「インドネシア」タグアーカイブ

韓国経済、韓国メーカーの韓国航空宇宙産業(KAI)とインドネシア 戦闘機開発で本契約締結

韓国経済、韓国メーカーの韓国航空宇宙産業(KAI)とインドネシア 戦闘機開発で本契約締結

記事要約:インドネシアにどのような事情があるかまでは管理人は詳しく知らないが、韓国と手を組むと法則が発動する。この法則が意外と馬鹿にできない実績があるので、管理人はどんなことがあっても韓国と何かするのはやめておいた方がいいと思う。

ただ、インドネシアは韓国の技術ではなく、アメリカから韓国に提供される技術を狙うために手を組んでいるのだろう。旧型の戦闘機技術ぐらいなら韓国にでも提供されるようだしな。韓国の国産型戦闘機は出来上がる頃には当初の性能より遙かに劣ってましたとかになりそうだが、既にステルス技術そのものが無理そうだしな。

2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

韓国経済、韓国メーカーの韓国航空宇宙産業(KAI)とインドネシア 戦闘機開発で本契約締結

【ソウル聯合ニュース】韓国航空機メーカーの韓国航空宇宙産業(KAI)は7日、インドネシアと韓国国産戦闘機(KFX)システム開発のための本契約を締結したと明らかにした。

河成龍(ハ・ソンリョン)KAI社長とインドネシア側が同日午前、インドネシア国防省で署名した。署名式には張明鎮(チャン・ミョンジン)韓国防衛事業庁長とインドネシアのリャミザルド国防相も出席した。

本契約にはインドネシア政府がKFXシステム開発費の20%(約1兆6000億ウォン、約1570億円)を負担することが明記された。インドネシア側は韓国からKFXの試作機1機と各種技術資料の提供を受ける。

KAIは昨年末に防衛事業庁とKFX開発をめぐる本契約を締結してから航空機開発センターを完工させ、大型事業の安定的な推進に向けた組織改編作業を完了させたと説明した。

KAIとインドネシアの本契約では、インドネシア国防省が4月にKFX事業費の約1%を負担し、来年からこれを2%以上に引き上げる予定になっている。

聯合ニュース 2016/01/07 16:00

(http://japanese.yonhapnews.co.kr/Politics2/2016/01/07/0900000000AJP20160107003300882.HTML)

日本の底力のメルマガ購読は↓から、今はPCでも携帯でも一つのメルマガでいいようだ。それでは購読の方をお願いする。前回、携帯に登録していただいていた読者様はPCの方に登録していただけるとありがたい。

→日本の底力

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

韓国経済、韓国空軍、インドネシアで墜落したT-50を点検

韓国経済、韓国空軍、インドネシアで墜落したT-50を点検

記事要約:韓国産のT-50訓練機がインドネシアで開かれた航空ショーで墜落した事故で、韓国空軍が点検するそうだ。組み立てしただけの韓国空軍が原因特定に役立つかは定かではないが、インドネシアの空軍というのは軍事力といえるようなものでもないので、韓国のほうがましということになる。

もっとも、韓国がましだというより、アメリカの技術提供で作っているわけなので、完全韓国産ならいらないと思うが。航空機技術もない韓国に完全な韓国産なんてものはそもそも無理な話なので、とにかく原因糾明を試みればいいかと。ただ、いい加減な調査でパイロットのミスだというのは止めるべきである。

2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

韓国経済、韓国空軍、インドネシアで墜落したT-50を点検

韓国空軍はインドネシアで発生したT-50高等訓練機墜落事故と関連し、現在運用を行っているT-50機種の自己点検に乗り出した。

キム・ミンソク国防部報道官は21日の定例ブリーフィングで韓国空軍が運用中のT-50高等訓練機の操縦系統に欠陥があるかどうかを自主的に点検する計画だと明らかにした。

キム報道官は「殉職したパイロット2人に対し、心から哀悼の意を表する」とし、インドネシア当局からメーカーの韓国航空宇宙に支援要求があれば、直ちに支援できるよう準備していると付け加えた。

インドネシア空軍は20日、ジョグジャカルタで開かれたエアショーに参加したT-50訓練機が墜落し、パイロット2人が死亡したと明らかにした。

[? 中央日報日本語版]

(http://japanese.joins.com/article/947/209947.html?servcode=200&sectcode=200)

日本の底力のメルマガ購読は↓から、今はPCでも携帯でも一つのメルマガでいいようだ。それでは購読の方をお願いする。前回、携帯に登録していただいていた読者様はPCの方に登録していただけるとありがたい。

→日本の底力

 

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

韓国経済、韓国産訓練機がインドネシアのエアショーで墜落、2人死亡=韓国ネット「国産とは言うけど、韓国は組み立てただけ」

韓国経済、韓国産訓練機がインドネシアのエアショーで墜落、2人死亡=韓国ネット「国産とは言うけど、韓国は組み立てただけ」

記事要約:なんか、韓国ネットの「国産とは言うけど、韓国は組み立てただけ」という発言にデジャヴを感じた。ああ、そうだ思いだした。これはあれだ。第1ロケットはロシア産なのに、全て韓国産と偽って打ち上げて何度も失敗したナロ号だ。あの時も打ち上げが失敗するとロシア産だとか、韓国の第2ロケットはどうとかのべていた。

しかし、事故が起これば組み立てただけとか。あの、それを輸出しているんだろう?そんな言い訳が通じるとでも?インドネシアは韓国から購入したのだ。アメリカのロッキード社から購入したわけではない。まだ原因は特定されてないが、パイロットのミスなのか。整備ミスなのか。組み立てミスなのか。原因は色々考えられる。管理人は素直に経過を見守りたいと思う。

2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

韓国経済、韓国産訓練機がインドネシアのエアショーで墜落、2人死亡=韓国ネット「国産とは言うけど、韓国は組み立てただけ」

2015年12月20日、韓国産の超音速高等訓練機T?50がインドネシアのエアショーの最中に墜落、乗っていたインドネシア空軍のパイロット2人が死亡した。韓国・SBSテレビなどが報じた。

この日午前10時ごろ(現地時間)、インドネシア・ジョグジャカルタ上空でエアショーに参加していたT?50が、曲芸飛行の最中にバランスを失いほぼ垂直に地面に墜落した。墜落地点は空港近くの住宅街だったが、観覧客や住人に被害はなかったとみられる。インドネシア空軍は事故直後に調査団を現場に派遣し、事故原因を調査している。

T?50は、韓国航空宇宙産業(KAI)が米ロッキード・マーチン社の技術支援を受け開発した世界唯一の超音速訓練機。インドネシアのほか、イラク、ペルー、フィリピンなどに56機が輸出されている。韓国国内では実戦配置された05年以降に2件の墜落事故が起こっているが、海外での墜落事故はこれが初めてだ。

この報道に、韓国のネットユーザーは次のようなコメントを寄せている。

「国産、国産と言ってはいるけど、核心部分の技術はもらったもので、組み立てを韓国でやっただけ。形だけの国産訓練機であって、 ロッキード・マーチン製と言うのが正しい」
「輸出する時には国産高等訓練機だったのに、事故が起こると技術提供を受けたことになってる。責任回避能力がすごい」

「墜落したことより、墜落前に脱出できなかったことが問題だ」
「中国製の訓練機の話かと思った」
「エアショーに出るくらいなら、ベテランのパイロットだったろうに。残念だ」

「ブラックイーグルス(韓国空軍のアクロバットチーム)ではかなり酷使しても事故がないことから考えると、これは整備不良か
操縦ミスのような気がする」
「(墜落時の映像を見て)無理に上昇して失速してしまい、その後、機首を上げようとしたけど遅かったみたいだ」

「パイロットのミスだよ。まだ輸入して間もないのに曲芸用に使ったのが間違い。韓国のように慣れていなかったはずだ」
「防衛産業の不正とかで、機体に異常があったわけじゃないと思う。T?50は韓国で何度もエアショーに出てるけど墜落事故は
一度もないし、米国が導入する訓練機の候補にも挙がっているくらいだ」

(翻訳・編集/吉金)

レコードチャイナ 2015年12月21日(月) 10時44分

(http://www.recordchina.co.jp/a125528.html)

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

韓国経済、【インドネシアのT-50訓練機墜落】Detik Detik Jatuhnya Pesawaj jet T-50 jatuh dalam Gebyar Dirgantara Yogyakarta 2015

youtubeに先ほど紹介したインドネシアのT-50訓練機が墜落した瞬間の映像があったので紹介する。いきなり落ちている。別に機体が煙を噴いたとかには見えないな。

落ちた場所に家があるので住宅地?に落ちたのだろうか。幸い、犠牲者は出ていないようだが。

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

韓国経済、朴大統領「T-50訓練機、米国輸出に成功したら経済効果17兆ウォン。韓米同盟は一層強固になるだろう」

韓国経済、朴大統領「T-50訓練機、米国輸出に成功したら経済効果17兆ウォン。韓米同盟は一層強固になるだろう」

記事要約;まさか、このタイミングで朴槿恵政権が「T-50訓練機、米国輸出に成功したら経済効果17兆ウォン。韓米同盟は一層強固になるだろう」と述べている。インドネシアでは墜落してパイロットが2人死んだのに米国輸出を企んでいるそうだ。

朴槿恵大統領の演説は17日なので、まだ事故は起きてないか。インドネシアの方は20日と書いてある。しかし、これを見る限りでは法則が発動したとしか思えない。

てか、アメリカが買うわけないだろうに。戦闘機で世界最高技術を持つアメリカが韓国産を購入なんて普通はあり得ないだろうに。

2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

韓国経済、朴大統領「T-50訓練機、米国輸出に成功したら経済効果17兆ウォン。韓米同盟は一層強固になるだろう」

朴槿恵(パク・クネ)大統領が17日、慶南(キョンナム)泗川(サチョン)の韓国航空宇宙産業(KAI)で開かれた米国輸出型T-50訓練機公開記念式に参加した。

パク大統領は「輸出に成功すれば韓・米同盟をより一層強化させる触媒になるだろう」とし、「輸出物量350台、10兆ウォン規模で産業波及効果は7兆3000億ウォン、働き口創出は4万3000人水準になるだろう」と話した。

米国高等訓練機(T-X)交替事業に挑戦するこの訓練機は既存T-50に米空軍が要求する仮想訓練システムと空中給油装置などを追加した機種だ。

ソース:JTBCニュース(韓国語) [写真]T-50米国輸出成功時は産業効果17兆

(http://news.jtbc.joins.com/article/article.aspx?news_id=NB11125716)

日本の底力のメルマガ購読は↓から、今はPCでも携帯でも一つのメルマガでいいようだ。それでは購読の方をお願いする。前回、携帯に登録していただいていた読者様はPCの方に登録していただけるとありがたい。

→日本の底力

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

韓国経済、インドネシアで韓国産のT-50訓練機が墜落 パイロット2人死亡

韓国経済、インドネシアで韓国産のT-50訓練機が墜落 パイロット2人死亡

記事要約:インドネシアが購入した韓国産のT-50訓練機が墜落してパイロットが2人死亡したそうだ。原因はよくわかっていないが亡くなられたインドネシア人にはご冥福をお祈りを申し上げる。

航空ショー中での事故ということではっきりとした原因は特定されてない。韓国産といっても、中身はアメリカのロッキード社の製品なので、わりとまともだと考えていたのだが・・・。

原因が韓国産にあるかはまだわからないのでコメントは控えめにしておくが、設計に問題がないなら組み立てた韓国が原因となる。もっとも、パイロットの操縦ミスかもしれないので、原因がこうだと決めつけるには情報を少なすぎる。

2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

韓国経済、インドネシアで韓国産のT-50訓練機が墜落 パイロット2人死亡

インドネシアで20日、韓国製T-50高等訓練機が墜落して、搭乗していたパイロット2人が命を失ったとインドネシア空軍当局が発表した。

空軍のスポークスマンは、ヨッカジャカルタで開かれた航空ショーに参加したT-50が、この日午前9時50分頃、空港近くの住宅街に落ちたと明らかにした。

スポークスマンは、事故でパイロット以外には人命被害が発生していなかったと伝えた。ただしスポークスマンは、T-50の墜落原因などに関しては、まだ結論を下すには時期尚早と、詳細な言及を避けた。

韓国航空宇宙産業(KAI)が開発し、2005年に生産を開始したT-50高等訓練機は、2011年にインドネシアへの16機輸出をはじめ、イラク、フィリピン、タイなどへ、計56機を輸出した。

インドネシア空軍に引き渡されたT-50訓練機は、昨年2月に戦闘機のパイロットの訓練のための配備を完了した。

naver.com 2015-12-20 13:55 (原文は朝鮮語)

ソースは韓国語なので2chより記事掲載

日本の底力のメルマガ購読は↓から、今はPCでも携帯でも一つのメルマガでいいようだ。それでは購読の方をお願いする。前回、携帯に登録していただいていた読者様はPCの方に登録していただけるとありがたい。

→日本の底力

 

 

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

韓国経済、韓国とインドネシアの次世代戦闘機の共同開発を禁止

韓国経済、韓国とインドネシアの次世代戦闘機の共同開発を禁止

記事要約:韓国とインドネシアは次世代戦闘機の「KFX」の共同開発を禁止したようだ。これはアメリカによるインドネシアへの軍事技術が渡ることを阻止するため。つまり、インドネシアの後ろに中国がいるということ。韓国に話題になっていた4つの核心技術を渡さないものの、いくつかの重要な技術をアメリカは韓国に提供するので、それをインドネシアに渡したくないということ。もちろん、中国に技術が持って行かれるのを恐れてのことだろう。

インドネシアは中国に取り込まれており、AIIBで早速支援を申し出ていた。日本とは鉄道関連で日本に決定した事業を、突然、中国に発注を切り替えた。しかも、中国が鉄道の敷設ラインに持ってきた資料は日本が調査したものと丸パクリだった。この時点でインドネシアが日本の調査資料を中国に流したあげく、中国への発注にするという裏切り行為だった。

それで延長するときは日本に依頼するとか意味不明なことを述べているのだから、インドネシアも大概な国である。しかし、インドネシアは韓国から全ての技術を提供してもらうとか。韓国はこんなアホみたいな約束をしていたことに驚かされる。

2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

韓国経済、韓国とインドネシアの次世代戦闘機の共同開発を禁止

韓国とインドネシアの共同次世代戦闘機KF-X開発計画が米国の強い反対にあい非常に先行きが怪しくなっている。韓国のセゲ・イルボが報じた。

国防産業改革作業グループ代表キム・チョンデ氏によれば、戦闘機の共同開発に関する合意は、インドネシアがそのもてる技術を提供することを強く主張しているのに対し、米国が米国から韓国の製造業者らに渡された技術的秘密の開示を禁止していることで、非常に雲行きが怪しくなっている。

韓国は当初、2020年までに国産の次世代戦闘機を開発する計画だった。

それは何らかのステルス技術をもち、戦闘能力で韓国空軍の主力機KF-16をしのぐものになる、とされていた。2025年までに120機が製造される予定だった。

「KF-Xポラメ」と題されたこのプロジェクトの総額は学術研究、開発、実験、製造を含めて200億ドルとされた。韓国政府は、25種類の重要技術を米ロッキード・マーチン社から取得することをもくろんでいた。

その関連で、第5世代戦闘機「F-35」40機に対する支払いが行なわれる合意もなされた。

韓国は、こうした米国製兵器への忠誠心を米国は買ってくれるだろうと見込んでいたが、
しかし米国は、ステルス性能に関わる4つの技術は譲渡できない、とし、新型戦闘機を開発する意味そのものが揺るぐこととなった。

韓国はこうした条件のなか、自らの力のみを頼りに、独力で不足した技術を開発する努力を取らざるをえなくなった。F-4やF-5が急速に老朽化するなか、2025年というKF-X納入の期日に遅れないために、韓国が航空機部門で協力の経験をもつインドネシアとの共同開発が決定された。

10月末、インドネシア議会は既に、プロジェクトに7860万ドルを費やす決定をとっていたが、
しかし米国がこの契約を引き裂く可能性があることが分かった。

米国はそうして今一度、米韓の「断金の交わり」がいかなる原則のもとに打ち立てられているかを思い出させたのだ。

(http://jp.sputniknews.com/politics/20151113/1157798.html)

「日本の底力」メルマガ購読は↓から、今はPCでも携帯でも一つのメルマガでいいようだ。それでは購読の方をお願いする。前回、携帯に登録していただいていた読者様はPCの方に登録していただけるとありがたい。

→日本の底力

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

韓国経済、韓国とマレーシア、47億ドル規模の通貨スワップ協定締結

韓国経済、韓国とマレーシア、47億ドル規模の通貨スワップ協定締結

記事要約:韓国とマレーシアが47億ドル規模の通貨スワップ協定を締結したようだ。あれ、日本との通貨スワップはいらないとかいいながら、インドネシアやマレーシアとは締結するのか。やはり、ドル不足になる恐れもあるんだろうか。

2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

続きを読む 韓国経済、韓国とマレーシア、47億ドル規模の通貨スワップ協定締結

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry