「アイオニック」タグアーカイブ

韓国経済、平昌五輪テストイベントでエレベーター停止、施設物落下などの事故が相次ぐ、競技場の安全性に赤信号が灯る

韓国経済、韓国平昌五輪テストイベントでエレベーター停止、施設物落下などの事故が相次ぐ、競技場の安全性に赤信号が灯る

記事要約:韓国の平昌五輪のテストイベントが開催されているようなのだが、早速、トラブルが発生しているようだ。この展開はわりと予想できた。エレベーター停止なんて些細なレベルだ。施設物落下などの事故もいつものことだ。

競技場の安全性に赤信号が灯る?そもそも、安全性なんてどこにもないだろう。なぜなら、この競技場そのものが手抜き工事が造られている可能性があるからな。しかし、安全性のチェックはしていないのか。さすがに選手が怪我でもしたら、その国の国民から韓国はつるし上げられるぞ。

>しかし、幸いなことに、市民が搭乗した状態で、エレベーターが止まらず、人が閉じ込められる事故につながることはなかった。

そんなことになったら会場はパニックじゃないか。幸い以前に事故で作業員が閉じ込められているのだが。

>昨年11月23~26日、平昌オリンピックテストイベントで開かれた国際スキー連盟(FIS)スノーボードビッグエア大会の時も選手専用エレベーターが故障した。テストイベント期間にエレベーター停止事故が外に知られているだけでもう3件目だ。

とりあえず、世界中の選手にエレベーターの使用禁止を伝達したほうがいいんじゃないか。これどう考えても当日で起こりえるぞ。さすがに3件とか異常すぎるだろう。だいたい、知られているだけで3件ってなんだよ。実はもっとあるのか。いや、あるんだろうな。知られてない事故が。

やはり、平昌五輪は大会に出場することそのものが「サバイバルゲーム」だったか。いかにして怪我のないように競技場にたどり着けるのか。どのルートを通れば事故に遭わずに済むのか・・・。本当にこんなところでやるのか?ああ、そうか。実はこれが隠された競技なんだ。競技場にたどり着くタイムアタックでもしているんだろう。

スキージャンプのジャンプ台は歪んでるし、会場には風の問題もある。さらにスピードスケートの会場になぜか送風機を30台も設置して不正する気しかしないという。歴史に残る最悪な五輪になりそうな予感しかしない。でも、選手は頑張っているんだ。選手に罪はないからな。テスト大会であろうが、油断なく過ごして欲しい。

競技中だけではなく、会場から危機感満載というのは確かに新しい発想だが、とても魅力的とは思えない。帰るまでが遠足という言葉があるが、韓国の平昌五輪は韓国へ入国してから無事帰国するまでがサバイバルだな。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~208回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする

韓国経済、平昌五輪テストイベントでエレベーター停止、施設物落下などの事故が相次ぐ、競技場の安全性に赤信号が灯る

2018平昌冬季オリンピック競技場施設の安全性に赤信号が灯った。

テストイベントが行われ、エレベーター停止、施設物落下などの事故が相次いで発生しているからだ。

12日江陵消防署によると、10日午前10時16分頃、江陵市浦南洞江陵オリンピックパーク内の江陵アイスアリーナで、貨物用エレベーターが故障した。

この事故でエレベーターに閉じ込められていた作業員ビョン(57)さんが48分でようやく救助された。

119救助隊は、エレベーターが結局、動作せず地下約12mまでロープで降り、はしごを使ってビョン氏を救助した。

ビョン氏はプレオリンピック性向のテストイベントで、16~19日に行われる2017年国際氷上競技連盟(ISU)四大陸フィギュアスケート選手権大会を控えて整氷車の輸送中に事故に遭った。

江陵アイスアリーナでは、平昌五輪でフィギュアスケートのショートトラックスピードスケート種目が行われる。

前日にも江陵オリンピックパークに建てられた江陵ホッケーセンターでエレベーターの停止事故が発生した。

この日は、平昌冬季オリンピック大会組織委員会が江陵ホッケーセンターで100人余りの国内外の取材陣を招き、G(Game)-1年、マスコミへの説明会を行ったのに続き、何千人もの江陵市民とイベントスタッフ、大統領権限代行ファン・ギョアン首相、チョン・セギュン国会議長、キム・ヨナ広報大使などの主要人物が着席する中で記念行事を行った。

事故は1階出入口ゾーンのエレベーターが故障して30分間動作せず、国内外の取材陣と市民が会場の3階まで歩いて行かなければならない不便さを体験した。

しかし、幸いなことに、市民が搭乗した状態で、エレベーターが止まらず、人が閉じ込められる事故につながることはなかった。

昨年11月23~26日、平昌オリンピックテストイベントで開かれた国際スキー連盟(FIS)スノーボードビッグエア大会の時も選手専用エレベーターが故障した。

テストイベント期間にエレベーター停止事故が外に知られているだけでもう3件目だ。

この他にも昨年から各種事故が発生して安全性の問題が懸念されてきた。

江陵アイスアリーナでは、昨年の建築工事中、俗称スカイと呼ばれる「高所作業車(8t)」の支持台(ブーム)が倒れたことで、作業員が約7m下に転落し、1人が死亡、1人が重傷を負った。

ここでは、最初のテストイベントだった国際氷上競技連盟(ISU)ショートトラックワールドカップ大会を控えて、天井にぶら下がっていた大型電光掲示板が氷の上に落下する事故が発生し、氷盤が割れて電光掲示板が破損していた。

ソース:ニューシス 2017.02.12 11:34(機械翻訳)

ソースは韓国語なので2chより記事掲載

(http://v.media.daum.net/v/20170212113438070?RIGHT_COMM=R2)

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

韓国経済、政府が2020年までに自動運転車の商用化を宣言、始動から駐車まで可能な「ドア・ツー・ドア」自動運転車を開発する

韓国経済、政府が2020年までに自動運転車の商用化を宣言、始動から駐車まで可能な「ドア・ツー・ドア」自動運転車を開発する

記事要約:韓国政府は2020年までに自動運転車の商用化を宣言した。管理人がこれを読んだ感想はまた「2020年かよ・・・」というため息である。少し振り返ってみるか。

■韓国の夢の2020年開発計画

韓国の夢の2020年計画は月探査から、USK(ユニバーサルスタジオコリア)、硬化廃止、原子力発電所2基、竹島の近くに空港建設、第5世代(5G)移動通信、高速鉄道、医薬品開発のトップ7、次期多連装ロケット(MLRS)の開発など多岐にわたる。

もう、あと3年しかないのだが、これで一つでも達成できそうなものがあるのか。どう見ても月探査なんて無理だよなあ。そして、新しい2020年の夢計画は「自動運転車の商用化」である。だが、朴槿恵大統領がいないのに一体誰が決めているんだろうか。この辺がよくわからない。

だいたい、韓国に自動運転技術なんてあるのか。この前の自動車ショーで何かやっていた記憶があるがあれはどうなんだ。

>国土部は2020年までにレベル3の自動運転車を商用化するために▼関連法・制度改善▼安全性評価技術など研究開発支援▼道路インフラ整備▼電気車チューニング向けプラットホーム開発▼安全検査・装備開発▼有線、無線充電技術開発▼補助金の支援--など案を実行する方針だ。

おいおい、電気自動車のインフラ整備である水素ステーションの設置も進んでないのに一体、誰がその道路インフレを整えるんだ。実行する方針はわかるが3年で難しいことがあまりにも多いだろう。

まず、3年で関連法が成立するかさえわからないというより、そもそも、自動運転のノウハウなんて世界中にないんだぞ。どのような法案を作るつもりなんだ。安全検査・装備開発とか本当にできるのか。後は通信技術の開発もあるのか。目指すのは自由だが月探査と同じで延期確実だろうに。

>この他に情報技術(IT)を活用した大規模交通ネットワークを運営して交通連係・車両共有サービス・無人シャトル開発も始める。

どう見ても出来そうにない開発が並んでいるのだが、韓国は今の自分たちの技術を理解しているのか。むしろ、この計画、日本やアメリカでも出来ないだろうな。無人シャトル開発ですら困難だ。

>現代車は昨年10月から米国ネバダ州で「アイオニック(IONIQ)」自動運転車の自動運転免許を得てテスト中だ。昨年3月からは韓国で自動運転試験の許可を取得し、テストを進めている。先月米国ラスベガスで開かれた家電見本市(CES)では、アイオニック自動運転車が都心を自動運転で走るデモンストレーションに成功して注目されたことがある。

ああ、そうそう、これこれ。この家電見本市で自動運転で走る現代自動車「アイオニック」のデモンストレーションに成功して注目された。確かに大きく韓国メディアが取り上げていたな。でも、管理人は全く信じてなかったんだよな。上の計画を見ても月探査と同じで挫折しそうという感想しかない。どう見ても3年で全部出来るとは思えない。

韓国は前例のないことをやるのに時間の見積もりが甘すぎる。月探査ならNASAにノウハウはあるが、自動運転なんてどこにもないだろう。皆手探りで研究開発しているのに、いきなり出てきて3年で商用化しますだしな。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~208回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする

韓国経済、政府が2020年までに自動運転車の商用化を宣言、始動から駐車まで可能な「ドア・ツー・ドア」自動運転車を開発する

韓国政府が2020年までに自動運転車の商用化を宣言するなど先端自動車産業の発展に力を注ぐことにした。また、自動車の安全性確保や消費者保護も強化していく方針だ。現代車グループなど自動車会社も自動運転車の研究組織を作って技術開発に乗り出した。

韓国国土交通部は「第2次自動車政策基本計画(2017~2021)」を最終確定したと13日、明らかにした。今回の計画で政府は次世代先端自動車を運行するための体系整備をリードするという方針だ。

国土部は2020年までにレベル3の自動運転車を商用化するために▼関連法・制度改善▼安全性評価技術など研究開発支援▼道路インフラ整備▼電気車チューニング向けプラットホーム開発▼安全検査・装備開発▼有線、無線充電技術開発▼補助金の支援--など案を実行する方針だ。

この他に情報技術(IT)を活用した大規模交通ネットワークを運営して交通連係・車両共有サービス・無人シャトル開発も始める。

車両間通信技術(V2V・Vehicle-to-Vehicle)を活用した安全運転情報提供など二輪車向け協調型高度道路交通システム(C-ITS・Cooperative Intelligent Transport Systems)サービスの基盤や車両と道路間ネットワーク構築のための通信安全性基盤も作る計画だ。

韓国企業の中では現代車グループが自動運転車の技術開発と普及に力を注いでいる。現代車グループは13日、研究開発本部内に自動運転開発組織と人材を一つに統合した「知能型安全技術センター」を新設すると発表した。

初代センター長には米ゼネラルモータース(GM)で自動運転の開発を初期段階から主導したイ・ジンウ博士だ。このセンター長はソウル大学機械工学科を卒業してKAIST動力学制御分野で修士・博士号を取得した。2006年からGMに合流して自動運転の開発を担当してきた。

自動運転車市場は今年を節目として急変するものとみられる。市場調査専門会社IHSによると、2025年までに自動運転市場の規模が年間60万台水準に成長すると見通した。また、英国調査会社ジュニパーリサーチは2025年までに全世界に自動運転車2200万台が普及すると予想している。

現代車は昨年10月から米国ネバダ州で「アイオニック(IONIQ)」自動運転車の自動運転免許を得てテスト中だ。昨年3月からは韓国で自動運転試験の許可を取得し、テストを進めている。先月米国ラスベガスで開かれた家電見本市(CES)では、アイオニック自動運転車が都心を自動運転で走るデモンストレーションに成功して注目されたことがある。

高速道路走行と同様に特殊な条件でなく、始動から目的地到着後の駐車まで可能な「ドア・ツー・ドア(Door to Door)」自動運転車を開発するという目標を掲げている。

ソース:中央日報 2017年02月14日15時02分

(http://japanese.joins.com/article/762/225762.html?servcode=300&)

 

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

韓国経済、トヨタの新型プリウス 韓国で発売 

韓国経済、トヨタの新型プリウス 韓国で発売

記事要約:トヨタが新型プリウスを韓国で発売したようだ。しかも、現代車が同じHV、アイオニックを発売したことについては「歓迎」と余裕ぶりである。実際,トヨタは韓国で市場を制覇しようとなんて微塵も思ってなさそうだ。取りあえず、販売しとくんで乗りたい人は乗ってというところだろうか。どう見ても、現代車なんて相手にしていない。

2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする

韓国経済、トヨタの新型プリウス 韓国で発売

【ソウル聯合ニュース】低燃費で世界のエコカー市場をけん引するトヨタ自動車「プリウス」の4代目が22日韓国で発売され、韓国トヨタは同日、ソウル市内のホテルで発表会を開いた。

プリウスの開発責任者である豊島浩二氏は発表会に出席し、4代目プリウスは優れた燃費性能と感性を刺激するスタイル、徹底した人間中心を実現した内装、先端安全性能をすべて備えているとした上で、ドライバーにときめきを与えるだろうと話した。

7年ぶりにフルモデルチェンジを行った4代目プリウスは旧モデルよりも燃費に優れ、街中での燃費は1リットル当たり22.6キロ(15インチタイヤ)、高速走行時は同21.0キロ、平均は同21.9キロとなっている。

一方、現代自動車が1月に発売した韓国車初のエコカー専用車「アイオニック」(IONIQ)は平均での燃費が同22.4キロでプリウスより優れているが、トヨタ側は街中での燃費ではプリウスが上と主張している。韓国トヨタは4代目プリウスの韓国での目標販売台数を2000台とした。価格は標準タイプのEが3260万ウォン(約316万円)、高級タイプのSは3890万ウォン。

同社の吉田明久社長は、今年の年間販売目標8500台のうち、ハイブリッド車(HV)の割合を50%以上に引き上げるとした上で、そのためHVのラインナップを10車種に拡大したと強調した。

またアイオニックについては、韓国の輸入車市場の70%がディーゼル車でHVは4%に過ぎないと指摘。その上で、現代がアイオニックを発売したことを歓迎し、共にエコカーの普及拡大に努力すると話した。

(http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/03/22/2016032202450.html)

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

韓国経済、現代自動車、年内にエコカー3車種 HVやPHV「燃費で新型プリウスを超える」

韓国経済、現代自動車、年内にエコカー3車種 HVやPHV「燃費で新型プリウスを超える」

記事要約:現代自動車って確かカタログスペックで燃費を水増ししていた気がするが、年内にエコカー3車種、HVやPHV「燃費で新型プリウスを越える」そうだ。トヨタに挑戦するのは自由だが、言っておくが世界一の自動車企業トヨタだ、

日本という8大自動車産業が犇めく群雄割拠の中でも圧倒的な強さを誇る。そのトヨタの自信作「新型プリウス」に対抗するとか意気込みは凄いが、叶わぬ夢だろう。どうせ口だけだろうしな。新しい車が発表されたら取り上げるが、さすがにトヨタが現代自動車に劣る性能でいるはずもない。しかも、2020年とある。あれ2020年ってトヨタが車の自動運転化を実現させるとか言ってなかったか・・・、もっとも自主計測で上回ったとか。フォルクスワーゲンと同じレベルじゃないか。

2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

韓国経済、現代自動車、年内にエコカー3車種 HVやPHV「燃費で新型プリウスを超える」

【ソウル=小倉健太郎】 韓国の現代自動車は7日、エコカー専用の新車種「アイオニック」を発表した。年内にハイブリッド車(HV)、 プラグインハイブリッド車(PHV)、電気自動車(EV)の3種類を出す。同社幹部は「HVの燃費はトヨタ自動車の新型プリウスを超える」と述べ、先行するトヨタへの対抗心をのぞかせた。

まずHVを韓国で14日に発売する。排気量1.6リットルのエンジンとリチウムイオン電池を搭載。価格は2300万ウォン(約230万円)程度から。米国や中国市場にも10月をめどに投入する。EVは3月に発売する。EVやPHVではHVと同じ車台(プラットホーム)を使い開発の効率を高める。

HVでは鉄よりも軽くて丈夫な超高張力鋼板やアルミニウムを活用、安全性能を確保しつつ車体を軽くして燃費性能を高めた。新型プリウスの燃費は米環境保護局(EPA)基準で計測したトヨタの推計値で1リットル当たり約21キロメートル(市街地)。現代自はアイオニックの米国基準の燃費を公開していないが、自主計測ではトヨタの公表値を上回ったとしている。

HVやPHV、EV、燃料電池車のエコカーでは、現代自はこれまで主力セダン「ソナタ」など既存車種から商品化していた。専用車種の投入で市場でのブランド認知度を高め、販売増を狙う。

現代自では現在、傘下の起亜自動車を含めて8車種のエコカーを展開している。2020年までに22車種に増やす計画だが、アイオニックの商品化で26車種以上になる見通しだ。

日本経済新聞 2016/1/7 21:42

(http://www.nikkei.com/article/DGXLASDX07H1C_X00C16A1FFE000/)

日本の底力のメルマガ購読は↓から、今はPCでも携帯でも一つのメルマガでいいようだ。それでは購読の方をお願いする。前回、携帯に登録していただいていた読者様はPCの方に登録していただけるとありがたい。

→日本の底力

 

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry