「ブランド」タグアーカイブ

韓国経済、韓国のブランドを表すキーワードは?「良い国」「幸せな国」「希望」「情熱」「幸福」「韓流」「先進国」

韓国経済、韓国のブランドを表すキーワードは?「良い国」「幸せな国」「希望」「情熱」「幸福」「韓流」「先進国」

記事要約:韓国のブランドを現すキーワードが次の6つだそうだ。「良い国」「幸せな国」「希望」「情熱」「幸福」「韓流」「先進国」 。全部、「嘘」じゃないか。管理人はこれ見て相変わらず、ないものをブランドにしているなと思った。

良い国→韓国人が逃げ出すような国が良い国なのか。しかも、北挑戦とは休戦状態である。

幸せな国→良い国と重なるが、レイプ、放火、偽証といった犯罪率が非常に高い国。特に女性への差別、黒人差別などは酷い有様。これが幸せな国なのか?

希望→韓国人に希望なんてものない。あるのは「絶望」である。なぜなら、韓国人に生まれただけで火病を発症するという遺伝子を持ってしまうからだ。火病を起こした韓国人は世界中からも嫌われている。

情熱→韓国人に情熱などない。勝てば官軍の世界である。だから、スポーツで審判買収、八百長、相手チームの妨害などが当たり前。情熱より勝つことしか考えない。

韓流→韓流とは韓国政府が無理矢理、金を出して裏でステマするコンテンツの敬称である。あたかも流行ってるようにステマ記事を書くが、実際は文化の押しつけで世界中から嫌われる現実。

先進国→韓国は先進国に一度もなったことはない。世界が認めていないのに先進国のブランドって何なんだ?いつまでも途上国である。しかも、ある程度の発展が出来たのは隣に日本がいるからである。出来ることなら国ごとに移動したいと思っているのは管理人だけではないはず。

まさに美辞麗句。しかし、言葉だけ並べても世界中がその本性に気づいているんだな。哀れすぎるぞ。以上。嘘で塗り固めたブランドイメージの羅列だった。

2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

続きを読む 韓国経済、韓国のブランドを表すキーワードは?「良い国」「幸せな国」「希望」「情熱」「幸福」「韓流」「先進国」

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

韓国経済、1月の輸入車販売量…人口2.5倍、自動車市場3.3倍の日本を追い抜く

韓国経済、1月の輸入車販売量…人口2.5倍、自動車市場3.3倍の日本を追い抜く

生地要約:韓国の1月の輸入車販売量が日本を追い抜いたようだ。日本と韓国では人口が2.5倍違うわけだが、それを抜いたということは「韓国車が韓国で売れなくなってきている」という結論となる。つまり、FTAの成果によって、韓国に各国が生産している輸入車が続々と入ってきている状態なわけだ。これは放置していても、韓国車は駆逐されそうだな。実にFTAで言われていたことが現実となっているわけだ。

2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

続きを読む 韓国経済、1月の輸入車販売量…人口2.5倍、自動車市場3.3倍の日本を追い抜く

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

韓国経済、サムスン、減収減益に歯止めかからず窮地…スマホ事業、世界でも中韓市場でも減速

韓国経済、サムスン、減収減益に歯止めかからず窮地…スマホ事業、世界でも中韓市場でも減速

記事要約:米アップルの凄いところはiPhoneというスマホを作っただけではなく、それを毎年、モデルチェンジさせるという習慣を世界中に浸透させたことではないかと、管理人は感じている。そして、それには強力なブランドの力が必要となる。

今、日本のスマホは米アップル一人勝ち状態なわけだが、なぜ、日本人はiPhoneをこれほど広く使用するようになったのか。それはブランドの力だ。日本人は高品質、高性能な機能にわりと敏感で、新しいものが出たら、次々と機種変更する人が多い。実際、これは今までの「家電」の常識を覆したといっても過言ではない。

例えば、テレビや冷蔵庫で新しいのがどんどん出ていても、普通は壊れるまで使い続ける人が多いだろう。だが、携帯やスマホに関してはどうだろうか。テレビや冷蔵庫だって、毎日、使うものなのに、なぜ、携帯やスマホだけ、新しいのが出たら欲しくなるのか。それがブランドの力なのだ。アップルが毎年、新しいiPhoneを出すのは既に知れ渡っている。その時期もだいたい、夏から秋ぐらいなので、多くの人々はそれを待っているわけだ。今回の機種はなかなかだ。買い換えよう。いや、もう一年待つ方がいいんじゃないかといった程度差はあれ、壊れて無くても「スマホを買い換える」というのが定着している。だから、一人勝ちが出来るのだ。

アップルはブランド力を維持し、常にシンプルな操作でわかりやすいスマホを作ってきた。一方、それを真似して作ったサムスンのスマホの評価は、所詮は劣化コピーに過ぎないという認識があり、数々のスマホ爆発事件、操作性の問題、サポートの対応などでアップルに大きく差がつけられてしまった。アップルの信者はいても、サムスンの信者はいないのだ。

これがスマホ市場が成熟してときにシェアを変える大きな要因となった。しかも、これから先、アップルがブランド力を維持するなら、勝負は見えている。もっとも、アンドロイドはサムスンだけではないので、Googleがどう動くかはあるのだが。サムスン製なんて怖くて使えないという負のブランドを払拭するには品質を向上させるしかない。

2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

続きを読む 韓国経済、サムスン、減収減益に歯止めかからず窮地…スマホ事業、世界でも中韓市場でも減速

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

韓国経済、アップルとサムスン 「創造者と模倣者」が消費者の認識=中国メディア

韓国経済、アップルとサムスン 「創造者と模倣者」が消費者の認識=中国メディア

記事要約:中国メディアに指摘されるまでもなく,アップルとサムスンの違いなど消費者にはよくわかっている。アップルはイノベーションをおこし、サムスンはそのパクリ製品を発売した。摸倣者ではなくただのパクリであり、それを大量生産して低価格で販売したに過ぎない。

スマホ普及時はそれでも良かったわけだが、スマホがどんどん普及してくると、今度は高付加価値の製品を消費者は求めていく。その結果、創造者というブラントがあるアップルとパクリ製品しかないサムスンでは勝負になるはずもない。さらに安いスマホなら、中国産の買えば良いからだ。

別にこれはアップルとサムスンだけの話ではない。我々はブランドというものを多かれ少なかれ意識している。例えば、ポテトチップス自体はいくつものお菓子メーカーが販売しているが、多くの消費者はカルビーのポテトチップスを選ぶだろう。別に味が劇的に変わるわけでもない。しかし、なぜか選んでしまう。ブランド価値というのは企業にとっては見えにくいものであるが、今ではマーケティング情報においてもっとも重要視されるほどだ。

そして、ブランド価値を高めるには長年の時間がかかるが、その価値を損なうのは大きな不祥事ニュースを出せば一瞬である。それでも大手企業なら客はまだブランド価値を信じてくれるが、名もない中小企業だとそれだけで破産に追い込まれてしまう。

もっとも、ブランドが最初からないサムスンのスマホに消費者が見向きもしないのは所詮は使い捨てのイメージがあるからだろう。もっとも、管理人はずっとiPhoneを使用しているので最初からギャラクシーを選ぶことはまったくなかったわけだが。

少なくとも世界一のスマホシェアのメーカーがパクリ製品しか出さないサムスンというのは納得いかない。アップルでいいというわけではないが、サムスンだけは駄目だ。

2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

続きを読む 韓国経済、アップルとサムスン 「創造者と模倣者」が消費者の認識=中国メディア

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry