「強制動員被害記録」タグアーカイブ

韓国経済、【慰安婦問題】韓国学者起訴を招いた河野談話 「善意」のはずが韓国内までも縛るとは

韓国経済、【慰安婦問題】韓国学者起訴を招いた河野談話 「善意」のはずが韓国内までも縛るとは

記事要約:管理人は慰安婦問題より、韓国経済を見たいのだが最近、この手のニュースが増えている。ただ、日本の国益ニュースとしては韓国経済より価値があるので、しっかりと取り上げておきたい。

慰安婦問題も日本の土下座外交という「善意」が全てとは言わないが、半分以上が原因であり、韓国にゴールポストを何度も動かされて、また金を請求しようとしているのだから、慰安婦詐欺に付き合う理由などない。ただ、この経緯はニュースになる度に定期的に知ることが重要だ。

>政治が浅薄な知識・見識や幼稚な「善意」で歴史をもてあそぶと、ろくなことにならない-。

この意見には同感だ。日本は歴史を学問と見ているが、ゆすりの種、プロパガンダに利用する国が韓国、中国、北朝鮮である。価値観が異なるのだから、相手が要求することに善意なんてものを持っている時点で外交的失敗である。

2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

韓国経済、【慰安婦問題】韓国学者起訴を招いた河野談話 「善意」のはずが韓国内までも縛るとは

韓国のソウル東部地検が18日、著書の学術書で朝鮮半島での慰安婦強制連行を否定した世宗大の朴裕河教授を、名誉毀損の罪で在宅起訴した問題が波紋を広げている。

日頃は慰安婦問題で産経新聞とは論調が異なる新聞も社説で「歴史研究への介入憂う」(毎日新聞)、「韓国の自由の危機だ」(朝日新聞)などと懸念を表明した。

こと慰安婦問題をめぐっては、自由な学術的研究や発表も許されないという韓国の現状は異様である。まさに「歴史研究を妨げる不当な起訴」(産経新聞「主張」)というほかない。

起訴根拠に

ただ、同時に日本人として恥ずかしく申し訳ない思いもした。検察当局は朴氏の著書の記述を「虚偽」と断じ、慰安婦について日本国と日本軍によって強制動員された「性奴隷」と変わらない被害者と認定したが、その根拠とした「客観的資料」の一つに、平成5年の「河野洋平官房長官談話」が含まれていたからだ。

つまり、物的証拠も日本側証言もないまま慰安婦募集の強制性を認めた河野談話が、結果として検察当局が一研究者を罪に陥れるための道具・材料として利用されたのである。

何らかの形での「強制認定」を求める韓国側の要求に対し、当時の宮沢喜一内閣が安易に迎合して曖昧な河野談話を作った揚げ句、どうなったか。日本が内外でおとしめられただけでなく、韓国人の研究者の学問や表現の自由まで縛る結果を生んでしまった。

今回の朴氏の在宅起訴により、韓国の他の研究者の歴史研究や、ジャーナリストらの事実発掘や発表が封じられかねない。河野談話は、事実関係に基づく日韓の相互理解を遠ざけ、話し合いの余地を狭めた。

政治が浅薄な知識・見識や幼稚な「善意」で歴史をもてあそぶと、ろくなことにならない-。

そんな憂慮を抱えていたら、今度は22日になって、河野談話が強制性認定に踏み込むきっかけとなった韓国の金泳三元大統領の訃報が飛び込んできた。金氏は就任間もない1993(平成5)年3月、慰安婦問題でこう表明した。

「物質的な補償を日本側に要求しない。真相究明が重要であり、被害者に対しては韓国政府が補償する」

これを好意的に受けとめた宮沢内閣は、それならば日韓請求権協定に抵触する補償問題には発展しないと考えて強制性認定へと前のめりになった。

主張うのみ

産経新聞が入手した当時の政府文書によると、韓国外務省幹部は同月、日本側にこう説明していた。

「過去史に関連する問題が提起されるたびに日本側に何らかの補償を求める姿勢は慎むべし、との趣旨が中心の(金氏の)発言で、勇気ある発言だった」

「より悪いのは日本政府であると主張し、日本側に補償的な措置を要求して国民の非難をかわそうとするのが韓国政府の役割なのではなく、自分で解決していくのが責務である、と述べる趣旨である」

こうした韓国側の主張をうのみにし、韓国側と文言の一字一句に至るまですり合わせをして「合作」で河野談話を作ったものの、慰安婦問題はいまだに解決も妥結もしていない。金氏の「勇気ある発言」も元のもくあみとなり、韓国政府は「誠意ある行動」を飽くことなく求め続けている。

言論の自由も怪しく、国家元首の発言も簡単に覆る国と、どう交渉を進めるのか。外交当局にちょっぴり同情したくなった。

(http://www.sankei.com/premium/news/151126/prm1511260004-n1.html)

日本の底力」メルマガ購読は↓から、今はPCでも携帯でも一つのメルマガでいいようだ。それでは購読の方をお願いする。前回、携帯に登録していただいていた読者様はPCの方に登録していただけるとありがたい。

→日本の底力

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

韓国経済、世界記録遺産:韓国文化財庁、強制動員被害記録を申請から除外

韓国経済、世界記録遺産:韓国文化財庁、強制動員被害記録を申請から除外

記事要約:韓国の強制動員損害とか、いつもの難癖を付けてくる問題で、韓国文化財庁は、「強制動員被害記録」を申請から除外したそうだ。その理由は次の通り。

>文化財庁関係者は「日帝による強制動員被害記録は被害者の口述が主体となっており、このまま申請しても登録は難しいとの意見が多かった。もっと資料を補完し、客観化する必要があるとの結論に至った」と述べた。

つまり、慰安婦と同じで証拠がないと。そりゃ、軍艦島という名前に反応して強制動員があったとか言い出すぐらいだからな。こういった嫌がらせを韓国は続けているわけだが、仮に客観的な資料などが存在するなら最初からそれを使うはずだろう。

>同関係者は「今年中国が申請した日本軍の従軍慰安婦関連の資料が脱落したことも影響した。中国など他の被害国と連帯し、共同登録を推進することも検討すべきだ」と話した。

中国と連携するって、中国の慰安婦も20万人いたとか大嘘のやつか。今まで全く出てこなかったことが、なぜか誰も覚えてない時期にわいて出てくる。色々な証拠を作るのに忙しいようだ。しかし、ユネスコの世界遺産・記録遺産を政治的なプロバガンダに使うなと日本は述べているのに彼らは止めないようだ。

2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

韓国経済、世界記録遺産:韓国文化財庁、強制動員被害記録を申請から除外

日本はユネスコへの支援は全てなくすほうがいいんじゃないか。もはや、東亜の連中によって記録そのものが捏造されるだけだ。

韓国政府がユネスコ(国連教育科学文化機関)の世界記録遺産への登録を目指してきた日帝(日本帝国主義)時代の強制動員被害記録がユネスコどころか 韓国文化財庁の審査で脱落した。文化財庁は25日に開いた文化財委員会世界遺産分科委員会で2017年のユネスコ世界記録遺産登録を申請する記録物とし て、「朝鮮王室御宝および御冊」と「国債報償運動記録物」を選び、強制動員被害記録の脱落が決まった。

■脱落の原因

当初登録候補は13件あった。文化財庁が今年7月20日から8月末まで国民から公募した記録物だった。首相直属の「対日抗争期強制動員記録調査および国外強制動員被害者支援委員会(記録調査委)」が提出した強制動員被害記録もそれに含まれていた。

分科委での決定に先立ち、文化財庁が運営する世界記録遺産韓国委員会が13件を審査した結果、うち2件のみが推薦され、強制動員記録を含む残る候補は脱落した。

文化財庁関係者は「日帝による強制動員被害記録は被害者の口述が主体となっており、このまま申請しても登録は難しいとの意見が多かった。もっと資料を補完 し、客観化する必要があるとの結論に至った」と述べた。資料が不足していたため、優先的な申請対象から漏れた格好だ。同関係者は「今年中国が申請した日本 軍の従軍慰安婦関連の資料が脱落したことも影響した。中国など他の被害国と連帯し、共同登録を推進することも検討すべきだ」と話した。

(http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/11/26/2015112600829.htm

日本の底力」メルマガ購読は↓から、今はPCでも携帯でも一つのメルマガでいいようだ。それでは購読の方をお願いする。前回、携帯に登録していただいていた読者様はPCの方に登録していただけるとありがたい。

→日本の底力

 

 

 

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry