「日本の国産ステルス実証機X-2」カテゴリーアーカイブ

〔日本の防衛〕F2戦闘機の後継はF22とF35の技術を組み合わせたハイブリッド型に 価格は1機220億円 ロッキード社が提案

〔日本の防衛〕F2戦闘機の後継はF22とF35の技術を組み合わせたハイブリッド型に 価格は1機220億円 ロッキード社が提案

記事要約:どうやらF2戦闘機の後継機開発は、ロッキード社の提案した最新鋭ステルス戦闘機のF22とF35の電子機器やステルス技術を組み合わせたハイブリッド(混合)型になりそうだ。その値段は1機当たり、2億ドル前後になりそうだ。これについては既に出ていた情報通りといったところだ。

>F2後継には複数の企業が名乗りを上げた。日本側はステルス性や飛行性能に優れたロッキード案を最有力視しているが、調達コストが想定より高額な上、核心技術の開示などを含め日本企業主導の国際共同開発が可能か不透明なため、年内に予定していた開発方針の正式決定を先送りすることも検討している。

確かに220億円は高いという意見もあるとおもうが、対米貿易黒字の解消には米国兵器を買うというのは良くある。日本主導の国際共同開発は難しいだろうな。まだまだ、日本には次世代で国産戦闘機を造れるほどの航空機技術がない。いずれはF3開発もして欲しいところであるが、まずはこのハイブリッド型が有力と。

>ロッキード以外にも日本との共同開発を前提に米大手ボーイングや英BAEシステムズが意欲を示している。防衛省は各社の提案内容を明らかにしていない。自民党国防議員連盟は国産を主張しており、各陣営の駆け引きが激化しそうだ。

他にも米大手ボーイングや英BAEシステムか。こっちでも面白そうではあるな。まあ、ロッキード社になるとは思うが。もっとも、220億円で本当に済むのかが怪しい。なんだかんだで300億円とか行くんじゃないだろうな。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~282回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

〔日本の防衛〕F2戦闘機の後継はF22とF35の技術を組み合わせたハイブリッド型に 価格は1機220億円 ロッキード社が提案

航空自衛隊F2戦闘機の後継機開発を巡り、米防衛大手ロッキード・マーチンが防衛省に対し、最新鋭ステルス戦闘機のF22とF35の電子機器やステルス技術を組み合わせたハイブリッド(混合)型を提案し、1機当たり2億ドル(約220億円)前後の価格を示していることが30日、分かった。複数の日米防衛産業関係者が明らかにした。

F2後継には複数の企業が名乗りを上げた。日本側はステルス性や飛行性能に優れたロッキード案を最有力視しているが、調達コストが想定より高額な上、核心技術の開示などを含め日本企業主導の国際共同開発が可能か不透明なため、年内に予定していた開発方針の正式決定を先送りすることも検討している。

ロッキード以外にも日本との共同開発を前提に米大手ボーイングや英BAEシステムズが意欲を示している。防衛省は各社の提案内容を明らかにしていない。自民党国防議員連盟は国産を主張しており、各陣営の駆け引きが激化しそうだ。

空自保有のF2は約90機あり、2030年ごろに退役が見込まれる。(共同)

(https://www.sankei.com/photo/story/news/180830/sty1808300014-n1.html)

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

韓国軍事、ロッキードマーチン「日本生産50%以上提案」

韓国軍事、ロッキードマーチン「日本生産50%以上提案」

記事要約:今回の記事の内容は日本の話題で韓国は一切、関係ないのだが報道しているのは中央日報なので韓国の記事として扱う。ロッキードマーチン社が日本で導入する次世代戦闘機の「日本生産50%以上提案」したという。これが本当なら日本企業にとってはありがたいのだが、日経新聞の報道だからな。

>日本経済新聞は23日付でロッキードマーチンが2030年から導入される日本の次世代戦闘機事業機種としてF-22とF-35の混合型を提示し日本政府に提案したと報道した。世界最強の戦闘機と呼ばれるF-22はレーダーに探知されにくいステルス機能と強い攻撃力を備えているのが特長だ。米国はこれまでF-22の海外輸出を禁止してきた。

混合型か。一体、どんな物になるのか。どちらの機体の良いとこ取りになればいいのだが、ベースはどっちになるんだろうな。Fー22の方だろうか。まあ、細かいことはわからないが、韓国には関係のない話だ。既に日米からスルーされていると。日本も新型次世代戦闘機「x-2」や「F-3」を開発中だし、技術提供を受けるといっても、一方的ではない。日本から得られる技術もあるだろう。

>だが、米国の技術移転がどの水準までされるかが不確実なうえに、導入費用が大きいという点で懸念も提起される。ロッキードマーチンが次世代戦闘機70機を生産する場合、費用は240億円、140機を生産する場合、費用は210億円と推算されている。日本が導入中のF35Aは1機当たり150億円だ。

これよくわからないな。140機生産したら210億円。今、日本の導入しているの1機当たり150億円て。まさか1機の生産値段が数億円なはずないよな。おそらく、1機240億円、210億円だと思うのだが、それだと140機生産した方が安いという。これは。理解できないので判断保留だな。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~281回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

韓国軍事、ロッキードマーチン「日本生産50%以上提案」

米ロッキードマーチンが日本で導入する次世代戦闘機の50%以上を日本国内で開発・生産する案を提案したと日本経済新聞が伝えた。

日本経済新聞は23日付でロッキードマーチンが2030年から導入される日本の次世代戦闘機事業機種としてF-22とF-35の混合型を提示し日本政府に提案したと報道した。世界最強の戦闘機と呼ばれるF-22はレーダーに探知されにくいステルス機能と強い攻撃力を備えているのが特長だ。米国はこれまでF-22の海外輸出を禁止してきた。

同紙はロッキードマーチンのこうした提案に対し、「日本に機体などを提供するのは技術流出の恐れがなく、アジアの安全保障にもつながるとみるからだ」とし、「日本側の『米国企業が開発・生産を独占し、日本企業がほとんど関与できなくなる』との懸念に応えるため」との見方を示した。

だが、米国の技術移転がどの水準までされるかが不確実なうえに、導入費用が大きいという点で懸念も提起される。ロッキードマーチンが次世代戦闘機70機を生産する場合、費用は240億円、140機を生産する場合、費用は210億円と推算されている。日本が導入中のF35Aは1機当たり150億円だ。

(http://japanese.joins.com/article/317/244317.html?servcode=300&sectcode=320)

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

〔日本の防衛〕F2後継に無人機搭載、遠方の敵探知…防衛省

〔日本の防衛〕F2後継に無人機搭載、遠方の敵探知…防衛省

記事要約:今回の記事は読売新聞4月21日に掲載されているトップの一面なのだが、残念ながらネットで読める内容はそれほど多くない。記事は360文字まで掲載するが、是非とも、興味あれば残り787文字の続きを読んで欲しい。4月21日の読売新聞を購入するか。プレミアム会員にならないとダメなのだが。どんな内容が続くかは触れて置くが中々、興味深いと思われる。

さて、記事はF2後継機に無人機搭載するという。これはステルス技術を各国が向上させていることで対処方向上迫られたとある。小型無人機を「子機」として搭載することでレーダー探知距離を大幅に拡大するという感じだと思われる。

つまり、敵をなるべく早く視認しないと戦闘では一方的に不利になるので、敵が発見するより先に非武装の子機を飛ばして遠距離を索敵するということだ。個人的な見解であるが、このアイデアは悪くないと思う。とにかく発見されるより前に敵を見つけることは戦闘においてアドバンテージが高い。なぜなら、それが1分でも速ければ、相手より先に行動できるわけだ。マッハの世界で1分という時間は非常に貴重だ。10秒でも違うと思う。10秒あれば敵をロックオンしてミサイル撃つ時間はあるだろうしな。

さて、もう一つ紙面に書いてあることで取り上げたいのはF35Aは高性能であるが、空対空ミサイルは4発しか搭載できないということ。そして、日本保有の戦闘機は約300機に対して、中国は同等の性能機800ほど所持。明らかに数の差で負けているので、1機当たりの戦闘力で補うことらしい。

だから、F2後継機は大型化して、搭載できるミサイル数を増やす。それで国産開発は費用が1兆円~2兆円となるので政府は見送る方向らしい。それで20日のロイターの記事の話が出てくる。ロッキード社と共同開発の検討をしていると。

管理人は重要だと思ったところは補ったが、紙面で全文読んで欲しいといったのはこういうことだ。今回の記事は触りだけ読んでもたいした情報は得られないからだ。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~261回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

〔北朝鮮、韓国、朝鮮半島有事〕のまとめ

〔日本の防衛〕F2後継に無人機搭載、遠方の敵探知…防衛省

航空自衛隊のF2戦闘機の後継機について、防衛省がまとめた設計構想が明らかになった。

遠方の敵機を探知する小型無人機を搭載・発射してレーダー情報を共有する機能を備えた上で、空自が導入した最新鋭のF35A戦闘機の性能を上回る大型ステルス機とすることが柱だ。中国空軍の近代化に対抗する狙いがあり、防衛省は米国との共同開発を軸に開発方法の検討を本格化させる。

防衛省は今年3月、設計構想の一部をF2後継機の「要求性能」として米英両政府に伝達した。小型無人機を「子機」として搭載するほか、〈1〉F35Aの2倍となる8発の空対空ミサイルを内装〈2〉F2と同等の最大速度(マッハ2)〈3〉F35Aと同等以上の航続距離・ステルス性・レーダー探知距離――を兼ね備えた戦闘機を目指す。空対艦ミサイルは、運用に応じて機外装備を想定している。

(ここまで360文字 / 残り787文字)

(http://www.yomiuri.co.jp/politics/20180420-OYT1T50098.html)

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

韓国経済、〔朝鮮半島有事〕トランプ大統領 「北朝鮮制裁が成果をもたらさない場合、第2段階は非常に厳しい、そして世界にとって非常に悲しいものとなる」

韓国経済、〔朝鮮半島有事〕トランプ大統領 「北朝鮮制裁が成果をもたらさない場合、第2段階は非常に厳しい、そして世界にとって非常に悲しいものとなる」

記事要約:読者様から頂いた情報だが、トランプ大統領が昨日、紹介した海上で密輸を行った船や貿易会社の取引停止といった過去最大規模の制裁が効果がない場合、「第2段階は非常に厳しい、そして世界にとって非常に悲しいものとなる」と述べている。

これは海上封鎖、臨検、それとも空爆、または戦争辺りの決断のことを述べているのか。しかし、これ以外の制裁は米国だけではもう難しいのも事実。中国とロシアがもっと協力すればいいが、裏で密輸するぐらいなので無理だろう。

第2段階は非常に厳しい、そして世界にとって非常に悲しいものとなる。

うーん。どうなんだろう。しかし、時間がないのも事実。このままで米国全土を射程に収めるミサイル、ICBMが開発されてしまう。それに核兵器を詰むことだって可能になるかもしれない。そうなれば、もう、全面戦争して核戦争になる恐れもある。世界は非常に悲しいとかレベルではなくなる。最悪だ。今、北朝鮮を叩きつぶさないといけないのだ。

日本も有事には備える必要がある。具体的に何するかは難しいが、Jアラートなれば建物の陰に隠れる。貴重品をまとめておくぐらいだが・・・。攻撃されたらもうどうしようもないからな。ミサイルがどこに飛ぶかわからない以上、対策も何もあったもんじゃない。自衛隊が撃ち落としてくれることは期待するが、全部のミサイルを撃ち落とすのは現実には難しいだろう。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~261回

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

 

韓国経済、〔朝鮮半島有事〕トランプ大統領 「北朝鮮制裁が成果をもたらさない場合、第2段階は非常に厳しい、そして世界にとって非常に悲しいものとなる」

トランプ米大統領が、仮に朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)に対する制裁が成果をもたらさない場合、全世界にとって悲しいものとなる「第2段階」に米国は移行すると述べた。

トランプ氏はターンブル豪首相と共同で開いた記者会見で、 「第2段階は非常に厳しい、そして世界にとって非常に悲しいものとなるかもしれない。だが私は、制裁が機能することを望んでいる」と述べた。

(https://jp.sputniknews.com/politics/201802244612165/)

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

【日本の防衛】日本が開発したX2のステルス性能は確かに高い、しかし・・・中国メディア・新浪の「ダメ出し」とは

【日本の防衛】日本が開発したX2のステルス性能は確かに高い、しかし・・・中国メディア・新浪の「ダメ出し」とは

記事要約:日本が開発したX2ステルス性能は高い。だが、バランス性能が取れた戦闘機開発とは決して言えないと中国メディアの新浪が論じている。管理人にはよくわからないがあのX2はステルス実証機だったはず。

あれが完成品というわけではなく、ただ、搭載するステルス機能を実際に造って搭載して飛行試験させたもの。それがゼロ戦開発当時に見られた日本人特有の弱点がX2開発にも存在していることを露呈したそうだ。

中国メディアの評価なんて心底どうでも良いが、まず、この日本のステルス実証機がいつからステルス戦闘機になって中国メディアに伝わっているいるのか知りたい。

問題はこの一部資料というもの。なんで名古屋ぐらいしか飛んでないステルス実証機がF-22より性能が良いということがわかるのか。管理人は飛んでいるのは動画でみたが、見ただけではF-22より優れているとかわかるはずないんだが。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~154回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする

【日本の防衛】日本が開発したX2のステルス性能は確かに高い、しかし・・・中国メディア・新浪の「ダメ出し」とは

防衛装備庁のある高官は、日本のステルス実証機「X2」のレーダー反射面積は米国のステルス戦闘機よりも小さいとX2のステルス性能を高く評価しているようだが、中国メディアの新浪はこのほど、この評価はゼロ戦開発当時に見られた日本人特有の弱点がX2開発にも存在していることを露呈するものだと論じている。

X2の性能に関して、記事が高く評価している点がある。それはX2の機体を構成する材料にセラミックと炭化ケイ素系の複合材料が使用されている点であり、記事はこれを「世界最先端の技術」と表現している。さらにX2にS型吸気ダクトの実装に成功した点について、「これほど細い機体に実装できたのは、課題に十分に取り組んだからだ」と表現、日本の技術者の努力と成功を高く評価した。

一部資料によれば、X2の吸気ダクトは独自設計により複雑に曲げられており、吸入口がレーダーを反射しにくくするような独創技術が採用されているという。記事はX2に採用されている複合材料およびS型吸気ダクトがもたらす優れたステルス性能が、「F-22に自分の至らなさを自覚させ、恥じさせている」と説明。X2のステルス性能がF-22を一部で凌駕していると認めた。

しかし記事はまさにこの点にゼロ戦開発当時にも存在した日本特有の弱点が表れていると指摘、それは性能のある特定の面だけを極めようとする性向だと説明する。ゼロ戦開発は「より軽くより速く」だけが強調され防護面が無視されていたように、X2開発はステルス性能だけが極端に重視されているという見方を記事は示した。

記事はかつてロッキード・マーティンのある高官がX2に対して懸念を表明、将来的に電子・通信システムやフライバイワイヤシステムなどの技術面における多くの課題に遭遇する可能性を示唆したと紹介。また、仮に日本がこれらの課題を克服したとしてもX2の機体に使用されている複合材料は「価格が高すぎる」と指摘、量産には耐えられないという見方を示した。

記事はこのようにX2のステルス性能の高さを認めつつも、バランスの取れた戦闘機開発とは決して言えないと主張している。しかし、X2はステルス実証機であり、ステルス性能の実証のために開発された機体であるという前提を無視しているため、主張が破たんしてしまっている。「ステルス性能が極端に重視されている」という記事の主張は、X2がステルス性能の実証目的で開発された以上は当然のことだといえる。

(編集担当:村山健二)

サーチナ 2016-05-06 07:25

(http://news.searchina.net/id/1609080?page=1)

 

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

【日本の防衛】国産初“ステルス実証機” 「X-2」が初飛行

【日本の防衛】国産初“ステルス実証機” 「X-2」が初飛行

記事要約:熊本地震のニュースで他のニュースが埋もれがちなわけだが、どうやら国産初のステルス実証機「X-2」が初飛行をしたようだ。リンク先に飛んでいる動画があるのだが、飛行は成功していると思う。

ただ、ステルス実証機とかいわれても見ているだけじゃさっぱりわからない。何はともあれ初飛行が成功して良かった。でも、まだ実証機段階なのでこれからである。日本の防衛で国産ステルス戦闘機の開発は急務。各国も続々と戦闘機の開発に取り組んでいる。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~150回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする

【日本の防衛】国産初“ステルス実証機” 「X-2」が初飛行

初の国産ステルス実証機「X-2」が22日朝、愛知県営名古屋空港を離陸しました。

国産初のステルス機は防衛省が将来の戦闘機の開発に向けて研究を行ってきました。敵のレーダーに探知されにくいステルス性と高い運動性が特徴です。防衛 省の委託により、愛知県で三菱重工などが製造しました。

機体の調整や部品の交換などで当初の予定より初飛行が遅れていましたが、22日朝、県営名古屋空港 から航空自衛隊岐阜基地まで初飛行を行いました。

(http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20160422-00000015-ann-soci)

 

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

【日本の防衛】中国ネット、日本の国産ステルス実証機X-2の滑走テストに失笑 「ゴミだな」「なんて醜い戦闘機だ。やたらと小さいし」

【日本の防衛】中国ネット、日本の国産ステルス実証機X-2の滑走テストに失笑 「ゴミだな」「なんて醜い戦闘機だ。やたらと小さいし」

記事要約:今年明けの北朝鮮の動きは想定したよりは管理人は速かったと思う。このサイトの将来は「日本の防衛」というものを意識することを何度か説明したが、もしかしたら、北朝鮮情勢の深刻化、中国の覇権が加速することで、管理人ももっと勉強速度を上げていく必要があるのかもしれない。

今、管理人は軍事知識が圧倒的に足りないのでその手の関連本を読んでいるのだが、最新の日本の防衛事情もチェックしておきたい。日本の国産ステルス実証機X-2の滑走テストと、こうして話題になってくれるのは正直ありがたい。

中国はこの日本のステルス実証機に日本人以上に関心を持っているようだが、述べているコメントは的外れも良いところだと思う。ステルス機というのはレーダーに映らない飛行機のこと。ただ視認は出来るので出来るだけ小さい方が何かと都合が良い、

そもそも、軍事兵器で大きいものや重い物ほど必要はないだろうに。多くの兵器は軽量化と小型化を目指すものであり、大型にして重要なものってあるんだろうか。空母ぐらい?機体が軽いほど武器や燃料もたくさんつめる。

ただ、飛行機なのだから重いと空気抵抗などは受けにくいので利点はあるか。その辺の解説は詳しい人に丸投げしよう。

2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

【日本の防衛】中国ネット、日本の国産ステルス実証機X-2の滑走テストに失笑 「ゴミだな」「なんて醜い戦闘機だ。やたらと小さいし」

2016年2月11日、中国メディアの新浪は、日本初の国産ステルス実証機X―2が
11日、名古屋空港で滑走テストを行ったと伝えた。

記事は、計画によると今月中旬に飛行テストを行い、機体は三菱重工から防衛省へ引き渡されると紹介。X―2は日本が2030年までに国産の第5ステルス戦闘機を製造するための実証機だと伝えた。

このニュースが中国版ツイッター・微博(ウェイボー)で伝えられると、 中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。

「なんだかプラモデルみたいだ」
「タミヤはいつの間にこんなハイテクな製品を出したんだ?」
「この塗装が強そうだね?。怪獣を相手に戦いそうな感じだ」

「ゴミだな。訓練機と同じだ」
「世界で最もステルス性のある訓練機ですね」
「プライベートジェットのようなものじゃないか」

「なんて醜い戦闘機だ。それにやたらと小さいし」
「殲―20と比べたらミツバチみたいなものだ」
「これはジョークとしか思えない」

「この機首の感じはまるで無人機のようだ」
「本当に飛べるのか?紙でできているんじゃないか?」
「横から見ると、インドのテジャス(インドの国産戦闘機)に似ているな」

「日本人が設計するものって、手足が短くてできるだけ小さく少なくする癖があるよね」
「戦闘機は大きさではなく性能と威力を見るべきだ」
「日本の第五世代戦闘機はやっぱりすごいよ」(翻訳・編集/山中)

(http://www.recordchina.co.jp/a128894.html)

日本の底力のメルマガ購読は↓から、今はPCでも携帯でも一つのメルマガでいいようだ。それでは購読の方をお願いする。前回、携帯に登録していただいていた読者様はPCの方に登録していただけるとありがたい。

→日本の底力

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry