「中韓通貨スワップ」タグアーカイブ

韓国経済、韓国、中国に見切りをつける 朴大統領が戦勝70周年記念軍事パレードに参加したのに見返りなし

韓国経済、韓国、中国に見切りをつける 朴大統領が戦勝70周年記念軍事パレードに参加したのに見返りなし

記事要約:朴大統領が戦勝70周年記念軍事パレードに参加したのに見返りなしとあるが、中韓通貨スワップの増額、AIIBの副総裁、中韓FTA協定など、色々してもらったじゃないか。中国企業が韓国産の商品を買ってくれたじゃないか。決行、色々な見返りあったはずだ。そもそも、韓国は見返り求めて同盟国のアメリカを裏切って中国と仲良くしていたのか。間抜け過ぎるな。

自国の利益を優先するのは構わんが、それが最悪の悪手だったことに今さら気づいても遅い。中国に見切りを付けても、もう、韓国は中国から離れることはできない。そんなことすれば、韓国の輸出が死ぬ。

中国は北も南も宗主国なんだから上手くやってほしい。飼い犬に噛まれてるようでは中国覇権なんてまだまだ遠いぞ。しかし、どちらも鬱陶しい行動するのが朝鮮人というところが面白いな。敵だろうが、味方だろうが、邪魔な存在だ。

2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

中国に見切りをつけた韓国

韓国は北朝鮮のロケット発射の数時間後、アメリカのミサイル防衛システムTHAAD(最終段階高高度地域防衛)の国内配備に向けアメリカと正式協議に入る と発表した。これは中国にとって望ましくない展開だった。INYTは発表について、確実に中国を不快にする動きであると語っている。

朝鮮半島にTHAADを配備する可能性があることについて、中国は強く反対しているとWSJの記事は伝えている。中国政府は米韓のより緊密な協力を警戒しており、THAADの導入は中韓関係を損ないかねないと韓国政府に警告しているそうだ。

アメリカが中国の国防を妨げるため、あるいは中国をけん制する手段として使用するシステムだと中国は主張し、配備に強硬に反対している、とINYTは伝える。ロイターによると、THAADのレーダーが自国領内に及ぶ可能性があることに中国は警戒感を持っているらしい。

韓国はこれまで、最大の貿易相手国である中国を怒らせることを懸念して、THAAD配備の可能性を公式に議論することは差し控えていた、とロイターは語 る。

韓国政府はアメリカとの間で協議などはしていないという姿勢を貫いてきた。ブルームバーグは、韓国は何年もの間、THAAD配備の考えをはぐらかし続 けてきた、と語る。その主な理由は、隣国の中国をイライラさせる危険があることだと語る。

しかし韓国の朴槿恵大統領は先月13日、THAAD配備について「わが国の安全保障、国益に基づき検討する」と発言した。WSJによると、先月6日の北朝鮮の核実験後、米韓間でTHAADをめぐる非公式協議が増えていたとのことだ。

1月の核実験以後、韓国では中国に対する失望が高まっているようだ。近年、韓国は、北朝鮮の核の野望を弱めるのを中国が手伝うと期待して、中国とのより緊密な関係を積極的に求めてきたが、1月の核実験以後、その雰囲気が変化した、とINYTは語る。

「朴大統領は中国の戦勝70周年記念軍事パレードのために北京に行ったことで、政治資源を大量に消費したが、見返りとして何も得なかった、あるいはきっぱ りとした拒絶を受け取った」とパシフィックフォーラムCSISのラルフ・コッサ理事長はブルームバーグに語る。

「中国に韓国への『支持』を多少なりと期待することは世間知らずだったが、将来の北朝鮮の挑発に対して中国が客観的に対応するだろうとの期待はあった」と語っている。

だが、中国が自国よりも韓国を重視しだしたことに北朝鮮が不満を感じていて、そのせいで中国は北朝鮮の手綱を失った、とも言われている。中国人民大学の国 際関係学の成曉河(Cheng Xiaohe)教授は、1月の核実験、そして今回のロケット発射は、北朝鮮と韓国の両方と良好な関係を維持するという中国の目標は、極度に難しい綱渡りだ ということを示した、とINYTで語っている。

(田所秀徳)

(http://www.mag2.com/p/news/146881)

日本の底力のメルマガ購読は↓から、今はPCでも携帯でも一つのメルマガでいいようだ。それでは購読の方をお願いする。前回、携帯に登録していただいていた読者様はPCの方に登録していただけるとありがたい。

→日本の底力

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

韓国経済、通貨スワップで中国にすがる韓国の意味不明 日韓は「どうでもいい話」(三橋貴明)

韓国経済、通貨スワップで中国にすがる韓国の意味不明 日韓は「どうでもいい話」(三橋貴明)

記事要約:韓国経済の著書でお馴染みの三橋氏が通貨スワップについて分析しているのだが、まさにタイトル通りで、日本にしては韓国との通貨スワップなどの「どうでのいい話」である。管理人もさんざん述べてきたことであるが、日本が外貨不足に陥ることは最もあり得ない。その理由は円がハードカレンシーという国際的に通用する通貨であるからだ。だが、中国の元がハードカレンシーではない。中国や北朝鮮ぐらいでしか使えない通貨だ。

本文:韓国経済の著書でお馴染みの三橋氏が通貨スワップについて分析しているのだが、まさにタイトル通りで、日本にしては韓国との通貨スワップなど「どうでの いい話」である。管理人もさんざん述べてきたことであるが、日本が外貨不足に陥ることは最もあり得ない。その理由は円がハードカレンシーという国際的に通 用する通貨であるからだ。だが、中国の元がハードカレンシーではない。中国や北朝鮮ぐらいでしか使えない通貨だ。

それで、日韓通貨スワップの30億ドルはなくなったわけだが、逆に中国との通貨スワップが期限が来てもいないのに延長を申しこんだ。だが、ハードカレンシーでもない中国の元では円やドルの代わりにはならない。外資はウォンなどを要求しないので、結局、大事なのはドルである。つまり、中国と通貨スワップを結んだところで、2013年9月以降の外貨不足が補えるかどうかというと、また別の話なのだ。だが、実際に中国との意味のない通貨スワップ協定を延長した。

しかし、実はこれだけでは済まない。なぜなら、この中韓通貨スワップは実質、ほとんど使われてない現状があるからだ。ここからはさらに専門的な話になるが、中韓通貨スワップで使える元の総額はいくらかご存じだろうか。なんと3600億元である。だが、6月25日時点での韓国の7つの都市銀行(国民・新韓・ウリィ・つ・企業・外国為替・農協)の通貨スワップ資金外貨貸し出し残額(20日基準)はわずか700万元(約13億ウォン)に過ぎない。

3600億元の総額があっても、中韓通貨スワップを使って700万元ということはそれは使っているとは言えないし、むしろ、増額しても意味ないレベルだということがおわかりだろう。1億元で多いかもしれないわけだ。このような実態があるので、中韓通貨スワップ協定などは事実上、無意味な話である。

2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

続きを読む 韓国経済、通貨スワップで中国にすがる韓国の意味不明 日韓は「どうでもいい話」(三橋貴明)

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

韓国経済、反日連携で墓穴を掘る中韓 不透明さ増す経済“回復しがたい禍根

韓国は中国に貿易依存している経済なので、中国よりになるのは別に間違ったことではない。それが反日連携であろうが、そんなことは日本には一切関係ない。勝手にやればいいだろう。それで韓国が日本を軽視するようになれば、愚かな日本のマスメディアも少しは考えを改めるだろう。くだらない韓流ドラマなどをお金を貰って宣伝しても、結局は日本人の反韓を買ってしまい、視聴率が年々がた落ちのフジテレビなどが良い例である。

沈みゆく中国経済に縋る韓国経済というのも研究の対象としては十分だろう。もっとも、明らかに属国フラグなので数年後、中国の一部として扱われている可能性も否定出来ない。

2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

続きを読む 韓国経済、反日連携で墓穴を掘る中韓 不透明さ増す経済“回復しがたい禍根

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry