「イ・ガングク機長」タグアーカイブ

韓国経済、【旅客機事故】「韓国アシアナ事故機の操縦士、B777運航経歴わずか43時間」

韓国経済、【旅客機事故】「韓国アシアナ事故機の操縦士、B777運航経歴わずか43時間」

記事要約:韓国アシアナ航空機がサンフランシスコで着陸を失敗して炎上して、二人の犠牲者が出た事故の続報。なんと、韓国アシアナ事故機の操縦士は、B777運航経歴がわずか43時間だということが判明した。どうやら人為的な理由による航空機事故の可能性も出てきた。

本文:韓国アシアナ航空機の操縦士、B777運航経歴がわずか43時間しかないことがわかった。記事によると、航空機は機種ごとに操縦法が異なるので、他の航空機を操縦するためには新しく機種免許を取得する必要があるそうだ。

つまり、他の操縦でベテランパイロットであっても、始めて使用することになったB777ではわずか43時間しか動かしていなかったことになる。これによって、事故の人為的な理由による航空機事故の可能性が浮上した。

>国土部の関係者は「出発から事故発生までイ・ガングク機長が機長席に座り、操縦桿を握ったことが確認された」とし 「今回の飛行は“教官”のイ・ジョンミン機長と“教育訓練生”のイ・ガングク機長の教育訓練飛行として進行された」と述べた。

また、もう一つ記事を読むと興味深いのは、事故当時、サンフランシスコ空港28L滑走路は航法誘導装置が故障していたため、操縦士が手動で着陸を試み、事故が発生したという。

なら、これが原因なのかと思うわけだが、当然、飛行機のパイロットは二人いるので、着陸などの難しい操作にはベテランパイロットが操縦桿を握る。だが、握っていたのは43時間のパイロットのほうで、どうして、このようなことになったのか。謎が残る。普通なら航空誘導装置が故障していれば、ベテラン教官のほうが操縦桿を握るだろう。引き続き、この事故についての情報を集めていく。

2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

続きを読む 韓国経済、【旅客機事故】「韓国アシアナ事故機の操縦士、B777運航経歴わずか43時間」

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry