「インド空母ビクラマディティヤ」カテゴリーアーカイブ

〔日本の防衛〕インド空軍と初訓練 来月3日から 日米印の連携強化で中国牽制

〔日本の防衛〕インド空軍と初訓練 来月3日から 日米印の連携強化で中国牽制

記事要約:日本の航空自衛隊が来月、初めてインド空軍と共同訓練を行うことがわかった。インドに空軍なんてあったのかと思うぐらいだが、これはかなり重要な動きだ。もちろん、日米印の連携強化で中国を牽制する狙いがある。

日本は尖閣諸島もそうだが、シーレーン防衛は絶対だからな。ここを中国に抑えられるとまともな貿易ができなくなる。二つの海の交わり辺りの演説から、ダイヤモンド構想からようやくここまで来たという感じか。

>インド洋は重要な海上交通路(シーレーン)で、安倍晋三首相は10月29日のインドのモディ首相との会談で防衛協力の深化を確認し、空自とインド空軍の共同訓練は最初の具体的措置。米国も9月の外務・防衛閣僚協議で来年にもインドで陸海空軍の合同訓練を実施することで合意しており、30日からの20カ国・地域(G20)首脳会議に合わせて開く初の日米印首脳会談で連携強化を確認する。

G20で共同声明は難しいだろうな。中国の反対に遭うのは目に見えている。とりあえず、日米はインドを入れてインド洋での連携強化と。

>共同訓練は来月3~6日、インドのアグラ空軍基地で実施する。空自は美保基地(鳥取県)の第3輸送航空隊のC2輸送機1機と隊員20人を派遣し、インド空軍のC17輸送機などと編隊飛行や離着陸の訓練を行う。共同訓練は定例化させ、訓練内容もレベルを引き上げる方針だ。 

海軍はまだしも、インドの空軍とか全然、聞いたことないな。インドの空軍がそこまで強力とは思えない。頑張って共同訓練をしないとな。とりあえず、中国を牽制するには、ダイヤモンド構想におけるインドとオーストラリアとの連携強化はかかせない。しかし、それだけでは駄目だ。東南アジア、ASEANなどの巻き込んでしっかりとした中国包囲網を築かないといけない。韓国はいらないけどな。そのうち赤化するので放置でいいだろう。

インドもここ最近、力を付けてはいるのだが、まだまだカースト制という難しい問題を抱えている。管理人は昔、旧サイトでインド特集をしたことがあるのだが、あれから結構な時間は経過している。ITは10年前と比べて劇的に伸びている。というより、もう、日本が負けているといってもいい。わりと日本でもインドの企業が進出しており、逆に日本からインドへ進出する日本企業も増えている。しかし、一般人の感覚ではだいたい、カレーがどうとか、そんなレベルだろう。韓国以上に馴染みがないのは確かだ。

そういう意味では再び、インドを特集していくのは良いかもしれないな。今後、ダイヤモンド構想におけるインドとオーストラリア、それに台湾。さらにイギリスはより重要な地域となっていく。時間があるならそういったニュースも取り上げて国際的な視野を広めていくのも面白いだろうな。でも、言いたいことは韓国はいらないてことだ。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~290回))

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

〔日本の防衛〕インド空軍と初訓練 来月3日から 日米印の連携強化で中国牽制

航空自衛隊が来月、初めてインド空軍と共同訓練を行うことが29日、分かった。陸自と海自はインドと共同訓練を行っており、米英両国に続き自衛隊が軍種ごとに共同訓練を行う3カ国目となる。派遣される空自隊員は同時期に行われる米印両空軍の共同訓練「コープ・インディア」にも初めてオブザーバー参加し、インド洋への進出を加速させている中国をにらみ日米印の連携も強化する。

インド洋は重要な海上交通路(シーレーン)で、安倍晋三首相は10月29日のインドのモディ首相との会談で防衛協力の深化を確認し、空自とインド空軍の共同訓練は最初の具体的措置。米国も9月の外務・防衛閣僚協議で来年にもインドで陸海空軍の合同訓練を実施することで合意しており、30日からの20カ国・地域(G20)首脳会議に合わせて開く初の日米印首脳会談で連携強化を確認する。

共同訓練は来月3~6日、インドのアグラ空軍基地で実施する。空自は美保基地(鳥取県)の第3輸送航空隊のC2輸送機1機と隊員20人を派遣し、インド空軍のC17輸送機などと編隊飛行や離着陸の訓練を行う。共同訓練は定例化させ、訓練内容もレベルを引き上げる方針だ。

防衛省は米印共同訓練のコープ・インディアに空自を正式参加させることを視野に入れている。インドのカライクンダ空軍基地で行われるコープ・インディアに来月3日から空自隊員3人をオブザーバー参加させ正式参加への布石とする。

海自はインド海軍と2国間共同訓練を行っているほか、米印の海軍共同訓練だった「マラバール」に平成19年から参加。陸自も今年10月27日からインド国内で同国陸軍と初めて共同訓練「ダルマ・ガーディアン」を行ったばかりだ。

インドは中国と国境未画定地域などを抱え、中国軍の越境問題や軍同士のにらみ合いが起きている。中国はスリランカやパキスタンといったインド洋各国で港湾建設を支援することで海軍の寄港地を確保し、インド洋で作戦能力を向上させる恐れがあることにもインドは警戒を強めている。

(https://www.sankei.com/politics/news/181130/plt1811300002-n1.html)

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

韓国経済、〔朝鮮半島有事〕高まる中印対立、インド軍が国境地域に兵士4万5000人増派―仏メディア

韓国経済、〔朝鮮半島有事〕高まる中印対立、インド軍が国境地域に兵士4万5000人増派―仏メディア

記事要約:朝鮮半島有事が緊張感を増している。こうなると各国の敵対情勢というのが非常に重要となってくるわけだが、その中で管理人が関連国として考えているのは、米国、北朝鮮、日本、韓国、中国、ロシアといったところである。その中で北朝鮮に協力しているのが中国とロシアなわけだが、この2カ国の敵がどこに存在するかといったことで、朝鮮半島有事における出せる戦力というものが大きく異なってくる。

少なくとも、現在の中国では朝鮮半島有事が起きて、アメリカに報復とか述べているが、インドとの対立が既に決定的である以上はインド方面の守りを軽視するわけには行かない。ローマ帝国が広大な領土を持っていたために滅びたことは有名だが、実際、広大な領土を維持するというのは回りが敵だらけだと難しい。それが中国とロシアの事情である。中国はインドや南シナ海問題における周辺国。ロシアは欧州との対立がある。

これらを踏まえて朝鮮半島有事というものが実際に動くわけだ。補給の問題があるので一番有利なのは中国なわけだが、その地の利を活かすことはインドとの対立があるために厳しい。米国が同盟国の日本で補給ができるわけだが、アジアの艦隊だけで十分なのかと考えると、やはり、遠いということで、中国に物量で推されたら最初は苦戦することになる。そこまで中国が北朝鮮のために動くかは別として、朝鮮半島付近が戦場になるのは見ての通りだ。

朝から軍事的な話題だが、何を述べたいかというと、各国の思惑は一致していない。北朝鮮ミサイル技術開発。核の小型化などがここまで速いのは中国とロシアの協力があってこそ。では、その狙いは何なのか。アメリカに北朝鮮をぶつけることで、ロシアと中国にどのような利益が存在するのか。

でも、最近、管理人が思うには戦争を吹っかけて、不凍港が欲しいロシアが裏で北朝鮮と結託しているのではないかと。もっと単純に考えれば、禁輸などで追い詰められた北朝鮮に資源を買わせて儲けようという発想もあったかもしれない。北朝鮮がここまで強気に米国を敵視した発言はどこから来るのか。裏にロシアが絡んでいるならわりと納得できるところがあるんだよな。

いくら核兵器を所持したとしても、米国相手に戦っても勝てるわけがない。しかし、ロシアと中国がいれば別だ。問題はおそらく裏切るということだ。北朝鮮が米国と戦争になれば、2カ国は助ける振りして領土を取りに行くだろう。そういうシナリオになっているのではないかというのが最近の管理人の見解である。まあ、正解かはどうかはわからないが、読者様も気になるなら、どんな展開や背景を考えているかを教えて欲しい。皆で考察すればわりと真相に近づくこともできるのではないかと。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~235回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

韓国経済、〔朝鮮半島有事〕高まる中印対立、インド軍が国境地域に兵士4万5000人増派―仏メディア

2017年8月12日、RFI中国語版サイトは記事「インドが兵士4万5000人を増派、中印境界地帯は臨戦態勢に」を掲載した。

今年6月から始まった中印対立がさらに緊張の度合いを強めている。インドのシッキム州に隣接するドクラム高地に中国が軍用道路の建設を開始したことからインド側も反発姿勢を強めた。

インドPTI通信によると、インド軍高官は、中国と隣接するアルナーチャル・プラデーシュ州とシッキム州に計4万5000人の兵士を増派したと明らかにした。国境防衛のため、臨戦態勢にあるという。

インド英字紙インディア・トゥデイによると、中印両軍の幹部は11日、ナトゥ・ラ峠で会談を行った。

中国側はドクラム高地からのインド軍即時撤退を求めたが、インド側は中印両軍の同時撤退を主張。合意は得られなかった。

(http://www.recordchina.co.jp/b187376-s0-c10.html)

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

〔日本の防衛)日米印、過去最大級の訓練公開 中国けん制 「空母級」そろって航行

〔日本の防衛)日米印、過去最大級の訓練公開 中国けん制 「空母級」そろって航行

記事要約:日米印が過去最大級の訓練を公開した。中国を牽制するためだが、「空母級」揃って航行というのは中々、迫力がありそうだな。もちろん、動画もあるのでその様子を観察してほしい。

https://www.youtube.com/watch?v=v_cSVb0Yvd0

米原子力空母ニミッツ、インドの空母ビクラマディティヤ、そして、日本のヘリコプター搭載型護衛艦「いずも」。いずもも中々、格好良いじゃないか。日本人にはあまり知られていないが、シーレーンの防衛は日本の最重要項目だからな。尖閣諸島もそうだが、ここを抑えられたら原油などの原材料の海運輸入、日本からの海運輸出とか全てが滞ってしまう。インドはこれからも日本の強い味方になってくれるだろう。

ちなみにこのマラバールという意味はインド南部のコンカン地方からタミル地方のカンニヤークマリに至るまでの沿岸地帯「マラバール海岸」のことをいう。場所はここだ。

ここは古くからインド洋貿易の拠点だったらしく、紀元前3000年頃にはメソポタミア、アラビア、ギリシャ、ローマなどに存在が知られていたという。

また、これの報復なのか。青森県沖に中国の公船が初侵入というニュースもある。こういうのはさっさと撃沈するべきだとおもうのだが、警告だけでは済ましている。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~230回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

〔日本の防衛)日米印、過去最大級の訓練公開 中国けん制 「空母級」そろって航行

海上自衛隊と米、インド両海軍は17日、3カ国による過去最大級の共同訓練「マラバール」をベンガル湾の洋上で公開した。米原子力空母ニミッツに同乗した。

海自最大のヘリコプター搭載型護衛艦「いずも」も参加。「空母級」の巨大な艦船がそろい、ゆっくりと並んで航行した。

訓練は、中東からアジアのシーレーン(海上交通路)で影響力を強める中国をけん制する狙いがある。10~17日の日程で艦船18隻や航空機が参加。潜水艦の追尾や救難訓練に加え、インド南部チェンナイ港での交流行事なども実施した。

最終日の17日は、高波に見舞われる悪天候の訓練になった。ニミッツの左隣にインド空母ビクラマディティヤ、その左をいずもが航行した。

ニミッツのケビン・レノックス艦長は代表取材に「高波は(厳しい気象条件が少なくない)実際の作戦を想定するのにうってつけだ」と話した。

いずもは初参加で、潜水艦の追尾能力が高い。(共同)

(http://www.sankei.com/politics/news/170718/plt1707180004-n1.html)

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry