「ウォン」タグアーカイブ

韓国経済、ウォンが対ドルで上昇…2カ月ぶりに1ドル=1150ウォン台に

韓国経済、ウォンが対ドルで上昇…2カ月ぶりに1ドル=1150ウォン台に

記事要約:韓国のウォンが対ドルで上昇したのが先週の動きだが、どうやら今週もそうなっているようで2ヶ月ぶりに1ドル=1150ウォン台と、適正レートに戻ってきた。韓国の適正レートは1100~1150までの間。つまり、1150ウォンまで戻れば何の心配もなくなる。

もっとも、これは米中貿易戦争の緩和がG20での米中会談で進展するのではないかという期待からのドル高という見方が強い。だから、G20まではほとんどの投資家は様子見だと思われる。韓国ウォンもそんな感じなのでまだ安心という状況にはほど遠い。結局、米中次第てことになる。

2週間のチャートの動きを確認しておく。管理人は1180ウォン台を維持するかと思っていたら、米中貿易戦争の緩和するかもしれない期待感と米国の利下げの噂まででてきて、韓国経済には良い材料が重なった感じだ。

それだけで一気に30ウォンも下がるのは作為的な気がするが、この時期に韓国銀行が政策金利引き下げに動けるかに注目だ。管理人は利下げするタイミングはもう遅いぐらいだと思っている。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~300回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

日韓請求協定の破棄を意味する徴用工問題のまとめ

韓国経済、ウォンが対ドルで上昇…2カ月ぶりに1ドル=1150ウォン台に

為替相場が急激なウォン高ドル安傾向を継続し、2カ月ぶりに1ドル=1150ウォン台までドル安が進んだ。この5取引日の間に30ウォン下がった。 

  24日のソウル外国為替市場で為替相場は7.50ウォンのウォン高ドル安となる1ドル=1156.50ウォンで取引を終えた。終値基準で1150ウォン台までウォンが上昇したのは4月29日の1158.50ウォン以来。 

  為替相場は先月17日に米中貿易紛争や輸出不振の懸念などが重なり1ドル=1195.70ウォンでドルが年初来高値を記録した。しかしその後は急激なドル高への負担から調整を受け、今月中旬以降には米中首脳会談に対する期待と米連邦準備制度理事会(FRB)の金利引き下げ見通しなどが反映され急速なドル安に転じた。FRBは19日に政策金利と関連した声明書で「忍耐心」という文言を削除した。 

  サムスン先物のチョン・スンジ研究員は「米国の利下げへの期待とともに輸出企業がこの日売りを浴びせドルの下げ幅が大きくなった」と説明した。

https://japanese.joins.com/article/795/254795.html?servcode=300&sectcode=300  

韓国経済、外国人がバイコリア、株価・ウォンが急騰

韓国経済、外国人がバイコリア、株価・ウォンが急騰

記事要約:外国人が韓国の株価やウォンを購入していて急騰というのが今回のニュース。確かにウォンは1181と鎌倉幕府の成立より数値が下となったが、10ウォン程度が急騰といえるのか。まあ、1150に戻せば為替レートとしては問題ないが、残り30ウォンあるしな。そもそも、成長率が-0.4%と出たのに外国人は何に期待しているんだ。

> 外国人の買いが集中したサムスン電子(3.06%)など半導体・情報技術(IT)業種が株価上昇を牽引した。外国人はこの日、2900億ウォン以上の買い越しとなった。KOSDAQは前日比1.03ポイント(0.15%)値上がりした697.50で引けた。 

サムスン電子に材料なんてあるのか。折りたたみ式スマホは7月以降だろう。ファーウェイとの取引は継続しているが、いつまでそれができるかも分からない。一時的な株高とか、ウォン高を気にしていても、そこまで意味はない。6月は始まったばかりで、ここからどうするのか。まだまだ先は読めないな。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~300回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

日韓請求協定の破棄を意味する徴用工問題のまとめ

韓国経済、外国人がバイコリア、株価・ウォンが急騰

大規模な外国人買いで韓国の株価とウォンが大幅に値上がりした。 

  3日のKOSPI(韓国総合株価指数)は前日比26.11ポイント(1.28%)上昇した2067.85で取引を終えた。これは先月15日以来の高値。 

  外国人の買いが集中したサムスン電子(3.06%)など半導体・情報技術(IT)業種が株価上昇を牽引した。外国人はこの日、2900億ウォン以上の買い越しとなった。KOSDAQは前日比1.03ポイント(0.15%)値上がりした697.50で引けた。 

  この日のソウル外国為替市場で韓国ウォンは前日比8.8ウォン値上がりした1ドル=1182.1ウォンで取引を終えた。終値基準で先月10日(1ドル=1177ウォン)以来のウォン高ドル安となった。 

https://s.japanese.joins.com/article/j_article.php?aid=254070

韓国経済、【まだ始まったばかり】通貨安の試練 対ドルで2年5カ月ぶり安値

韓国経済、【まだ始まったばかり】通貨安の試練 対ドルで2年5カ月ぶり安値

記事要約:日本経済新聞が、最近の韓国のウォン安について取り上げているのだが、実際,ウォン安は始まったばかりであり、今月は1190ウォンからスタートする。米中貿易戦争の影響が出るのはこれからと管理人は見ているので、ここからウォンがどうなっていくかを今月もじっくりウォッチするつもりだ。

もっとも、5月末で1200ウォンを超えなかったので,まだ通貨防衛するドルはあるようだ。今月の外貨準備高がどれだけ減っているかは楽しみではある。

> 韓国ウォンが対ドルで2年5カ月ぶりの安値水準に落ち込んでいる。米中貿易戦争が激化し、中国への貿易依存度が高い韓国経済が影響を受けるとの見方が広がっているためだ。貿易立国の韓国にとって輸出を促すウォン安は景気にプラスとされてきたが、海外生産の拡大など産業構造の変容で通貨安の恩恵は薄れ、むしろ重荷になりつつある。 

韓国の適正レートは1100~1150。これ以上、上でも下でも辛いというのが現状なわけだが、以前よりもウォン安の効果も薄らいできているというのが10年前にはなかった特徴だ。しかも、韓国の国内での人件費がここ数年で一気に上昇したので海外に工場を造る韓国企業も増加している。そうなってくるとますますウォン安効果が軽減してしまうと。

> 昨夏以来、1ドル=1120~1130ウォンで安定していたウォンが急落しはじめたのは4月下旬から。同月25日発表の2019年1~3月期の国内総生産(GDP、速報値)が5四半期ぶりのマイナスに転落。景気の冷え込み懸念が強まった。 

安定していたウォンね。10ウォンの狭い範囲で普通、安定などするはずないんだよな。だから、安定させていたのだ。韓国が微調整介入することで。しかし、半導体に隠れていた韓国経済の実情が徐々に暴露されていくことでウォンは売られていくようになったと。

> 韓国内の人件費高騰で製造業の生産の海外シフトも進んだことに加え、韓国製品の付加価値が高まったことも背景にある。米調査会社IDCによると、サムスン電子のスマートフォンの18年の旗艦機種の平均価格は871ドルと、米アップルを上回った。韓国銀行の李柱烈(イ・ジュヨル)総裁は「昔は安価な製品が多く価格競争力が重要だったが、いまは高級品が中心になったので為替による輸出増大効果は大きくない」と語る。 

韓国製品に高付加価値ね。そんなものがあるとは思えないが、サムスン電子が今後、どうなるかは楽しみだな。ファーウェイ支援しているのはアメリカの市場を失う怖れがある。かといってやめれば半導体の5分の1の利益を失う。どちらに進んでもサムスン電子が有利になるような勘定は難しい。

>逆 に強まっているのはウォン安の弊害を指摘する声だ。韓国経済研究院の調査ではウォン安の影響として「原材料費の負担増加」と挙げた企業が40%と最も多く「輸出の価格競争力拡大」(11%)といった肯定的な評価を上回った。 

輸出の価格競争力拡大の肯定的な評価が低いのは韓国企業はもう、売る市場が見込めないてことだろう。そりゃそうだよな。安い製品はほとんど中国に取って代わられている。多少、ウォン安で韓国製品が安くなっても,中国製のほうはもっと安い人件費で生産するのだから勝ち目はない。輸出拡大にもそろそろ限界が見えてきた。

もはや、韓国は半導体を守るぐらいしかない。新分野に対する研究や投資がまったく見えてこないからな。このまま中国に後れを取ることになれば輸出拡大よりも、輸出縮小だろう。世界のパイは決まっているのだ。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~300回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

日韓請求協定の破棄を意味する徴用工問題のまとめ

韓国経済、【まだ始まったばかり】通貨安の試練 対ドルで2年5カ月ぶり安値

【ソウル=鈴木壮太郎】韓国ウォンが対ドルで2年5カ月ぶりの安値水準に落ち込んでいる。米中貿易戦争が激化し、中国への貿易依存度が高い韓国経済が影響を受けるとの見方が広がっているためだ。貿易立国の韓国にとって輸出を促すウォン安は景気にプラスとされてきたが、海外生産の拡大など産業構造の変容で通貨安の恩恵は薄れ、むしろ重荷になりつつある。 

韓国ウォンは5月31日、1ドル=1190.9ウォン(約110円)で、年初から約6%下落した。2017年1月以来、2年5カ月ぶりの安値水準に落ち込んでいる。 

昨夏以来、1ドル=1120~1130ウォンで安定していたウォンが急落しはじめたのは4月下旬から。同月25日発表の2019年1~3月期の国内総生産(GDP、速報値)が5四半期ぶりのマイナスに転落。景気の冷え込み懸念が強まった。 

5月に入ってからは米中貿易戦争の激化が経済の先行きへの不安感をさらに強めた。韓国にとって中国は輸出全体の27%を占める最大の貿易相手国だ。国際通貨基金(IMF)によると、韓国のスマートフォン部品の輸出額の8割は中国向けで、16年は244億ドル(約2兆6千億円)に達した。貿易戦争の悪影響はSKハイニックスなど韓国の部品産業に及ぶと懸念されている。 

こうしたなかで加速する外資マネーの逃避もウォン安に拍車をかけている。外国人投資家がウォン安がさらに進む前に韓国株を売り、手にしたウォンをドルに両替するウォン安の悪循環がやむ兆しはまだ出ていない。外国人投資家の5月の売越額は3兆ウォンを超えた。 

韓国経済は輸出が名目GDPの4割強を占め、ウォン安は景気に追い風とされてきた。だが、韓国経済研究院が売上高上位1千社の大企業を対象に実施した調査では、3社に1社が対ドルでウォンが想定より10%安くなっても「営業利益に影響がない」と答えた。各社が見込む営業利益率の押し上げ効果は平均0.5ポイント、輸出拡大効果は平均1ポイントとわずかにとどまった。 

同研究院は「韓国の産業構造はグローバル化の進展で企業のサプライチェーンが複雑化し、決済通貨も多様化した」と指摘。「対ドルでのウォン安が直ちに輸出増にはつながらなくなっている」と分析する。 

韓国内の人件費高騰で製造業の生産の海外シフトも進んだことに加え、韓国製品の付加価値が高まったことも背景にある。米調査会社IDCによると、サムスン電子のスマートフォンの18年の旗艦機種の平均価格は871ドルと、米アップルを上回った。韓国銀行の李柱烈(イ・ジュヨル)総裁は「昔は安価な製品が多く価格競争力が重要だったが、いまは高級品が中心になったので為替による輸出増大効果は大きくない」と語る。 

逆に強まっているのはウォン安の弊害を指摘する声だ。韓国経済研究院の調査ではウォン安の影響として「原材料費の負担増加」と挙げた企業が40%と最も多く「輸出の価格競争力拡大」(11%)といった肯定的な評価を上回った。 

ある棒鋼メーカーの幹部はウォン安で半製品のビレット価格が上昇し、収益が悪化すると懸念する。5月第4週の韓国のガソリン平均価格は1リットルあたり1532ウォンと、1月比で13%値上がりした。 

韓国政府は過度なウォン安を警戒する。17日に1ドル=1195.7ウォンまでウォン安が進んだことを受け、洪楠基(ホン・ナムギ)経済副首相兼企画財政相は20日「金融市場の過度な動きで変動性が拡大する場合、適切な措置を通じて市場安定を維持する」と口先介入した。市場関係者の多くは1200ウォンが当局の防衛線とみている。 

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO45590160S9A600C1FF1000/

〔親に売られ子に搾取される〕「和解・癒やし財団はハルモニ達に傷と分裂もたらした」ハルモニ達に振込まれた金がすぐ家族の口座に移される事例が多い

〔親に売られ子に搾取される〕「和解・癒やし財団はハルモニ達に傷と分裂もたらした」ハルモニ達に振込まれた金がすぐ家族の口座に移される事例が多い

記事要約:日韓慰安婦合意から1年。新たな慰安婦像は強制設置から4時間後に撤去されたようだがそれでもその行為に韓国人は反発しているようだ。まあ、それは韓国内の問題なのでどうでもいい。

韓国政府のやることはソウル大使館前の慰安婦像の撤去であり、それを今回のようにさっさと排除すればいいじゃないか。なぜやらないのか。しかし、元慰安婦の利用される現実はあまりにも酷い。

親に売られて子に搾取されるとタイトルに書いたが、今回の10億円で1人1千万もらえたお金は元慰安婦の口座に振り込まれたが、すぐ家族の口座に移される事例が多いそうだ。そうだろうな。これが韓国人だよな。年寄りに大金を持たせていけないといいながら、すでに豪遊しているんだろうな。だって韓国人の家族だもの。屑の連中しかいない。

慰安婦詐欺で日本から金までせしめても、結局、自分らは財団や家族に利用されたに過ぎない。日本を批判するのは自由だし、韓国が日韓慰安婦合意を破棄を主張するのは自由だ。だが、日本は最終的、不可逆的に解決したことに取り合うつもりは毛頭ない。

元慰安婦が結局、親に売春婦として売られたあげく、家族には搾取される人生だったのに同情もしない。韓国人なんてそんなものだ。そりゃ、親が詐欺師なのだから子がろくな人間に育つはずないだろう。カエルの子はカエルというじゃないか。たまには違うかもしれないが親の行動を見て子は育つのだ。

親に売られた過去を子が知ったのなら、子が親を搾取するのもまた自然の摂理なのだろう。韓国人は個人主義だからな。親に使えない大金を得られたのだから当然、管理と良いながら全て奪う。死んだら自分たちの財産になるわけだから、速いか、遅いかだからな。現実というのを噛みしめなきゃいけない。1000万円を元慰安婦が使えるんじゃない。それも結局、誰かに取られるのだ。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~198回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする

〔親に売られ子に搾取される〕「和解・癒やし財団はハルモニ達に傷と分裂もたらした」ハルモニ達に振込まれた金がすぐ家族の口座に移される事例が多い

「韓国政府が、元慰安婦の方々の支援を目的とした財団を設立し、これに日本政府の予算で資金を一括で拠出し(中略)規模としてはおおむね10億円程度となる」

昨年12月28日、ユン・ビョンセ外交部長官と共同記者会見を開いた岸田文雄・外相はこのように述べた。韓日政府が「財団」と「10億円」を慰安婦問題を解決する“鍵”として公表した瞬間だ。

当事者の日本軍「慰安婦」被害者のハルモニ(おばあさん)たちをはじめとする市民社会の反発にもかかわらず、朴槿恵(パク・クネ)政権は7月28日、10億円で被害者を支援するとして「和解・癒やし財団」(理事長キム・テヒョン)を発足させた。

財団がこれまで行わってきた唯一の事業は「個別の被害者支援」だけだ。

12・28合意当時、生存していた被害者ハルモニ46人には1億ウォン(約970万円)ずつ、死亡した被害者遺族などには2千万ウォン(約195万円)ずつ現金で支給する事業である。

財団は23日まで受け取る意思を明らかにした34人の生存被害者のうち、29人に1億ウォンずつの支給を終え、追加で2人にも年内に支給を完了する計画だと明らかにした。

財団は、来年からは12・28合意前に死亡した被害者(199人)遺族の申請を受けて支援する計画だ。しかし、女性家族部の関係者は27日、「追悼事業と名誉回復など、象徴的事業と関連してはまだ何も決まっていない」と話した。

財団については、発足前からこれまで“正当性めぐる議論”が絶えなかった。

財団が現金支援を開始した10月14日、「慰安婦」被害者ハルモニのキム・ボクドンさんは記者会見を開き、「癒し金をもらって私たちを売り渡した」として反発した。

これに先立ち8月には、キムさんとカン・イルチュルさんなど被害者12人が韓国政府に対し各1億ウォンの損害賠償訴訟を起こした。「被害者の名誉と尊厳の回復や心の傷の治癒に向けた履行措置」という彼女たちの主張は、政府や財団が自慢していた「ハルモニたちの支持」とは、あまりにもかけ離れている。

韓国挺身隊問題対策協議会は23日「カネで被害者を愚弄している詐欺劇」だと批判した。

議論の中心には、当財団が日本政府から受けた10億円が「法的賠償金ではない」という日本政府の確固たる方針がある。

キム・テヒョン財団理事長は9月の外交部国政監査に証人として出席し、「賠償金的な性格を帯びている癒やし金」だと発言し、ひんしゅくを買った。また、財団の現金支援がハルモニたちに実質的な支援になれないという指摘もある。

10人の被害者が居住する「ナヌムの家」のアン・シングォン所長は、ハルモニたちに振り込まれたお金がすぐに家族の口座に移される事例が多いと話した。

「韓日の日本軍『慰安婦』合意の無効化と正しい解決のための全国行動」は27日、国会で記者会見を開き、「和解・癒やし財団の解体」を促した。

2016.12.28 06:33

(http://japan.hani.co.kr/arti/politics/26076.html)



韓国経済、またぶり返された「2002日韓W杯」韓国戦誤審疑惑 FIFAビデオ判定導入でスペインクローズアップ

韓国経済、またぶり返された「2002日韓W杯」韓国戦誤審疑惑 FIFAビデオ判定導入でスペインクローズアップ

記事要約:2002日韓W杯。この世紀の誤審こそ、日本のマスコミが韓国のふざけた行為を報道しない事実を日本中に知らしめた重要な出来事であったと管理人は認識している。

管理人が報道しない自由を振りかざし、偏向報道しまくりのメディアに対して疑問を持ち始めたのは神の国発言をした森総理がゴルフ事件において執拗に自民党政権の叩きのおかしさ辺りからだが、あれからもう十数年が経過している。

だいたい、なんで神の国と発言したぐらいで森総理は叩かれたのか。今、なんて日本死ねが流行語大賞に選ばれるぐらい左翼の日本叩きが酷いのにな。でも、かなり余裕がないのだろうな。インターネットの登場で確実な情報操作も難しくなっているからな。だからこそ、管理人は傍観者を辞めてこうして毎回、サイトで韓国経済を見ながら情報を集めているわけだが。

しかし、日韓ワールドカップのあの不正が完全に暴露されたわけではない。日韓ワールドカップが突然決まった理由。不正だらけの韓国がベスト8まで残ったことなど、どう考えても色々おかしい。そりゃそうだ。スペインが韓国に負けるなんて100年経ってもあり得ないからな。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~198回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする

韓国経済、またぶり返された「2002日韓W杯」韓国戦誤審疑惑 FIFAビデオ判定導入でスペインクローズアップ

レアル・マドリード(スペイン)の優勝で幕を閉じたクラブW杯は、Jリーグ鹿島がアジア勢で初めて決勝に進出、レアル相手に試合中盤に1点勝ち越すという大健闘をみせた。

・世界に波紋

これには何かにつけ日本サッカーに厳しい韓国メディアも総じて快挙を称賛。ただ、アジア王者として参加した全北現代(韓国)が初戦クラブ・アメリカ(メキシコ)に負けた悔しさもあってか、一部スポーツ紙など「鹿島は“開催国枠”での参加だけに、大陸王者で争うクラブW杯のテーマがぼやけた」などとイヤミも忘れなかったが。

もっとも、世界的にみると今大会の鹿島が注目されたのは、FIFA(国際サッカー連盟)が主催大会で初めて導入したビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR、ビデオ判定)で得た「恩恵」についてだった。14日の準決勝ナシオナル・メデジン(コロンビア)戦の前半28分、DF西がペナルティエリア内で倒され、ビデオ判定の結果ナシオナルの選手が脚を掛けたとしてPKとなった場面は、世界中で大きく報じられた。

レアルの地元スペインのマルカ紙は「審判は間違いを認めた!」、米スポーツ専門局ESPNも「初めてVARが利用された」と速報。PKを食らったナシオナルの地元コロンビアの新聞も「歴史的」と報じた。韓国紙東亜日報(電子版)は「もはや『神の手』は通用しない」というタイトルでビデオ判定を詳報。1986年メキシコW杯での「ディエゴ・マラドーナの『神の手』のような場面は出なくなる」と指摘したうえで「人間の審判が抱える限界の克服を期待できる」という専門家の意見を掲載している。

・あの誤審は…

「神の手ゴール」はサッカーファン以外でも広く世界中で知られるエピソードだから、VAR導入の引き合いに出されるのはわかるが、スペインでは別の「誤審」がクローズアップされている。

2002年日韓W杯準々決勝、韓国-スペイン戦でFWモリエンテスが挙げた2つのゴールが取り消された件だ。

一つはヘディングでゴールを決めたあと韓国ディフェンダーに対するファウルを宣告され、もう一つはこれも頭で決めたあと、センタリングのパスが出されるときすでにゴールラインを割っていたと判定され無効になった。後者の、ライン上にあると思われるボールが蹴られるシーンは当時、何度も何度もVTRで流されたから憶えている人も多いだろう。

この2つのシーン、FIFA公認の「創立100周年記念DVD」の特典映像にある「W杯世界10大誤審」の8位、9位にランクされている。1位が「神の手」だから堂々の誤審なのだろう。ちなみに6位と7位は日韓W杯決勝トーナメント1回戦の韓国-イタリア戦でトッティの退場劇とイタリア得点シーンでのオフサイド判定で、06年のDVD発売時には韓国内でかなり問題視された。

その「古傷」が今回のビデオ判定でぶり返されるハメに。主審がビデオ確認のため試合を数分間中断させたことにファンからの批判が多かったことについて、スペインのラジオ局取材にFIFAの審判委員会責任者が「スペイン代表は日韓W杯のプレーの再判定なら、5分間待たされても問題にしなかっただろう」と回答。これにスペインのサイトでは「もしこれが無かったら、スペインは世界王者になっていただろう」「韓国はイタリア相手にも八百長をした」などと新たな怒りをぶちまけるファンが急増しているとか。

これからもビデオ判定が物議を醸すたび「神の手」と「日韓W杯の韓国」がクローズアップされるのだろうか。

(http://www.sankei.com/west/news/161228/wst1612280010-n1.html)

 

韓国経済、〔韓国金融危機〕韓国で7.6兆円融資焦げ付き懸念=韓銀報告書 家計債務全体の6.4%

韓国経済、〔韓国金融危機〕韓国で7.6兆円融資焦げ付き懸念=韓銀報告書 家計債務全体の6.4%

記事要約:家計債務の爆弾が爆発するときが韓国経済の破綻と管理人は述べているわけだが、それが2020年だと管理人は予測している。その前に韓国経済が米国の利上げでピンチな気もするが、それでも3年は持つだろうという意見を変えるつもりはない。

ただ、1300兆ウォンという家計債務が金融危機を招いているという現実の飛び火がどこに向かうか。何しろ、朴槿恵大統領が弾劾されてしまった以上は指導者は不在。大胆な経済対策を打ち出すことはできない。大統領が決まり、落ち着くまでの間にどこまで家計債務が増加してしまうのか。

銀行の焦げ付き融資78兆ウォン(7.6兆円)という数字が正しいかはともかく、これがどこに影響するかが読めないということだ。金融危機なのは言うまでもないが、融資が焦げ付くということは、企業が銀行に融資を受ける時は「貸し渋り」が発生する。

たださえゾンビ企業3000社とか膨大な韓国で融資を受けられない企業はそのまま法廷管理の道へ突き進む。会社は清算すれば借金はなくなるが、その融資していた金は全て銀行の不良債権となる。この規模が全く読めないのだ。

>韓銀はまた、米利上げが韓国の債券価格の下落、家計債務の延滞比率上昇を招き、韓国の銀行の財務健全性を損ねる可能性があると警告した。「米利上げ→国内の貸出金利上昇→弱者層の延滞急増→金融機関の損失」というシナリオが現実となれば、経済危機の局面で企業に資金供給を行うべき銀行の機能に問題が生じかねない。

韓国版サブプライムローンだと述べていた現象で今年は借金を一気に増加させたわけだが、それが終わったわけではない。弱者層は徳政令でもやればいいが、そうなると銀行に不良債権が山積みとなって今度は銀行が危機となる。銀行危機は貸し渋りが発生すると述べた。

つまり、この問題は米国の利上げすればするほど深刻化する。それ止めるには利上げそのものがなくなる、もしくは緩やかにならないと難しい。だとすれば、もう、これは「詰んでいる」ということになる。なぜなら、韓国の力だけでは米国の利上げは止められないからだ。では、今回はもう少し先「破綻の序章で想定されるシナリオ」へ進んでみよう。

そもそも家計債務の爆弾は韓国経済破綻をどのように引き起こすのか。ただ韓国の庶民が借金で苦しんで「辛い」という話ではない。辛い状況になるのは言うまでもないが本当の恐怖は借金をどうにかしようした時の銀行へのダメージである。

世の中、全ての経済活動の中心となるのは「銀行」である。リーマン・ショックを思い出してほしい。リーマン・ブラザーズは米国の投資銀行グループだった。当時は文字通り、リーマン・ブラザーズは「世界の中枢」だったのだ。もっとも、韓国の銀行の一部が倒産したところのシステミックリスクは世界的に影響を及ぼすようなことはない。あくまでも死ぬのは韓国だけである。

でも、銀行が死ねば借金で苦しんでいる韓国企業は軒並み、融資を受けられなくなり倒産する。倒産したら銀行はますます不良債権を増加するので韓国政府はなんとか倒産させないように支援をする。つまり、借金は韓国政府がどんどん背負うことになる。これが韓国経済破綻の序盤の動き。

最終的に政府負債が今までの数倍以上は増加して、もうどうしようもなくなったときにウォン安が加速して外債も増える。そして、「韓国」は破綻する。

このようにシンプルに書いたが問題は世の中はもっと複雑だということ。ここに読めない期待値が入ってくる。世界経済の動向。日本との関係。韓国政治の状況、中国の動向などだ。この4つがどうなっているのか。現在ならこうなる。

世界経済の動向←米国の利上げ

日本との関係←日韓通貨スワップ協定(交渉者不在で停止中)

韓国政治の状況←朴槿恵大統領の弾劾案可決

中国の動向←THAAD配備決定による中国の経済報復

2017年でもここまで読めない期待値が入ってくるのだ。

だから、詰みな状況に変化はないが、4つの期待値がどのように変動するかまで読める人間は一人もいない。2016年はじめなら、米国の利上げ、日韓通貨スワップ協定までの二つは予想できたかもしれないが、中国と韓国政治の状況なんてまさに想定外だろう。管理人も中国寄りで行くものだとずっと思っていたものな。朴槿恵大統領だって任期までやると考えてたしな。

でも、管理人は一度リセットしたほうが良いと思うのだ。2008年でリセットしておけばここまで酷くはならなかった。下手な延命は長期的に不幸をもたらす結果となる。2008年の破綻を米韓通貨スワップ協定300億ドルで回避して延命。だが、12年経過した後の破綻によって規模が大きくなった韓国経済はそのまま韓国民をさらなる灼熱地獄へと落とす。だから、もう、とどめと刺してやることが、せめてもの「慈悲」なのだ。

ここで助けるなんてことをすれば、さらに爆弾が膨れあがる。だから、日本は韓国は慈悲の心で放置するのが日本と韓国にとってWin-Winの関係ということになる。

読者様は管理人が韓国憎しで「韓国とは関わるな」と述べていると思っているかもしれないが、実は正反対だ。助ければ助けるほど韓国は破滅へと突き進む。助けない、関わらないことこそ、「真の日韓友好」なのだ。そこをはき違えてもらうと困る。何度も述べているが笑韓という立場なのにかわりはない。その後のことは「IMF行き」になってから考えればいいんじゃないか。

だから、このサイトは嫌韓サイトではない。管理人はいつも韓国の国益を考えている。だが、それよりも優先するのは自国の国益ということだ。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~198回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする

韓国経済、〔韓国金融危機〕韓国で7.6兆円融資焦げ付き懸念=韓銀報告書 家計債務全体の6.4%

米国の利上げを受け、韓国の市中金利が上昇するほか、金利上昇で借金返済ができなくなるリスクがある融資が78兆6000億ウォン(約7兆6500億円)に達することが韓国銀行(中央銀行)の分析で判明した。家計債務全体の6.4%に相当する規模だ。

韓銀が27日、国会に提出した12月の金融安定報告書によると、返済が滞るリスクがあるのは、3カ所以上の金融機関から融資を受けている多重債務者で、なおかつ低信用者、低所得者(所得下位30%)である場合だ。このグループは金利上昇で利払い負担が増すと真っ先に影響を受ける「金融弱者層」と言える。

韓銀が金融弱者層の債務規模を公表したのは今回が初めてだ。韓銀関係者は「金利が上昇する状況に備え、金利変動に敏感な金融弱者層の債務者の特性をあらかじめ把握しておく必要があった」と説明した。

特に低信用者は借金の約74%を銀行より金利がはるかに高い貯蓄銀行、貸金業者などから借り入れており、金利変動に非常に弱い。

韓銀はまた、米利上げが韓国の債券価格の下落、家計債務の延滞比率上昇を招き、韓国の銀行の財務健全性を損ねる可能性があると警告した。「米利上げ→国内の貸出金利上昇→弱者層の延滞急増→金融機関の損失」というシナリオが現実となれば、経済危機の局面で企業に資金供給を行うべき銀行の機能に問題が生じかねない。

琴元燮(クム・ウォンソプ)記者
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版

(http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/12/28/2016122800605.html)

韓国経済、サムスンGalaxy Note 7、「2016年度最悪の機器」に選出される

韓国経済、サムスンGalaxy Note 7、「2016年度最悪の機器」に選出される

記事要約:2016年度最悪の危機にサムスン電子のギャラクシーノート7が選出されたようだ。というより、誰もが納得できるな。そりゃそうだ。発売して数ヶ月で生産中止になったスマホなんて前代未聞だからな。しかも、爆発機能も付いていたしな。

しかも、今はアップデートするとただの文鎮になりはててしまったからな。ただ、機器なのか、爆弾なのかは意見が分かれるところではあるな。あれより酷いスマホはまず出てこないだろうし、21世紀でのスマホで殿堂入りじゃないか。

でも、ギャラクシーS8が超えてくる可能性もあるか。未だに原因特定出来てないのが凄いよな。もう、事故から何ヶ月経過したと思っているのか。

そういえば日経トレンドが2016年にギャラクシーブームがくるて予想していたが、管理人はまったく信じてなかった。だが、本当にギャラクシーブームが来たので、2017年のトレンド予想も楽しみにしているぞ。きっとまた当ててくれるに違いない。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~198回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする

韓国経済、サムスンGalaxy Note 7、「2016年度最悪の機器」に選出される

テック系情報サイト「Engadget」が2016年度最悪の機器を名指した。

2016年で最も失望したものの1つには、スマートフォンが自然発火するとの訴えが非常に多かったサムスンのGalaxy Note 7が挙げられた。また、ハイテク愛好家を失望させたのは、ソニーのフラッグシップ機「Xperia X Performance」。

主な理由となったのは、700ドルというその価格。また、タグホイヤーのアンドロイドウェア対応腕時計 「Connected」もまた、1500ドルという価格から、需要がなかった。

他にもランキングには、タッチセンサー式のキーボード搭載のノートブック、レノボYoga Bookやタッチパネル搭載の無線スマートヘッドフォン「Vinci 」、 iPhone 7用のイヤホン変換アダプタが入っている。

また、ドローンの「GoPro Karma」でさえ、販売から16日で製造が中止されたことでみんなを失望させた。

(https://jp.sputniknews.com/life/201612283187421/)

〔日本の防衛〕〔バトル開始!〕韓国団体 釜山・日本総領事館前に少女像設置=警察とにらみ合い

〔日本の防衛〕〔バトル開始!〕韓国団体 釜山・日本総領事館前に少女像設置=警察とにらみ合い

記事要約:韓国の市民団体が第二の慰安婦像設置を強行したことで、警察とにらみ合いになっているそうだ。むう、これはどっちを応援すればいいんだろう。どっちに転んでも面白い展開だな。しかし、わかっていたのに不意打ちされるとか間抜けだな。ただ、釜山市は許可していないとのこと。

違法設置なのでフォークリフトで撤去されると見通しと記事にある。ただ、市民団体が座り込みで慰安婦像を守ろうとしているようなのでこれは我慢比べになりそうだな。年末にご苦労なことだ。

でも、これで日韓慰安婦合意は破られた。日本政府はどうするつもりなのか。しばらくは様子見だろうが、年明けも楽しませてくれそうで何よりだ。

しかし、1年も良く持ったほうだったな。まあ、こうなることは予想済みだった。日本はさっさと経済制裁でも準備するべきだろう。日韓通貨スワップ協定の交渉は打ち切りぐらい言うべきだな。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~198回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする

〔日本の防衛〕〔バトル開始!〕韓国団体 釜山・日本総領事館前に少女像設置=警察とにらみ合い

【釜山聯合ニュース】 韓国南東部・釜山の市民団体が28日、旧日本軍の慰安婦被害者を象徴する少女像を在釜山日本総領事館前に奇襲的に設置し、警察とにらみ合っている。

この団体は、慰安婦問題をめぐる昨年末の日本との合意に反対する「未来世代が建てる平和の少女像推進委員会」。前もって準備した少女像をフォークリフトで運び、総領事館前の歩道に仮設置した。

この日は慰安婦合意からちょうど1年。出動した警察が像を撤去しようとすると、団体関係者らは座り込みで対抗。警察はフォークリフトで像を撤去する方針で、衝突が懸念される。

団体側は31日午後、総領事館前で像の除幕式を開く予定だった。

2016/12/28 14:13

(http://japanese.yonhapnews.co.kr/Locality/2016/12/28/3000000000AJP20161228001700882.HTML)

 

韓国経済、韓国企業、モビルスーツ型ロボットを開発・商用化へ=「人工知能と融合したら、どうなってしまう?」

韓国経済、韓国企業、モビルスーツ型ロボットを開発・商用化へ=「人工知能と融合したら、どうなってしまう?」

記事要約:韓国企業がモビルスーツ型ロボットを開発・商用化するそうだ。まあ、出来てもいないロボットがどうなるかを語るのは難しいのだが、しかし、この手の開発は結構難しいんだよな。

高さ4メートル、重量1.6トンの2足歩行ロボットか。しかも、リモートコントロール可能で人が直接乗り込んで操縦できると。しかし、これ動力なんだろうな。

4mの巨大ロボを動かすだけの動力。ガスタービン、またはディーゼルエンジン。これぐらいだろうか。しかし、ディーゼルエンジンだと動力機関が二足歩行で支えるの難しいよな。モーターを付けるとしたら腰か背中になるだろうから、上手く稼働するんだろうか。耐久性も悪そうだよな。

二足歩行が開発されないのは脚で重心を支えるのが難しいからという理由があるのに韓国はわざわざ困難ことに挑戦しているわけだ。実用化するなら脚をキャタピラか、4足ぐらいにしないと安定性はないだろうな。

重量1.6トンは結構あるからな。一度転けたら起き上がれないとか期待できそうだな。いや、そもそも50cmの段差するクリアできないかもしれない。

4mの足を動かしてそれで50cmの高さまであげて移動する。思ったより難しそうだな。まあ、開発するのは自由だからな。だが、いくらロマンがあっても現実的な作業や災害の救助現場ではがれきやら何やらがそこら中に落ちている。

それを踏み越えて歩くのはかなり至難だぞ。人間でさ大変なのに4mのロボットで出来るとは思えないな。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~198回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする

韓国経済、韓国企業、モビルスーツ型ロボットを開発・商用化へ=「人工知能と融合したら、どうなってしまう?」

2016年12月26日、韓国のテレビ局KBSによると、SF映画に登場するような高さ4メートルの2足歩行ロボットが韓国で開発・商用化される。

京畿道軍浦のロボット開発企業で、重量1.6トン、高さ4メートルにもなる巨大ロボットの開発が進められている。リモートコントロールも可能だが人が直接乗り込んで操縦することもできる。

このロボットは、人間と機械が情報をやり取りするための手段であるHMI(Human Machine Interface)と呼ばれる技術を用いて操縦者の動きを忠実に再現する。上体重量のみで700キロあり、両腕はもちろん指も自由に動く。

ロボットの形状はSF映画「トランスフォーマー」のロボットをデザインしたアメリカ人デザイナーが担当したが、内部設計や制御など、ほとんどの部分に韓国国内技術が用いられた。「既存ロボットとは異なった形態のロボット製作」との趣旨で、試作開発を2年間続けている。

ロボット開発企業(韓国未来技術)のイム・ヒョングク代表は「パワーに関する部分を補強した後、おそらく公開することになる。そして、このロボットを公開できるのは来年の下半期と考えている」と述べた。

KBSは「このロボットが実用化されれば、人が近づけない各種災害現場に投入し、救助作業などに活用することができる」と伝えた。

この報道に、韓国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられている。

「愚かな韓国政府はこれがどれだけ偉大な業績か理解できないだろうから投資もしないだろな」
「救助作業より、展示物って感じかも?」
「すごいぞ、これ。YouTubeで、method-1で検索してみてくれ」

「映画のアバターみたいに重い武器を持って戦えそう」
「ロボットへの恐怖感もあるが、期待感の方が大きい」
「こんな巨大ロボットと人工知能が融合したら、どうなってしまうんだ?」

(http://www.excite.co.jp/News/chn_soc/20161228/Recordchina_20161228005.html)

必読!慰安婦交渉妥結1年 最大の問題は「お金を渡したのでやるべきことはやった」という日本の態度 誠意ある態度を見せるべき

必読!慰安婦交渉妥結1年 最大の問題は「お金を渡したのでやるべきことはやった」という日本の態度 誠意ある態度を見せるべき

記事要約;日韓慰安婦合意から今日で1年が経過した。そして、今回の記事は必読とさせていただく。正直、内容はタイトルだけでいい。

中央日報さんは最大の問題は「お金を渡したのでやるべきことはやった」という日本の態度 誠意ある態度を見せるべきという。はあ?この新聞社、日本人舐めてるだろ。今の状況はこうなっている。

■誰でもわかる日韓慰安婦合意の現状(永久保存版)

日本←10億円を支払い忠実に履行

韓国←慰安婦像の撤去をしていない。10億円だけ受け取る。しかも、新しい慰安婦像を大使館前に建てようと計画中

普通に見たら韓国だけが日韓慰安婦合意で何の努力もしていないことが丸わかりなんだが、これを見て中央日報さんは「誠意ある態度を見せるべき」らしい。意味がわからない。誰が見ても「日本側」が言うべき台詞じゃないか。

思いっきり、ブーメランだぞ。むしろ、日本人全員が「日韓慰安婦合意」から1年経過しているのにどうして慰安婦像を撤去してないんだと突っ込むべきだろう。この記者、自分で書いてて「韓国」だけが日韓慰安婦合意を1つも守れてないのを自覚できてないのか。

むしろ、韓国メディアは日韓慰安婦合意についてどうしてその正反対の意見を書けるんだ。頭おかしいんじゃないか。書くのは自由だが日本人の一人として大いに反論させていただく。舐めてるのかと。

誰が見ても韓国が10億円だけ受け取って合意を履行していないばかりか、難癖付けているとしか思えないが。そもそも合意の内容に「誠意ある態度」なんて含まれていない。

最終的、不可逆的に解決としたという文言を入れているので、今更、述べても仕方がないが、そこに書いておくべきだったんじゃないか。そんなことは外務大臣の共同記者会見でも聞いてないからな。

このまま日本人から日韓慰安婦合意で10億円のみ、韓国人はネコババしたと言われ続けるわけだ。約束も守れない韓国人と交渉するだけ無駄だとは1年前に述べたはずだが。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~198回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする

必読!慰安婦交渉妥結1年 最大の問題は「お金を渡したのでやるべきことはやった」という日本の態度 誠意ある態度を見せるべき

今日は韓国と日本の慰安婦問題交渉妥結から1年になる日だ。1年8カ月間の交渉過程と後続措置を現場で見守った立場で、妥結1周年を迎える心情は複雑だ。

12・28合意は、慰安婦問題の解決を首脳会談の前提に掲げた朴槿恵(パク・クネ)大統領の固執で3年近く冷え込んでいた両国関係が解氷期を迎える契機だった。今年11月を基準に前年同月比で日本を訪問した韓国人は18.6%、韓国を訪問した日本人は29.5%増えた。韓日通貨スワップ議論再開決定(8月)にも合意がプラスの影響を及ぼした。

和解・癒やし財団は日本が拠出した10億円で慰安婦生存被害者29人に1億ウォン(約1000万円)ずつ支給した。年内に2人が追加で支給を受ける。被害者46人のうち1億ウォンを受領するという意思を表したのは34人だった。日本政府が「責任痛感」を前提に出した予算で支援が行われるという点で意味が大きい。

しかし葛藤は相変わらずだ。最も大きな問題は「お金を渡したのでやるべきことはすべてやった」というような日本の態度だ。財団は当初、被害者に1億ウォンとともに日本側の謝罪メッセージを伝える案を議論した。

しかし安倍首相が「毛頭考えていない」(10月)と述べ、なかったことになった。誠意ある反省とは距離がある態度だった。12・28合意に対する韓国国内の世論が悪化したのは当然のことだ。

大統領候補級の政治家が合意無効に言及するのもよくない。12・28合意に法的拘束力はないが、両国の外相が全世界に約束した事案だ。適法手続きに基づく補完はあっても無条件に破棄を主張するのは国の信頼を落とす。

「未来の世代が建てる平和の少女像推進委・サポーターズ」が釜山の日本総領事館前に少女像の設置を推進するのも大きな峠となる。総領事館はもちろん日本官房長官までが反対の意思を明らかにした。管轄地方自治体の釜山東区庁は道路占用許可対象物でないという理由で建立を許可していない。にもかかわらず推進委は31日に除幕式をする計画だ。外交部は「地方自治体が判断する事案」という立場ばかり繰り返す。

正答を見つけるのは難しい問題だ。政府は被害女性が「もういい」という時まで疎通、説明する努力をする方法しかない。日本も被害者の傷を癒やす誠意ある態度を見せるべきだ。安倍首相は真珠湾を訪問し、戦争犠牲者を追悼している。歴史を直視する態度を慰安婦被害者にも見せてこそ、まともな指導者という評価を受けられるだろう。

ユ・ジヘ政治部記者

(http://japanese.joins.com/article/015/224015.html?servcode=100&)