「株価」タグアーカイブ

韓国経済、外国人がバイコリア、株価・ウォンが急騰

韓国経済、外国人がバイコリア、株価・ウォンが急騰

記事要約:外国人が韓国の株価やウォンを購入していて急騰というのが今回のニュース。確かにウォンは1181と鎌倉幕府の成立より数値が下となったが、10ウォン程度が急騰といえるのか。まあ、1150に戻せば為替レートとしては問題ないが、残り30ウォンあるしな。そもそも、成長率が-0.4%と出たのに外国人は何に期待しているんだ。

> 外国人の買いが集中したサムスン電子(3.06%)など半導体・情報技術(IT)業種が株価上昇を牽引した。外国人はこの日、2900億ウォン以上の買い越しとなった。KOSDAQは前日比1.03ポイント(0.15%)値上がりした697.50で引けた。 

サムスン電子に材料なんてあるのか。折りたたみ式スマホは7月以降だろう。ファーウェイとの取引は継続しているが、いつまでそれができるかも分からない。一時的な株高とか、ウォン高を気にしていても、そこまで意味はない。6月は始まったばかりで、ここからどうするのか。まだまだ先は読めないな。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~300回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

日韓請求協定の破棄を意味する徴用工問題のまとめ

韓国経済、外国人がバイコリア、株価・ウォンが急騰

大規模な外国人買いで韓国の株価とウォンが大幅に値上がりした。 

  3日のKOSPI(韓国総合株価指数)は前日比26.11ポイント(1.28%)上昇した2067.85で取引を終えた。これは先月15日以来の高値。 

  外国人の買いが集中したサムスン電子(3.06%)など半導体・情報技術(IT)業種が株価上昇を牽引した。外国人はこの日、2900億ウォン以上の買い越しとなった。KOSDAQは前日比1.03ポイント(0.15%)値上がりした697.50で引けた。 

  この日のソウル外国為替市場で韓国ウォンは前日比8.8ウォン値上がりした1ドル=1182.1ウォンで取引を終えた。終値基準で先月10日(1ドル=1177ウォン)以来のウォン高ドル安となった。 

https://s.japanese.joins.com/article/j_article.php?aid=254070

韓国経済、サムスンの勝負、3次元NANDに25兆ウォン投資…東芝など引き離しへ

韓国経済、サムスンの勝負、3次元NANDに25兆ウォン投資…東芝など引き離しへ

記事要約:サムスンが3次元NANDに25兆ウォンの投資をしたようだ。日本円で2兆5千億ぐらいだろうか。これはかなりの賭けだと思われる。何しろメモリー市場の価格崩れは凄まじいからな。新しいのが出てきても半年に半額だからな。サムスンを救ったDRAMに投資をしたいのはわかるのだが、これはどうなんだろう。様子見というところだろうか。

2兆5千億。サムスンの営業利益は第一半期で6200億円ぐらいだった。つまり、1年分の営業利益をこの三次元NANDに投資することにしたわけだ。さすが1年分の稼ぎを投資に当てるのは危険すぎると思うが。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~158回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする

韓国経済、サムスンの勝負、3次元NANDに25兆ウォン投資…東芝など引き離しへ

サムスン電子が3次元(3D)NAND型フラッシュメモリーに来年まで25兆ウォン(約2兆2500億円)を投入する。
莫大な投資を通じて東芝・マイクロンなどライバル企業だけでなく、新規参入したインテルや中国XMCなどが市場に足を踏み入れられないようにするという戦略だ。サムスン電子はDRAMでもこうした戦略で「30年チキンゲーム」を整理し、独走体制を固めた。

業界によると、サムスン電子は京畿道華城(ファソン)の半導体工場16ラインの一部を3D NAND用に転換するのに続き、17ラインの2段階工場にも3D NANDラインを設置することにした。
月10万枚(ウェハー基準)生産設備を今年下半期に設置し、年末に稼働する計画だ。またサムスンは年末に完工する京畿道平沢(ピョンテク)工場(1段階月10万枚規模)でも3D NANDの生産を事実上決めた。ここには年末から設備投資を始め、来年下半期に稼働する。

通常、月1万枚規模の設備に約1兆ウォン投入される。今年1-3月期に3D NANDを製造する中国西安工場に月4万枚の設備を増設したことを勘案すると、来年まで25兆ウォン以上を3D NANDに投資するということだ。

業界関係者は「DRAM市場にはサムスン電子、SKハイニックス、マイクロンの3社が残ったのに対し、NAND市場にはこれら3社のほかにも東芝が競争していて、最近はインテルと中国企業までが参入した」とし「サムスン電子が技術でリードする3D NAND市場でチキンゲームを終わらせようということ」と説明した。

今まで2D NANDだけを生産してきた東芝、マイクロン、SKハイニックスと、NAND市場に初めて参入したインテルは今年下半期から3D NANDの量産を始める。この時期に合わせてサムスンが物量を増やして価格が下落すれば、すべて赤字を出すしかない。

◆3D NAND

NAND型フラッシュはメモリー半導体の一種。DRAMとは違い電源が切れてもデータを記憶するため、スマートフォンなどで動画・音楽・写真などを保存するのに使われる。3次元(3D)NANDは平面(2D)NANDの回路を垂直にした製品だ。平面NANDを一戸建て住宅とすれば3D NANDはマンションと考えればよい。

※本記事の原文著作権は「韓国経済新聞社」にあり、中央日報日本語版で翻訳しサービスします。

(http://japanese.joins.com/article/926/216926.html)




韓国経済、大韓航空の株価が大幅下落、時価総額2000億ウォン(約214億円)以上減少=ナッツ・リターン騒動で

韓国経済、大韓航空の株価が大幅下落、時価総額2000億ウォン(約214億円)以上減少=ナッツ・リターン騒動で

記事要約:くだらない事件もここまで行くともはや大事である。この女社長のために大韓航空の時価総額は約214億円減少も減少したようだ。とりあえず。どんな感じかチャートを持ってきた。一つだけ言うが、決して笑ってはいけない。管理人は大笑いしたが。

SnapCrab_NoName_2014-12-18_12-54-49_No-00

せっかく原油安で11日ぐらいまで大幅に上げていたのに、まさに、ナッツリターン事件が引き金となり、50000あったのが47500となっている。いやあ、この女副社長、会社に大損失のレベルじゃないな。しかし、大韓航空がこのまま消えていくなら、後世の歴史家はなんと答えるんだろうか。ナッツの袋が航空会社を破産に追い込んだ・・・実にドラマ的じゃないか。小説でもありえんわ。

2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

続きを読む 韓国経済、大韓航空の株価が大幅下落、時価総額2000億ウォン(約214億円)以上減少=ナッツ・リターン騒動で



韓国経済、ゴールドマンサックス「外国人資金の流入、昨年よりまだ少ない…1年内に韓国株価2300まで上昇

韓国経済、ゴールドマンサックス「外国人資金の流入、昨年よりまだ少ない…1年内に韓国株価2300まで上昇

記事要約:ゴールドマンサックスの話だと韓国の韓国市場での外国人資金の流入でKOSPIは2300まで上昇するらしい。ああ、これは仕込み完了したらしい。どう考えても韓国のKOSPIが2300もあがるりゆうがない。むしろ、そこまであがったことあるのか。ゴールドマンサックスが言うぐらいだから、そろそろ逃げた方がいいというところだろうか。

2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

続きを読む 韓国経済、ゴールドマンサックス「外国人資金の流入、昨年よりまだ少ない…1年内に韓国株価2300まで上昇

韓国経済9月危機、2日の終値は1100.30-9.60のウォン高。KOSPIは1924.81

韓国経済9月危機、2日の終値は1100.30-9.60のウォン高。KOSPIは1924.81

今日、9月2日の韓国市場の結果を知らせていく。

昼間に伝えたとおり、いきなりのウォン高である。しかも、1105を簡単に超えてしまい、1100ウォンを間近に迫った。韓国の為替レートの適正は1100~1150なので、これはいきなりの危険信号といえる。最後に今日の流れを見ておこう。

2013-09-02_20h28_34

2013-09-02_20h29_43

■今日の流れ

(ソウル=聯合インフォマックス)チョン・ソニョン記者=ドル/ウォン為替レートが4ヶ月ぶりに1100₩台に迫った。米国のシリア空爆憂慮が
広がっていないのに、域内の需給は供給力の市場の勢いを示した。2日、ソウル外国為替市場でドル/ウォン為替レートは前日比9.50₩下った1,100.50₩で取引を終えた。これは終値基準で、今年5月9日1,091.00₩以来の低水準である。

ドルは韓国の貿易収支が好調で売り心理が優勢な局面を見せた。需給上の繰越NEGO物量と外国人の株式買い越し、ロングストップ物量が順番に続き、重い流れが明らかになった。またドルは場内一時1,100.10₩までレベルを下げて、1100₩線を威嚇した。

▲3日の展望=外国為替ディーラーは、ドルが1,098.00~1,105.00₩で騰落すると予想した。

米国ニューヨーク証券市場がレイバーデイ(労働者の日)で休場し、対外リスクが大幅に緩和される可能性が高い。ソウル外為市場締め切り後、ドルは域外NDF市場で1100₩線を突き抜けて下り外国為替当局の介入警戒感がより一層大きくなった状態だ。

A銀行のある外国為替ディーラーは「繰越NEGO物量の域外NDF投資家の損切り売りも加わり、ドルが下落した。1100₩線は守られたが、域外NDF売りがかなり重い。」と説明した。彼は「ソウル外為市場締め切り後、域外NDF為替レートが1100₩台以下に下落しただけに当局の介入警戒感も注目に値する。」と付け加えた。

B銀行の他の外国為替ディーラーは「ソウル外為市場が終わった後、ドル/ウォンNDF為替レートが1,097₩台まで下落した状態。今日重要なレベルがほとんど崩壊し、過度に下落した側面がある。」と述べた。

彼は「米国市場が休場するうえ当局の介入警戒感もあり、ドルの下落幅が徐々に鈍化する可能性がある。」と見通した。

▲場内での動向=ドルは韓国の8月の貿易収支の黒字影響で売り心理が強化され、前日比2.00₩下落した1,108.00₩で
スタートした。場序盤から輸出業者の繰越NEGO物量と域外NDF投資家のドル売りに1,110₩下にレベルを下げた。その後、需給攻防が続いたが、ドルは再度1,105₩台まで渡した。

外国為替当局の買収介入警戒心のドルの下落率は鈍化したが1,100.10₩まで底点を低下させるの下落圧力は強くなった。オーストラリアドル、シンガポールドルなどアジア通貨も上昇に転じドル下落幅の拡大に一役買った。

サムスン重工業の2千330億₩規模前受金返還決定が発表されたが、取引終了頃に出てきて大きな影響を与えなかった。また今日、三星(サムスン)重工業[010140]は、取引終了後、オセアニア地域船主と6千103億₩規模のドリルシップの供給契約を締結したと発表した。

ドルは、1,100.10₩で場内で底点を、1,108.90₩で場内で高点を記録した。市場平均為替レートは1,104.10₩で告示される予定である。直物為替取引量はソウル外国為替仲介と韓国資金仲介を合わせて85億2000万㌦を記録した。

外国人投資家はコスピで568億₩分を純買い入れし、コスダックで240億₩分を買い越した。

一方、為替締切時刻ドル/円レートは98.60円を、円/ウォン裁定為替レートは100円=1,116.24₩を記録した。ユーロ/ドル為替は
1.3211㌦を現わした。//