現場だけの判断では照射しない。艦長や上級司令官の許可が必要。仮に瀬取現場を押さえれるのが困るという理由だとすれば、韓国の駆逐艦の艦長、または上級司令官は海上自衛隊の哨戒機を撃ち落とそうとしていたことになる。 

これは由々しき問題である。しかも、哨戒機が照射に気付いて問い合わせたわけだから、もし、これ気付いてなければ撃ち落としていたかもしれないわけだ。証拠を隠蔽するためにどう考えても戦闘するつもりだった。すると、無視していた理由も辻褄があうんだよな。相手にばれているから止めようという判断があった。

一歩間違えれば、哨戒機が謎の墜落とかのニュースになっていたかもしれない。事実関係の徹底とかではなく、韓国軍の上位の指揮官が辞任するレベルの問題だろう。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~290回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

「なぜ照射」驚きと戸惑い=韓国軍レーダー-防衛省 
2018年12月21日22時45分 

韓国海軍の駆逐艦による海上自衛隊哨戒機に対する火器管制レーダーの照射。レーダーは攻撃目標を追尾するもので、不測の事態を招きかねない危険な行為だけに、防衛省に衝撃が走った。海自幹部からは「なぜ照射するのか」と驚きと戸惑いの声が聞かれた。 

海自幹部は「レーダー照射は(照準を合わせる)ロックオンと同じ。よほどの緊急事態でなければ、現場だけの判断で照射しない」と指摘する。「艦長や上級司令部の了解を得ていたのか、事実関係の徹底した解明が必要だ」と語気を強めた。 

照射された空域は日本海の能登半島沖。日韓で領有権が問題になっている島根県・竹島から一定の距離があり、照射との関係は不明だ。日韓関係をめぐっては、10月に韓国が国際観艦式で海自護衛艦に旭日旗を掲揚しないよう要請し、海自が参加を見合わせたこともあったが、防衛省は韓国海軍との関係がこじれないように努めていた。 

それだけに防衛省幹部は「照射は攻撃を前提にするもので、照射された側は対象から外れるよう急旋回などの退避行動を取る必要がある。非常識で、まったく理解できない」と話した。(2018/12/21-22:45) 

(https://www.jiji.com/jc/article?k=2018122108208)

韓国経済、日本「韓国軍、自衛隊哨戒機に射撃統制用レーダー発射」に抗議→韓国「気象が悪かったのでレーダーを使った」

韓国経済、日本「韓国軍、自衛隊哨戒機に射撃統制用レーダー発射」に抗議→韓国「気象が悪かったのでレーダーを使った」

記事要約:まったく年末というのに韓国がいきなり自衛隊に戦闘行為を仕掛けてくるという暴挙が発生して、韓国に関する記事は年末に魔物が潜むを悉く、証明してくれた。24日のクリスマスプレゼントだけでも十分だったのに、さらに日韓関係をぶち壊してくるとは…よほど、断交したいんだろう。韓国がこれほどアピールしているのだから。日本はさっさと断交するべきだな。

当然、こんなくだらない嘘に欺される日本人はいない。何が気性(気象)が悪かったからレーダーを使った。使うわけないし。角度が違うだろうに。北朝鮮の船は飛んでいるとでもいうのか。さらに使っても、レーダーなら自衛隊哨戒機がいるのはわかるのだから、そこに照準を合わせる必要性さえないからな。

だいたい、現場で自衛隊が問い合わせているし、間違っていたのならすぐに訂正しているはずなんだが、どうやらガン無視していたこともわかっている。つまり、意図的なのだ。完全に敵対行為だ。さっさと沈めるべきだ。

どう考えても韓国は日本と敵対行為を行っている。しかも、最近はそれが目に見えて酷い有様だ。日本が完全に舐められているので、制裁に動くべきである。冷静な対応とか述べているが、国際社会からすればただの腰抜けとしか思われてない。やるべきことはやる。日本人の命を守れない日本政府など存在してはならない。もちろん、自衛官は日本人である。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~290回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

韓国経済、日本「韓国軍、自衛隊哨戒機に射撃統制用レーダー発射」に抗議→韓国「気象が悪かったのでレーダーを使った」

日本政府が韓国軍艦艇が東海で自衛隊哨戒機に向かって射撃統制のためのレーダーを撃ったとし強力に抗議した。 

岩屋毅(イワヤ・タケシ)日本防衛相は21日夕方、東京防衛省で記者会見を開いて「20日午後3時頃、(本州中部にある)能登半島海域で警戒監視中だった自衛隊P-1哨戒機に韓国軍駆逐艦が火気統制用レーダーを撃った」と話した。 

彼は引き続き「火気統制用レーダー発射は実際に火器を使う前にする行為だ。これは不測の事態を招きかねないきわめて危険な行為」として「事態の重大さを勘案して韓国政府に強く抗議した」と話した。 

防衛省はホームページでも「韓国海軍広開土大王艦が海上自衛隊第4航空群所属P-1哨戒機に火気管制レーダーを撃った」と伝えた。日本防衛省は駐日韓国大使館と韓国外交部に強い遺憾の意を伝えたことが把握された。 

岩屋防衛相は今回の事態が発生したのは独島(ドクト、日本名:竹島)から「かなり距離がある場所」だったとし、レーダー発射は「P-1哨戒機が目で確認した」と話した。 

日本は中国と領土紛争が続く尖閣列島(中国名:釣魚島)周辺海域で中国海軍が撃つ射撃統制用レーダーに頭を痛めてきた。 

韓国国防部は「20日、独島北東側100キロ地点の公海で北朝鮮船舶が漂流しており、海上警察と海軍が10時間近く捜索及び救助作業を始めた。当時の気象が良くなくて波が高く海軍駆逐艦レーダーが完全稼動した。この過程で射撃統制レーダーまで稼動したもの」と釈明した。 

東京/チョ・キウォン特派員、ユ・カンムン記者 

ソース:ハンギョレ新聞(韓国語) 日本「韓国軍自衛隊哨戒機に射撃統制用レーダー発射」抗議 

(http://www.hani.co.kr/arti/international/japan/875429.html)

韓国経済、【レーダー照射】岩屋防衛相、韓国側を「信じたい」

韓国経済、【レーダー照射】岩屋防衛相、韓国側を「信じたい」

記事要約:先ほど、速報で伝えた韓国軍がレーダーを照射したという「戦闘行為」に対して、岩屋防衛相は韓国側を信じたいとか、まったくもって理解できないコメントをしている。やはり、防衛相は小野寺五さんで良かったかもしれない。なんだ、この使えない防衛大臣は…。

>岩屋防衛相はBSフジ番組で、韓国によるレーダー照射が元徴用工判決など 
日韓関係の悪化に起因するかを問われ「そうであってほしくない。 
(元徴用工などの)問題が積み重なってのことではないと信じたい」と述べた。

あの岩屋防衛大臣が素人なのはわかっているのだが、韓国軍から照準を合わせられたということはミサイルでいえばロックオンされたようなものだぞ。発射してないから「信じたい」とか言い出したのか。

脳みそがお花畑過ぎるんじゃないか。しかも、これ前に中国にでもやられただろう。この発言は防衛大臣としてはあり得ないわ。自国の国民が危険にさらされた状況で敵を信じたいとか言い出すのか。さすがにこれは管理人はこの無能な大臣はすぐに取り替えて小野寺氏に戻すべきだとおもう。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~290回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

韓国経済、【レーダー照射】岩屋防衛相、韓国側を「信じたい」

岩屋防衛相はBSフジ番組で、韓国によるレーダー照射が元徴用工判決など 
日韓関係の悪化に起因するかを問われ「そうであってほしくない。 
(元徴用工などの)問題が積み重なってのことではないと信じたい」と述べた。

(  https://this.kiji.is/448815125056324705?c=39550187727945729)

〔日本の防衛〕「1隻や2隻では足らないかも」森本元防衛相、更なる『事実上の空母』建造の可能性示す

〔日本の防衛〕「1隻や2隻では足らないかも」森本元防衛相、更なる『事実上の空母』建造の可能性示す

記事要約:新しい防衛大綱が発表されて中国が大喜びで批判するぐらいの内容だったわけだが、いずもやががを改修して空母化もそうだが、空母は3隻か4隻で運用するのがデフォなので、このままだと足りない。

だから、森本元防衛相がさらなる事実上の空母建造の可能性を示したことはそこまで驚いてない。まずは3隻か、4隻確保して運用ノウハウを得ることから始めたらいいとおもう。来年、中国が尖閣諸島に侵攻する可能性は低いとは思うが、中期的に見て尖閣諸島を支配して軍事拠点にする可能性はある。南沙諸島の件もある。

> 18日に閣議決定された防衛大綱に盛り込まれた、海上自衛隊の「いずも」型護衛艦2艦を改修して、 ステルス戦闘機F35Bを運用できる、事実上の「空母」とする方針。 

もちろん、空母だけならただの母艦なので、それに伴う空母を防衛する戦力も整えていく必要がある。F35Bがあげられているが、それだけではないだろう。

> 森本敏元防衛相「これからの太平洋における脅威の対応の変化に応じて、変わってくると思う。 2個(隊)のF-35Bを柔軟に広域の太平洋で運用するためには(“空母”が)1艦とか2艦では足らないかも」 

結局、中国が覇権を諦めない限り、周辺国は防衛強化したり、連携するなどして対処するしかない。でも、中国共産党のままならそれはないだろう。そのうち習近平国家主席が中華皇帝になりそうな気さえするものな。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~290回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

〔日本の防衛〕「1隻や2隻では足らないかも」森本元防衛相、更なる『事実上の空母』建造の可能性示す

18日に閣議決定された防衛大綱に盛り込まれた、海上自衛隊の「いずも」型護衛艦2艦を改修して、 ステルス戦闘機F35Bを運用できる、事実上の「空母」とする方針。 

20日夜の深層NEWSに出演した森本元防衛相は、今後、さらに必要になる可能性があると指摘した。 

森本敏元防衛相「これからの太平洋における脅威の対応の変化に応じて、変わってくると思う。 2個(隊)のF-35Bを柔軟に広域の太平洋で運用するためには(“空母”が)1艦とか2艦では足らないかも」 

森本元防衛相は、日本を取り巻く安全保障環境の変化次第では、次の次の「中期防衛力整備計画」を策定する際に、事実上の「空母」をさらに建造するとなるかもしれないとの見方を示した。

(https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20181221-00000014-nnn-pol)

韓国経済、米英日、初の共同海上訓練…中国けん制を強化

韓国経済、米英日、初の共同海上訓練…中国けん制を強化

記事要約:日本が中国牽制を強化するために米英日の初の共同海上訓練を行うようだ。何で韓国経済なのかと述べておくと、このソースがハンギョレ新聞、つまり、北朝鮮寄りの新聞である。それで、その日が12月22日のようだ。

> 日本からは防衛大綱および中期防衛力整備計画で空母への改修計画が示された護衛艦いずもとP-1哨戒機が参加する。英国海軍からはフリゲート艦「アーガイル」が、米国海軍からはP-8A哨戒機と艦艇が参加する。艦艇の陣形を変える戦術訓練と通信訓練が実施される。 

イギリスも初参加ということで、日英同盟の復活の兆しも見え始めている。イギリスもEU離脱で国内はかなり分裂しているわけだが、今更、離脱しませんなんてことはできないだろう。もっとも、フランスを見る限りでは離脱した方が良さそうだが。

> 米日の共同訓練はこれまでも行われてきたが、今回は英海軍が北東アジアの海まで進出することが注目される。日本は最近、英国と急速に軍事的連携を強化し、準同盟関係にまで発展していると評価されている。 

準同盟関係か。これを本当の軍事同盟にまで発展させてこそ「日英同盟」となる。でも、安倍総理の進む先はそこを目指しているだろう。米国の力は強大だが、一国に頼るというのは色々と問題が出てくる。だから、日本は外交的にイギリス、インド、それに台湾の3つあたりが今後の中国包囲網を強化するためには重要だろう。北朝鮮の非核化は今年中に解決はしない。では、来年はどうか。難しいだろう。韓国の融和政策は進んだが、ただ、それだけだしな。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~290回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

韓国経済、米英日、初の共同海上訓練…中国けん制を強化

米国と英国、日本の海軍が日本の南側海上で初めて3カ国共同訓練を行う。米英日が手を取り合って中国に対する牽制を強化している。 

日本の海上自衛隊は19日、「本州の南方の海上と空で22日に共同訓練を行う」と発表した。海上自衛隊は、3カ国共同訓練は今回が初めてだと説明した。 

日本からは防衛大綱および中期防衛力整備計画で空母への改修計画が示された護衛艦いずもとP-1哨戒機が参加する。英国海軍からはフリゲート艦「アーガイル」が、米国海軍からはP-8A哨戒機と艦艇が参加する。艦艇の陣形を変える戦術訓練と通信訓練が実施される。 

米日の共同訓練はこれまでも行われてきたが、今回は英海軍が北東アジアの海まで進出することが注目される。日本は最近、英国と急速に軍事的連携を強化し、準同盟関係にまで発展していると評価されている。 

英国陸軍と日本陸上自衛隊も9~10月に富士山一帯で共同訓練を行った。日本の領土で陸上自衛隊が米国ではない国の軍隊とともに訓練した初の事例だ。 

米日の対中牽制に英国が加わる形になり、中国はさらに神経を尖らすものとみられる。中国が「100年の屈辱」の始まりとするアヘン戦争(1840~42年)の相手が英国だからだ。1902年、英国と同盟を結んだ日本は、帝国主義の道へ本格的に進み、中国侵略に乗り出した。 

日本は最近、同盟の米国だけでなく、英国やオーストラリア、インドとも協力し、対中国牽制を強化している。日本は18日に確定した防衛大綱に、中国を多角的に牽制する内容を盛り込んだ。中国関連の内容が北朝鮮より2倍ほど多く、順序も2013年とは異なり、中国が先だ。 

「国防政策と軍事力の不透明」や「我が国を含む地域と国際社会の安保に強い懸念」などの表現で、中国を警戒した。いずもの空母への改修と空母に搭載するF35B戦闘機の導入も、東シナ海と南シナ海で中国を牽制する目的が大きいものと見られている。 

日本政府が防衛大綱を初めて作った1976年には、旧ソ連に対する警戒が主な関心事だった。2000年代から、防衛大綱で北朝鮮ミサイルの脅威と対中国牽制に重点が移動し、今回は対中国牽制がさらに鮮明になった。 

中国政府は18日、日本の防衛大綱について「中国の正常な軍事活動に対し、事実でない批判を行った」とし、「強い不満」を示した。中国政府はいずもの空母上の改修にも「歴史的な原因のため、日本の軍事的動向にはアジアの隣国の強い関心が寄せられる」と牽制した。 

(http://japan.hani.co.kr/arti/international/32394.html)

〔日本の防衛〕中国、防衛大綱に「強烈な不満と反対」を表明 「中日関係の改善と発展にとって不利だ」

〔日本の防衛〕中国、防衛大綱に「強烈な不満と反対」を表明 「中日関係の改善と発展にとって不利だ」

記事要約:自分たちの軍拡や南沙諸島の軍事拠点か、さらに尖閣諸島への侵入。どれも日本の防衛を強化することに十分な理由なわけだが、それについては中国が猛反発していると。でも、それは想定内だ。別に中国の金を使うわけでもないのに、中国に反対される理由はないんだよな。

>華氏は定例記者会見で、日本が「中国の正常な国防建設と軍事活動をとやかく言い、事実に基づかない批判をしている」と指摘。第2次世界大戦の歴史があることから「日本の軍事分野の動向はアジアの隣国と国際社会から注視されている」と述べた。 

事実も何も中国が軍拡化しているなんて誰の目でも明らかだろうに。それに対して防衛予算を増やすのは当然だ。中国のいう国際社会は中国、韓国、北朝鮮しかないからな。ファーウェイの排除方針もそうだが、これからさらなる冷戦が待っている。

中国は韓国のようにいらない国ではないが、必要以上に付き合う事や、仲良くすることはない。中立程度にしておけばいいのだ。そして、我々は民主主義という国家の視点から危険な国と判断すればいい。しかも、これだけ批判してくれるなら防衛大綱の出来はかなり良いてことだ。

さて、来年はなんとか中国包囲網に台湾を巻き込みたいところであるが、結局、北朝鮮の非核化に進展もないまま年を越えそうだしな。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~290回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

〔日本の防衛〕中国、防衛大綱に「強烈な不満と反対」を表明 「中日関係の改善と発展にとって不利だ」

【北京共同】中国外務省の華春瑩副報道局長は18日、日本政府が「防衛計画の大綱」などを閣議決定したことを巡り「いわゆる中国脅威論をあおっている」として「強烈な不満と反対」を表明し、日本側に「厳正な申し入れ」をしたと明らかにした。 

 華氏は定例記者会見で、日本が「中国の正常な国防建設と軍事活動をとやかく言い、事実に基づかない批判をしている」と指摘。第2次世界大戦の歴史があることから「日本の軍事分野の動向はアジアの隣国と国際社会から注視されている」と述べた。 

 さらに、日本の態度を「冷戦思考だ」と批判し「中日関係の改善と発展にとって不利だ」と話した。

(https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181218-00000155-kyodonews-int)